September 12, 2005

自民圧勝はなぜか

どうやら今回の選挙は自民圧勝ということになりそうです.小泉劇場選挙とか,イメージ選挙といわれましたが,結局「改革をしないと日本は駄目になる」というお題目を唱え続けて国民の洗脳を成功した,ということに尽きるのではないかと思います.結局マスコミもこの文脈に沿って報道せざるを得ないわけですから,言い出したほうが有利に決まっています.この文句は将来に不安を抱く多くの都市生活者に響いたようです.まさに不安が人を動かし,政治を動かした.この戦術はブッシュ共和党がテロの恐怖を煽り,強い大統領のイメージを演出した戦術と酷似しています.しかしこれまで50年近く政権を握り,官僚と共に政治の実権を握ってきた自民党が本当に改革ができるのか,本当に公共事業などで都市の税金が無駄に地方に流れてきたのか,郵政民営化に反対した議員を切り捨てることが自民党改革なのか,そもそも財政破綻の責任は誰にあるのかなど,残念ながら選挙前も選挙期間もこの疑問を真っ向から切り込み,自民党戦略の欺瞞性を暴くことは出来ませんでした.ずるずるとこの戦略に引き込まれてしまったのが民主党の敗因といえるでしょう.しかし実はこのような作戦は圧倒的に政権与党が有利なのです.実績があり,話題もそのタイミングも選べますし,マスコミの注目度も違います.また官僚にとっても都合が良いから官僚の全面的なバックアップを受けることができる.財界の支持は云うまでもありません.ブッシュ共和党が「テロは断じて許さない,テロリストと妥協する者はテロリストだ」と云った時に民主党は正面から反対できず,結局二番煎じの印象を国民に与えてしまった.テロを改革と言い換えればまさにコピーと言って良い戦術です.しかも同時多発テロを引き起こした政府の怠慢や失策も覆い隠す結果となりましたから,この点でも全く同じ効果を発揮したと言ってよい.ともあれこれが民意というしかありません.ヒトラーも民主的な手続きで選ばれたし,昨年ブッシュ大統領を再選に導いたのも国民の民意でした.あと4年の国政を自民党に託した責任は我々国民の側にある,という事実は厳粛に受け止めなければならないでしょう.

tnakadat at 03:39│Comments(3)TrackBack(8)記事,事件 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 敗北は誰の責任か?  [ 時代のウェブ・ログ ]   September 12, 2005 06:55
「私たちの政策が国民に伝わらなかった」 「争点が郵政民営化だけにすり変えられた」 敗北が決まった野党の党首や幹部連中が口にした言葉である。 「アホか」と言いたい。 それこそが、あなたたちの敗因だったって、まだ気付かないのか? それって裏読みすれば、「国.
2. 自民党は官僚と医療制度にメスを入れろ  [ 時事を考える ]   September 12, 2005 10:31
(9/12)霞が関、公務員削減論議に不安も・衆院選自民圧勝とのこと、当たり前でし
3. 投資立国ニッポンへの変貌。  [ Espresso Diary@信州松本 ]   September 12, 2005 12:27
自民党の圧勝をうけて、日経平均は強く始まっています。小泉内閣は残り1年ですが、多くの議席を得た自民党は、できるだけ次の選挙を先延ばしにしようとするでしょう。自民党が都市部の無党派層をつかんで圧勝したのは、1986年以来のこと。あのときの日本は、円高不況から抜
4. <衆院選>自民圧勝、与党327議席確保   [ 東亜マンセー協会 ]   September 12, 2005 13:41
第44回衆院選は11日、投票が行われ、即日開票の結果、 自民党が首都圏など都市部の小選挙区で地滑り的勝利を収め、 単独で絶対安定多数(269議席)を上回る296議席を獲得〓
5. これからどうなるのか。  [ 九龍的日常 ]   September 12, 2005 15:00
さて、多くのbloggerの間で、あきらめというか、失望感が広まっている 気がするのですが、 そのなかで、「増税も、借金も、憲法ももうやりたい放題」と あるので、ふつうの議会での可決とは違う憲法について考えてみました。 まず、憲法改正は国民投票によって行われ
6. 開票速報を見終えて。(ちょっと燃え尽きぎみ)  [ 九龍的日常 ]   September 12, 2005 15:01
さて、選挙が終わり、ちょっと燃え尽き気味なのですが… 小泉総理の勝利会見での発言を見て、一つだけ気になったこと。 選挙中は、「郵政民営化が唯一の争点」と言っていたと思うのですが、 今夜の会見では「郵政民営化が最大の争点」という発言に変わっていました。
7. 第44回衆移〓ー〓碓犠|影箸農簑仟真瑤〓  [ ざわとーく新館 ]   September 12, 2005 21:09
 まさかここまで自民が圧勝するとは思わなかったなぁ…  自民単独で296議席。安定多数の252議席どころか絶対安定多数の269議席をも大きく上回る圧勝…  すごいなぁ…
8. 負けたのは誰の責任か?(2)  [ 時代のウェブ・ログ ]   September 14, 2005 04:43
今回は政治の流れから考えてみたいと思います。 と言って、吉田内閣とか佐藤内閣なんていうのは知らないので、記憶がある三角大福あたりからの話になります。 その時代は、ずっと自民党が第1党、社会党が第2党で、他にずっと有ったのは共産党・民社党・公明党ですね。新.

この記事へのコメント

1. Posted by 九龍   September 13, 2005 16:17
「テロと改革」なるほど確かに。
どちらも、正面から反対することは出来ませんからね。
YesかNoかの善悪二元論の土俵に上げれてしまうと、対立軸を打ち出せず、
まともに戦うことさえ難しいでしょうね。
とくに、日本の選挙のように14日間しかない短い期間では。
アメリカの大統領選挙のように半年近い時間がかけられるなら、
土俵そのものを変えるというアプローチでもう少し、善戦できたのでしょうが…
2. Posted by tantanmen   September 14, 2005 17:15
九龍さんはじめまして. 現状には不満だけれど,大きな変化は困る,不安だという層が都会には多いのかもしれません.そして豊かさを感じられない層が増えてきているのかもしれません.もちろん物質的には都市生活者は豊かだと思います.利便性からいったら田舎とは比べものにならない筈ですが,何となく満たされない.そんな有権者に小泉首相は悪魔的に囁いて成功したのでしょうね.
3. Posted by Utaiki   September 21, 2005 10:37
場違いなところにお邪魔して失礼します。

サッカーや国際競技に外見的な格好良さでしか燃えない現状を変えたいと考えました、そこで賢明なあなたにもご協力をお願いたします。

用件は拉致被害者の救出です、よろしくお願いします。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔