February 28, 2010

バンクーバー・オリンピックもそろそろ終わる

 女子団体パシュート決勝で日本は銀メダルを獲得しました.今朝の朝日新聞には田端選手と穂積選手が所属する富山県の地質調査会社「ダイチ」を取り上げています.年間売上9億円,社員40名の中小企業なのだそうです.遠征旅費に年間2000万円かかるということですから,大変な負担です.しかし私はむしろ小平奈緒選手の所属先に興味を持ちました.

 彼女は信州大学を卒業後に長野県松本市の相澤病院にスポーツ障害予防治療センターのスタッフとして勤務しているのだそうです.現在スポーツ選手は出身大学の研究生などとして,仕事とスポーツを両立させるケースが多いのですが,今後は彼女のように医療機関や,福祉施設などに務めるケースが増えるのではないか,と思います.トップアスリートの身体能力や,その障害を防ぐ技術は,おそらく通常の患者にもフィードバックされると考えられるからです.

 かつては冬季オリンピックといえば,コクドとか西部電鉄,雪印,三協精機といったゼネコンや,製造業のしかも大企業が中心でした.しかしコクドも,西部電鉄も,雪印もすでに往時の勢いはありません.スピードスケートの及川祐選手の所属は岩手県で生まれ,北海道を中心にチェーン展開するびっくりドンキーです.

 浅田真央選手が銀メダルに終わって一日経った昨日の新聞紙面を見ると,ほとんどお涙頂戴の記事ばかりでした.その中でスポニチの第三面に書かれていた記事だけが冷静なプロらしい分析だったように思います.それは浅田選手が昨年から極端なスランプに陥っていたことで,本来浅田選手は技術点で高得点を稼ぎ,一方ライバルであるキムヨナ選手は演技力,構成力で対抗してきたというのがジュニア時代からの構図だったのだそうです.

 ところがキムヨナ選手は3回転+3回転を成功させたのに対し,浅田選手は3回転半ジャンプが安定しない.結局3回転半ジャンプは成功させたものの,その後のジャンプを2回転にせざるを得ず,またその高さもキムヨナ選手に比べると見劣りするものであった.すなわち浅田選手は相当なハンデがあり,ショートプログラムの得点差は順当というより,むしろ上出来だったというべきでしょう.ところが日本のマスコミは大騒ぎ,練習でキムヨナが転倒したとか,これでは贔屓の引き倒しです.彼女や安藤選手に余計なプレッシャーをかけないのが,大人の対応でしょうが,今の日本のマスコミには無理な話です.マスコミはこぞってトリノオリンピックの荒川選手の金メダルを引き合いに出し,「追いかけるほうが精神的に有利」と言いましたが,彼女が重圧を免れたとすれば,日本のマスコミが安藤美姫選手に集中した故でしょう.浅田選手は端正な顔立ちに隠れて,結構負けず嫌いなのだと思います.残念ながらフリーの後半,極度の緊張のためミスをしてしまいました.愚かなマスコミの犠牲でない,と誰がいえるでしょう.

 もちろん彼女は4年後のソチオリンピックを目指すのでしょうが,キムヨナ同様,彼女も4年前は年齢制限で出場できませんでした.キムヨナも浅田選手も,下の世代の追い上げを受けることでしょう.私は歴代最高というキムヨナ選手の高得点を見て,同じカナダで行われたモントリオール・オリンピックを思い出しました.彗星のように現れたルーマニアのナディア・コマネチ選手は次々に10点満点を叩きだし,金メダルをさらいました.コマネチ選手以降の女子体操は,贅肉をそぎ取った選手による高度な技の応酬となり,いっそうの低年齢化に拍車がかかりました.女子フィギュアスケートも同じ道をたどることは間違いなさそうです.採点を巡る審査員の疑惑から純粋なポイント制となり,このような技の難易度による勝負になることは,競技である以上避けられないことかもしれません.しかしトリノオリンピック荒川選手のような演技がこれからは見られないとすれば,この進化は正しいのか一抹の疑問が残ります.

 オリンピックは今後どうなるのか.スポーツは今後どうなるのか.今回のオリンピックでも開催前に死者が出たり,温暖化のためか気象条件が不安定と,少なからぬ問題がありました.少なくともオリンピックは平和の祭典,バラ色の未来が待っているというのは,いささか楽観的に過ぎるように感じられます.

tnakadat at 09:08│Comments(2)TrackBack(1) 記事,事件 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. バンクーバーオリンピックが終わって・・・  [ コジブラのブログアフィリエイトで月収を超える方法 ]   March 01, 2010 15:55
バンクーバーオリンピックが終わりましたね。日本は銀メダル3つに銅メダル2つでしたよね。世界の大舞台にたってメダルをとるというのは凄いですね!

この記事へのコメント

1. Posted by ネコ   March 02, 2010 03:06
5 >今後は彼女のように医療機関や,福祉施設などに務めるケースが増えるのではないか
興味深い仮説ですね。土建に代わる内需・雇用の担い手という意味と、ただの広告塔の役割だけではもうやってられないという、二重の意味ですね。

おっしゃるような批判的側面も含む五輪の総括をマスコミがしないのは、やっぱり稼ぎ頭のお得意様だからでしょうか・・
2. Posted by tantanmen   March 04, 2010 14:01
ネコさん:スケート選手だとリンクが必要ですが,これは長野オリンピックの施設が残る長野は有利.一方シーズンオフは筋トレが必要ですが,この相澤病院にはスポーツ医学の専門科があるようなので,小平選手は就職したのでしょう.いずれアスリートを大企業が雇う時代は終わったのだ,と思います.今は福祉,医療へと人材が求められる時代です.1980年レークプラシッドで金メダルを獲ったエリック・ハイデンはその後医学部に進学し,今は整形外科医です.また広島カープで活躍したホプキンス選手は整形外科医として活躍中で,聖書学の准教授なそうです.今朝のニュースで大企業の求人が少ないことが報道されていましたが,そろそろ日本も大企業に就職することが目標という社会は崩れているのだと思います.もっといろいろな道があって良いのでは?

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔