April 23, 2009

珊瑚橋から,北上川を望む

珊瑚橋北上市中心部から展勝地には,北上川を越えなければいけませんが,最寄の橋が珊瑚橋という,今は懐かしいトラス構造の橋.今となっては道路の幅が狭く,歩行者用の道路も片側しかありません.この写真は珊瑚橋の上流を撮影したもの.昨日までの雨で川の水は濁っていますが,向こう岸の新緑が鮮やかです.手前の木の上のほうに鳥の巣らしきものが見えるのがお分かりでしょうか?

tnakadat at 05:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

January 10, 2009

厳寒の馬淵川

厳寒の馬淵川岩手県を南北に流れる川は南の北上川,北はこの馬淵川です.二戸市はこの馬淵川沿いに延びる小さな街です.しかし金田一京助の生家があったり,北東北にチェーン展開するスポーツ店や,厳手屋という菓子屋の本店があったりと,進取の気質に富んだ人間が生まれるようです.厳しい自然が人間を育てるのかもしれません.

tnakadat at 14:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

October 31, 2008

馬淵川

馬淵川岩手県二戸市は馬淵川沿いに細長く伸びた街です.新幹線二戸駅は,市の南側にあり,市の中心部からかなり離れています.東口を出るとこのような風景が待っています.そろそろ紅葉も見納め時.

tnakadat at 18:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

January 31, 2008

北上川

北上川これは昨日の映像です.夜半に雪が少し降り,川原や山に雪が少し増えました.それでも少しずつ日差しは強くなってきていて,先週までの厳寒とは違います.

tnakadat at 21:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

December 06, 2007

猿ヶ石川

猿ヶ石川遠野市から花巻市へと流れ,北上川に合流する猿ヶ石川.ちょうど新花巻駅を出て直ぐに,この川を渡ります.木々にまだ雪が積もっています.

tnakadat at 11:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

August 12, 2007

米内川の流れ

米内川盛岡市の中心を流れる中津川の支流です.浄水場を過ぎるともう昔ながらの風景に変わります.川に沿った小さな水田や畑,そして点在する農家.こんな零細な農業だから,駄目なのだ,合併して規模を拡大するか,つぶしてしまえ,というのが農水省や自民党の考えです.しかし日本の国土の8割は山です.平地には都市もあり,住宅地も,工場もあります.合併するといっても,山を越えた農地を耕すのでは,効率も何もあったものではありません.農水省の役人は数字しか見ていないのではないか.赤城元農水大臣は,地元の農家の現状を知っているのでしょうか.毛包炎だか,毛嚢炎だか知りませんが,小さな傷に大きな絆創膏を貼っているオボッチャマに農作業のつらさなど,分かりますまい.

tnakadat at 14:49|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

May 31, 2007

川辺の景色

川辺の風景紫波町日詰城山公園近くの北上川です.遊歩道などもありますが,何より素敵なのは,小賢しく手が加わっていない木々の緑です.上流から流れ着いた木の実が川原に根をつけたのか,先人達が堤防を守るために植えたのか,よく分かりませんが,昨今のお手軽で,何の風情も無い植林には,決して真似の出来ない美しさがあります.

tnakadat at 10:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

May 17, 2007

新緑の北上川

新緑の北上川新幹線から見た北上川.東北本線の鉄橋が映っています.昨日は晴れて気温が上昇しましたが,今日は天気が崩れそうです.

tnakadat at 07:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

May 01, 2007

雫石川

雫石川雫石川の川原には,このような手の入っていない雑木林が広がっています.奥羽山脈から比較的短い距離で北上川に合流する雫石川は,堆積物も多く,上流に御所湖というダム湖が出来た今も,暴れ川の片鱗を時折見せます.しかし手を加えない川原は,自然が豊かで,野鳥の生息地にもなっています.

tnakadat at 21:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

雪解け水

雪解け水中津川は雪解け水でかなり水位が上がっています.中州につくった鳥の巣がかなり流されてしまった,というニュースもありました.流れは清冽で,透明度も高いことが,写真でも分かるでしょうか.

tnakadat at 21:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)