2005年09月27日

カレイドスコープでスタート

住宅、リフォーム業界を中心とした、まさに活躍中の戦士たち、約50人の集団での前向きな勉強会そして、交流会を開催しております。。。

常に前向きで、積極的な業界の営業マン達、一人々が、キラキラと光輝く「カレイドスコープ」万華鏡のように・・・・・・・

さて、次回開催は・・・

近日中にご案内します。。



tn42230330 at 00:03|この記事のURLComments(1)

2005年05月28日

N.BLOG 移転します!

 皆さんこんにちは!
 突然ですが、昨年11月よりライブドアで続けてきました、「N.BLOG」
 を楽天日記の方に移転します。
     ↓
 http://plaza.rakuten.co.jp/nblog2/
 
 すでに立ち上げていますのでぜひご覧下さい!

 今後も引き続き頑張っていきますので宜しくお願いいたします。

 
tn42230330 at 10:05|この記事のURLComments(1)TrackBack(0)

2005年05月27日

神戸三宮

昨日晩、来週の見学会の打ち合わせも兼ねて、三宮のグリーンハウスさんに行ってきました。
行く度に新しい発見が有りますが、今回も、新しい商品の発見がありました。
食事も、飲みものも大変おいしく頂きました。
平日にもかかわらず常に満席の状態でお客さんも落ち着いた雰囲気を楽しんでいる様子が感じとれました。
見学会に参加頂ける方は是非このノウハウを学んで頂きたいと思います。
尚、会場も広く取れましたし、ご返事の期限も30日までのばしましたのでよろしくお願いします!

tn42230330 at 08:24|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2005年05月26日

ストーリー性

ヒットしている商品や成功して注目されている企業には、みかけや耳触りがカッコいいだけでなく、そこに開発者の理念を盛り込んだり、伝説などのストーリーが付加されさらに強力になっています。
生活者のライフスタイルが変化し、単に安いだけの経済的な価値から気分や社会性や環境性の価値を求めるようになっており、企業理念やミッションなどにおいて、強く訴えかけ、生活者に価値を共感してもらうスタイルに変わってきています。
理念がなく、あっても共感できない企業や商品では生き残っていけないのではないでしょうか?
これからは、自分の営業スタイルにおいても、商品を売りこむ前に理念に共感して頂くような営業スタイルに変えて行きたいと思います。


tn42230330 at 07:30|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2005年05月25日

水を飲むこと

以前も紹介しましたが、今も毎日2リットル以上の水を飲むように心掛けています。
嘘のような話しですが、以前に比べ肩こりと足先などのシビレと冷え性が随分ましになっています。
丁度、始めるまえに献血を行ってそのデータがありますので、このまま続けて、次回献血で詳しく血液の状態から体質の変化を見てみたいと思います。
そもそも、水を飲み始めたのは、自分も浄水器を販売するにあたり、水に関するある小冊子の中で「私たちの身体の約70%近くは水分でできています。体重60キロの方でおよそ40キロが“水”であり、尿や汗などでその他諸々で体外に排出される量が2〜3リットルと言われています。当然、同量の水の接種が必要であり、健康な身体を維持する為にも、新鮮な水の入れ替えによる新陳代謝の促進と、体液濃度の調節が必要である〜」と紹介されていたのを見て、試験的に始めたのがきっかけです。
自宅と会社でより安全な浄水を飲むこてが出来るのでこのまま続けて、3ケ月後には血液の状態も調べて報告したいと思います。
ぜひ、皆さんもためしに始めてはいかがでしょうか?


tn42230330 at 07:25|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2005年05月24日

商品力

先日、ある本を読んでいるとこんな方程式が書かれていました。商品力=品質×マーケティング力という考え方です。
つまり、「安くて良いモノさえつくれば売れる」という単純な発想ではモノは売れないということであり、値段が適切で中身が良い商品やサービスが求められ、そして売る手段を持ってなければならないということです。時代も消費者も今は「安いか、良いか」よりも、それを買えば「どれだけ豊かな気分が味わえるか」という「モノ」から「コト」つまり、気分価値を求める時代になっています。
しかし、消費者は個人単位に見れば「欲張りでわがまま」になっているということでもあり、普通のマーケティングでは計れなくなってきています。
そこで重要なのは、「感動」「衝撃」などを与えるくらいの商品やサービスの提案力だと思います。つまり、経済の原理ではなく、人間の心理を読んだマーケティングであると思います。
そこを突き詰めてこれからも考えていきたいと思います。


tn42230330 at 08:03|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2005年05月23日

固定観念を持つ前に

会社を変わって1ケ月が経ち、最近思うのは、自分が会社に慣れてくると、積極的な提案姿勢や問題意識が、時間と共に薄れてくるという、慣れによるモチベーションの低下です。
固定観念が出来てしまうと自分が期待されている、自由な発想力や外から見た問題提起であったり、固定観念が出来ると障害になる可能性があります。
それを防止する為にも、常に外に目を向け、時流の変化をつかむ行動を起さなければと思っています。
よく、「固定観念を打ち破って、ものを見直す」と言われていますが、自分としては固定観念が出来ないよう、自由な発想力を持ち続けて行きたいと思います
そして、積極的な行動と情報収集も。


tn42230330 at 07:57|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2005年05月20日

店舗見学会&交流会

リフォーム業界においては今でこそ来店型ショップが注目されていますが、それよりさらに進んだ、[カフェ・ダイニングバー、インテリア、リフォームショップ]を2年前から展開されている会社と店舗が神戸三宮にあります。グリーンハウスさんと言う会社です。
行くたびに学ぶことがたくさんあるワクワクするお店です。
インテリアやリフォームと食を組合せた、例えば、「お店で雰囲気を楽しみながらインテリアなどの打ち合わせをし、終わったらお客様の接待を兼ねてお酒を飲み語らう」といった感じで利用したり。これは実例で聞いた話しですが、「仕事帰りに来たOLがお酒を飲むついでにインテリアショップ見て気に入り、両親にリフォームを薦めて実際工事を受注した」といった事例もあるそうです。
そんな話しを皆さんにすると、行ってみたいという方がおられますので、今回まとめて見て頂く機会と交流会をグリーンハウスさんにお願いし、了承を頂きましたので、5月31日PM7時より、店舗見学会&交流会を開催することになりました。
当日は、社長さんはもとよりデザイナーさんにも参加頂き交流会も開催したいと思っております。
参加費用は¥4000くらいで、食事付き、飲み放題です。参加希望の方がおられましたら、お気軽にお申し出下さい。ぜひ、ノウハウを学び、しっかり食べて飲んで楽しんで下さい。
尚、返事は私のメールか、コメント欄に記入頂いても結構です。詳細をご連絡します。
アドレス tetsumanakano@yahoo.co.jp まで

グリーンハウスさんのHPです。ご覧ください!
http://www.green-house99.com/

tn42230330 at 08:10|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2005年05月19日

AIDMA

マーケティング用語で、AIDMAという法則があります。顧客に対するアプローチ方法、注意→興味→欲求→購買のアルファベットの頭文字をとって、AIDMAと言います。
これが今は、AISAS、注意→興味→検索→比較検討→購買→情報共有へと変わってきているそうです。
時代に合わせて、ついつい、ハードである商品は見直し改良されていますが、顧客の感覚や消費者心理などは細かく分析されていないように思います。
たしかに、マス広告だけにたよったマーケティングは終わったと言われているように、ダイレクトマーケティングを利用した宣伝プロモーションや、ワントワンマーケティングが重要と言われている理由がよくわかります。
今の顧客は、自己責任意欲が強く、興味をもった商品はまず自分で検索し、他社と比較検討をしたうえで購入対象になるわけですから、HP対策は確実にしておかないと、黙ってやってきた顧客が、必要な興味のある資料が手に入らず、比較対象にもならず黙って去って二度と来ないということも有り得るわけです。
そういった観点で考えるとHPの重要性がよくわかります。これからの改良に当たってはその顧客としての感覚を忘れず提案していきたいと思います。


tn42230330 at 08:04|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2005年05月18日

顧客思考

昨日は午後から東京支店にて夜までみっちりと企画会議を行ってきました。
6月の全体会議に向けて、今後の事業検討を行うなかで、私自身なりの経験談や意見を述べさせて頂きました。
企業として、ユーザー(生活者)との関係をどう築いていくのかがポイントとなるのは当然であり、その為の方法としては何が有効なのかを検討しました。
改めて、これまでのメーカー的な考え方から脱却し、ユーザー思考の考えかたに変えなければ生き残っていけないと痛切に感じました。
これからも、出来るだけ多くの事例を見て、調べて、研究し、日々勉強をしていきながら積極的に的に提案していきたいと思います。


tn42230330 at 08:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2005年05月17日

顧客視点に立つ企業

徹底した顧客の視点に立ったり、自社の評価を特定し、その強みを最大化させることで購入頻度や購入金額の高い人々をしっかり定着させている企業があります。
ザ・リッツカールトンホテルやフォーシーズンズに代表されるハイレベルのサービスをするホテル、ルイヴィトンやプラダ、エルメスに代表されるファション企業、ノードストームやブルーミングデールといったデパート、サウスウエスト航空、ハーレダビットソンなどの企業がそうです。
こうした企業を支持する顧客はたちは、その企業でなくてはならない明確な理由を持っています。
その企業の商品を所有し、また、サービスを利用することが自分の生き方(ライフスタイル)とぴったり合うから、その企業でなければならないと顧客に思わせてしまう協力な魅力を発揮しているからです。
すべての企業は顧客に支えられ、成長することができるのであって、優良顧客とは企業に利益という目に見える資産をもたらすばかりか、企業のブランドという見えざる資産作りにも貢献してくれるということを分かって、優良顧客を作る企業活動をしなければと思っております。時間はかかりますが自分の信念をしっかりもって、ブランディングを行って行きます。

tn42230330 at 07:32|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2005年05月16日

プレゼンテーション

さまざまなビジネスシーンにおいてプレゼンテーションが実施されていますが、自分も含め、基本や目的を理解せずとりあえず行き当たりばったりで行っていることもよくあるように思います。
プレゼンテーションは「問題解決の手段」であることを再認識し、基本である、1.自分の意思を正しく伝える。
2.相手の認識を得る。
3.納得してもらえる、または賛同してもらえるように論理を展開する。
以上のように、自分の意思を明確にし、言いっぱなしにならないように、人、内容、技術の三つの要素が互いに効果的に機能することが重要だそうです。
blogについても、プレゼンのひとつであると考えた場合、どんな相手に何を伝えたいのかはっきりさせれば、文章がまとまりやすくなります。色んなシーンでこの基本を活用して目的が達成出来るプレゼンをしていきたいと思います。


tn42230330 at 08:18|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2005年05月15日

風邪

先週初めに突然風邪をひいてしまい、今もまだ治りきっていない状態です。皆さんも、寒暖の差が激しいので、十分注意してください。
ということで、今日はおとなしく家の中で、来週の東京出張での案件であるHPの見直しについて、消費者の目から見た不具合をピックアップしてみました。
例えば、検索サイトの表示状況や順位、つまり、たどり着くまでにストレスを感じるか?といった視点で見たり、当社の顧客との接点である、カートリッジの、検索から注文に至る過程が分かりやすく、ストレスを感じないか?などを自分なりに調べてみました。
さらに、色んな測定を行い、消費者、取引先、社員、家族から見て、なんか楽しい、活気があると言って頂けるようなサイトに出来ればと思います。
もっとこうすれば良いのに?とか、疑問に感じたことは、今のうちに全部出していきたいと思います。



tn42230330 at 19:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2005年05月14日

偶然?必然?

以前も同じような内容を紹介しましたが、最近でも、長いこと会っていなくて、連絡先が分からなくなっていた人に、偶然、電車で再会したり、先日の交流会の2次会でたまたま前に座られたかたが、私の卒業した大学の職員の方だったりと、他にもたくさんありますが、偶然なのか、必然なのか、前の会社を辞めてから続いています。
おそらく、後向きでネガティブな考え方や行動が、前向きでポジティブに変わり、そして出会いを誘導するようになったのではないかと思います。
これからも、もとに戻らないように、常に人との出会いにも感謝し、素直に、前向きに行動していきたいと思います。



tn42230330 at 12:20|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2005年05月13日

ホームページリニューアル

インターネットの利用者が6000万人と言われ、商品購入時に検索する手段として利用する人は90%以上という時代であっても、とりあえずHPを作っただけという企業が以外に多いものです。特にBtoB企業間取引を中心とする会社に特に多くみられます。
しかし、企業のインターネット導入率は98%であったり、学生が就職活動をするのに、90%以上が、まずはHPで企業検索をすると言われています。
HPは会社の顔であり、使い方によっては自らファンを減らす原因を作りだし、上手に味方にすれば最強の戦略ツールになります。
今回、ユーザーとの双方向取引に力を入れるに当たって、HPの見直しを行います。今、その企画を練っている段階です。
是非この企画を成功させ、繁盛する、活気のあるサイトにしたいと思います。


tn42230330 at 08:16|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2005年05月12日

シックハウス対策

先日、月一で行われる交流会のセミナーに参加してきました。
また今回も新しい出会いと驚きがあり、有意義な内容でした。
今回の研修は、住宅の建設、販売を企業組合というかたちでされているという、大変面白いビジネスモデルを展開されている、オアシスさんが主催で、今、社会問題にもなっている、シックハウス症候群の基礎知識やデータと、もっとも重要となる発生源を特定することが簡易に、正確に出来る、世界初の商品の説明を聞くことが出来ました。
これまでの、公式な測定方法に比べ、部屋の部位にシールのような物を貼付け、一定時間を経過して剥し、専用の機械で読み取るといった方法です。
正直、私自身としても、これまで色んな測定方法を見てきたなかでは、ここまで簡単で、正確であれば、この測定方法で建物診断を行い、原因を特定し、そして正確な対策工事をするというビジネスが容易に出来ると思います。
今の時代、顧客に対しては、単なる商品提案だけでは難しくなって来ているなかで、より、コンサルタント型でトータルな提案が行え、そしてそのビジネスが社会貢献型であれば、なお顧客に受けいられやすく、売る側としてもやり甲斐のあるビジネスになると思います。
花粉症やアトピーなどと化学物質の接種の因果関係も認められているそうなので、少しでも早くこのビジネスモデルの検討をしていきたいと思います。
尚、詳しい資料が必要な方がおられましたら声をおかけ下さい。
また、せひとも皆さんのご意見などお聞かせください。



tn42230330 at 08:30|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2005年05月10日

試食販売テクニック

よくスーパーなどで見掛ける試食販売キャンペーンなどで、びっくりするほど売る「スゴ腕販売員」のその気にさせる3つのテクニックが販促会議に紹介されていました。
1.前日までに自分が「みのもんた」の代わりができるくらいの商品情報を身に付ける、つまり「プロの自分が耳よりな情報を教えてさしあげる」くらいのレベルの知識を持つこと。
2.宣伝でお客さまを集めるのではなく、集めてから宣伝する、つまり、「なんだあれは?」とおもわす仕掛けを工夫して作ること、つまり、感動してもらうくらいの試食台をつくり、まずは集客をするに重きをおくこと。
3.ONの声で「二人称トーク」をすること。つまり、心理学「メーラビアンの法則」の人間の、初対面の印象の93%が、見た目と声からのイメージで確定することを応用し、まずは容姿をきっちりとし、自分を売り込むこと、そして、不特定多数に呼び掛けるのではなく、たった一人の「あなた」にむかって伝える話しかたで接すること。
以上の3つのポイントが紹介されています。
この心理学と演劇論を組合せた研修で、ある一定レベルの販売員を育成しているそうです。
正直、基本的な内容でありながら実践できていない内容ではないでしょうか?


tn42230330 at 08:06|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2005年05月09日

ダイレクトマーケティング

連休も終わり、いよいよ、今日から本格的に仕事が始まります。具体的に検討案件もありますので楽しみです。連休中に買って読んだビジネス誌、「販促会議」に、ダイレクトマーケティングの具体的な手法が紹介されていました。具体的なDMなどの最新事例や「人を集める」「商品を売る」為のヒントが満載で大変勉強になる内容です。業界は違っても、顧客を創出する考え方や手法は同じと言ってよく、常に世間のレベルにあった知識を持たなければならないと改めて思いました。
DMにかんしては、日本郵政公社がノウハウを「DMfactory」というサイトでノウハウを公開していたりしている内容などを知り、基礎から学んでいきたいと思います。

tn42230330 at 09:11|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2005年05月08日

モデルルーム

dbc41606.jpg昨日ですが、大阪市内の2物件のモデルルームを見学してきました。
西淀川区の185戸、港区456戸の物件です。
6ケ月ぶりのモデル見学で、勤務先(住宅会社勤務)も変わり、今までのように、何か同業者で、偵察的な感覚で見ていたのが、今回は買う側の顧客として、本当に新鮮な感じで見ることが出来たように思います。

まずはリラックスできる空間で、アンケートを記入します。(画像添付)
個人情報保護法の関係で、アンケートの利用目的などの説明を受けました。
ここまでの対応がされているとは思いませんでした。

その後、両物件とも、シアタールームでスポーツ選手や、芸能人を使った物件紹介映像からスタートし、ビジュアル的に気分を盛り上げる方法には変わりないのですが、そのCGの精度の高さとストーリー性のある内容には感動しました。
随分とレベルアップしています。

そして、モデルルームに案内されるのですが、これまでにもまして、現実離れした、モデル用の作りで、あたかも最新のリフォームモデルといったような
間取り、仕様、コーディネートをみることができ、大変参考になりました。
たとえば、廊下幅の取り方や、造作家具や和室の考え方、トータルコーディネートなど、見ているだけでワクワクする内容でした。
これこそが、最新の、最先端の競争にもまれたものであると思います。
特に、マンションのリフォームなどにおいてもこの感覚をもったコーディネーターと組むことが重要だと改めて思いました。

やはり、最新マンションの考え方、見せ方はあらゆる面で参考になりますので定期的に見ていきたいと思います。






tn42230330 at 10:52|この記事のURLComments(0)TrackBack(1)

水を飲む2

 今日も水を飲み続けています。前回紹介の通り、足先の嫌な感じと、あと肩こりが随分ましになったように思います。やっぱり水を飲むということは血行もよくするということなのでしょうか?
早速、浄水器のカートリッジも交換して、新鮮な水を飲んでいます。こういった効果が伝わればカートリッジの交換率も上がるのでしょうね?
薬事法などの規制があるので、何にきく、とか公の表現はできないにしろ、私自身の体験談として効果が言えるよう、当分の間続けて様子を見てみたいと思います。

tn42230330 at 09:56|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)