2018年06月19日

「気象病」持ち

このところの気候が、「気象病」持ちにはこたえます。
「気象病」と知らなかった頃は、重大な病気じゃないかと不安になってさらに不調が拡大したりしていましたが、わかってからは自覚があるので、ストレッチや呼吸法でなんとか対処しようとしています。
が、しのぎきれないこの頃。
加齢に加え、基礎的な体力がないことが問題じゃないかと思います。
なんとかしなくては

6月19日のみそ汁
IMG_5723

トマト、たまねぎ、卵
一見、洋風ですが、味噌味です。

2018年06月18日

地震情報

我が家は、朝も昼も、テレビもラジオもつける習慣がないので、今朝の地震は、滋賀の姉から電話があるまで知りませんでした。
姉から、これから出かけるので固定電話はかけても出ないし、携帯電話がつながりにくくなってるようだから、電話に出なくても心配しないように、という電話がかかってきて初めて知ったのです
これじゃ電話かける側が逆です

あわててテレビをつけて、大きな地震だったことにびっくりしました。
しかも四国もゆれていたらしいのに、全く気付いてないし。
まるで「情報弱者」ですね。
昔のSFみたいに、家の外へ出てみると街じゅうの人はみんな避難してしまってそれを知らなかった自分だけがひとり取り残されてしまっていた…なんて状況が浮かびます。
怖いなあ。
やっぱり朝、ラジオをかけるくらいはしたほうがいいのかしらん?

それはともかく、京滋阪神にはお知り合いもたくさんおられます。
みなさん、大きな被害にあわれてないことを祈ります。

6月18日のみそ汁
IMG_5721

ズッキーニ、厚揚げ、かぼちゃ、さやいんげん、人参

2018年06月17日

送料募金

「南三陸町戸倉勝手に応援団」へ、きれいな布をたくさん寄付してくださった方がありましたので、東北へ送りました。
間もなく新製品となってこちらへ帰ってくるはずです。

つきましては、今回、茶房に設置している「送料募金」の缶を開けて使わせていただきました。
数えてみたら、4,678円にもなっていました!
IMG_5716


昨年も7月に開けて新製品のために使わせてもらいました。
去年の募金→こちら

ご協力本当にありがとうございます!

茶房の片すみにひっそりとおいてある小さい募金に気づいて募金してくださる方がおられるというのが、本当にうれしいです。
最近いやな話題ばかりですが、身近にうれしいことがあるんだなあとしみじみしております。
IMG_5718


新製品が届きましたら、またお知らせいたしますね

6月17日のみそ汁
IMG_5715

みょうが(の茎)、あげ、茄子、じゃがいも、さやいんげん
みょうがは、例の大袋100円の分です。
シャキシャキしています。

2018年06月16日

明日の17日(日曜)は早じまいを

お知らせです。

明日、6月17日(日)は、1時間早く、午後5時で閉店させていただきます。
いつも勝手を申しますが、よろしくお願いいたします。


6月16日のみそ汁
IMG_5714

ズッキーニ、にんじん、さやいんげん、おあげ、エノキダケ
ズッキーニはお味噌汁にするとトロンととろけて、ワタクシは茄子より好きかもデス。


2018年06月15日

うっそうと

植物にとっては程よい気温と雨量が続いたせいか、家庭菜園の成績がよいのですが、その分、草たちも良く育ちました
IMG_5713

これから咲く花も混じっているのですが、この、全体的にまんべんなくうっそうと茂ったの、どこから手を付けたらいいのか…
茫然としてしまいます。

2018年06月14日

産直市で

産直市で、産地ならではというか、ちょっと変わったものを見つけました。
何かな?と見ているとこれを買って行く男性の方がいたので、思わずどうするんですか?と聞いてしまいました。
IMG_5701


茗荷の茎なんです。
大袋に入って100円。
蕾の部分を形を整えて出荷したときに出る茎の部分です。
おっしゃるには「普通の茗荷と同じですよ。味も栄養も変わりませんからお買い得ですよ」と。
ふうん、なるほど。
たしかに茗荷は高価ですから、家で使うにはこれはお買い得。
しかし、あまりにもたくさん入りすぎじゃないだろうか?とワタクシが迷っているのを見かねたらしく(笑)、その方がまた戻ってきて「らっきょ酢で甘酢漬けにしておいてもいいしね」とわざわざ教えてくれました。
なるほど〜
いや、そこまで言っていただいたら買わないわけにはいかないし

で、買って帰って掃除してみると、思っていた以上にきれいでした。
生食用に少しとりのけて
IMG_5703

残りはさっとゆでてらっきょ酢で甘酢漬けにしたら、きれいなピンク色になりました。
IMG_5706


せっかくなので、さっそく生食用の一部は、畑からとってきた青じそと一緒に刻んで夕食の冷奴の薬味に。
IMG_5709

ちょっと、乗せすぎかな


2018年06月13日

乱読のツケ

あれやこれやと読み散らかしているので、すでに読んだ本をうっかりまた借りてきてしまったりします

情けないことに、そういう本は表紙をみても気がつかない。
読み始めたら気がつくだけまだましかもしれません。
ずっと昔に読んだ本だと、たしかに読んだという記憶はあっても、内容はきれいさっぽり忘れていたり。

読書ノートも読了順に記録しているだけなので、「この本は前に読んだかどうか?」というときには、ノートを全部みていかないとわからない。
いまいち、合理的じゃないです。

もっと丁寧にいっさついっさつ読まないといけないし、読書ノートももう少し詳しく書き込むべき。
印象に残った部分の書き写しであれ、感想であれ、自分の手で書かないと自分のものにはなりませんね。
読んだだけではどんどん通過して…というか、シュウシュウと音をたてながら蒸発してしまいます。
こりゃあ脳味噌も一緒に蒸発してるんとちゃうかしら…という忘れっぷりです

次の「読書の交差店」のための本がまだ見つかりません・・・

2018年06月12日

知らなかった機能の意味

ヘアドライヤーって、冷風(COOL)機能がついていますが、あまり使ったことがありませんでした。
髪を乾燥させるには温風を使用。
冷風は暑い時期用としてついているの?と思っていたのですが、あらまあなんと浅はかでした。

今日、美容院へ髪の毛をカットしに行ったときに教えてもらったのですが、身近にあって何十年も使っていたのに知らなかった。ドライヤーのこと

濡れた髪を温風で8〜9割くらい乾燥させたら、あとは冷風で仕上げると、まとまりやすい、くせ毛を押さえやすい、寝癖もつきにくい、髪が傷まない、つやを保てる…のだそうです。
たしかに、美容院で仕上げてもらうとつやつやで、きれいにまとまっているし、ワタクシのくせ毛もまっすぐになっています。
でも翌日自分でしたらいつものようになっているので、美容師さんの技やなあと思っていたのですが、ドライヤーの使い方もコツだったんですね。

帰ってからWEBで調べてみると、なるほど、理由も納得デス。
更に上記以外にもメリットが…。
試しに「ドライヤー冷風」で検索してみてください。

で、さっそく今夜、この方法で乾燥させてみると、いつもと仕上がりが違っています。
いつもは、短い髪がピンピン跳ねてブワッと広がっているのに、今日はつるりとおさまってますし
何十年も知らないままで、ああ、もったいないことでした。
もっと若いころに知っていたらなぁ。

これってみなさんご存知やったんでしょうか?
おしゃれ関係に超疎いワタクシが知らんかっただけかも?
毎朝くせ毛と奮闘しているあーちゃんは、もちろん知ってるんやろなあ?

6月12日のみそ汁
IMG_5696

さやいんげん、にんじん、たまねぎ、ズッキーニ、おあげ、さつまいも

2018年06月11日

雨でした

梅雨入りしたから雨かと思ったら、台風の影響で雨。
今年は台風も早い?

写真は裏山の柿のようす。
雨に濡れて青々としています。
IMG_5691

実がかなり大きくなってきました。
でも、毎日何個か屋根の上に落ちる音がしています。
もったいないな〜

6月11日のみそ汁
IMG_5687

さやいんげん、おとふ、たまねぎ、にんじん、ながいも、ごま油

2018年06月10日

結婚記念日

東方に住まわれるやんごとないご夫婦が、9日に結婚25年で銀婚式だそうで。
当方も6月が結婚記念日で、数えてみると37年目。
ああ、思えば遠くへ来たものです。

37年は何かなとウィキペディアで調べてみたら、なんと15年以降は5年おきにしか名前がついてないみたいですよ
ここまできたらもう、5年に1回でええやろって?
せっかくなので、コピペさせていただきました。

1周年:紙婚式
2周年:藁婚式、綿婚式
3周年:革婚式、糖果婚式
4周年:花と果実婚式、(絹婚式、リンネル婚式)、皮婚式(皮革婚式)、書籍婚式
5周年:木婚式
6周年:鉄婚式
7周年:銅婚式
8周年:青銅婚式、ゴム婚式、電気器具婚式
9周年:陶器婚式
10周年:アルミ婚式、錫婚式
11周年:鋼鉄婚式
12周年:絹婚式、亜麻婚式
13周年:レース婚式
14周年:象牙婚式
15周年:水晶婚式
20周年:磁器婚式、陶器婚式
25周年:銀婚式
30周年:真珠婚式
35周年:珊瑚婚式、翡翠婚式
40周年:ルビー婚式
45周年:サファイア婚式
50周年:金婚式
55周年:エメラルド婚式
60周年:ダイヤモンド婚式
65周年:ブルーサファイア婚式
70周年:プラチナ婚式

まぁ、紙とかアルミとか絹とか、電気器具まで!いろいろ当ててありますね。
でも、つい、琥珀やオパールはないの?とか、ダイアモンドとプラチナの間の65年が「ブルーサファイア」ってなぜ?とか、じゃあ、ピンクサファイアは?とか、つっこんでしまう関西人です

まあ、仕方ないので、次の40年のルビーまでスルーします。
で、ルビー婚式にはルビーをいただけるとか???
なわけがないですね

6月10日のみそ汁
IMG_5684

なすび、さやいんげん、たまねぎ、にんじん、おあげ
昨日のとは、ズッキーニが茄子に変わったくらいの違いですね

tnkn at 20:30|PermalinkComments(12)clip!

2018年06月09日

杏の実

今朝、杏の実の第1弾を収穫しました。
今年は数が少ないけれど、大粒です。
IMG_5680


夕方、天気予報を見ていると明日から雨でしかも台風の影響が…
ということは風も出る?
強い風が吹いたら、せっかく色づきかけた実が落ちてしまいそうです。
あわてて、第2弾を収穫しましたが、日が暮れてしまって見えなくなってしまい、途中で断念。
あぁ、もっと早く気づいてないといけなかった
ほんまに未熟者です〜
果たして明日の朝、第3弾の収穫ができるような天気でしょうか

6月9日のみそ汁
IMG_5677

ズッキーニ、人参、さやいんげん、玉ねぎ、しめじ、おあげ
以上のうち、さやいんげんと玉ねぎが我が家の家庭菜園の出身です。

2018年06月08日

仔猫ちゃん

お向かいの木野子さんが、いちにちだけお友達の仔猫を預かっているというので、見せてもらいに行きました。

IMG_5666

IMG_5665

ひや〜、かわいいなぁ
こんなちいさい仔猫を触るのは久しぶり。

しばし、遊んでもらって家の方を見ると、我が家のおっさん猫たちが・・・
IMG_5674

うん、こっちはこっちで、かわいいんですがね


2018年06月07日

タマネギ部隊

タマネギといえば、敬愛するパタリロ・ド・マリネール8世殿下の直属の武官部隊が有名ですが、こちらは我が家の今年のタマネギ部隊です。
IMG_5657

今年は、ほんとうに植物にとって良い気候だったのか、こんなに立派に育ちました。

不作の年は、みんなペコロス並みだったこともあるので、今年は大成功。
マスターはほくほくです。
イノシシにも掘り返されないで収穫できたし。

ついでにトマトの様子を見てみると…
IMG_5659

おお!こちらも期待できそう。

何事もなく無事収穫できますように!




2018年06月06日

多様な生物

「テラスにへんな虫がいる」と、マスターが呼びにきました。
「なんだなんだ?」と見に行ってみると…

IMG_5641


これは、ナナフシではありませんか。
じつはここらには結構いるのです。
マスターは知らなかったらしい。

テラス周辺では、季節によっては、カマキリの赤ちゃんが一斉に孵化したり、眉山で羽化したテングチョウが大乱舞したり、ハナアブが領空権を主張してホバリングしたりしています。
怖いのは、建物の外周をパトロールするスズメバチ。
こちらから何もしなければ襲ってはきませんが、隙間があると入ってくるので網戸は必須です。
もちろんその他の虫もあれこれ種類も数もいっぱい。

山の近くは植物も昆虫も鳥も爬虫類も動物も豊富で・・・

あ、動物といえば、去年、イノシシが来たのって今頃だった。
今年も来たらどうしよう。
斑入りドクダミや花壇をまた根こそぎされないように何か手だてを…と思いますが、いったいどうしたら???

2018年06月05日

おばさんたちの休日

親戚のNちゃんとふたりで、映画&ウィンドウショッピングに行きました。
買う予定があるわけではないけれどなんかいいものがあったら買いたいなと、おしゃべりしながらあちこち見て歩く。
こんなことって、なんて久しぶりでしょうか!
気ごころ知れた同世代の同性ならではの楽しさです。
やっぱり、親や夫と一緒ではゆっくり買い物できないしおしゃべりの楽しみがないし…
おばさん同士のお楽しみってやつです。
(ちなみに夫は、「何やらの居ぬ間に…」と羽根をのばした模様)

映画は、動物好きのNちゃんと一緒なので、『ピーターラビット
ちっとも構えなくて無心で楽しんだらいい映画で、原作とはかなり印象がちがっていますが、やんちゃなウサギたちが超かわいくて面白かった。
IMG_5646

原作の作者であるビアトリクス・ポターは、イギリスの湖水地方の環境保護やナショナルトラストに尽力した人なんですね。
日本では(世界中かも?)かわいいキャラクターとしてのピーターラビットが独り歩きしたみたいです。
ちなみに、シネコンは55歳以上がシルバー割引です。
とってもありがたいけど、55歳でシルバー?
おばさんどころか、おばあさん!

6月5日のみそ汁
IMG_5644

しめじ、おとふ、人参、「わかめたっぷりみそ汁の具」

2018年06月04日

ふいり

斑入り(ふいり)のドクダミが復活しました。
せっかく根付いたのにイノシシに掘り返されて、もうダメかと思ったのですが、さすがドクダミだけあって生命力が強いみたいです。
IMG_5611


ノジギクの間に、普通のドクダミと斑入りのドクダミがでているのがわかるでしょうか?
斑入りって、なんか涼しげなんですね。
同じドクダミなのにえらく感じが異なります。
見た目の印象って重要なんだ〜
っていうか、見た目だけの違いなのに、不公平な気もする…

とにかく、そういうわけで我が家の草取り部隊は、ここから普通のドクダミだけを排除するのです。
腰痛になりそうです。

6月4日のみそ汁
IMG_5642

なすび、人参、おあげ、玉ねぎ
なすびが今季初登場です!

2018年06月03日

サラメシ

今日、お昼ご飯のためにいつものようにおにぎりを作りかけて、あっと気づきました。
何もおにぎりにしなくても、営業を昼からに変更したので、12時までに昼ご飯を終わらせておけばいいのでした。

ということで、おにぎりにしかけていたのをお茶碗に盛って、土井善晴さんの本『一汁一菜でよいという提案』にあったようにお味噌汁と一緒に小さいお盆にのせてお昼ご飯にしました。
あ、でも一汁一菜…じゃなくてこれは一汁一飯だな
IMG_5639

筍ご飯(筍を炊き込んだのではなくて、白ご飯に淡竹の煮物を刻んで混ぜたご飯)ちりめん山椒のせ、と
6月3日のみそ汁
鳴門のわかめ、玉ねぎ、人参、おあげ

気がつくと、マスターはここに赤かぶの漬物を足していました。
それなら一汁一菜になってる。
後からいろいろ気づくので、次はもうちょっとカッコよく撮ろう(笑)

とりあえず、この質素なご飯がうちの今日の「サラメシ」です。
いや、勤め人じゃないから「サラメシ」ではないかな。
やっぱり「まかない」と言うべきですかね〜

2018年06月02日

ゆすらうめも季節

こどものころ、ユスラウメが熟すのが楽しみでした。
家に1本、ユスラウメの木があって、食べごろを子どもたちが虎視眈々と狙っていたものです。

ものすごく美味しいものという印象があったのですが、今食べてみると、正直のところ
「小さくてめんどくせー」
こどもの頃は、面倒でも美味しい方が勝っていたのに。
IMG_5629


そういえば、デラウェアというブドウが、最近流行らないのは、やっぱり小さくて面倒くさいからだとか。
考えてみると、日本の果物はいずれも大きくて甘くて立派になりました。
りんごもぶどうもいちごも…

徐々に変わっていったので、「そういえば」と振り返らないと今の姿が当たり前のようになってしまっています。
たまには、ユスラウメだとか、姫小夏(という小さい桃)だとか、面倒がらずに食べて来し方を振り返ってみるのもいいかな…

6月2日のみそ汁
IMG_5632

人参、さやいんげん、玉ねぎ、長芋、おあげ、「わかめたっぷりみそ汁の具」
&性懲りもなく「ポテトサラダ」

2018年06月01日

姫小夏の季節

今年も産直市で出会うことができました。
IMG_5609

姫小夏という名前の桃です。
サイズはスモモくらいですが、見た目も味も桃です。
良い香りがします。
みただけでうれしくなります。
もう、桃の季節ですね〜

明日から、6月度の営業です。
営業時間が、昼の12時から6時頃になります。
こちら
よろしくお願いいたします。

tnkn at 23:00|PermalinkComments(3)clip!

2018年05月31日

あ、タヌキ?

あ、タヌキ?
IMG_5601

と、思われたあにゃた!
僕はタヌキではありません。
看板ネコのシャムワンですにゃ。
IMG_5603

ちょっと畑の具合をチェックしとるにゃ。

この畑には蝶々がいっぱいおるので、ついついおっかけてしまうにゃ。
IMG_5599

でも、僕も猫なりに年をとったので、このごろはあんまり遊んだりしにゃいのにゃ。
蝶々を追っかけるより寝てる方が楽だにゃ〜
この頃は外がちょうどよい気候にゃもんで、毎日ゴロゴロしとるにゃ。

あ、そうだ、みにゃさん。
6月から茶房の営業時間が変わったにゃ。
お昼12時からの営業だにゃ。
マスターと文庫あるじも僕と同じでもう年だから、大目にみてやってくれるかにゃぁ。
ヨロシクお願いするにゃ。

詳しくは→コチラにゃ


2018年05月30日

6月から営業時間を変更いたします

6月から、営業時間を変更させていただきます。

これまで午前10時〜午後6時頃の営業でしたが、開始時刻を遅くして

正午〜午後6時頃 に変更いたします。

いつも、朝にお越しくださるお客様には、ほんとうに申し訳なく思っております。
勝手な変更でご迷惑をおかけいたしますが、どうかご了承ください。

マスターもワタクシも、寄る年波で、いろいろなことが体力的にきついと感じるようになってきました。
また老親に関わる時間が昨年から一段と増えて、自分たちも時間がかかるようになったうえに、親も時間がかかる(何しろ年寄りは何をするにも時間がかかります)…
と、いろんなことに時間がかかって、なかなか思うようにモノゴトがはかどりません。
世間様に比べると今でも充分すぎるほどゆるいので申し訳ないのですが、更にもう少しゆるくしてみようと、朝の2時間を営業から自分たちの時間のほうへ移すことにしたというわけです。
本当に勝手ですが、ご理解いただければ幸甚です。

どうかよろしくお願いいたします。

2018年05月29日

ハチクの勢い

この時期の筍とりは「掘る」ではなくて、「折る」か「蹴る」らしいです。
お知り合いから旬の味覚・ハチクをいただきました。
IMG_5605

「孟宗竹」の筍と違って、この時期のハチクやマダケの筍はすんごい勢いで伸びているので、「折る」か「蹴る」かして、可食部分を採取するのだそうです。
「掘る」より、断然おもしろそう

ところで、この記事を書こうとしてふと不安になって調べてみました。
「破竹の勢い」っていうけど、このハチクってそんなに他の竹より勢いがすごいのか?」と。

調べてみてよかったです〜
「破竹の勢い」はまさに「竹を割る」意味で、こちらのハチクは「淡竹」と書くらしい。
思い込みは危ない危ない。冷や汗ものです

ハチクやマダケといえば、思い出すのはおばあちゃんちで聞いたお話。
昔のこと、旅館などがない田舎では旅の人を泊めてあげることがあるが、それが盗人だったりすることがあった。
そこで、怪しいと思う人を泊める時は、夕食のおかずはハチクやマダケの煮物にする。
ハチクやマダケの筍は青竹と見まがうほど緑色をしているので、怪しい客人には青竹の煮物を出して家族は筍の方を食べる。
当然、竹は固くて食べられるものではないが、家の人々はそれをポリポリと食べているのを見て盗人は恐れをなして逃げ出すから…というお話。
それほどこの筍は青くて細身で青竹そっくり…というお話です。
子どもごごろに忘れられない(笑)

で、5月29日のみそ汁
IMG_5584

サツマイモ、長芋、人参、キヌサヤ、玉ねぎ、胡麻油
筍は入ってない。

2018年05月28日

んちゃ

某氏からいただいたメールのタイトルが「んちゃ」だった。
普通に返信してしまったが、あとから考えると、その返信の文末は「バイちゃ」とするべきであったのだ。
く〜、惜しいことした

5月28日のみそ汁
IMG_5582

キヌサヤ、おとふ、タマネギ、人参、卵

ではでは、バイちゃ!



2018年05月27日

町内清掃の日

今日は町内会の「一斉町内清掃日」でした。
これまでは10時に開店しなくては!というので、マスターが30分早く行って、ちょっと早くあがらせてもらうというふうにしていました。
その間、ワタクシが開店準備をしますが、いつも2人でしていることを1人では限界がありますから、いつもより早起きしてバタバタと準備して結構たいへんでした。
それで、今日は営業時間を変更して12時にさせてもらったので、逆にゆとりができました。

マスターが清掃に行ってる間に、いつものみそ汁にポテトサラダも作って両親のところへ持って行けたりして
(おじいさんはご町内にお掃除に、おばあさんはお台所でじゃがいもを茹でました…というところですかな)
IMG_5573


というわけで、5月27日のみそ汁
IMG_5576

人参、キャベツ、玉ねぎ、おあげ

おまけの写真
今日の柿の実
IMG_5578

と、今日の栗の花
IMG_5579

秋が楽しみです。

2018年05月26日

住宅地図

図書館で目に入って借りた本ですが、最近祐信さんが住宅地図のことを話題にしておられましたから、偶然の一致ですね。

『ゼンリン住宅地図と最新ネット地図の秘密』
内田宗治著(2014年6月11日実業の日本社)
IMG_5569


住宅地図といえば、ワタクシが就職したころ、各事業所に必ず配備されていたのは「吉田地図」でした。
クレーム対応とか配達とか、とにかく地域の消費者のところへ行くのに必需品。
先輩たちも「住宅地図とってきて」とは言わずに「吉田地図とってきて」と言っていた。
なので、ゼンリンにはなんとなくなじみが薄かったのですが、最近はゼンリンばっかりだなあと思ったら…
なんとまあ、今や住宅地図の世界はゼンリンの独擅場になっているのでした。
東証一部上場の業界オンリーワン企業です。

全国にあまたあった住宅地図会社とのその後の明暗を分けたのは、昭和59年のデータベース化だったらしい。
現在では地図情報が1000ものレイヤーになっていて、ユーザーの望む必要な情報の入った地図が提供できるというわけで、考えてみると地図って使う目的によって、必要な情報や形態が異なるものだった。
本書の後半はカーナビ地図の進歩について。
何気なく使っていたカーナビの裏がわかって驚きます。
これからの自動運転につながる技術などにも関係してくるのですが、なるべくしてなったとは思うものの、昔の手書き文字の住宅地図がこうなっていくのか!技術の進歩はオソロシイ。

とはいえ、住宅地図もカーナビ地図もハイテク技術が駆使されているわけですが、本書でわかったのはいずれも基本は人間の目と脚と判断でできているということ。
住宅地図をつくるのって、バイトの人とかをどかっと短期間に投入しているのかと思っていましたが、違いました。
熟練の(もちろん新人もいるけど)調査員がベタに歩いて調べているらしい。
もちろんそこにノウハウがあって、なるほどこれではバイトでは無理。
著者も、実はそのへんの職人魂に共感したからこの本ができたのではないかと思ったのでした。

これまで何気なく見ていた、住宅地図を見る目が変わりました。
ごめんなさい!という感じです。
ちなみに、「ゼンリン地図の資料館」というのが北九州市小倉にあるそうです。
行ってみたいものです。

ということで、5月26日のみそ汁
IMG_5567

鳴門のわかめ、おとふ、しめじ
具が3種類しか入ってない


2018年05月25日

白い花特集

まずは、あらためてお知らせです。
先週お知らせいたしました通り、明日26日(土)と明後日27日(日)の営業時間を変更させていただきます。
12時から午後6時頃となります。

今週の営業時間
5月26日(土)12時〜6時頃
5月27日(日)12時〜6時頃
5月28日(月)10時〜6時頃

勝手を申しますがよろしくお願いいたします。

さて、今週のお花は、まるで「白い花特集」みたいになってしまいました。
これは玄関下駄箱脇の花瓶。
IMG_5560

産直市で、なんとタイサンボクの蕾をいただきました。
大木で高いところに咲く花ですからなかなか見られません。
写真では蕾ですが、そろそろ咲いてくれると思います。
入っているのは、タイサンボク、アジサイ、シモツケ…みんな白です。

これは下駄箱の上。
ちょっと赤や黄色が入ってますが、メインは白です。
IMG_5561

めちゃめちゃに放りこんであってお恥ずかしいですが。
ホタルブクロ、シモツケ、オカトラノオ、ススキは斑入り…
店内の他の花瓶にも白い花が入っていますし、アプローチ入り口のやまぼうしも咲いています。
あ、ドクダミも満開(笑)
IMG_5562

他にもあるので、何種類あるか、数えてみてください。

自然界では、同じ時期に同じ色の花が咲くことが多いんですね。
触媒となる虫の好みっていうか見えやすい色に揃っている。
今の時期の花に来る虫は、「白い花お好み御一行様」ってことなんでしょうか。


2018年05月24日

月から逃げる飛行機

今日もみごとな五月晴れで、ふと空を見上げると月と飛行機
IMG_5557

月から脱出中の飛行機?

月は昼間でも見える。
知っているけれど、昼の月が見えると一瞬あれっ?と思うのはなんでだろう。
星も昼間でも夜と同じように存在しているんだけれど、星は普通は昼間は見えない。
星のように在るものが見えてないのに当然だと思い、月のように在るものが見えるとあれっと思うなんて、本当は逆ではないか?
「星と月は夜のもの」という「思い込み」の威力はすごい。
わかっていても「見える」には騙されるんだなぁ。

また、わけのわからんことを・・・
月からの連想でした。しっつれいしました




tnkn at 00:00|PermalinkComments(2)clip!

2018年05月23日

ゆるゆるの会

今日のゆるゆるの会は、みなさんの予定がいろいろ重なってしまって少人数での開催となりました。
茶房のテーブルを少し移動して、まわりに椅子を並べてゆったりできるくらいの。
IMG_5555

いつもより人数が少ない分、ひとつひとつの話題をゆっくりとつっこんでおしゃべりできました。
今日は、やっぱり親の介護の話題が中心に。
メンバーには介護の専門家の方もいるので、とても勉強になりました。

ただ、人数が少なかったので、報告のたぐいはまた次回にすることに。

次回の開催は、
7月18日(水)午後1時半〜

自分の老後や家族の介護についてのゆるーいおしゃべりの会です。
興味のある方は、ご連絡ください。



TVを見て思わずひとりごと

日大には「危機管理学部」があるそうです。
昨日の彼と今日の彼らの記者会見を見て、つい、どんなんかとHPをググってしまいました


2018年05月22日

夏野菜

今年は2年目になった家庭菜園。
昨年の教訓を少しは活かして、きゅうりとトマト作りも一歩前進したかも。
でも、祐信さんご夫妻によると「ちゃんとできるには6年かかります」とのことですから、まだまだですね。

なにしろ、トマトって育っていく途中で「脇芽」を欠かないといけないのですが、去年は全く放置したままでした。
おかげで、ひょろひょろの枝がいっぱい繁茂
見る人見る人に「これは・・・」と、あきれられたり笑われたり。

今年のトマトは去年に比べると、木がずんぐりしてます。
ふふふ、期待していいかな…
IMG_5546


きゅうりも雌花がいっぱいついてたのしみ。
IMG_5548

あ、もうこんなに大きいのもできております。
IMG_5550

これで、今夏も「毎日毎日きゅうりの酢の物」が食べられるぞ

しかし、まさにこういうのを「とらぬ狸の皮算用」というのでしょうね(笑)

5月22日のみそ汁
IMG_5554

ちくわ、玉ねぎ、かぼちゃ、スナップエンドウ、人参、長芋


2018年05月21日

松籟

この週末は五月晴れで、風も吹いてさわやかな日がつづきました。
風があると、裏山の樹々の枝葉が動いて「ざあぁざあぁ」と音をたてるのです。
その音をワタクシはいつも「松籟」と呼んでいます。
「松籟」は、本来は松の枝葉が風でこすれる音だと思うのですが、松以外の樹々の場合はなんというのでしょうか?
ここには松も数本はあるにはあるのですが…
「葉擦れ」ではちょっと違うような気がします。
梢だけではなくて、もっと枝ごと動くときの音、たくさんの樹々が「ざあぁ、ざあぁ」と鳴る音、ワタクシは「松籟」という言葉がぴったりすると思っているのですが…
他によい言葉をご存知の方、教えてください。

IMG_5540

5月の青空と樹々の新緑の対比が美しい。
若葉の樹々は柔らかくて、樹種や大きさ、枝ぶりによって、風がふくとそれぞれが違う動きを見せてくれます。
1本ずつの樹が、それぞれ意志をもって踊ったり歌ったりしているようです。
何人かのお客さまが「ジブリの世界みたい」とおっしゃっていました。
ほんとに、映画をみているような景色です。
見飽きません。
五月はやはり、美しい月です。

5月21日のみそ汁
IMG_5543

スナップえんどう、エノキダケ、人参、おあげ
昨日のとかなり似てます。