March 30, 2006

部品に関する検討

40e767ef.JPGひさしぶりの更新になります。

無事長縄君を追いコンにて追い出し、筆者は、横浜に行きベイサイドネットを拠点に色々な情報収集を行ってきました。

Stereo誌の工作特集の関連事業もだいぶ落ち着き、新入生勧誘に関するプログラムを行う必要が出てきそうです。部員は、だいぶ増えてきたものの、やはり新入生が2、3人入部してくれればいいのではないかと思います。うちの部に入って、技術や感性を磨いていただきたいものです。

さて、Stereo誌のコンテストに関して・・・

今回のコンテストでは、規定をフルに活かすため「3Way」ネットワークを組もうと考えています。ただ、ウーファーのローパスフィルターやミッドレンジのハイパスフィルターに普通のフィルムコンデンサを使うと部品代が物凄くかかり、作る前にお金が底を付いてしまう可能性があります。

そこでどうしようか そうだ「ケミコン」があるじゃないかということですが・・・

ケミコンは音質悪で悪名高い部品です。どうにかならないかと思い部室を漁っていたら ありました。 BlackGateのケミコンが

この画像のBlackGateは、去年部で作った「ユニバーサル基板なのに窪田アンプ」にっ付いていたものです。

このケミコン、かなり音質が良いことは窪田アンプについている状態で既知の事実です。また、このケミコンは耐久性が非常に良いらしいので、これを使うしかないという事の運びになりました。
ケミコンの中では高級部品になりますが、同じ容量のフィルムコンに比べれば半額くらいです。ただ、極性がありますので、2つの容量の違うコンデンサを直列接続して容量を得ようと思います。


ミッドレンジのローパスフィルターや、トゥイーターのハイパスフィルターには、横浜石川町エジソンプラザの「シンコー電機」にて銀色をした秘密兵器を買ってきました。非常に古い部品ですが、未使用ですし、非常に音はいい・・・らしいです。

tnctbcc at 22:31│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔