October 30, 2007

新星爆発

英会話教室のノバが会社更生法を申請しました.このノバという名前は,かつてSF作家になろうと思った経営者の猿橋氏が命名したものらしい.ノバは新星を意味します.急に輝きだす星のことで,昔の人は新しい星の誕生と考えたのですが,今では古い恒星の終末象と考えられています.新星より劇的な最後は超新星爆発で,巨大な爆発の後にブラックホールや中性子星が生まれることがあるそうです.

 新星爆発は白色矮星と,赤色矮星との連星によって生じるのだそうです.白色矮星は質量が太陽に近い恒星の終末期の姿で,燃料である水素がほぼ尽きて,中心核の重力と熱により光を発していると考えられています.一方赤色矮星は太陽より質量の小さな恒星で,重力が小さいので水素による核融合が進みにくいとされています(従って寿命が長い).

 ところが白色矮星との連星の場合,赤色矮星のガスが質量の大きな白色矮星に引っ張られ,降着円盤を形成します.重力と遠心力が釣り合っていれば,ガスは白色矮星の周りを円盤状に取り巻いていますが,ガスが増えるに従い,徐々に降着円盤の速度が遅くなり,遠心力が働かなくなります.重力がガスを白色矮星に集め,爆発的に核融合が起こり,一気にエネルギーと光を放出する.これが新星爆発のメカニズムなそうです.

 長く続いた円高で外国人が集まり(その多くは日本で稼いで,東南アジアのリゾートでバカンスを楽しむ計画だったようです),また外資系への就職を夢見て英会話教室に通う日本人.しかし日本の経済は失速し,むしろユーロやポンドに対して円は大きく価値を下げています.外資系への就職より,今増えているのはベトナム,中国,韓国といったアジアへの転勤です.確かに英語は国際語として需要はあるでしょうが,共通言語として使用されるのであって,ブロークンでも構わない.むしろ必要とされるのは,中国語であり,ハングルやベトナム語です.アメリカへの大きな幻想によって,英会話教室は成り立っているのでしょうが,日本の置かれた地政学的な位置は極東アジアであって,それは未来永劫変わらないのです.それをアメリカ,ヨーロッパの西の果て,と思い込みたいのは多分日本人だけでしょう.

 何だかこのノバの倒産は,アメリカという白色矮星に,日本がずるずると飲み込まれてゆく顛末を象徴的に示しているように思えるのです.先週末は各地でハロウィンのお祭りが催されたようです.売り上げが伸び悩んでいる商店街が仕掛けたもののようですが,ハロウィンはそもそもケルト人の収穫祭から始まったものと言われています.アイルランドからの移民が多かったアメリカ,そして昔から農業が盛んだったからこそ収穫祭は大事なお祭りだった筈です.ところが今の日本では農業自体が消滅の危機に瀕しています.農家は,お化けかぼちゃどころではないのに,都市の子供や大人が変装をして,街を闊歩する姿は異様です.

 さて白色矮星に充分ガスが吸い取られ,新星爆発が起きた後,赤色矮星はどうなるのか.多分何も残らない.後は空虚な宇宙空間が残るだけなのでしょう.

tnakadat at 10:16│Comments(2)TrackBack(0) 記事,事件 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 佐藤秀   October 31, 2007 08:52
赤色矮星とは関係ないと思います。ウィキペディアでも日本語版では赤色矮星、英語版では特に赤色巨星になってますね。理屈から言って大人しい赤色矮星が多量のガスをまくなんて考えにくいですし。
2. Posted by tantanmen   November 04, 2007 19:09
佐藤秀さん;週末に少し本を読んでみたのですが,新星爆発は赤色矮星と,白色矮星の近接連星によって生じる現象という記述がほとんどでした.赤色矮星は不活発な恒星ですが,連星系であると,白色矮星に水素を供給し,新星爆発の原因となるということのようです.原典がないので,何ともいえませんが(笑).

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔