July 2008

July 13, 2008

300 (スリーハンドレット)

300<スリーハンドレッド>特別版(2枚組)
まず断っておきたいのは,この映画はかつてハリウッドで多く作られた史劇ではない,ということです.グラディエーターのようなフィクションではあるけれど,それなりに時代考証を重ねた映画だと思ってみると,がっかりするどころか,悪趣味ともいえる映像で途中で投げ出したくなるでしょう.

 私も何度か観るのを止めようか,と思いました.何しろほとんどがコンピュータ・グラフィックで,これでもかというほどの残虐シーン.映像のノリはコンピューター・ゲームのそれに近いのです.日本の劇画や,香港映画の様式美といっても良いかもしれませんが,首は飛ぶわ,血飛沫は飛ぶわで,ハッキリいって品が悪い.さらにあまりにあからさまな人種偏見.スパルタ軍はヨーロッパ,ペルシャ軍はアフリカ系,中東系,そしてまるで忍者が能面を被ったような「不死の軍団」.極めつけはペルシャ帝国の王クセルクセスで,もはや人間ですらなく,まるでドラゴンボールのナメック星人のようです.

 しかしこのような破天荒な映像ながら,わずかな兵を率いて戦い,全滅したスパルタの王レオニダスの言葉は,重く心に残るのです.
クセルクセスは「私に跪け」という.従者は「王に跪けば,そなたはギリシャの王となり,スパルタは富み栄えるであろう」,「世界の真の支配者と同格になる」だから武器を捨て,跪け,というのです.どこかで聞いたような文句ではありませんか.

 レオニダスは盾を捨て,全力を振り絞り,鎗をクセルクセスに投げ,ペルシャ軍の放つ無数の矢に貫かれて,息絶える.その前に裏切り者,エフィアルテスには「お前は永遠に生きろ」と命じ,エフィアルテスの顔は歪み,視線をそむけるのです.先日民主党が在日米軍基地を縮小し,長期的には国内から移転することを,マニフェストに加える,と発表しましたが,マスコミの扱いは小さく,山本モナ不倫騒動や,大阪道頓堀の「くいだおれ」閉店の方が扱いが大きい有様です.多分マスコミは,そして官僚も,自民党も,財界もそんなことを報道してほしくないのです.誰もが裏切り者,エフィアルテスになってしまったから.その毒を飲んでしまったから.

tnakadat at 20:50|PermalinkComments(4)TrackBack(0) 映画,DVD 

コールドプレイ:Viva la Vida〔美しき生命)

Viva la Vida
コールドプレイはイギリスのロックバンドでこのアルバムが四作目.ジャケットはいうまでもなく,ドラクロワの「民衆を導く自由の女神」.このバンドのアルバムのジャケットデザインは,なかなか素敵で,これは同じイギリスのレディオヘッドとも共通するものです.

 肝心の音樂はというと,これもやはりムーディー・ブルースや,イエス,キャメルといった,叙情的なプログレッシブ・ロックバンドの流れを汲むもの.だから私のようなオールドファンでも,さほど抵抗感なく聴くことができました.日本はというと,相も変わらずラップ,ヒップホップ全盛ですが,本場アメリカですら,単なる打ち込みから,メロディへの回帰が見られると感じるのは私だけでしょうか.

 NHK朝の連続ドラマを見ていると,東京の下町情緒と,里親制度というウェットな話題にヒップホップや,ダンスを無理やり結合させようと,苦心惨憺しているように見えます.そこまでして,アメリカと同一化しなければならないのでしょうか.最近テレビ局はユーロ高,ポンド高で,特にイギリスへの取材ロケを避ける傾向にあるそうですが,いつまでもアメリカしか見えないというのでは,やはり属国化と呼ぶしかないのではないか.

 日本全体を覆う不思議な静けさと,連日のように起きる衝動的,刹那的としか思えない事件の陰にある時代の閉塞感.ここまで首相の存在感がないというのに,内閣改造と騒ぐマスコミの不思議.相変わらずサンケイは,新聞社に「過激派」が巣食っている,などと書き立てる.問題は過激派どころか,反対派そのものが右にせよ,左にせよ,消失してしまったことです.今回のサミットの警戒に要した費用は400億で,ロンドンサミットの10倍なのだそうです.反論を排除し,画一的な教育に邁進した挙句,この国は活力も失ない,自分自身で考え,歩くことを止めた,そのつけが回ってきたとしかいえません.

tnakadat at 19:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

July 10, 2008

旧エイベックスリゾート

洞爺湖サミットが終了しました.サミット中混乱が起きなかったのが,唯一の収穫といって良いようなサミット.笹山登生さんが書かれているように,インドや中国,産油国がいなければ温暖化防止,原油価格の高騰も議論できない,ということで先進国だけでは経済も,環境も決まらないことを証明したという,何とも皮肉なサミットでした.福田首相や,シェルパと呼ばれる外務省高官は舞台裏で頑張ったのでしょうが,何しろこの建物は「旧エイベックスリゾート」,バブル崩壊で拓銀がつぶれた元凶ですから,この建物が映し出される度に,バブルの怨念が画面から浮かび上がってくるような気がして仕方がありません.札幌市内は厳重な警戒で,サミット期間中渋滞で大変だったようです.大体このホテル,警備はともかく,デザインも景観も,環境保護や,環境との調和とは正反対,東宝の怪獣映画に出てくる1950年代から60年代の近未来建築です.いうなれば地球防衛隊か,科学特捜隊の本部というところ.洞爺湖から怪獣が出現し,破壊されなかっただけ,ましというものでしょう.

tnakadat at 17:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

July 09, 2008

ふーん

ふーんイヌならば,しきりに尻尾を振って飛び跳ねるところなのでしょうが,ネコはひとしきり甘えると後はマイペース.でもこのクールさ,身勝手さがネコの魅力なのです.しかし,まあタイガースの強いこと.もうマジックが点灯してしまいました.「駄目トラ」,「駄目トラ」と言われたのが嘘のよう.ヤクルトは地元出身の畠山が一人気を吐いていますが,横浜ともども元気がありません.クルーンを放出する横浜のフロントも,ラミレスを放出するヤクルトのフロントもどうかしています.でもやはり一番の戦犯は,ジャイアンツの上原ですかね.
PS:今日のスポーツ紙には,山本モナと二岡の不倫記事が.上原,イ・スンヨプ,二岡はジャイアンツが優勝を逃したときは(その気配は濃厚ですが),放出は避けられないでしょうね.

tnakadat at 15:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ネコ 

クンクン

クンクンカメラを向けると,ストラップが動くせいか,動作音のせいか,顔を近づけます.かろうじてピンボケやブレのなかったのが,この写真.子猫はじっとしていないので,愛想の良いネコを撮るのは結構難しいのです.

tnakadat at 15:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ネコ 

トラネコですが,何か?

何か?通勤途中に見かけた子猫.全く警戒する様子もなく,近寄ってきて相手をしてくれました.

tnakadat at 14:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ネコ 

July 04, 2008

リック・アストリー:ポートレイト

ポートレイト
いつまでもラジオでオンエアされる曲があると思えば,物凄く流行った曲なのに,いつの間にか全く忘れられてしまう曲があります.今の季節なら「雨に唄えば」やカスケーズの「悲しき雨音」,ニール・セダカの「雨に微笑を」が前者で,ウェンディ・モートンのCome in out of the Rain は後者といえるでしょう.ウェンディ・モートンはCDの再発もありません.このリック・アストリーは皆さんご存知の通り,一時期カイリー・ミノーグと並び,大いに流行ったのですが,とんと音沙汰なし.そう思っていたら2年前にこんなカバーアルバムを出していました.当時は若いのにオッサン声,が売り物(?)でしたが,今は年齢相応(笑).最初がドン・マクリーンのビンセント,最後はバカラックの What the World Needs Now .プレスリー・ナンバーの「好きにならずにいられない」もなかなか良い出来です.傑作とは呼べないかもしれませんが,この人は歌うことが好きなんだというのが伝わるアルバム.アレンジはそう古くもなく,しんみりと聴くアルバムではないのですが,買って損はないと思います.

tnakadat at 17:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

July 03, 2008

飽食の代償

うなぎの名店「野田岩」は,土用の丑の日など,うなぎの蒲焼が売れる季節以外は休業していた,といわれます.天然産のうなぎを使用する以上,止むを得なかったのでしょう.今は土用の丑の日には,スーパーマーケットにうなぎが山のように積まれ,一年中ウナギの蒲焼が牛丼チェーンでも食べることができます.その一方稚魚を乱獲するためか,天然モノは激減,ヨーロッパから稚魚を輸入し,台湾や中国で養殖するという事業も,ヨーロッパのウナギ資源の枯渇の恐れから,EUは稚魚の輸出制限を検討,いずれこのような養殖モノも減少することでしょう.今回のウナギ原産地偽造事件も「魚秀」,「神港魚類」といった一部の業者だけに留まらない問題であるといえそうです.「神港魚類」は「マルハ」マークからわかる通り,マルハニチロホールディングの子会社です.マラカイトグリーンなどが検出されたと報じられていますが,そもそも中国で食べられるウナギは田ウナギと呼ばれる黄色いウナギです.養殖のノウハウは日本の技術者が持ち込んだものに違いありません.要するにこの「うなぎ偽造」事件は,飽食の代償なのです.「業者が悪い」,「中国が悪い」といっても安い値段で食べ続けてきたのは,我々消費者です.たぶん南シナ海由来の資源は枯渇,ヨーロッパ産ウナギも先細りでしょう.コンプライアンスを守ろうが,守るまいが,いずれウナギの価格は高騰することでしょう.飽食の代償は大きいと思います.

tnakadat at 19:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

July 02, 2008

「ねじれ」こそ正常な進化

メジャーリーグのニュースが少ない中,日本のプロ野球が頑張っています.セリーグは阪神が二位の中日に7.5ゲーム差をつけて独走中.巨人はいちおう三位ですが,11ゲーム差.パリーグは西武が久しぶりに首位で,その後に日ハム,ソフトバンク,楽天と続きますが,楽天のゲーム差は5,最下位のロッテのゲーム差ですら10.5ですから巨人の首位奪回と同じくらい可能性があるといって良いでしょう.松井や松坂,福留といったスター選手がメジャーに行ってしまいましたが,その中で日本のプロ野球選手は健闘していると思います.ロッテのバレンタイン監督や,日本代表監督だった王監督,星野監督など,多くの選手や監督が尽力してきましたが,何と言っても現役最年長で,先日73歳の誕生日を迎えた野村監督の力が大きいと思います.まず第一にアンチ巨人だけで,最後はぼろぼろになってしまう駄目トラ,阪神タイガースのカラーを変えました.優勝すれば年俸が上がるからと,有力選手を放出する球団サイドの意識を変え,とにかくジャイアンツに勝てばよいというファンの意識を変えました.楽天がこのままAクラスでシーズンを終えるかどうかは,まだ分かりませんが,今季の楽天は巨人戦でも臆するようなところは全く感じられません.野村監督というと,皮肉や辛辣なコメント,現役中のぼやきなどでとかく煙たい存在のように思われがちですが,実は人一倍理想に燃え,選手やファン,そして野球を愛する温情家なのではないか,と思います.巨人,東京といった権威に対する反発が,マスコミには反感を持たれるのでしょう.こういうところは民主党党首小沢一郎氏にもいえることかもしれません.しかし阪神が強くなってセリーグが活性化したように,日本の政治も自民党独裁と云っても良い,不自然な体制を止めるべきなのです.「巨人が勝つと日本が安泰」というのは,全くおかしい.安倍首相が突然辞意を表明し,総裁選で福田氏が選ばれ,福田内閣の支持率が低迷すると,今度は麻生氏だ,いや政界再編だとマスコミは騒ぐ.しかし本来総選挙を行うべきなのです.二院制なのだから,捩れるのが当たり前,捩れなければ野球で云えば前後期優勝でプレーオフなし,全くつまらない.政界ももっと捩れて,もっともっと混乱した方が良い.いったん自民党は下野して,それこそ泥水を啜り,水に落ちた犬になるべきなのです.そこから本当の政党政治が始まるのでしょう.稀代のペテン師小泉や,小池百合子などが政界再編などをやれば,本当の改革など,生まれる筈もありません.

tnakadat at 15:50|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 記事,事件