スポーツ観戦紀〜サンフレッチェ広島編〜

サンフレッチェ広島をメインにプロ野球や大学ラグビー、F1等スポーツに関する観戦紀。広島の話題やMAZDAの話題が入る事も!

2014年08月

サンフレッチェ過酷スケジュールの始まりです!

徳島戦から始まったサンフレッチェ過酷スケジュール。

中3日、中3日、中2日、中2日という
スケジュールでの5試合。

8月30日 徳島(J1リーグ、鳴門・大塚)
 中3日
9月 3日 浦和(ナビスコ、エディオンスタジアム)
 中3日
9月 7日 浦和(ナビスコ、埼玉スタジアム)
 中2日
9月10日 G大阪(天皇杯、エディオンスタジアム)
 中2日
9月13日 G大阪(J1リーグ、エディオンスタジアム)

エディオンスタジアムでの試合が多く
移動が少ないことが恵まれているとはいえ
浦和2連戦とガンバ2連戦。骨のある相手です。

ケガ人続出や代表選出により
選手層的にかなり厳しい状況ではあると思いますが
ターンオーバーを活用し、最良の結果が出るように
頑張って欲しいものです。

色々言われている寿人ですが
皆川が代表から帰って来た時に
スタメンに戻れないような大活躍をし
チームをナビスコの準決勝に導いて欲しいものです。

さぁ、サンフレッチェ漬けの9月のはじまり、はじまり〜。

にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

徳島でホームのような大歓声!

昨日、スカパーから流れてくる
音だけを聞いていれば
エディオンスタジアムでの開催と
勘違いしてしまうほどの大声援を
送っていたサンフレッチェ広島サポーター。

サポーター席の映像を見ても
かなりの人数が参戦したのでは無いでしょうか。

ホームの天皇杯水戸戦で
3,000人未満の動員だったチームとは
思えない大サポーター軍団でした。

大サポーター軍団の大声援が
選手達にどれほど勇気を与えた事か。
最後のもう一歩、もう一歩が
選手の背中を後押し出来た事でしょう。

かなり厳しい状態ではありますが
3連覇もまだまだ数字上は不可能ではありません。

紫の力を一丸に集約し
可能性の残る限り頂点を目指して
戦い抜きましょう。

昨日、徳島に参戦された皆さん
素敵な雰囲気を作って頂きありがとうございました。
本日は、ゆっくりお休みください。

さぁ、連戦が始まりました。

中3日の浦和戦へ向け
しっかり準備しましょう。

にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

なぜ、3人目の交代枠を使わない?森保!

最下位ヴォルティス徳島に
最低限の義務、勝ち点3を獲得しました。

しかし、時計を進めたい
終了間際に何故、交代枠を1枠残して
試合を終了させてしまうのでしょうか?

控え選手達は、どんな気持ちなのでしょうか。

少しモヤモヤする勝ち点3です。

にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

16位、17位に勝ち点1ずつ。18位徳島からも…。

17位大宮アルディージャに3-3で勝ち点1。
16位セレッソ大阪に0-0で勝ち点1。

本日対戦は18位のヴォルティス徳島。

今度こそ勝ち点を絶対に取りこぼしては
いけない戦いです。

ただし、徳島の調子は中々良いようで
前節アウェイ、アルビレックス新潟戦では
2-1と勝利を収めてJ1初の連勝を狙っての一戦。

広島との過去の対戦ではJ1、J2合わせ
4戦全勝の相手ではありますが
気を引き締めていかなければいけません。

サプライズ代表選出の
皆川に見事ゴールを決めてもらい
自身の選出をお祝いして欲しいものです。

スッキリ勝って気持ちの良い
日曜日を過ごしましょう。

がんばれ、サンフレッチェ広島!

にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

皆川の代表選出が意味すること

アギーレ監督は何故皆川を代表に選出したのでしょうか。

埼玉スタジアムで目の当たりにした
それぞれのプレーがアギーレの心に響いたのでしょうか。

身体を張ってボールをキープし
味方へのラストパスが出せる選手は
周りがしっかりサポートが出来るのであれば
大きな日本の戦力になるはず。

あの柴崎へ出したパスは
得点していれば益々皆川の評価を高めたことでしょう。

ただし、FWとして一番の役割はゴールすること。

何を言おうが水戸戦で久しぶりに
試合に出場し得点をした寿人は私達の誇り。

ごちゃごちゃした中で
石原の故障、皆川の代表選出により
機会が回ってきた寿人は
やはり持っている男です。

明日は皆川に頑張ってもらって
それ以降は3試合欠場したフラストレーションを
寿人に発散してもらいましょう。

皆川の代表選出は
アギーレ監督から寿人へのプレゼント。

寿人のゴールで浦和を打ち破り
置き忘れてきたナビスコカップを
取りにいきましょう。

がんばれ、皆川!
がんばれ、寿人!

にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

寿人の嗅覚!茶島の追い越し!

寿人のゴールシーンをyoutubeに
アップしてくださった方
ありがとうございます。

自陣でボール奪取し、川辺が持ち上がり
茶島が追い越したところに
スルーパスが出て寿人にセンタリング。
ディフェンダーとディフェンダーの間の
ギャップを見つけフリーになった寿人がゴール。

綺麗なゴールでした。

茶島の追い越した動きに
今後のサンフレッチェ復活の鍵が隠されている気がしました。

あそこまでゴールに近い位置で
ボランチが追い越しフリーでボールを
もらえば当然得点の匂いがプンプンしてきますよね。

茶島をリーグ戦でも
是非、見てみたいもの。

それから、寿人もやはり寿人でしたね。

FWは何があろうが点を獲ってナンボ。

リーグ戦を3試合欠場し
みんなが注目する一戦で
しっかりと結果を出す男。

それが佐藤寿人という男。

何があったのか知りませんが
連続2桁得点記録を2014年も継続出来るよう
今後のリーグ戦で、得点を積み重ねて欲しいものです。

がんばれ、茶島。
がんばれ、寿人。
がんばれ、サンフレッチェ広島。

にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

林と増田と西川と…。

昨日のセレッソ戦を見ていて
思ったことなのですが
林が退化してしまった気がします。

欠場前までは
なんとかパスを繋ごうと頑張る気持ちが見えたのですが
昨日何回かプレッシャーをかけられて以降
ポンポンポンポン、フィードして相手に
ボールをプレゼントしてしまうことが
多く見受けられました。

リスタートで味方に簡単にボールを
渡せるシーンでも、大きく大きく蹴り上げて
相手に攻撃権を渡してました。

普通のGKであれば、それでも良いのですが
私達は西川のキックを見ながら育ってしまいました。

大きなフィードで相手に攻撃権を与えてしまうことが
勿体無くて、勿体無くて、しょうがありません。

皆川という高さのあるFWを置いた
弊害なのでしょうか…。

昨日のような林であれば
増田の方がチームに流れを呼び込む事が出来るはず。

水戸戦は恐らく増田が起用されるかと思いますが
違いを見極めてみたいと思います。

がんばれ、増田!
チャレンジ、林!

にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

サンフレスタメン、こんな感じでいかがでしょう?

今、試合に出ることが出来るメンバーで
スタメンを組むとして
こんなメンバーはいかがでしょう。

ポイントは

増田のキックのリズム感の良さ
宮原のスピード感と小気味の良い攻撃参加
皆川の落としを寿人が狙い続ける
高萩は今日のようなサッカーをするのであればメンバー外
浩司も試合中消え過ぎですからねぇ。
寿人と交代選手は清水という手もあると思います。

3-5-2

GK:増田
DF:塩谷・千葉・水本
DMF:宮原・カズ
SMF:ミキッチ・柏
OMF:野津田
FW:皆川・寿人

SUB:林・丸谷・茶島・山岸
清水・柴崎・川辺

何か変えていかないと。

にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

首位と勝ち点差10点、降格圏内と勝ち点差11点

試合が終わって振り返ってみれば
前半終盤、皆川がファールをもらいながら
入れ替わり抜け出したシーン。

あそこで飯田主審がアドバンテージを取らずに
プレーを止めてしまった事が
今日のサンフレッチェの運の尽きだった気がします。

あそこで流してくれていれば
かなりフリーな状態での
シュートが打てた事でしょう。

もっと飯田淳平主審には
試合の流れを客観的に読んだジャッジを
期待したいですね。

とはいえそれ以外にも
何回かの決定機を作ったサンフレッチェ。

そこで決められなかったのが
降格圏内にいるセレッソ大阪に対し
ホームで勝ち点3を取れなかった理由。

首位と勝ち点差10点、降格圏内と勝ち点差11点。

優勝の可能性もまだ残っているかもしれませんが
同じ位、降格の可能性もある気がしてしまうのは
私がネガティブ過ぎるのでしょうか。

早く、いつものサンフレッチェに戻って〜。

にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

高萩、どうした?

高萩、どうした?

余りに酷すぎます。

野津田が良かったとは
決して思いませんが
高萩は酷すぎます。

このままでは水戸にも
徳島にも勝てないのでは…。

夏が過ぎるのを静かに待つのみしか
対策は無いのでしょうか…。

にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ
閲覧者 ? 人
訪問者数

    Recent Comments
    Archives
    安心食材
    語学を学ぶなら
    ブロガーにお勧め
    安心な水の宅配
    お勧めサイト
    全国地図

    ジオターゲティング
    • ライブドアブログ