April 2005

April 30, 2005

山吹

山吹クロッカス,水仙,すみれ,マンサク,タンポポと黄色い花が咲き始めています.山吹の花も咲き始めました.バラ科ということですが確かに葉やつぼみの形はバラに似ています.Yellow rose,あるいはJapanese rose とも呼ばれるとか…

tnakadat at 21:58|PermalinkComments(3)TrackBack(1) 花たち 

岩手大学農学部正門前

岩手大学農学部岩手大学農学部の正門前です.かつては立派なポプラ並木でしたが,強風で倒れてしまい,周囲の人家を傷付けてしまったため,伐採されてしまいました.ポプラ並木を惜しむ声も多かったのですが,代わりに桜が植樹されました.それから20数年.今では立派な桜並木になっています.特に枝垂桜のピンク色が鮮やかです.

tnakadat at 19:04|PermalinkComments(4)TrackBack(0) 路上散歩 

高松の池の桜

高松の池の桜盛岡市の桜に名所のひとつ,高松の池も桜は満開です.露天も出て賑わっていましたが,酔っ払いは見られず,ほとんどが家族連れでした.連休のためでしょうね.とても和やかな一日です.

tnakadat at 19:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 岩手山 

中津川の桜

中津川の桜中津川の川原に独り咲く桜の花.山岸地区の川原で咲いています.川には釣り人の姿も見えます.

tnakadat at 18:56|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 花たち 

安全にどれだけのお金を支払うか

JR西日本福知山線脱線転覆事故は救出活動が終了し,本格的な原因究明のための調査が開始されそうです.事故を起こした運転士,同乗の車掌,JR西日本など当事者の責任追及はさけられそうにありません.しかし今回の事故でレールの上を定刻通りに走っている,対向車も無い,列車という乗り物が実は安全ではないことが判りました.速いということはうれしいことです.目的地に早く着けるし,何より車内で窮屈な思いをする時間が短くて済みます.また鉄道会社にとっては,高速化は列車やレールなど高額な投資をせずに,確実に輸送力を増やす方法です.多分大都市周辺の路線では,JR西日本以外にも同様の高速化を図っている鉄道は多いはずです.その中で失われていくのは安全のためのマージンです.列車の単位時間当たりの走行距離は増え,レールは酷使され,多分運転士の実際の運転時間も増えている可能性があります.JR西日本は,遅れていたATS装置の設置や,過密ダイヤの見直しを考えざるを得ないでしょう.その時に運賃の値上げやスピードダウンを利用者はよしとするかどうか.安全にどれだけのお金を支払うのかという問題は,鉄道だけではありません.牛肉BSE問題,防衛問題,東海や首都圏の地震津波対策など数多くあります.安全の問題は結局のところどれだけ自分や自分の子供達の安全にお金をかけれるのか,という一人一人の価値観に行き当たります.

tnakadat at 08:10|PermalinkComments(0)TrackBack(4) 記事,事件 

街と朝焼け

街と朝焼け今朝午前4時30分頃の撮影です.今日の穏やかな天気になりそうです.ゴールデンウィーク前半はお出かけ日和となりそうです.

tnakadat at 08:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)  

April 29, 2005

さくら山:チャーシュー麺 (\750)

さくら山:ちゃーしゅー麺 (\750)桜山神社の近くにあるのでお店の名前が「さくら山」.ちいさなお店で一階はカウンター席4席,座敷席がやはり4名ほどで二階には座敷もあるようです.基本的には小料理屋さんですがラーメン,もやしラーメンなども出しています.スープは煮干ダシ.醤油味で,麺細めと,昔風のラーメンです.チャーシュー麺なのに海苔が上に乗っていて古風な感じです.

tnakadat at 15:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)  

神の造形

神の造形ちょっと見ると人工的な感じがしますが,これも今咲いている花です.今日は日差しも強く,気温も上昇しそうです.

tnakadat at 14:27|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 花たち 

鉄道は前世紀の遺物なのか

JR西日本では今回の事故の前から,オーバーランが頻発していたことが明らかになってきました.過密ダイヤや運転士の気の緩みなどが挙げられていますが,本質的に電車の制動装置には問題がないのでしょうか.自動車にはアンチスキッド・ブレーキを装着したものが増加しています.このアンチスキッド・ブレーキは元々は飛行機の降着装置のために考案されたもので,タイヤのロックを防ぎ,特に雪道走行では有効です.列車のブレーキも急ブレーキをかけると車輪が空転し,制動距離が伸びるらしい.100mや40mのオーバーランは列車の長さや,重量を勘案しても多過ぎます.運転士の技量未熟だけではなく,列車のブレーキの操作性に問題があるのではないでしょうか.考えてみれば車体がステンレスになろうと,速度が200劼砲覆蹐Δ函ぅ譟璽襪両紊鯏瓦亮嵶悗鰺いた台車(ボギー)が載るという構造は,100年以上変わりません.その間に世の中は目まぐるしく変化し,大都市周辺では毎日多くの車両が,時速100勸幣紊離好肇奪廖Ε▲鵐鼻Ε粥爾魴り返しているわけです.その一方で23歳の若者がたった11ヶ月の経験で快速急行を1人で走らせている.20歳代の運転士と40歳代の車掌の組み合わせというのは,今までの常識からいうと不思議ですが,現代の鉄道では運転士は花形ではなくて,多少給料は高いがストレスの多い,敬遠される職種でしかないのかもしれません.深刻な運転士不足という事態が実際にあるようです.その一方で車掌や駅員の方が気が楽だと考える方が増えている可能性はあると思います.世の中全体が現場を敬遠する雰囲気があるのかもしれません.鉄道が東京−新橋間で開通したのが1871年.もう100年以上の歴史があるわけです.鉄道が大都市の高速輸送機関として,これからも生き続けるためには根本的にシステムの改善が必要なのではないか.もはや人間の処理能力を超えた運行状況が大都市の路線ではあるのかもしれません.再発防止のためには自動車並みに操作性に優れた乗り物にするか,現在のシステムにコンピュータを介在させて,より乗りこなしやすい乗り物にするか,いずれかしかないのでは,と思ってしまいます.

tnakadat at 10:45|PermalinkComments(2)TrackBack(8) 記事,事件 

こぶしの花

こぶしこぶしの花も咲き始めました.北国の春は,多くの花が春の訪れを待ちわびたように,一斉に咲き始めるのが特徴です.

tnakadat at 10:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 花たち