March 2010

March 24, 2010

正鵠を得たウォルフレン論文

永田町異聞で紹介されているのですが,アムステルダム大学教授カレル・ヴァン・ウォルフレン氏が「日本政治再生を巡る権力闘争の謎」という論文を中央公論に寄稿しています.ネット上で閲覧できることは大変喜ばしいことですが,ほとんどのメディアには無視されたままです.この論文がいかに日本の現状と課題を精確に捉えているかは,お読みになればわかることですが,結びの言葉だけを引用させていただきます.

 日本のメディアは自由な立場にある。しかし真の主権国家の中に、より健全な民主主義をはぐくもうとするならば、日本のメディアは現在のようにスキャンダルを追いかけ、果てはそれを生み出すことに血道を上げるのを止め、国内と国際政治の良識ある観察者とならなければならない。そして自らに備わる力の正しい用い方を習得すべきである。さらに政治改革を求め、選挙で一票を投じた日本の市民は、一歩退いて、いま起こりつつあることは一体何であるのかをよく理解し、メディアにも正しい認識に基づいた報道をするよう求めるべきなのである。

 名古屋市議会の定数削減と,減給が盛んに報道されています.市議の年収1,600万円が不当に高いのか,現在の75議席が多過ぎるのか,私には分かりません.しかし確かなことは給与を半減し,議員定数を半減しても年間およそ3億円しか節約できないということです.ところが名古屋市には2万人近い市職員がいるようなのです.河村市長は,ロスアンゼルス議会の議員定数はたった15人だ,といっていますが,議員定数を減らしても大きな歳出削減に繋がるとは思えません.

 先日トヨタのリコール問題で豊田社長がアメリカ下院の公聴会に出席しましたが,印象的だったのは豊田社長の公聴会がアメリカ運輸省長官との会談に先立ち行われたことです.下院公聴会はテレビで見ても,明らかに下院選挙を意識した素人臭いものでした.しかしおそらくアメリカの有権者は役人の言葉よりも,自らが選挙で選んだ議員を信頼するのでしょう.

 少なくとも日本では役人は横領とか,収賄,あるいは破廉恥な事件を起こさない限り辞めさせられることはありません.しかし議員は会期が終われば,選挙という有権者の選択を受けざるを得ません.いつでも有権者は議員を辞めさせることができるのです.果たして今の日本の閉塞感の原因は,政治家の無能さや,政治とカネなのでしょうか.

 おそらく日本の最大の問題は,官吏が不必要なほど権限を握って手放さず,しかも閉鎖的な役所の中で育った官吏が現代の諸問題を解決する能力や手腕を持たないことだと思います.その兆候はすでにバブル経済の頃から現れていたのに,20年近くたっても一向に変わらない.それはウォルフレン氏が書いているようにメディアなどが官僚と癒着しているからですが,最大の問題は役人にとって代わる指導層がいつまで経っても生まれないことなのでしょう.

 共通一次試験,全国統一試験で文字通り日本の高等教育は全国レベルで統一化されました.研究費の配分も平等化し,私立,公立,国立といった大学の特色も希薄化したように思えます.しかし古くは手塚治虫氏や,ライブドアのホリエモンもソフトバンクの孫正義氏もいわばドロップアウトの落ちこぼれです.本当に異常なほどに緻密な日本の教育制度が優れているのか,その保障は一切ありません.いまだに四字熟語や,漢字の書き順を小学生に熱心に教えているのを見聞きするたびに,日本全体がコイン・ポリッシャー化しているように思えます.

いくら十円硬貨を磨き上げても,所詮十円は十円でしかありません.いくら四字熟語や漢字の書き順を知っていても,その知識は日本国内でしか通用しないでしょう.もちろん四字熟語を知っていることは良いことです.しかし切磋琢磨し,競わせるほどのことなのか.銀行に就職した新入社員がお札を数えるのも同じです.銀行員が紙幣を大切にするのは良いことですが,お札を正確に数える銀行員よりも,しっかり利益を出し,お金を貸してくれる銀行員のほうが顧客には助かります.日本では「型」を重視しますが,過剰な様式美は,「仏像作って魂入れず」になりかねません.どれも同じような報道を繰り返すテレビや新聞,顔の見えない役所,駅弁大学と揶揄される大学,綺麗だけれど,魂のない仏像が乱立しているといえないでしょうか.

 江戸時代末期にもやはり当時の支配層であった武士は,ペリーの開国要求や安政地震,そして飢饉に対処する能力を失っていました.むしろ商人や下級武士の方が新しい知識を貪欲に吸収し,発想の転換もできたのでしょう.しかし残念ながら今の日本にはそのような下級武士が育っていない.昨今のマスコミのように,検察など官僚にべったりで,報道する内容は,愛子さまの不登校とか,鳩山邦夫氏の離党,民主党副幹事長の辞任騒ぎといった,いわばゴシップばかりです.これでは報道の自由というようなものではなく,一杯飲み屋で上司の悪口や噂話をするサラリーマンと同じです.酔っていない分,話を聞かされるほうは白けるだけです.

 民主党政権に失望したといっても,もはや今の自民党にかつての力はありません.靖国参拝,刺客,改革の本丸といった小泉劇場という空疎な,その場限りの興奮には懲りたはずです.政治とカネ,辞任騒ぎ,新党結成といった表面的な騒ぎに右往左往するのは,もう止めた方が良い.じっくり考え,振り返ることが重要なのです.振り返れば中曽根内閣の臨調以来,ずっと政治家も,財界もマスコミも「改革」を口にしてきました.しかしそのような支配する側からの「改革」とは,逆に支配を強化するためのものだった,とそろそろ国民は気づいて良い時期に来ているのではないでしょうか.大学紛争を契機に始まった入試改革が,おそらく最も分かりやすい好例なのだと思います.



tnakadat at 21:34|PermalinkComments(3)TrackBack(0) 記事,事件 

March 18, 2010

春は名のみの,風の寒さ

CIMG0203
今日は彼岸の入り.「暑さ寒さも彼岸まで」といいますが,こちら東北では春は足踏みどころか,ここ数日は冬に逆戻りです.この写真は昨日北上市で撮影したもの.明日の盛岡市の最低気温の予想は氷点下5度.今週末まで寒さが抜けないようです.

tnakadat at 21:52|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 自然・環境 

March 17, 2010

回転寿司は食の堕落

 おそらくワシントン条約締結国会議で,クロマグロは国際取引を禁じる付属書1となるでしょう.水産庁は「乱獲は日本の責任ではなく,現地業者の取締りが甘いため」と反論していますが,漁獲高の80%が日本に集中し,築地の市場が高額で競り落とすことは世界の常識です.官僚が反論すればするほど,日本が国を挙げて資源の枯渇に手を貸しているという構図になりかねません.南氷洋捕鯨を日本固有の食文化と呼ぶ人たちがいますが,沿岸捕鯨は日本固有の文化かもしれませんが,南氷洋捕鯨は戦前,戦後の食料事情によって生まれた,いわば国策でした.税金を使ってわざわざ南氷洋に調査捕鯨を行うのは,いかにも時代錯誤です.
 
 大量のマグロを捕獲し,食べる行為はエコロジーからいっても問題です.マグロはご存知の通り回遊魚で,成長するのに大量の餌を必要とします.テレビでは近畿大学水産学部の稚魚からの養殖を取り上げていましたが,そのコストについては触れませんでした.マグロの蓄養とは異なり,資源保護に役立つとしていますが,卵から育てるのですから,蓄養よりも餌やエネルギーが使われるのは当然です.おまけに脂肪はタンパクや糖質に比べ,重量当たりのカロリーが高い.脂が乗ったマグロを育てるには,さらに餌を与えなければいけません.

 人口が増え続ける世界ではいずれ水産資源が食用に供されるのは時間の問題です.マグロのような大きな回遊魚がいつまでも食べ続けられる訳はないのです.しかもそれを食べる人間にも負担がかかります.いくら動脈硬化を防ぐEPAや不飽和脂肪酸が多いといっても,やはり脂は脂です.取り過ぎは体に良いはずもありません.ニュースでは大西洋クロマグロの在庫はあと一年分あるので,禁輸となっても,すぐには価格に反映しないといっていましたが,マグロの大量消費国日本がそれだけのクロマグロを掻き集めている,と自ら証明するようなものです.中国や台湾の富裕層が消費しているという,これまでの言い分が嘘だったということにはならないでしょうか.

 最後にマグロのトロがなければ寿司屋は成り立たない,というのは思い込みに過ぎません.ご存知の通り,トロを喜んで食べるようになったのは,つい最近のことです.まして週末に大挙して回転寿司に家族連れが殺到し,あたかも遊園地のように寿司ネタを漁る風景は,どう考えてもここ10数年のことです.回転寿司が繁盛する一方で,街中の寿司屋は閉店が相次いでいます.テレビで大間のマグロ漁を取り上げ,ショッピングセンターの客寄せにマグロの解体ショーが使われ,子供たちがウニだ,トロだ,アワビだ,エビだと食べまくるのが伝統の食文化なのか,豊かさの象徴なのか,日本人はよく考えるべきでしょう.

tnakadat at 11:56|PermalinkComments(4)TrackBack(1) 記事,事件 

March 16, 2010

日本を今一度せんたく致し申候

自民党の鳩山邦夫氏が離党し,新党を結成すると表明しました.「龍馬のように,薩長を結びつけて,捨て石になりたい.」と述べましたが,はたして彼は龍馬になれるでしょうか.坂本龍馬が姉乙女に書いた手紙にこの有名な「日本を今一度せんたく致し申候」という言葉が出てきます.昨年北川正恭前三重県知事らが「地域・生活者起点で日本を洗濯する国民連合」を立ち上げてからこの「日本をせんたく」という言葉が一種の流行語となりました.しかしこの前後の文を読めば坂本龍馬の決意は決して生易しいものではないことが分かります.

  呆れはてたる事は、其長州で戦いたる船を江戸で修復いたし 又長州で戦い申候。是皆姦吏の夷人と内通いたし候ものにて候。右の姦吏などはよほど勢もこれあり、大勢にて候へども、龍馬二三家の大名と約束を堅くし、同志を募り、朝廷より先づ神州をたもつの大本をたて、夫より江戸の同志旗本大名其余段と心を合せ、右申所の姦吏を一事に軍(いくさ)いたし打殺、日本を今一度せんたくいたし申候事にいたすべくとの神願にて候。

 要するに龍馬は外国と戦った長州藩を見捨てて,外国の軍艦を修理した江戸幕府の役人を姦吏と呼び,多勢ではあるけれども,戦で打殺したいほどだ,とその心情を吐露しているのです.長年自民党にいた鳩山氏にその覚悟はあるのでしょうか.江戸幕府の名誉のためにいえば,実際には外国の軍艦を幕府が修復したという事実はなかったようです.しかし戦後の日本はアメリカ軍に基地を提供し,核密約で明らかになったように核兵器の持ち込みを容認していました.

 自民党政府の責任は核持ち込みに止まりません.1986年には空母ミッドウェーのアスベスト除去作業が横須賀基地で密かに行われました.1980年にはWHOがアスベストに発がん性があると認定,1981年にはアメリカで大規模訴訟が起きていたからです.アメリカ国内では処理できないアスベストを実質的には占領国である日本で処理したというわけです.横浜共済病院の三浦医師の報告では過去5年間に死亡した肺癌患者39名のうち三分の一が横須賀の米海軍基地の従業員だった,といわれています.住友重機は和解に応じましたが,当時の政府や厚生省,外務省,防衛庁が謝罪したということは聞いていないし,米海軍関係者が謝罪したという話も聞きません.

核密約,あるいは沖縄返還密約は遡ること30年です.すでにアメリカでは公文書も公開され,いわば公然の秘密でした.しかしいまだに中曽根元首相の証人喚問すら,実現していません.公文書を廃棄した官僚共々ぬくぬくと高額の退職金と年金で,悠々自適の余生を送っていることでしょう.現代の姦吏は幕末とは違い,手厚い保護を受け,批判されることすらないのです.坂本龍馬は続けてこう書きます.

「然に龍馬すこしもつかへをもとめず。実に天下に人物のなき事これを以て知るべく、嘆くべし。」と.

tnakadat at 21:18|PermalinkComments(1)TrackBack(1) 記事,事件 

March 09, 2010

世論調査は世論操作?

K10030631811_01

NHKが世論調査で鳩山内閣の支持率が低落,不支持が支持を上回ったと報じました.この世論調査は多くの新聞社やテレビ局が行っていますが,RDD方式というコンピュータでランダムに作成した電話番号をかけ,アンケートを行う方式.
番号は無作為抽出ですが,そこから先は無作為ではありません.まず20歳以上という制約がありますから,20歳未満は駄目,そして世論調査の目的を説明して,プライバシー保護についても必ず説明しなければなりませんから,これだけで5分から10分はかかるでしょう.だから忙しい人,外出中,勤務中の携帯も無理です.酔っ払いや認知症など,明らかに言動に異常がある場合もドロップアウトです.このNHKの調査では1,706人のうち65%に当たる1,104人から回答が得られた,としていますが,学術的な調査に比べると,この値は大き過ぎるように思えます.残念ながらこの手の世論調査の電話は一度もかかった試しはありません.日本の人口は一億人,一度の調査で2000人近くに電話をするようですから,その確率は5万分の一です.各社で無数の世論調査が行われているのですから,一度くらいかかってきてもよさそうなものですが.

 さらに質問全体もかなりのボリュームがありますから,よほど暇な人でないと答えられません.結果として世論調査に応じる人は,リタイアした高齢の男性か,主婦層が圧倒的に多いのでしょう.これはどの世論調査も明らかにしていませんが,これまでもネットとの乖離が云々されていますから,間違いないと思われます.残念ながら世論調査は何の決定権もありません.その時その時の国民の一部の「気分」を映し出しているに過ぎません.マスコミはこの手の世論調査をまるで鬼の首をとったようにトップで報道しますが,実はお手軽で,何のリスクもなく(これが国民の声だ!と言い張ることができるわけですから)取材できる手抜き報道に他なりません.こんなことをやっているから,何も変わらず,日本は世界から取り残されるのです.

tnakadat at 08:31|PermalinkComments(6)TrackBack(0)

大田あや:東大合格生のノートはかならず美しい

東大合格生のノートはかならず美しい
東大合格生のノートはかならず美しい
クチコミを見る

かつて桐嶋洋子氏の「聡明な女は料理がうまい」というベストセラーがありました.中身を見ると,料理のレシピで,では料理がうまくなると聡明な女性なのかといえば,そんなはずはありません.「料理がうまければ,聡明である」(逆),「聡明でない女は,料理が下手」(裏)が必ずしも成り立たないのは論理学が教えるところです.

 この本も,言わんとする所は「美しいノートを作れれば,東大に合格できる」ということでしょう.しかし仮に「東大合格生のノートは必ず美しい」という命題が正しいとして,逆の「ノートが美しければ,東大に合格する」という命題は必ずしも成り立たないのは自明です.ノートが美しいということ自体が極めて抽象的,主観的ですが,ノートを美しく取る努力の分だけ,時間が失われることだけは間違いありません.

 先日銀行の新入社員の研修風景がニュースで報道されていましたが,いまだに大卒者にもお札の数え方を教えているのは驚きました.確かに銀行はお金が商品ですが,他にも教えなければならないことは沢山あるはずです.まるで旧日本陸軍のように,「娑婆の気分を叩き出す」,「愛社精神を涵養する」という洗脳まがいで有能な人材が育つとは到底思えません.残念ながら今の日本には肝心のものがぽっかり抜け落ちているような気がします.論理学といわずとも,自分の頭で考えること,自分の目で確かめること,自分の手足で動きまわること,そういう原初的な経験がない.ペーパーテスト万能,テレビゲームのような仮想現実だけでは,欧米のしたたかなエリートにも,中国やインドといった新興国のパワーにも勝てないでしょう.

今の日本の教育は,「いかに速く」,「いかに効率的に」ばかりを追い求めているようにしか思えません.しかしそれでは昨今散々叩かれているトヨタ車と同じです.アクセルペダルの不具合にせよ,フロアマットにせよ,電子制御装置の不具合にせよ,アクセルにブレーキが優先するブレーキ・オーバーライド・システムが重要なのです.トヨタでは今後全車種に搭載することになったようですが,日本の教育や社会にもブレーキ・オーバーライド・システムが必要ではないでしょうか.少なくともこんな子供騙しに引っかかるようでは,教育の価値が問われるのは当然です.

tnakadat at 07:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 書評 

March 07, 2010

ジャップに攻撃させるな

「ジャップに攻撃させるな.日本兵は攻撃の連携計画を持っているときは,スムーズに動く.だが,日本兵は攻撃されて,つぎになにが始まるのか見当がつかないときは,事情は違ってくる.」
 
 これはダグラス・マッカーサーが部下の士官に語った言葉です.以前紹介したザ・コールデスト・ウィンターにはこう書かれています.

 日本軍は行動計画を管理しその統率下にあるとき,また,すべてがあらかじめ決められた通りに遂行されるときは強力で,その厳格な指揮系統は一見,無敵である.すべては計画通りに動き,すべての兵士は厳格極まりない命令に忠実に従い,無謬である.しかし,日本軍にとって戦闘の潮目が暗転した場合や主導権が失われた場合,この長所がそのまま短所になる.驚くばかりに柔軟性を失い,うまく戦えるのは日本軍と同じような動きをする敵だけだということだ.日本の社会はきわめて階級的専制主義的で個人の創意には大きな価値を置いていないため,その軍隊は堂々とした軍には程遠く,戦場で要求される死活的重要な資質である未知のものへの対応能力を欠いた.そんなわけで,日本は軍事的には早々と硬直化した.

 おそらくこの言葉は半世紀前の軍事的敗北のみならず,バブル経済や,今回の経済危機にも,あるいはトヨタのリコール問題にも当てはまるでしょう.オバマ民主党はクリントン政権の日本叩きを踏襲していると評する人もいますが,何のことはない,日本を攻撃する最善の方法は全く変わっていないのですから,何度も同じ戦術を使うのは当然です.

 日本が戦争で敗れた原因がこのような硬直化した社会であって,個性や創意が生かされなかったから,総力戦に敗れたとするならば,個性や創意が生きる社会をつくるべきだというのは議論を要しないでしょう.しかし日本は階級制度も,専制君主も捨て去った筈なのに,相も変わらず個性や創意が生まれにくいというのは一体どういうことなのか.

 要するに旧日本軍の硬直性というのは,旧軍の制度のみならず,日本社会の硬直性の反映であって,天皇制でも,貴族のせいでもなかったのでしょう.日本の社会や,一見すれば効率的で完璧に見える日本の教育制度は,世界や日本が望む人材を生み出していないどころか,むしろ圧殺していると考える他ありません.今我々が真剣に考えなければならないのは,「政治とカネ」でも,愛子さまの不登校でもない,一見するときれいだけれど味もなければ,栄養もない,温室栽培の野菜のようなエリートしか生まれない日本の教育や社会のありようだと私は思う.

tnakadat at 10:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 記事,事件 

March 04, 2010

ブルレー Vilive S10 Blade

s10_lg
 まだ価格などは不明ですが,4月発売予定のタブレットPC.日本ではタブレットPCが法人向けに限られており,普及はまだまだですが,もしこの製品がリーズナブルな価格ならば,使ってみたいと思っています.レノボジャパンも低価格のタブレットPCを発売しましたが,液晶の解像度はこちらが上のようです.

 最近外国のドラマ,CSIマイアミや,CSIニューヨークにはタブレットPCがよく登場するようになりました.ちょっと前までパナソニックのタフブックが登場していましたが,様変わりです.その前はソニーのロゴが誇らしく輝いていたのですが,残念ながらタブレットPCは日本のメーカーかどうかもわかりません.今ではCPUも,液晶も外国製,組み立ても香港製ですから,もう日本企業が食い込むことは無理でしょうが.

 それにしても日本でタブレットPCが普及しないのは,第一に日本語キーボードの特殊性,そして未だに書類という紙媒体から離れられないこと,オフィスの椅子で坐って長々と仕事をするという,はなはだ時代遅れのビジネススタイルと無縁でないように感じます.またタブレットPCは対面してプレゼンするのに最も好適なツールですが,このような機会が我が国ではとても少ない.

 トヨタはリコール問題で,トップへの情報がなかなか上がらないことが批判されました.一人で黙々とプレゼン資料を作成,会議室に集まって,プロジェクターでプレゼン,合議の上で意思決定というスタイルは,そろそろ再考する必要があるのではないでしょうか.もちろん日本にはより小さい携帯や,UMPCというツールがありますが,これはあくまでも個人の情報端末です.タブレットPCは立ちながら閲覧,立ちながらプレゼンが基本です.現場や顧客を回って帰社後にパソコンでは半日から一日遅れます.坐るのが基本の我が国のビジネスは,スピードという点でも時代遅れになりつつあります.

tnakadat at 10:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 記事,事件 

March 01, 2010

盛岡正ハリストス教会

DSC_0611
 この教会は盛岡市高松の小高い丘の上にあります.昨夜のNHK大河ドラマに土佐勤王党の山本琢磨が登場しました.彼は金時計を着服し,切腹を迫られますが,坂本龍馬に江戸から逃げるよう諭され,江戸を出て東北に向かいます.このエピソードはドラマの後で説明されたように実話です.ただし逃亡は,坂本龍馬だけでなく,武市半平太の指示でもあったようですが.山本琢磨は坂本家とも,武市家とも繋がりがあり,単なるヒューマニズムだけではなかったのでしょう.

 この山本琢磨(のちの沢辺琢磨)は函館に向かい,何とロシア正教会のニコライ神父の下で洗礼を受けたのだそうです.その後東北地方を北上川流域に沿って布教活動を行い,東京復活大聖堂(現ニコライ堂)の建設に尽力します.盛岡でも布教活動を行ったようですが,当時の教会は今の加賀野にあったようで,昭和35年現在の場所に移転したそうです.このハリストス教会にはこの沢辺琢磨以外にも,伊達藩の医師酒井篤礼や,少なからぬ数の南部藩士も入信したことが,この教会の掲示板に書かれています.推測するに旧藩士にとって,山本琢磨の数奇な運命が,彼らの境遇と重なったように思われます.それにしても彼の行動力は,当時の交通事情を考えると,凄いというしかありません.

 また剣の達人である山本琢磨に密偵と疑われながら,「切るのなら,正教を知ってからでも遅くはないだろう」と彼を招き入れたニコライ神父も立派です.それにしてもこの高松や上田は,かつて壬生義士伝でも舞台となった所.歴史とは不思議なものです.かつて日本には凄い男たちが大勢いた,それだけでも我々は誇りにすべきでしょう.当時の日本に比べれば贅沢三昧の日本人が,デフレだの,不況だのと暗い顔をしていては,それこそご先祖様に申し訳ないというものです.

tnakadat at 21:26|PermalinkComments(8) 路上散歩 

津波に呑まれた東京マラソン

 昨日は朝から津波一色でした.幸い人的被害はゼロで,いささか過剰な対応に感じられたかもしれませんが,危機管理は過小よりは,過剰の方が良いわけで休日ということもあり,まずはスムーズな対応だったと思います.私が不思議だったのは,東京マラソンが開催されたかということだったのですが,ニュースではほとんど取り上げませんでしたが,予定通り行われたようですね.今回の津波騒動で一番面白くなかったのは東京都の石原都知事でしょう.今回の津波はおよそ1万8000キロ離れたチリから到達したもので,およそ22時間で第一波が襲来しているので,その速度はおよそ時速820キロメートル.ジェット旅客機並みの速度で,やはり自然の猛威は恐るべしです.

tnakadat at 08:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 記事,事件