January 30, 2008

したたかな韓国,踊らされる日本

 ハンドボール北京五輪アジア予選のやり直し,女子は韓国に惨敗です.素人目にも過去の戦績以上の実力差があるように見えました.今夜の男子も,過去の戦績から見れば韓国が圧倒的に有利でしょう.サッカーに比べれば,点数が入りやすく,試合時間も短いため,実力差が出やすいゲームのように見えます.コートは狭く,オフサイドがありませんから,デフェンスがカットすれば,即カウンターです.サッカー同様一対一に弱い日本は,攻撃に人数をかけますが,サッカーと違い,キーパーを除き6人しかいないハンドボールでは,当然守備が手薄になります.サッカー以上に不利な条件です.室内ですから,芝生や天候といったコンディションの変化もありません.たぶん韓国チームにとって,アウェーというハンデはほとんどないのでしょう.
 
 このアジア予選のやり直しを,日韓が国際ハンドボール協会が申し出て,やり直しの裁定が下った時,韓国はしてやったり,と思ったことでしょう.さらにクウェートやカタールといった中東の国がボイコットすれば,さらに有利です.一方韓国単独で,国際ハンドボール協会に「中東の笛」の不当性を訴えても,再試合にまで行ったかどうかは疑問です.日本も加わったからこそ,やり直し再試合になった可能性は大きいと思います.

 どうしようもなく滑稽なのは,「中東の笛」を国際ハンドボール協会が認めたことで,正義を勝ち取ったと思い込む単純さです.所詮スポーツだって政治の世界,一つの不正が是正されたからといって,その後正義が実現するとは限りません.韓国の駆け引きの世界に引きずり込まれたことに気付かない.思えばサッカーワールドカップ日韓共同開催だって,国際舞台では日本の惨敗でした.その教訓は全く生かされていないように見えます.

 日本のハンドボール協会や,マスコミはこぞって「中東の笛」と騒ぎましたが,あまり関心の高くないハンドボール競技に,一時的にせよ,注目が集まればよいと考えているのでしょう.あくまでも内向きな日本,それはそれで仕方のないことなのかもしれません.しかし結局のところ「中東の笛」騒動で,利益を独り占めしそうなのは韓国で,お人よしの隣人と言う役回りを演じそうなのは日本です.かたや北京五輪出場権,かたやひと時の興奮と儚い夢.中東の笛ならぬ,韓国の笛太鼓に見事に踊らされた,ということにならなければ良いのですが.

tnakadat at 06:48│Comments(0)TrackBack(0) 記事,事件 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔