0A9B3D7B-2F5B-44E9-9918-2752492D14AD

今上天皇、最後の天皇杯が終了しました。

東京から向かう東関東自動車道では
時折、集中豪雨のような大粒の雨が
車を打ち付ける中、向かったカシマスタジアム。

甲府行きの切符を手にする事は出来ませんでした。

大事な大事なホーム最終戦の数日前に
広島から一番遠いアウェイ甲府で
試合をする事が無くなった事を前向きに捉えましょう。

試合内容を若干振り返ると
ベリーシャがフリーでシュートを放ったシーン。
渡がアーリークロスに飛び込んだシーン。
パトリックが1人抜け出したもののバランスを崩してしまったシーン。
卓人が紙一重をスーパーセーブで弾き出したシーン。

たくさんの決定的なシーンは存在しましたが
勝利を掴みとる事は出来ませんでした。

鹿島のあのスタメンに広島の昨日のスタメンが
90分間を0-0で過ごせた事を前向きに捉えましょう。

しかし、昨日のメンバーは昨日の調子では
リーグ戦メンバーからスタメンを奪う事は難しいですね。

シウバのボールロスト、パスミスで何度
大ピンチのターンオーバーを喰らった事か。

松本も鹿島のハードプレスに為すすべ無しでしたね。

ベリーシャも、あそこまでスピードが無いと
Jリーグでは、やっていけないのでは無いでしょうか。

稲垣もリーグ戦同様、サイドでは活きないし。

馬渡も、アピール出来なかったですねぇ。

鹿島の強さなのか?広島の…なのか?

でも川辺のトップ下は、やはり良いですね。
トップ下に入った方がイキイキとしてきます。

将来のサンフレッチェを見越して川辺を入れる際には
4-2-3-1を試してみるのもアリだと思いますけどねぇ。

まぁ1年間で鹿島から3戦3勝出来るほど
世の中は甘く出来ていないですよね。

スッキリ切り替えて大阪に向かいましょう!

ありがとう、湘南ベルマーレ。
がんばれ、V・ファーレン長崎。
広島東洋カープ、優勝おめでとう。

がんばろう、広島。

以下の画像をクリックされますと
たくさんのサンフレッチェ広島応援ブログを確認出来ますよ。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ


サンフレッチェ広島ランキング