March 2006

March 31, 2006

零戦と教育改革

小学校で英語教育を開始するということが話題になっています.また日本にパブリック・スクールのような全寮制の高校を作るということでトヨタの肝いりで年間300万円の高校が出来るということもマスコミで取上げています.若者の科学離れ,技術離れが著しいということで科学の授業を,面白くする教師向けの講習会というのも人気のようです.日本の教育は明治時代よりもずっと前,江戸時代にすでに始まっています.岩手のような地方でもすでに藩校があり,町人の子供たちには寺小屋というお寺の住職が読み書きを教える体制になっていたということは,時代を考えれば驚くべきことです.明治時代に国定教科書が生まれ,その後はどんどん教える内容が多くなり,一時ゆとり教育ということで,教育内容の簡素化が行なわれましたが,学力低下が叫ばれ,再び学習内容が強化されたように素人の私には見えます.しかし本当に学習内容を増やしてゆくのは,「良いこと」なのでしょうか.確かに国際比較でも最近の日本は数学や科学で,かつてのようなトップの得点を稼げなくなっているようです.しかしアメリカの高校生は分数の計算がやっと,という学生が多いといわれています.それでもトップクラスはもの凄くレベルが高い.それはむしろ大学や大学院のレベルが高く,彼らが十分才能を開花させる環境にあるからではないのか.それともう一つ,日本の高校生のように大学受験で網羅的にありとあらゆることを詰め込まれず,自分の興味ある領域に思い切り打ち込めるからではないでしょうか.彼らは当然のことながら英語は母国語だから,フランス語や中国語などの外国語は,必修ではありません.歴史も200年に毛が生えたような国だからそれほどの量ではない.日本のように「シュメール・アッカド文明」とか「チャンドラ・グプタ」,「冒頓単于」,「ヌルハチ」など教えられているとはとても思えません.地理にしてもイラクの首都がバクダッドであることを知らなかった人が,エール大学に入学でき,大統領になれる国です.まさかこの人物から攻撃されるとはイラク市民も思っていなかったでしょうが.もちろんブッシュ大統領は「苦手なことは挿絵のない本を読むこと」といっていますから,彼を基準にはできませんが,相当いびつな知識でもトップクラスになれることを示しています.国際比較をしてみればやはり日本の義務教育は驚くほど内容が多く,相変わらず知識偏重なのではないでしょうか.零戦は開戦当初は素晴らしい性能だったものの,わずか数年でアメリカの戦闘機に太刀打ちできなくなりました.主翼を短くしても最高速度はほとんど変わらず,エンジン出力を向上させれば燃費が悪くなり,航続距離が減り,その挙句主翼内燃料タンクの容量を増やしたところ,ますます被弾に対し脆くなったことはNHKの「そのとき歴史は動いた」で取上げられました.当時の設計主任であった堀越氏は多少の航続距離の低下には目をつぶり,防弾や主翼の強度不足の改善を行なうよう具申したそうですが,海軍の反対に遭い頓挫したそうです.軍の要求を極限まで追求し,その結果戦術の変化に対応することの出来なかった零戦は,悲劇的なほど日本の姿を写しているように思えます.翻って本当に日本の教育に「ゆとり」は必要ないのでしょうか.それは「円周率を3とする」とか虚数を教えないといった,よく分からない改革だったからではないのか,と思うのです.「ゆとり」や「無駄」は必要です.ゆとりや無駄が無いからこそ,一部の子供たちは小学校や中学校で落ちこぼれ,大半の若者たちは高校や大学受験で疲れてしまい,知的な好奇心を失ってしまう.社会的ひきこもりや登校拒否,陰湿ないじめを精神科の国際学会で報告したところ,欧米の学者は日本特有の現象として非常に興味を示したそうです.無気力な大学生や,「まじ?」,「うっそー」の繰り返しで会話が成立してしまう女子高生を見ていると,本当にこの教育制度で良いのだろうか,あれこれといじるのは文部科学省の役人達と,肥大化した塾や予備校といった教育関連産業の(少子化でいずれ市場規模の縮小は避けられない)失業対策なのではないか,と少し考えてしまうのです.

tnakadat at 11:24|PermalinkComments(7)TrackBack(1) 記事,事件 

昔もクローン,今もクローン

クローンのクローンNHKの「おはよう日本」で各地の桜の老木を最新のクローン技術を用いて,再生しようとする試みが行なわれているとか.豊臣秀吉と縁の深い京都醍醐寺のヤマザクラなど,各地で老木から遺伝子を抽出し,若芽を接木するなどして老木から新しい生命を再生しようとしているようです.我が国のソメイヨシノの殆どは,一本の原木から接木によって拡がったいわばクローンなのだそうです.そのために一斉に花が咲くのだとか.遺伝子的にはほぼ同一なので,見事に一斉に咲き,花が散るわけです.古木,老木はソメイヨシノでない品種が多いのでしょうか.盛岡市の石割桜はそういえばエドヒガンザクラでした.ここまでこだわる必要があるのかと部外者である私は思うのですが,桜への愛着というのはここまで強いのでしょうね.なおこの桜と前回のスイセンは昨年撮影したものです.まだまだ盛岡は桜の季節には遠く,今日も最低気温は氷点下0.8度でした.花冷えというより,まだ冬が続いています.

tnakadat at 08:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 自然・環境 

March 30, 2006

スイセンを誤って食べ食中毒

スイセン3月29日盛岡保健所管内の老人保健施設で誤ってスイセンを食べ,5人が嘔吐など中毒症状を起こしたと報道されました.県内では初めての報告とのことですが国内では何度か起きているようです.ただ死に至るほど毒性はないので,それほど騒がれないということなのでしょう.葉をニラと,根を野草のノビルと間違えて食べてしまうことがあるとのことですが,実はスイセンは球根にも花にも毒があるのだそうです.シャンソン歌手の石井好子さんも終戦間もない時期,小さなタマネギと間違えてスイセンの球根をオムレツに入れたところ,食べた父親と弟が中毒症状をおこしたと書いてありました.同じく早春を彩る花の代表である福寿草も猛毒を持っているそうで,民間療法で福寿草の根は心臓病に良いといわれ,煎じたものを76歳の女性が飲んだところ,5時間後に心室性不整脈で死亡したという記載もあります.やはり君子危うきに近寄らず,めったなものは口に入れない,人にも勧めない,というのが肝要と思われます.

tnakadat at 16:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 記事,事件 

分からないことが多すぎる

一昨日割り箸を喉に刺し死亡した事件の一審判決が出ました.医師の過失はあったが,患者の予後には影響はなかった,従って業務上過失致死は問えない,という判決論旨だったように記憶しています.この事件はかなり稀なケースで,最終的に脳幹に突き刺されたものが割り箸という木材だったことが盲点だったように思えます.エックス線写真で木材やプラスチックは明瞭には写りません.診察した医師が「割り箸が残存している可能性」や「割り箸というエックス線非透過でない物質は通常のエックス線写真では判断できない」と気付いていれば,この子の命は救えなかったにせよ,誤診はなかったはずです.判決では頭部CT検査を行なうべきだったと指摘していますが,お祭りで転んで受傷したとするならば,綿飴に用いられた割り箸の断端はどうなっていたのか,救急隊が運んできたのか,家族が連れてきたのか,家族や救急隊員が受傷の状況をどれだけ主治医に説明したのか,短い報道では残念ながら分かりません.富山市射水市民病院の事件もそうです.人工呼吸器を外したことばかりが報道されていますが,ではなぜ「装着した」のか.末期がんの患者に人工呼吸器を装着するに当たり患者や家族にどう説明したのか,なぜ脳梗塞の患者を外科医が診ることになったのか,どうもよく分からないのです.多分取材している記者達も良く分かっていないのではないか,よく考える暇も無く情報を送り出しているのではないか.もう少し遅くても良いから,カメラを引いて全体を俯瞰する作業が必要なのではないでしょうか.

tnakadat at 13:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 記事,事件 

冬に逆戻り

冬に逆戻り昨日から続いた雪でまた街は白くなってしまいました.すでにノーマルタイヤに履き替えた車は,恐る恐る走っているようです.秋田と岩手を結ぶ国道46号線は吹雪による視界不良と路面凍結のため,徐行運転.中津川も増水中,春まだ遠い東北です.本当に予報どおり4月20日頃に桜が咲くのだろうか.まあ桜の開花は遅れてくれた方が行楽地には都合が良いのです.ゴールデン・ウィークに合わせて咲いてくれると角館,弘前と回れますからね.

tnakadat at 09:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 自然・環境 

March 29, 2006

寒さに震える

寒さに震えるこちらは白いクロッカス.やはり寒さのせいか,日光が当たらないせいか,つぼみは硬いまま.週末にかけて季節が逆戻りするとの予報です.

tnakadat at 14:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 花たち 

雪時々みぞれ

みぞれ雨朝から雲が垂れ込め,みぞれから雪に変わってしまいました.せっかくつぼみが出始めたクロッカスの表面に雫が光っています.

tnakadat at 14:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 花たち 

March 28, 2006

砂のように流れてゆくだけなのか

姉歯元建築士の妻が自殺したというニュースが伝えられました.マスコミはマンション耐震偽造事件をもはや取り上げませんが,耐震強度が低下していると退去を命じられた住人の不安と債務は残ったままです.熊本県木村建設は倒産,ヒューザーも風前の灯火です.このような事態を招いた検査体制の不備,法律の不備は一体どうなったのか.確かに民主党が堀江メールを信じてしまったのは大失態ですが,ではマスコミはどうなのか.マスコミが民主党と一緒にこの問題を大騒ぎする必要など全くなかったはずなのに,全てを永田議員に押し付けてはいないでしょうか.マスコミはポスト小泉と称して森元首相の発言を延々と報じています.森派は確かに最大派閥かもしれませんが,おいおい,ITを「イット」と読んだ御仁ですよ.この人がどれほどの知性の持ち主か忘れてしまったのだろうか.クリントン大統領が沖縄サミットで訪日した際,How are you?というべきところをWho are youといってしまい,クリントンは苦笑いしてI'm Hirally's husbandと答えたところ,森首相はMe too!と答えたそうな.マスコミは病的なほどの健忘症らしいが,忘れられた人間たちは自殺するほど苦しんでいるのです.野口副社長が自殺したという事件も,コートに植物の種が見つかりながら,この事件を再び調べようとする動きはないようです.いつまでこのような薄っぺらい世相は続くのだろう.人の命というものは,これほどまで軽いものなのでしょうか.我々は大事な何かを忘れ去ってしまったような気がします.

tnakadat at 23:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 記事,事件 

日本はより安全になったのか

オウム真理教松本被告の裁判は控訴棄却,審理打ち切りという異常な事態となりました.弁護側の「被告は精神疾患であり,治療が必要である」という言い分も分からなくはないのですが,あまりにも時間を空費してきた印象は否めません.あの地下鉄サリン事件から11年が経ちました.地下鉄サリン事件の前年松本で松本サリン事件が起きました.事件から数週間で長野県警と科捜研は現場に残留する分解産物から,サリンが使用されたことを確信したといわれています.長野県警や科捜研はガスクロマトグラフィーでサリンらしき物質を検出したのですが,スタンダードが手元に無いため時間がかかったとされています.しかし習志野第一空挺団には特殊戦の部隊があり,実際地下鉄サリン事件でも出動しました.自衛隊もサリンは少量でしょうが,持っていた筈です.あるいは米軍から供与されたのでしょうか.かつてサリンは沖縄駐留米軍が大量に貯蔵し,漏れ出す事故が絶えなかったそうですが,弾丸の中に二種類の薬物を発射後に混ぜ合わせるいわゆるバイナリー方式に変更し,再配備することをレーガン政権時代に決めたそうです.そういえば地下鉄サリン事件はビニール袋でできた容器を傘の先で突き刺すという手口でした.オウム真理教もバイナリー方式だったのでしょうか.地下鉄サリン事件の直前に,駅構内でトランクから謎の霧状の物質があふれ出るという奇妙な事件も起きました.なぜか聖路加病院にはサリンの治療薬である硫酸アトロピンが大量に運び込まれていたそうです.聖路加病院の待合には大規模災害に備え酸素吸入の設備があったといわれています.阪神淡路大震災の時にはあまりに大きいため被災地に移動できなかった,消防庁の大型救護車両も出動しました.これらの事実は予め警察や自衛隊が,都内でのサリンによる無差別テロを察知,予測していたことを示唆しています.オウム真理教の事件以来確かにサリンなど危険な毒物を合成し,使用することを防ぐさまざまな法律改正が行なわれました.宗教法人に対する規制も強まりました.しかしカルト宗教はなくなったのか,地下鉄はより安全になったのか,というとこれはかなり疑問です.「地獄に落ちる」,「祟りがある」,「霊障がある」と称して多額の寄付金を巻き上げる被害はいまだに続いていますし,韓国テグ市で地下鉄車両にガソリンを撒き火をつけた事件では地下鉄サリン事件より大きな被害が出ています.韓国の地下鉄車両より難燃性の素材を使っているから大丈夫と思われるかもしれませんが,難燃性とは燃えにくいということで,タバコの火のような火災を想定しているのだそうです.ガソリンが爆発的に燃焼すれば日本の地下鉄車両もひとたまりもありません.また難燃性素材から有毒ガスが出ることも忘れてはいけません.この事件以後日本はより安全になったのか,より住みやすくなったのか,今一度考える必要があるでしょう.

tnakadat at 11:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 記事,事件 

March 27, 2006

PSEという奇病

BSEならぬPSEという不思議な病が霞ヶ関で流行しているようです.いったんは4月から猶予期間が終わるPSE法で中古家庭電化製品を流通してはならない,と経済産業省の事務次官が言明しながら,中古業者や音楽家の猛反対でレンタルと見做す,という奇妙奇天烈な妥協案.PSEマークのない中古家電の流通を認めるという,いわば朝令暮改を地で行くような二転三転振り.明らかに経済産業省の役人は世の中を知らない.中古家電や中古家具といった生活とは縁が薄いのでしょう.それにしても建築基準法の改悪や研修医制度など,あまりに実態とかけ離れた改正で,むしろ改悪と呼べるものばかりです.世間知らずの役人が時間に追われて,そそくさと法案を提出し,今国会のように実質的な審議もなく法案が成立してしまう.大きな声ではいえないが,役人も議員も恐ろしい奇病に罹っているのではないか.人知れず伝染し脳がスポンジ状になり,一見元気で自覚症状はなく,普通と変わらない生活を続けているが,実は思考能力が奪われてゆく奇病.この職種に特徴的な行為として「人を喰う」という極めて原始的な食行動が見られますから,この奇病はカンニバリズムで伝染すると考えられています.ウイルスなのか,プリオンなのかよく分かっていません.この病気をPublic servant Spongiform Encephalopathy:PSEと呼ぶことになったそうですが,もちろん感染者にはPSEマークは付いていませんので,充分に気をつけなければなりません.

tnakadat at 21:16|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 記事,事件