September 12, 2007

安倍首相辞任こそ,戦後レジームの終わり

安倍首相が辞任しました.一昨日は小泉チルドレンが首相批判を繰り返し,昨日は安倍氏自身も静養をしたりと,おかしなニュースが伝えられました.陰ではさまざまな動きがあったのでしょう.これから自民党総裁を選ぶことになるのでしょうが,自民党総裁を選ぶのにどうするのか.公選ともなれば,これから代表を選び,選挙戦を行なうということになります.一体どれだけの政治空白が生まれることやら.

 もし派閥の領袖による談合で総裁が決まれば,これは「古い自民党」へ逆戻りです.参議院選挙から臨時国会まで,一ヶ月以上の空白期間がありました.この間外国訪問をして,更に臨時国会も休会というのでは,あまりに政治をないがしろにしていると言うしかありません.しかも「民主党小沢代表に党首会談を申し込んだが,小沢氏が断った」,「テロ特措法がこのままでは期限切れになる」とあくまで自分に非がない,の一点張りです.自らの進める改革は正しかった,戦後レジームの見直しは進めなければならない,だから職を辞する,では全く意味不明です.

 ここに来て小泉チルドレンが新党をつくる,という噂があります.しかし党を割って出て勝つほど,彼らはバイタリティーがあるでしょうか.安倍首相は自民党が満を持して登板させた右の本格派エースの筈でした.その前の小泉首相は人気はともかく,変則ピッチングでビーンボールまがいの球を織り交ぜ,アメリカの勢いや,ネット右翼など,情緒的右傾化の波に乗って長期政権を維持したものの,もはや自民党にかつての勢いが無いことは明らかでした.

 選挙活動は公明党頼み,比例区は何だか訳の分からない杉本泰蔵議員すら,当選してしまうという,風頼みの選挙だったから勝てたのです.郵政民営化という訳の分からぬ公約で,医療も福祉も,年金も全て覆い隠し,電通やら博報堂やらが暗躍して,パチンコの確率変動やヘッジファンドのように大勝したのでした.しかしその前の総理大臣は誰だったか.サメの頭といわれ,酒とゴルフ三昧の森首相でした.その前が小渕大臣,そしてその前が故橋本龍太郎氏.その前は羽田氏,村山氏,細川氏と自民党以外の首相でした.つまり自民党はバブル崩壊以後,何とか政権を維持し続けたものの,もはや新しい血は流れていないのでしょう.

 安倍氏や石原氏,麻生氏など,二世,三世議員のいかに多いことか.そして靖国問題に象徴されるように,ある時は参拝を,ある時は自粛と態度を二転三転させてきました.教育改革など,その最たるものです.この時代に教育勅語や漢字かな混じり文の音読と,英語教育など全く支離滅裂です.アメリカとの関係も,結局は冷戦期の状態を維持したがっているのは,むしろ日本側という印象です.しかし日米安全保障条約を含め,大きく変わらなければなりません.「アメリカと中国の資源争奪戦が始まる」などと,一部のマスコミは騒いでいますが,だからといってアメリカに追随することが最善の戦略とは限らないでしょう.農業問題もしかりです.これまでは票田としてさんざん農家へ補助金を与え,都市サラリーマン層が票田になるや,民主党の戸別補償に反対する.もうどちらに振れても逆風となる.それが今の自民党の姿です.

 安倍首相が何故突然辞任したのか,よく分かりません.これからマスコミは細々と解説することでしょう.しかし東京から離れたこの地から見れば,これはもう明白なことです.もう自民党は賞味期限が切れている,それだけのことです.50年の長きに亘り政権与党であった集団は,老化し,腐敗し,疲労困憊の状態だった.安倍首相同様に自民党もまた疲れ果て,自らの言葉に縛られ,もはや身動きできなくなった,そういうことなのだと思います.小泉政権で偽装や偽造を重ね,それが安倍政権で一気に噴出してしまった.いったん噴出したマグマは誰にも止められませんでした.

 そしてこのような賞味期限切れは自民党に止まりません.輸出に過度に依存したこの国の経済や,東京に集中するマスコミ,事実上アメリカ一国に偏った情報や文化も,もはや賞味期限切れです.もうアメリカの国力は衰え,日本も製造業だけでは成り立ちません.多分安倍首相の退陣以降さまざまな変化が起きることでしょう.

彼は本当にこの国を「美しい国」にしたかったのかもしれません.あるいは本当に戦後レジームからの脱却を望んだのかもしれません.しかし彼はその出自,そして亡き父親の後を継いで自民党の国会議員になり,祖父の威光で総裁に選ばれたことによって,戦後レジームそのものになってしまいました.彼が倒すべきは彼自身であった.そういう意味では,この上なく不幸で,悲しい総裁であったのかもしれません.

tnakadat at 15:33│Comments(4)TrackBack(3)記事,事件 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 安倍総理 辞任会見  [ 王様の耳はロバの耳 ]   September 12, 2007 23:22
党首会談断られ、局面転換考えたと安倍首相(読売新聞) - goo ニュース 12日1時から衆議院の代表質問を見聞きしようと思って、昼を済ませて1時一寸前TVの前に座った。NHKで「どんと晴れ」の最後の場面が写ったら画面に「安倍総理辞意表明」とテロップが流れ、そのま...
2. ありゃりゃ。最後まで甘ちゃん  [ あんなこと、こんなこと。どんなこと? ]   September 13, 2007 17:29
[追記あり] 突然、安倍首相が首相の座を投げ出した。 実のところ、あの顔つきでは自殺でもしやしないかとはらはらしていたからほっとしたのだが、エキサイトニュースの<安倍首相辞任>緊急会見で話した内容の全文によると、「本日、小沢党首に党首会談を申し入れ、私の率....
3. 安倍首相、ついに辞任  [ 待て、しかして希望せよ! ]   September 14, 2007 22:42
安倍首相、辞任表明 麻生幹事長ら与党幹部に意向伝える   〔朝日新聞〕  ついに

この記事へのコメント

1. Posted by 賽目   September 14, 2007 00:52
実は当地のテレビ局にコメンテーターとして呼ばれたのですが、わからないから逃げました。下手すれば暴言になりますから。でも、結局官僚型政治になって、政治家ひとりひとりに力がなくなっているのだと思います。だれか一人でがんばろうとしても(どのような方向であれ)、「糠に釘」ということなのだと思うのですよ。
2. Posted by tananmen   September 14, 2007 14:22
賽目さん:確かに相次ぐ政治家のスキャンダルは官僚のしっぺ返しなのだ,と思います.霞ヶ関が永田町に揺さぶりをかけているのでしょう.しかし国民は虎ノ門(天下りのメッカです)にノーを突きつけているんですね.私は決して安倍首相が官僚に楯突いたわけではない,と思います.彼はお友達内閣のつもりだったけれど,お友達が自殺し,スキャンダルにまみれ,失言を繰り返し,そして最後は逃げられた.このようなスキャンダルは政治家には付き物です.昔から金,女はどこの世界でも命取りです.本当に改革をやり抜く覚悟があれば,収支報告を自主的に会計監査事務所に依頼するなど,幾らでも方策はあったはずです.政治家の覚悟もやはり足りないのでは,と感じます.
3. Posted by 賽目   September 14, 2007 15:45
どの政治家も官僚とうまくやろうと必死だと思います。それでもやられる。ぼく自身そうした現場に何度か立ち会いました。官僚の狡猾さにはおそろしいものがあります。なぜなら彼らがその狡猾さを意識していないから。

ただ、サラリーマンとちがって、自営とかフリーとかはなにがしかの問題を抱えています。税務署に踏み込めば、なにがしかのものをもっていけます。官僚はサラリーマン的で、政治は自営的です。いまは自営がいきにくい時代です。

ヒトラーとかナポレオンとか、ものすごく力のある人物って、たぶんこうした官僚の時代の次に来るのでしょうね。官僚はあくまでサラリーマンで、つかみどころが常にないから。
4. Posted by tananmen   September 14, 2007 18:29
賽目さん:確かに今の日本は,自営業には厳しい時代ですね.官僚とか,大企業といった大きな組織がのさばり続けています.それと日本人の個の弱さというのは,表裏一体だと思います.個性的な政治家が出てこない,というのは優れたフォワードが生まれないというのと,同じことなのでしょう.どうやったら,魅力ある個を育てることができるか,それこそが今の日本の課題なのでしょうね.細かい欠点をあげつらう今の風潮は,むしろ逆効果なのかもしれません.

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔