October 2007

October 30, 2007

東野圭吾:予知夢

予知夢 (文春文庫)
フジテレビ系「探偵ガリレオ」の原作で,昨夜「騒霊ぐ(さわぐ)」をやっていたので,第一作である「探偵ガリレオ」でなく,こちらを取り上げた次第.推理小説には幾つかのルールがあり,まず第一に「証拠は全て提示されていなければならない」というフェアプレーの精神,さらに殺害方法は「ブードゥーの呪い」とか,超能力では駄目で,アリバイトリックも瞬間移動とか,タイムマシンとか,物質転送機,クローン人間というのは御法度という暗黙のルールがあります.このシリーズの特徴は,Who done itではなく,How done it,しかも主人公の湯川学が帝都大学理工学部物理学科助教授であることから分かるように,科学的にトリックを解き明かす,というところにあります.今回の「騒霊ぐ(さわぐ)」はある男の失踪とポルターガイスト現象の繋がりを解き明かすのですが,広末涼子の過剰な演技と全体を彩るお涙頂戴の演出に辟易しました.マンホールが原因と考えたのなら,せめて地道に調査して欲しい.原作の中に出てくる飄々とした感じが失われているのも,残念です.もともとはこの湯川助教授がホームズで,同級生の草薙刑事がワトソン役という役回りなのですが,今ひとつしっくりこないのです.これは男性である草薙を女性に替えたことによるもので,シナリオが原作の味を殺しているように感じました.主人公の福山雅治と柴咲コウが結構好演しているのに残念です.10回のシリーズになっているようで,この二冊からテレビ化するのかもしれません.古畑任三郎やトリックのような人気シリーズになるのでしょうか.原作は結構良いだけにもう少し演出に凝って欲しいものです.

tnakadat at 21:43|PermalinkComments(4)TrackBack(0) 書評 

新星爆発

英会話教室のノバが会社更生法を申請しました.このノバという名前は,かつてSF作家になろうと思った経営者の猿橋氏が命名したものらしい.ノバは新星を意味します.急に輝きだす星のことで,昔の人は新しい星の誕生と考えたのですが,今では古い恒星の終末象と考えられています.新星より劇的な最後は超新星爆発で,巨大な爆発の後にブラックホールや中性子星が生まれることがあるそうです.

 新星爆発は白色矮星と,赤色矮星との連星によって生じるのだそうです.白色矮星は質量が太陽に近い恒星の終末期の姿で,燃料である水素がほぼ尽きて,中心核の重力と熱により光を発していると考えられています.一方赤色矮星は太陽より質量の小さな恒星で,重力が小さいので水素による核融合が進みにくいとされています(従って寿命が長い).

 ところが白色矮星との連星の場合,赤色矮星のガスが質量の大きな白色矮星に引っ張られ,降着円盤を形成します.重力と遠心力が釣り合っていれば,ガスは白色矮星の周りを円盤状に取り巻いていますが,ガスが増えるに従い,徐々に降着円盤の速度が遅くなり,遠心力が働かなくなります.重力がガスを白色矮星に集め,爆発的に核融合が起こり,一気にエネルギーと光を放出する.これが新星爆発のメカニズムなそうです.

 長く続いた円高で外国人が集まり(その多くは日本で稼いで,東南アジアのリゾートでバカンスを楽しむ計画だったようです),また外資系への就職を夢見て英会話教室に通う日本人.しかし日本の経済は失速し,むしろユーロやポンドに対して円は大きく価値を下げています.外資系への就職より,今増えているのはベトナム,中国,韓国といったアジアへの転勤です.確かに英語は国際語として需要はあるでしょうが,共通言語として使用されるのであって,ブロークンでも構わない.むしろ必要とされるのは,中国語であり,ハングルやベトナム語です.アメリカへの大きな幻想によって,英会話教室は成り立っているのでしょうが,日本の置かれた地政学的な位置は極東アジアであって,それは未来永劫変わらないのです.それをアメリカ,ヨーロッパの西の果て,と思い込みたいのは多分日本人だけでしょう.

 何だかこのノバの倒産は,アメリカという白色矮星に,日本がずるずると飲み込まれてゆく顛末を象徴的に示しているように思えるのです.先週末は各地でハロウィンのお祭りが催されたようです.売り上げが伸び悩んでいる商店街が仕掛けたもののようですが,ハロウィンはそもそもケルト人の収穫祭から始まったものと言われています.アイルランドからの移民が多かったアメリカ,そして昔から農業が盛んだったからこそ収穫祭は大事なお祭りだった筈です.ところが今の日本では農業自体が消滅の危機に瀕しています.農家は,お化けかぼちゃどころではないのに,都市の子供や大人が変装をして,街を闊歩する姿は異様です.

 さて白色矮星に充分ガスが吸い取られ,新星爆発が起きた後,赤色矮星はどうなるのか.多分何も残らない.後は空虚な宇宙空間が残るだけなのでしょう.

tnakadat at 10:16|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 記事,事件 

October 29, 2007

Tribute to Celine Dion

セリーヌ・ディオン・トリビュート(DVD付)
日本のミュージシャンによるセリーヌ・ディオンのトリビュート・アルバム.このアルバムの最大のミスは,DVDでセリーヌ・ディオン本人の歌う,To Love You Moreをつけたことでしょう.この声を聴いた途端,まるでワールドカップの日本対ブラジル戦のような,圧倒的な実力差を感じさせるからです.確かにCDだけを聴いていると,「へえー,なかなかやるな」と思っても,本人のパフォーマンスを見ると一気に気分が萎えてしまう.Jリーグを見てから,セリエAを見るような,あるいはクライマックス・シリーズを見てから,ワールドシリーズを見るようなものです.

 セリーヌ・ディオンの魅力は,その輝かしい歌声にあると思います.独特のビブラートと,少し鼻にかかったような独特の発音は,彼女がカナダのモントリオール出身で,母国語がフランス語であることと,無関係であるとは思えません.彼女の歌声が金管,ブラスの輝きとすれば,日本の歌手は木管楽器です.それは母語である日本語の発声や,骨格とも絡む問題です.残念ながらきらめくような輝きは,彼女たちには望めません.

 それなのにライナーノートには,「これまでの日本人ヴォーカリストの概念を,ドカンとひっくり返すほどのポテンシャル」とか,「日本人離れした歌声,圧倒的な歌唱力は,まさに100万人に一人の生まれながらのソウル・シンガーである」という美辞麗句が並びます.先週亀田興毅の謝罪会見がありました.確かに彼らは悪い.しかし彼らを勘違いさせ,増長させたのは,他ならぬマスコミなのです.残念ながら音楽シーンでも全く批評というのが機能していません.これでは育つものも育たないでしょう.

 これが自主制作アルバムや,女子高や女子大の文化祭のアトラクションなら,立派なものです.「セリーヌ・ディオンっていいよね!」,「じゃ,みんなでやってみようか?」.アマチュアであれば,それで良いでしょう.しかし彼らはれっきとしたプロのミュージシャンなのです.3000円近い価格は,高過ぎるといわざるを得ません.しかもこのアルバムを天下のCBSソニーが作ったものであるとするならば,これはJ−ポップの限界と,文化の末期的症状を示している,というしかありません.

tnakadat at 22:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 音楽,CD 

Amy Winehouse: Back to Black

バック・トゥ・ブラック(期間限定特別価格)
このアルバムを聴いて,やられた!と思ったミュージシャンは多かったのではないか,と思います.エイミー・ワインハウスは1983年ロンドン生まれ.親がジャズミュージシャンという音楽一家で,10代からラップミュージックのグループを作っていた,と書かれています.このアルバムはヒップホップ系のプロデューサー,マーク・ロンソンが参加したようですが,全編にあふれるのは,ヒップホップでも,ジャズでもなく,モータウン・サウンド.

 モータウン・サウンドのうきうきする,甘酸っぱいフィーリングと,黒っぽいサウンドが,見事に現代に蘇った,そういう感じです.このアルバムを聴いていると,イギリスのしたたかさを感じていしまいます.外交の世界でも,同じようにアメリカのテロとの戦いに協力しながら,ずるずると国益を失っている日本と比べると,ロンドンに資源の市場を持ち,高騰している金属市場で儲けているイギリスはしたたかです.

 もちろんイギリスも,他の国もヒップホップの影響は,若者を中心に強烈なのでしょうが,ほとんど国内でしか流通しないような,内向きのヒップホップもどきを大量生産している我が国とはえらい違いです.丁度ビートルズやローリング・ストーンズがビーチ・ボーイズやモンキーズを打ち負かした,British Invasionと呼ばれた時代もこんな感じだったのかもしれません.ケネディが軍事顧問団をベトナムに派遣,泥沼化してゆくベトナム戦争と,イラク戦争.歴史は繰り返すのでしょうか.

tnakadat at 21:51|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 音楽,CD 

October 28, 2007

戦争と血液製剤

血液製剤によるC型肝炎の被害者名簿が,厚生労働省の地下倉庫に保管され,肝心の被害者には伝えられなかった事実が明らかになりました.血液製剤の事業と戦争は不可分の関係にあります.戦争とは兵士同士の殺し合いであり,優秀な兵器とは効率的に兵士を殺戮する道具のことです.その多くは体を傷つけ,失血死させるものです.

 このような兵器による損害を防ぐということから,輸液,輸血が進歩しました.1920年代に血漿輸血が,失血ショックを防ぐことが分かり,凍結乾燥した血漿成分が用いられるようになりました.世界最初のアルブミン輸血が行なわれたのは,1941年12月8日真珠湾攻撃による負傷者である,といわれています.

 薬害エイズ事件,そして今回の肝炎事件を引き起こした製薬メーカーはかつてのミドリ十字,以前の三菱ウェルファーマ,そして現在の田辺三菱です.ミドリ十字は731部隊の研究者が,創設に関わったといわれています.血友病患者にエイズが感染した理由は濃縮第八因子製剤をアメリカから輸入し,それが売血によって得られたからだといわれています.当時のアメリカはベトナム戦争終結で血液製剤に大量の余剰が生じ,一方でベトナム戦争後の不況や,麻薬の蔓延,刺青(タトゥー),フリーセックスの流行が,このような供血者を増加させたと考えてもおかしくありません.

 そして日本におけるC型肝炎の流行は,敗戦後のヒロポンの回し打ち,売血が大きな原因であったことが,研究者によって明らかになっています.ヒロポンの回し打ちで肝炎ウイルスがテキヤ,日雇い労働者など,小規模なグループにまず感染し,売血によって得られた汚染された血液製剤が広く使用され,全国規模に肝炎が広がった,というシナリオです.輸血や輸液は手術の適応を広げます.より侵襲の大きい手術が行なわれるようになり,患者は助かるようになった.その半面輸血後肝炎と呼ばれる,ウイルス性肝炎が静かに増えていったわけです.

 そもそもヒロポン,今の覚醒剤も戦争の時に見張りや,労働者が眠気を抑えるために大量に生産されました.戦後しばらく内服薬としては出回っていたというのは有名な話です.今厚生労働省の不正と共に問題となっているのは,防衛省の守屋元事務次官と,武器輸入業者との不適切な関係です.極めて象徴的な出来事だ,と考えるのはやや深読みに過ぎるでしょうか.戦争の傷は,いまだに深い闇のように,そちこちにぽっかりと口を開けているのです.

tnakadat at 10:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 記事,事件 

ベニシジミ

ベニシジミ今朝は台風が去って,青空です.暖かい空気が残っているせいか,ベニシジミが花の上に止まっていました.今日一日穏やかな天気に恵まれそうです.八幡平,田沢湖,十和田湖など,訪れた観光客はほっとしているのではないでしょうか.

tnakadat at 09:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 自然・環境 

ランプと紅葉

ランプと紅葉昨日は台風と前線の影響で,一日中雨模様でした.しかし観光客が紅葉見物に訪れているようで,盛岡駅は混雑していました.これは中津川沿いの岩手公園の紅葉.山からそろそろ里に紅葉が下りてきました.

tnakadat at 09:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 自然・環境 

October 27, 2007

中西保志:スタンダーズ

Standards/スタンダーズ
「最後の雨」以来ほとんど露出の無かった中西保志のカバーアルバム.今年の2月に出たらしいのですが,今日偶然見つけて聴いたところ,これが素晴らしい出来です.ドリーム・カムズ・トゥルーのラブ・ラブ・ラブに始まり,山下達郎の甘く危険な香り,久保田利伸のミッシング,オフコースの言葉にできない,などなどどれもがシングルカットできそうなものばかり.最後は彼のヒットである最後の雨で締めくくるのですが,いずれの曲も,シンプルでありながら,無駄がありません.演奏も録音も素晴らしい.これは新川博氏,京田誠一氏といった,名手の手になるものだからなのでしょう.特に新川氏はミックスダウンまで手がけており,演奏と歌が見事に溶け合っています.最近の日本のいわゆるJ-POPSの中には,歌手の声の性質や,歌の雰囲気とどう考えてもミスマッチなリズム帯や,不自然なエコー,ディストーションが,せっかくの音楽を台無しにするケースが目に付きます.またいかにも多重録音で撮りました,というような安直なミックスダウンもあるのですが,演奏家の立場に近いせいか,最近の日本の録音の中でも素晴らしい一枚だと思います.一つだけ言わせてもらえば,ジャケットのデザインだけはいただけません.これがボビー・コールドウェルの一連の作品のコピーであることは,見る人が見れば,直ぐに判ります.音楽の出来が良いだけに残念.

tnakadat at 21:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 音楽,CD 

Babyface:Playlist

Playlist
ヒップホップ,打ち込み系にやや食傷気味なのか,あるいは昨年のNe-Yoのブレイクによるものか,ベビーフェイスのカバーアルバムが出ました.それもジェイムス・テイラーや,ジム・クロウチ,デビット・ゲイツ,ダン・フォーゲルバーグなど,おじさんが泣いて喜ぶような選曲ばかり.ベビーフェイスの歌もアレンジもなかなか良いのですが,やはり聴いていると,オリジナルが聴きたくなります.特にブレッドとかジム・クロウチは活躍した期間が大変短いので,余計感慨が深いのです.ともあれ秋の夜長にはぴったりのアルバムです.

tnakadat at 21:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 音楽,CD 

October 26, 2007

平成版「親亀の唄」

親亀(史郎)の背中に小亀(興毅)をのせて
小亀(興毅)の背中に孫亀(大毅)のせて
孫亀(大毅)の背中にひ孫亀(和毅)のせて
親亀(史郎)こけたら皆こけた

懐かしいナンセンストリオ(現在はナンセンス)の「親亀の唄」.昭和40年というから,もう知らない世代の方が多いのかもしれません.
今朝も,よってたかって子亀をいじめていましたが,民話「浦島太郎」で子供達を「これこれ,亀をいじめるのは止めなさい.」という浦島太郎は結局現れずじまい.みのもんたも,和田アキ子も,テリー伊藤も,親子亀には知らん振り.散々亀親子の芸で稼いだTBSと協栄ジム金平会長は,竜宮城で乙姫さまにはめぐり合えず,それでも玉手箱から煙が出てきて,あっという間に御祖父さん.めでたし,めでたし,どんと晴れ.

tnakadat at 11:54|PermalinkComments(4)TrackBack(1) 記事,事件