January 2008

January 31, 2008

国民の安全を守るために

中国産冷凍餃子の中毒事故の余波が続いています.中国産加工食品は給食や,ファストフード,ファミレスなどに広く使用され,多くの食品は回収を迫られています.一方医療機関や,保健所,東京都などのミスや怠慢も徐々に明らかになってきました.

 一般的に有機リン中毒の事例は,農村に多く,都市部に少ない,と言われます.これは有機リン中毒が,農薬散布などの労働災害というより,自殺目的で服用することが多いからです.農家には殺虫剤や除草剤はありふれたものですから,自殺に用いられやすい.そのため岩手など農村地帯では,有機リン中毒を経験しない医師や救急隊員は少ないと言って良いと思います.

 一方東京など,都市部では有機リン中毒はそうありません.地下鉄サリン事件で多くの患者が搬送された聖路加病院の医師も,有機リン中毒を見るのは初めてだった,と著書に書いていたように思います.インターネットで調べると,ペットの有機リン中毒は意外に多いようで,獣医師の方たちのサイトがヒットします.ペットが間違って殺虫剤入りの食物を食べて,動物病院に運ばれるということがあるようです.

 昨年暮れに起きた最初の症例は,千葉市の市民病院に救急車で運ばれたようです.感染性腸炎という診断で翌日退院となったとニュースは伝えています.有機リン中毒は,縮瞳,唾液などの分泌亢進,呼吸不全などの症状の他に,意識障害や,下痢など多彩な症状を伴うことがあります.したがって下痢などの症状が軽快すれば,退院というのも仕方のないことかもしれません.

 しかし有機リン中毒では薬物の種類に関わらず,共通のデータ異常があります.それはコリンエステラーゼという酵素の活性が長期間低下することです.もし主治医がコリンエステラーゼを調べていれば,事態の解明に大きく近づくことが出来たでしょう.続いて起きた兵庫県の例では,主治医は縮瞳に気付き,有機リン中毒を疑い,東京都にJTの検査を行なうよう依頼しました.しかしこの要請は,保健所から研究所へのファックス送信のミスで,縮瞳などの症状が伝わらず,通常の検査のみ行ない,結局見逃しに終わってしまいました.

 結局市川市で起きた事件で,県警が吐瀉物からメタミドホスを検出,有機リン系薬物による中毒事件という形が見えてきます.千葉県警がメタミドホスに詳しい企業に問い合わせたところ,兵庫県でも同様の依頼があった,と知りこれがこの事件の全貌を知るきっかけになったそうです.千葉県警とこの企業の連絡がなければ,もっと被害は増えていたのかもしれません.

事件が起きて,後から批判するのは容易いことです.しかしこの事件は,日本の医療機関や,保健所,自治体に多くの改善すべき点があることを示しています.こういう原因不明の患者が運ばれた時に,感染や毒物のエキスパート,捜査権や立ち入り検査を行なえるタスク・フォース的な組織が迅速に介入する仕組みが必要ではないでしょうか.すでに県とか,都といった地域を越えた物資の流通が当たり前となり,今回の事件では中国からの食品で,もう国境すら越えています.地域の枠を越え,役所の枠を越えた組織を作ることが,このような事件への対応には不可欠ではないか,と思います.

またこの一連の事件を見ると,年末年始の長い休暇が,解決を遅らせた大きな要因となったと,考えざるを得ません.最初の千葉市の患者は12月28日に市立病院を受診.翌日から公的病院も,官庁も休みです.2件目の兵庫の事例は1月5日,これも土曜日で,やはり1月7日まで保健所や,厚生労働省は休日体制です.もし人知れず鳥インフルエンザなどが,この時期に入り込んだらどうなるでしょう.航空機が発達した今,ひとたび人から人への感染性を獲得すれば,新型インフルエンザは8時間もあれば,世界中に拡がるといわれています.今年はたまたま9連休となった,というかもしれませんが,このままで良いのだろうか,と思うのです.

 安倍政権では内閣機能強化といいながら,素人同然の首相補佐官を据え,周囲の反発を買い,自滅しました.しかしやはり役所の縦割り行政の弊害を打破し,機動性を持った組織作りは急務です.今回の騒動でも見えてくるのは,医療機関や,地方保健所,警察といった前線部隊のはるか後方にいて,「良きに計らえ」と危機感の欠片もない官僚の姿です.ヘリなどで自ら現場に赴き,情報を収集し,指示を与え,必要な処置を断固としてとる,現代的なリーダーシップが求められていると思います.

 追伸:このような原因不明の中毒事件に対し,医療機関が最低限行なうことは尿や吐瀉物,血清などサンプルを保存することだと思います.これは後日ウイルスや毒物の特定に役立つわけで,このようなサンプルを保存する設備すら,市中の病院にはない,というのが悲しいかな,現代の日本の姿です.中国製品をボイコットしても,食料自給率の低い我が国では,ベトナムや,韓国辺りから輸入しなければいけません.天洋食品だけを糾弾しても,第二,第三の事故は防げないでしょう.

tnakadat at 22:58|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 記事,事件 

かまくら

かまくら盛岡駅前の広場にかまくらが二つ作られました.小岩井農場で開かれる雪祭りの宣伝のようです.かまくらの前ではしゃいでいるのは,台湾からの観光客のようで,しきりにかまくらの前で撮影を続けていました.

tnakadat at 21:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 路上散歩 

山には雪

山には雪盛岡市の西側にある山々.雪はまだまだ残っています.

tnakadat at 21:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 自然・環境 

北上川

北上川これは昨日の映像です.夜半に雪が少し降り,川原や山に雪が少し増えました.それでも少しずつ日差しは強くなってきていて,先週までの厳寒とは違います.

tnakadat at 21:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)  

犯人探しより,ダメージコントロール

テレビでは中国の杜撰な農薬使用や,製造メーカーの「あり得ない」というコメントを大きく取り上げています.しかしそもそも山東省などで日本向けの野菜を作っているのは,日本の市場が安い野菜を望んでいるからです.食べたくなければ,買わなければ良い.冷凍食品や,コンビニ,ファストフード,ファミレスで食べない,惣菜など加工食品は一切口にせず,全て自分で洗って,自分で調理すれば良いのです.

 しかし日本の食料自給率は怖ろしいほど低率ですから,たちまち国内の農産物は急騰し,飢えて死ぬか,じきに忘れて中国産野菜を食べ始めるに違いありません.では輸入元のJTが悪いのでしょうか.しかし今回のような偶発的に生じた混入事件を防ぐ検査方法があるなら,教えて欲しいものです.このような稀に起きる事故を防ぐことは,大変な犠牲を伴うか,現実的には不可能なことが多いのです.逆に不幸にして事件が起きた時に,被害がさらに拡大することを防ぐのは,可能であり,よほど現実的です.

 BSE,ノロウイルス,病原性大腸菌,黄色ブドウ球菌,食品を媒介にする事件は過去にこれだけありました.未知の危険性を含め,全ての食品の安全性を保証することなど,不可能です.結局このような事件は,起きた時点で迅速に情報を開示し,さらに被害者が増えるのを食い止めるしかありません.ことさらにJTを責めるのは考え物です.JTほどの大企業であれば,風評被害で倒産することはないでしょうが,中小企業であればたちまち倒産です.取材陣に詰問され,警察に逮捕され,挙句の果ては倒産となれば,証拠隠滅を図る関係者が出てきても,おかしくありません.

 鳥インフルエンザを隠蔽しようとした浅田農産の事件を思い出していただきたい.最後は社長夫婦が自殺するという悲惨な結末で,事件は終息したのです.まずはダメージコントロール,被害を最小限に抑える,これが危機管理の大原則です.しかし今の日本のマスコミにはこの大原則すら理解できていないようなのですが.

tnakadat at 08:34|PermalinkComments(4)TrackBack(0) 記事,事件 

朝日

朝日久しぶりに東の空から強い光が.今朝の最低気温は氷点下5度.一時の寒さは少し緩みました.しかしニュースは決して明るくありません.福田内閣の閣僚は,就任挨拶で,判で押したように「スピード感を持って」と抱負を語っていましたが,スピード感ばかりで,スピードがありません.「つなぎ法案」を出したかと思うと,突然引っ込めたり,今度は一ヶ月もかかって中国製冷凍餃子に農薬が混入していた,と判る体たらく.暫定税率にしても,審議会で徹底的に議論するといいながら,年度内かどうかはわからん,と不透明な話.電力,ガス料金の大幅値上げは4月にもスタートしそうです.ずぶずぶと沈みそうな気配が漂ってきています.

tnakadat at 07:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 自然・環境 

内閣機能強化とは何だったのか

マスコミは,昨日慌てて中毒事例を発表したJTを批判しています.しかしこれはおかしな話です.平成15年政府は雪印乳業の集団食中毒事件や,BSE問題を踏まえて,食品衛生法より包括的な食品安全基本法を制定しました.そして内閣の管轄する内閣府食品安全委員会を創設したのです.これは前政権である安倍内閣の内閣機能強化とも一致するものでしょう.ところがこの事件を見る限り,全く機能していません.すでに平成14年中国産冷凍カリフラワーから,今回検出されたメタミドホスが検出されています.これは農林水産省のホームページに掲載されています.メタミドホスは国内での使用が禁止されていますから,中毒の原因として,中国産野菜が疑われ,中毒を起こした患者の食べた物の中に,冷凍食品が含まれれば,それが原因と考えるべきです.今の日本では食品は全国に流通し,冷凍食品であれば,さらにその傾向は強いでしょう.旧来の保健所,地方の警察といった地域を限定する体制では不充分です.したがってこの事例は,警視庁や農林水産省,厚生労働省が迅速に対処すべき問題であって,輸入したJTの責任云々は,その後の問題です.昨日の記事にも書きましたが,中毒事故の詳細な情報を握っているのは,警察や保健所で,JTではありません.批判されるべきは緩慢な対応に終始した当局で,相変わらず役所の壁と事なかれ主義は法律が改正されても残っているようです.まず食品安全基本法に基づいた内閣府食品安全委員会が開催されたのか,報道機関は内閣に問うべきなのですが,批判の矛先はJTにばかり向けられる.そもそも食品安全委員会といった,有識者からなる組織に機動性や,迅速性を求めるのは無理な話ですが,これが日本の現状です.インターネットのサイトに中毒情報センターというのがあり,情報提供を行なっていますが,財団法人であって,厚生労働省や内閣府ではありません.危機管理ということからいえば,もっと国民へ迅速に情報提供をすべきです.内閣機能強化とか,危機管理と口ではいうものの,全くお寒い限りです.これではテロも,パンデミックも防げません.

tnakadat at 07:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 記事,事件 

January 30, 2008

お粗末な危機管理

 ハンドボールもつなぎ法案も吹き飛ばす事件が起きました.JTが輸入した中国製餃子による中毒事件です.これで日本でもチャイナ・フリーの嵐が吹き荒れそうですが,問題は深刻です.報道によれば,最初の事件が起きたのは昨年12月28日千葉県花見川区で,45歳の女性と3歳の女児が中毒症状を起こしています.さらに今月5日今度は兵庫県高砂市で中国製餃子を食べた3人がやはり同様の症状を起こしました.そして22日に千葉県市川市で,今度は家族5人が中毒症状を起こし,一週間以上経った今日になって,ようやくJTが結果を公表し,慌てて製品を回収する始末です.

 原因物質と思われる有機リン系殺虫剤メタミドホスは国内では使用されていませんが,有機リン系殺虫剤の毒性は広く知られています.オウム真理教が製造し,散布したサリンの薬理作用はこれらの殺虫剤と何ら変わりがありません.現在自治体で行なわれている化学テロ対策は,実質的にはサリンを標的にしたものです.事実松本サリン事件,地下鉄サリン事件などで,日本は唯一毒ガス兵器サリンの治療に関するデータや,治療経験を民間医療機関が持っている国です.従って有機リン系殺虫剤への対応というのは,特に我が国では充実していなければなりません.オウム真理教による地下鉄サリン事件,和歌山カレー事件,そして世界同時多発テロや,炭疽菌テロで,国内の毒劇物検査体制は大幅に強化されました.各地方自治体には高価なガスクロマトグラフィー,質量分析器などが設置され,毒劇物の迅速な検出体制は出来上がっている筈なのです.

 ところがこの事件では最初の事件が起きてから,事実の公表,対象食品の回収まで一ヶ月以上かかっています.有機リン系薬物による中毒は,縮瞳,唾液など分泌亢進,筋肉れん縮など,典型的です.薬物の検出,同定まで数日で可能なはずです.少なくとも兵庫県で事件が起きた時点で,動き出さなければいけません.中国も問題ですが,この怠慢ぶりはもっと問題です.JTの謝罪だけで済む問題ではありません.厚生労働省や,警察が記者会見,謝罪すべき重大事件です.これでは化学テロは決して防げません.この悠長な対応は,世界中の物笑いの種となっているではないか.関係する省庁の心ある人間は猛省すべきです.

追伸:このメタミドホスは中国ですでに中毒事件が多発しており,日本に輸入された冷凍野菜からも高濃度で検出されていたとのことです.従って昨年暮れに中毒事件が起きた時点で,警告を発するべきだったと思います.福田首相は相変わらず,我関せずという無責任な態度を取っていますが,これは明らかに厚生労働省や,警察の怠慢です.JTや中国だけが非難されるのはおかしなことです.

tnakadat at 19:42|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 記事,事件 

対案を出せない自民党

 アメリカ経済は停滞から,崩壊へと向かっているように思えます.原油高,資源高は投機による影響もあるかもしれませんが,世界経済が大きく変動している今,このような動きは当然ともいえます.日本国内には資源と言えるものは,そう多くはありません.輸出立国で,アメリカへの輸出に頼ってきたのですから,アメリカ経済が破綻すれば,日本の輸出も大きな痛手を受けます.すでに石油製品のみならず,電気料金の値上げも決まっており,ほとんど全ての商品や,サービスは値上げへと転じることでしょう.

 消費を刺激するために総評などは賃上げが不可欠といいますが,賃金を上げることができるのは,一部の大企業だけでしょう.消費は落ち込み,物価高という流れは確実にやってきそうです.今の政府に求められているのは景気浮揚策です.ところが景気浮揚策のうち,金利引き下げはたった0.5%の金利では焼け石に水です.公共事業という手法も,これだけ財政赤字が増えたのですから使えません.となると残った手段は減税しかありません.減税によって消費者の負担を軽くし,余ったお金が市場に出回る.たぶんこの方法しか今の状況ではないのです.

 日本の個人金融資産1400兆円といっても,年金など将来の不安が続けば,使えないお金となるわけで,まさに今の日本は,政府への不信感から,経済が冷え切ったままなのです.アメリカ政府は新型インフルエンザへの対策として,もし患者が増え続け,人工呼吸器などの医療資源が不足した場合には,人工呼吸器を48時間から72時間装着しても改善が見られない患者から取り外し,新規の患者へ装着して良い,という指針を出しました.このような決定を政府がするというのは,逆に政府への信頼が厚い証拠です.日本では同じような事態が当然起きる可能性が高いというのに,日本の行動計画は極めて漠然としており,もしパンデミックが起きれば混乱は必至です.既得権益を守るために汲々とし,大胆な政策転換が出来ない,それこそが日本経済失速の大きな理由ではないか,と思います.

 私には民主党の暫定税率廃止という主張は,決して奇策でも,ポピュリズムでもない,と思います.ガソリンはまさに現代社会の血液です.地方に比べ都市部はガソリン消費量が少ないとはいえ,物資の輸送や,多くの産業の基盤となっています.自民党が政権与党ならば,つなぎ法案などという,その場しのぎではなく,民主党案より優れた景気浮揚策を提案すべきです.韓国大統領選でも,アメリカ大統領選でも,重要なのは北朝鮮でもイランでもなく,経済が大きな争点です.ところが福田首相は「野党に協力を求めたい」というばかりで,何も具体策を示せないのです.これではますます日本は世界から取り残されるでしょう.かつて自民党は「野党は反対するばかりで,対案を出さない」と揶揄しました.しかし民主党に追われる今の自民党は,対案を出せません.これでは政権与党の資格がないというものです.

tnakadat at 14:54|PermalinkComments(4)TrackBack(1) 記事,事件 

したたかな韓国,踊らされる日本

 ハンドボール北京五輪アジア予選のやり直し,女子は韓国に惨敗です.素人目にも過去の戦績以上の実力差があるように見えました.今夜の男子も,過去の戦績から見れば韓国が圧倒的に有利でしょう.サッカーに比べれば,点数が入りやすく,試合時間も短いため,実力差が出やすいゲームのように見えます.コートは狭く,オフサイドがありませんから,デフェンスがカットすれば,即カウンターです.サッカー同様一対一に弱い日本は,攻撃に人数をかけますが,サッカーと違い,キーパーを除き6人しかいないハンドボールでは,当然守備が手薄になります.サッカー以上に不利な条件です.室内ですから,芝生や天候といったコンディションの変化もありません.たぶん韓国チームにとって,アウェーというハンデはほとんどないのでしょう.
 
 このアジア予選のやり直しを,日韓が国際ハンドボール協会が申し出て,やり直しの裁定が下った時,韓国はしてやったり,と思ったことでしょう.さらにクウェートやカタールといった中東の国がボイコットすれば,さらに有利です.一方韓国単独で,国際ハンドボール協会に「中東の笛」の不当性を訴えても,再試合にまで行ったかどうかは疑問です.日本も加わったからこそ,やり直し再試合になった可能性は大きいと思います.

 どうしようもなく滑稽なのは,「中東の笛」を国際ハンドボール協会が認めたことで,正義を勝ち取ったと思い込む単純さです.所詮スポーツだって政治の世界,一つの不正が是正されたからといって,その後正義が実現するとは限りません.韓国の駆け引きの世界に引きずり込まれたことに気付かない.思えばサッカーワールドカップ日韓共同開催だって,国際舞台では日本の惨敗でした.その教訓は全く生かされていないように見えます.

 日本のハンドボール協会や,マスコミはこぞって「中東の笛」と騒ぎましたが,あまり関心の高くないハンドボール競技に,一時的にせよ,注目が集まればよいと考えているのでしょう.あくまでも内向きな日本,それはそれで仕方のないことなのかもしれません.しかし結局のところ「中東の笛」騒動で,利益を独り占めしそうなのは韓国で,お人よしの隣人と言う役回りを演じそうなのは日本です.かたや北京五輪出場権,かたやひと時の興奮と儚い夢.中東の笛ならぬ,韓国の笛太鼓に見事に踊らされた,ということにならなければ良いのですが.

tnakadat at 06:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 記事,事件