December 18, 2007

ダン・フォーゲルバーグ:イノセント・エイジ

イノセント・エイジ(紙ジャケット仕様)
ダン・フォーゲルバーグが前立腺がんのため,亡くなられたようです.このアルバムは1981年発表で,前作「フェニックス」と共に彼の代表作といえるものでしょう.彼と父とのことを歌った「バンドリーダーの贈り物」は何度も聴きました.この曲はWashington Post Marchへと続き,次の曲がSame Old Lang Syne .クリスマス・イブに昔の恋人と出会うという歌詞です.Auld Lang Syne が蛍の光ですから,終盤にサックスで蛍の光が流れます.このサックスを吹いているのが今年の一月に白血病で亡くなったマイケル・ブレッカー.何とも皮肉で,それでいて心に染み入る歌なのです.2004年から前立腺がんと闘っていたようで,メーン州の自宅で息を引き取ったそうです.本当に素晴らしい歌をありがとう.安らかにおやすみください.

tnakadat at 10:51│Comments(2)TrackBack(1) 音楽,CD 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. ダン・フォーゲルバーグ、去る  [ 単身赴任 杜の都STYLE ]   December 26, 2007 22:56
 知りませんでした。tantanmenさんのブログ「花崗岩のつぶやき」で知ったダ

この記事へのコメント

1. Posted by 自由なランナー   December 24, 2007 07:44
知りませんでした。このアーティストの大ファンです。拙ブログでも書かせていただきます。
2. Posted by tantanmen   December 31, 2007 23:29
自由なランナーさん:私が訃報に接したのは,岩手県の地方紙,岩手日報でした.ネットでも書かれていましたが,テレビはほとんどというか,報道はなし.いわゆる年末進行という奴ですね.いわゆるビッグヒットはないものの,誠実な人柄がにじみ出た佳作が多かったように思います.

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔