2017年08月16日

もっと早く知っていれば!

ゆるゆるの会は、家族の介護や自分自身の老後をテーマにおしゃべりをしたり勉強会を開いたりしているので、けっこう幅広いことがらが話題になります。

名前の通り「ゆるゆる行こう」のおしゃべり会だけにさまざまなテーマがランダムに出てきます。
で、「それ、もっと知りたい」ということになると、わりとすぐにやっちゃう会でもあって、いろいろな見学会や学習会をしてきました。

これまでも、自分にはあまり関係ないかもという話でも、あとから「あのとき、ゆるゆるの会で聞いていたことが役にたった」という経験がいくつもありました(と思います)。

で、前回の例会で「成年後見制度」の当事者になった方のお話がもとで、「それ、もっと知りたい」となったわけです。
もし親が認知症になったら…、あるいは自分自身の老後のことを誰に託すか…
どちらにもしても大切な情報だと思われます。

成年後見制度ってご存知ですか?
もちろん、「すでに当事者です!」とかで、よおくご存知の方もおられると思います。
まだあまりなじみのない言葉ですが、新聞などで時々見かけるようになりましたから「聴いたことはある」という方が多いかもしれません。

実は、まだ世間で「終活」のことばが目新しかった5年前、ゆるゆるの会では「黄昏どきの人生案内」というテーマで公証人栗坂氏による公開学習会をしました。
テーマが「終活」ですからその時にも「任意後見制度」のお話があったのですが、今回あらためて知っておきたい後見制度やもしものときの実務について学びたいというわけです。

あとから「それをもっと早く知っておけばよかった!」と後悔することのないように。
昔の人は「知識は荷物にはならない」と言いましたが、たしかに頭の片すみにその知識がひっかかっているだけでもいいかもしれません。

まだ席に余裕があります。
暑い盛りですが、関心のある方はぜひご参加ください。



ゆるゆるの会・公開連続学習会「家族がもしも…のときに備える」

第1部 8月30日(水)午後1時30分〜3時
       テーマ:「もしも認知症になったら…知っておきたい成年後見制度」
       講師 :栗坂満(くりさかみつる)氏(徳島公証役場公証人)
       ※公証人とは… 公証人とは、法律の専門家であって、当事者その他の関係人の嘱託により「公証」をする国家機関です。公証人は、裁判官、検察官、弁護士あるいは法務局長や司法書士など長年法律関係の仕事をしていた人の中から法務大臣が任命します。公証人が執務する場所を「公証役場」と呼んでいます。
講師の栗坂氏は、遺言書の作成、任意後見契約の締結、延命措置拒否の宣言書等の作成を考えている方への終活ガイドブックとして 「トラブルのワクチン―法的トラブル予防のための賢い選択(遺言・任意後見等終活編)」という本を著しておられます。


第2部 9月6日(水)午後1時30分〜3時
       テーマ:家族に「もしも」の時の実務(仮)
       講師 :玉田樹身英(たまだきみえ)氏(生協ライフプランアドバイザー・金融広報アドバイザー)
       ※金融広報アドバイザーとは…金融広報中央委員会会長からの委嘱を受け、各地において暮らしに身近な金融経済等に関する勉強会の講師をつとめたり、生活設計や金銭教育の指導等を行う金融広報活動の第一線指導者で、全国に473名が活動しています。


いずれも
 参加費 :500円(ドリンク付き)
 募集人数 :各回25名

席に限りがありますので、必ず事前に電話にてお申込みください。

  電話 088−635−4013 万年山文庫

炎暑の時期ですので、お気をつけておこしください。


2017年08月11日

結果的には避暑かも

今朝はあるものを求めて山へ・・・
入道雲が、夏休みっぽい
IMG_4134

山道を
IMG_4135

どんどん分け入って
IMG_4136

ものすごくきれいな清流!
水遊びしたい!
IMG_4137

滝もあるし!
IMG_4141

到着です。
目指すものは足下に
IMG_4143

ちょっとわかりにくいので、別の池のをアップ
IMG_4146

こんな清流で育った魚はおいしいはず!

おや、こんな山の中にも生協の配達が来ています。
こんなところだからこそ、大事なライフラインですね。
ごくろうさまです。
IMG_4147


目的は避暑ではなかったのですが、ここは下界に比べてきっと5℃は低い。
体感的にはもっと涼しい。
結果的には避暑になりました。
夏の間にまた行こうや

それにつけても、徳島の川は最高です。
とりわけ、鮎喰川は青石と清流の組み合わせがとても美しい。
宝石のようです。
と、ワタクシは思うのですが、身びいき?


2017年08月10日

あわてて

外部からの刺激があったらいいわねなんてことを言っていたら、聞こえたのか、急にお盆にお客さまが見えることになりました。
なにしろ、今年の夏はお客さまの予定はないと油断して手を抜いていたので、さあタイヘン!

茶房も家の周りも思いっきりダレまくりです。
家中の掃除と、せめてぱっと見えるあたりだけでも草取りをしてとりつくろわなくては!

このあたりの外回りの草だけでも…
IMG_4125

IMG_4126


お客さまがあると家がきれいになる…というのはまさに真実ですね〜

さあ、次はお花を活けなくちゃ…って、実はこの季節って、ほんとにお花がないんですわ〜
そうそう、茶房の長い夏休みの理由のうちのひとつが「お花がないし。活けてもすぐに萎れてしまうから」でした。
今回は、昨日の山の剪定で拾ってきた素材をかき集めてなんとかするつもり…
…できるかなぁ?




tnkn at 23:00|PermalinkComments(0)clip!

2017年08月09日

暑くても

長い長い休みに毎日何をしているかというと、ダラダラしております

で、比較的涼しい時間を見計らって草取りをしたり…したいのですが、実際には、草取りはしたいけれどあまりの蒸し暑さにダウン!でなかなかすすみません。
ボウボウ伸びてうっそうとした草を横目に「見えないことにしよう」と自分に言い聞かせる日々

そうこうしていると、鈍足台風がようやく去った台風一過の火曜から、庭師さんが登場しました!

チョキチョキチョキのチョッキンな
IMG_4113


あっというまにアプローチ周辺の木々がさっぱりしました。

今日は、実家の裏山あたりの木の剪定。
あまりにうっそうと茂っていて、私たちではどこからどう手をつけたらいいのかわからない、お手上げの部分にまさに「手を入れて」くれています。
IMG_4116


暑いのに、外の仕事の人はほんとうにたいへんだなあと思いますが、さすが、プロです。
おそろしく手際が良い!

そして、マスターは暑いのに選定した枝の片づけの手伝い、ご苦労さまです。
というわけで、ワタクシは休憩時間にみなさんに冷たいものを出す係。

暑くても、外部からの刺激があるとダラダラがちょっと引き締まります(ちょっとだけネ

あ、そうだ!
アプローチのタカサゴユリがもう咲きそうです。
毎年、お盆に満開です。
IMG_4114




2017年07月30日

狼藉モノ

かねてより、裏山である眉山にイノシシが跋扈していることは認識しておりましたが、なんとついに今朝、我が庭にも被害がありました。

IMG_4095


スイレンの鉢がひっくり返っていて、そのあたりが深く掘り返されています。
そこは、斑入りドクダミやワサビやヒオウギやシュウカイドウがあったところでようやく根付いてくれたと喜んでいたところなのです。
根こそぎというのはこういうのを言うんですねぇ
ぜんぶ、根っこから引き抜いて土と混ぜてありました。

ほんとうに「なんてことをしてくれるんだい!」と言いたい乱暴狼藉です。

今日はバテ気味だったので外の仕事はやめておこうと思っていたのですが、暑い中、庭の修復と山からのイノシシ進入路(たぶん)に応急の遮蔽物設置をしたので、疲れました

わが家の猫の額ほどの菜園や花壇の一部でもこんなんですから、農家の方の苦労がしのばれます。
山では、イノシシ・サル・シカとそろい踏みらしいですから。
あ、それにクマも


2017年07月25日

ゆるゆるの会、連続公開学習会のご案内

茶房は休みをいただいておりますが、ゆるゆるの会では連続公開学習会を開催することになりました。

6月の定例会で、90歳代のお父さんが倒れて成年後見制度が…という方の体験談が出て、そこから、家族にもしものときのことや、最近よく耳にする後見制度について知りたいという意見が出ました。

とくに後見制度については、すでに自分が経験して苦労した人もあれば、今必要性を感じている人、知らなかったがぜひ内容を知りたい人などがいて、みなさん学習会をしたいということになった次第です。

今回は少し詳しく学習したいということで、2部に分けて、第1部には専門家の先生から後見制度全体について、制度の内容・目的・意味・私たちにどう関わってくるのか・後見人の仕事などをお話しいただき、第2部は実務をされている方に、親(家族)にもしもの時に何かどんなことが必要になるのかというお話をしていただくことになりました。

公開連続学習会「家族がもしも…のときに備える」(仮題)

第1部 8月30日(水)午後1時30分〜3時
       テーマ:「もしも認知症になったら…知っておきたい成年後見制度」
       講師 :栗坂満(くりさかみつる)氏(徳島公証役場公証人)
       ※公証人とは… 公証人とは、法律の専門家であって、当事者その他の関係人の嘱託により「公証」をする国家機関です。公証人は、裁判官、検察官、弁護士あるいは法務局長や司法書士など長年法律関係の仕事をしていた人の中から法務大臣が任命します。公証人が執務する場所を「公証役場」と呼んでいます。
講師の栗坂氏は、遺言書の作成、任意後見契約の締結、延命措置拒否の宣言書等の作成を考えている方への終活ガイドブックとして 「トラブルのワクチン―法的トラブル予防のための賢い選択(遺言・任意後見等終活編)」という本を著しておられます。


第2部 9月6日(水)午後1時30分〜3時
       テーマ:家族に「もしも」の時の実務(仮)
       講師 :玉田樹身英(たまだきみえ)氏(生協ライフプランアドバイザー・金融広報アドバイザー)
       ※金融広報アドバイザーとは…金融広報中央委員会会長からの委嘱を受け、各地において暮らしに身近な金融経済等に関する勉強会の講師をつとめたり、生活設計や金銭教育の指導等を行う金融広報活動の第一線指導者で、全国に473名が活動しています。


いずれも
 参加費 :500円(ドリンク付き)
 募集人数 :各回25名

席に限りがありますので、必ず事前に電話にてお申込みください。

  電話 088−635−4013 万年山文庫

炎暑の時期ですので、お気をつけておこしください。


2017年07月20日

送料募金で試作品を

茶房の片すみにひっそりと置かれている「東北−徳島送料募金」の小箱。
細く長くをモットーに続けている、「南三陸町戸倉勝手に応援団」のとりくみのひとつです。

とてもささやかな存在ですが、これに気づいて、募金をしてくださる方がおられます。
夏休みの間にと開けてみましたら、なんと5,284円にもなっていました。
ありがとうございます!

IMG_4066


募金の趣旨は、いただいた着物や布などを東北へ送るのにかなり送料がかかるので、それを補うためのものなのですが、今回は、これを新製品の試作品製作とそのやりとりの送料に使わせていただこうと思います。

「つんぬぎ」もコンスタントに買っていただいているのですが、少しちがうものもあってもいいなということで、先日ゆるゆるの会のみなさんにもご意見を聞いてみました。
なるほどなぁという声をいただき、新製品の試作中です。

秋から新しいオリジナル製品が登場の予定ですので、見つけたら手に取ってご覧くださいね。


tnkn at 00:00|PermalinkComments(2)clip!東北支援 

2017年07月18日

祇園祭は引っ越し記念日

TVや新聞に祇園祭の様子が載ると思い出さずにはおられない。

祇園祭は、我が家の引っ越し記念日です。

暑かったなぁ・・・

あれからもう、9年もすぎました。
っていうか、
あれからもう、9年もすぎたのですか?
っていう感じです。

9年もたったら、小学生は大学生になるし、まだ「元気な年寄り」だった親たちも80代後半の年寄りに・・・

ワタクシたちも歳をとるはずです。

9年前のブログなどを見て、しみじみしてしまいました。

tnkn at 00:00|PermalinkComments(2)clip!

2017年07月13日

珍しい食材の巻

前回の「田舎ぐらしの幸せ」のところで、「珍しい食材」のコメントをいただきましたが、

実は・・・

今回、その珍しい食材もいただいたんです。
が、どう調理しようか?と悩んで冷凍庫にしまい込んだので、鮎や鰻やキビレと一緒にでてませんでした。

それは、話題の鹿肉、鹿もしかもブロック!
鹿肉はこれまであちこちで食べさせていただいたことはあるんですが、自分で調理したことない。

考えていたら、滋賀のカレー屋さんで「鹿カレー」を見たのを思い出してカレーにしてみました。

鹿もしかも我が家には畑のミニトマトがたくさんあるわけですし、これはもう鹿トマトカレー鹿しかない!(しつこいのは嫌われるな

も鹿もしかして(まだ言う!)堅いんじゃないだろうかと、ブロックのお肉を丁寧に繊維に垂直にカットしたら、こんなきれいな赤身のカレー用お肉に。
IMG_4036


それに、たまねぎとミニトマト(めんどうなので2つ切り皮つき)、甘味と香づけに夏みかんのマーマレードもちょっと入れて。
IMG_4035


久しぶりに黒米入りご飯を炊いて、夏のカレーですなぁ
IMG_4041

お肉も柔らかくてトマトの酸味がさわやか、自分でいうのもなんですがなかなかおいしいカレーになりました。
鹿肉全然OKです!

ドミグラソース煮込みなんか合いそう。
これならまたいただいても大丈夫です。
…って、決して催促ではございませんから


2017年07月08日

うふふ

田舎ぐらしの幸せは、ある日突然こんなものをいただいたりすることです。
IMG_4029


さっそく塩焼きしてワシワシ…贅沢〜
IMG_4033


それとか、こんなものも
IMG_3992

親切にさばいてからくれたので、白焼きにしてポン酢で…うめ〜

もちろん、どちらも天然モノですよ〜

ついでにこんなこともあったりして
IMG_4014

これも天然モノですが、しかし、天然じゃないキビレなんて見たことないし
マスターよかったね


2017年07月02日

ゆるゆるの会

ゆるゆるの会28日の定例会では、参加者の90歳代のお父さんが倒れて成年後見制度が…という方の体験談が出て、そこから家族にもしものときのことや、後見制度について知りたいという意見が出ました。

とくに後見制度については、すでに自分が経験して苦労した人もあれば、今必要性を感じている人、知らなかったがぜひ内容を知りたい人などがいて、みなさん学習会をしたいということになりました。

…後見制度。
そういえば、成年後見制度と任意後見制度があったっけ。
どうちがうのか…
後見人になったらどんなことができるのか、しなければならないのか、できないのか、してはいけないのか…などわからないことだらけ。

というわけで、せっかくなので公開で学習会をすることになりました。

親(家族)にもしものとき…この問題は少し詳しく学習したいということで、2部に分けて、第1部には専門家の先生から後見制度全体について、制度の内容・目的・意味・私たちにどう関わってくるのか・後見人の仕事などをお話しいただき、第2部は実務をされている方に、親(家族)にもしもの時に何かどんなことが必要になるのかというお話をしていただければいいなということになりました。

暑い時期ですが、早い方がいいよねということで、8月〜9月ころに開催したいとおもいます。

公開連続講座「家族がもしも…のときに備える」(仮題)って感じですかね

あらためてご案内しますのでぜひご参加ください。



2017年06月29日

ナイチンゲール

ただ今、茶房の営業を休ませていただいているのですが、本来ならまだ夏休みにはなってなくて営業しているはずの頃。
というわけで、土日月曜日にはお客さまがパラパラとお見えになっています。
わざわざこんなところまで来ていただいたのに、私たちの都合で休みで本当に申し訳ありません!
ごめんなさい。

そのように先日夕方来られたご夫婦は、ちょうどマスターが外にいる時だったので幸いお話ができました。
ご主人がドイツの方で、以前にお茶をしに来られた時にテラスへご案内したのですが、その時にウグイスがさかんに囀っていて、ドイツではウグイスはナイチンゲールだと教えていただいたのです。

ナイチンゲールといえば、あの白衣の天使と言われた看護師さんの鑑(正しくは近代看護教育の母)のイメージが大ですが、子どもの頃読んだ外国の物語にナイチンゲールの歌声というのがでていて、それには小夜鳴き鳥とも書いてあって、なんてすてきな名前、どんな鳥?と思っていたのです。

そんなことをお話したものですから、今回、わざわざドイツの鳥の鳴き声のCDを持ってきてくださったのでした。
IMG_4021

「この8番目だからね」と。
本当にありがとうございました!
(それなのに、茶房が休みでごめんなさい!)

おかげさまで、長いこと謎だった小夜鳴き鳥とナイチンゲールの正体がわかったうえに、鳴き声まで聞くことができました。
姿はウグイスと似ていますし、きれいな声も似ていますが、囀り方はもちろんちょっと違う。
なぜなら、ウグイスは日本語で鳴き、ナイチンゲールはドイツ語で鳴くからね〜


2017年06月27日

読書の交差店

今日は読書の交差店。
かねがね、老若男女いろんな人が本を持ち寄るというのがいいなあと思っておりましたが、今日は若い男性の参加がありました
もしかして初めてじゃないかな?
平日午前という開催時間の関係で、仕事を持っている方は参加しにくいのですが、偶然休みが合ったということで参加してくれました。
いやあ、世代が広がるのはとても嬉しいです。

そういうわけで、今回もみなさんからは「お!」というような本がたくさん集まりました。
(ワタクシは家庭の事情から準備不足で中途半端になって残念…と言い訳
IMG_4023


テーマが「思い出の本」だったので、子どもの頃の思い出話なども出て、小学校の図書室の「代本板」や読書感想文の話に花が咲きました。
「代本板(だいほんばん)」って、どのくらいの世代まで知ってるのかなぁ?
うーん、懐かしいなぁ…

あ、写真の右下にある新聞は、昨日の毎日新聞で「毎日かあさん」の連載を終了して「卒母宣言」をした西原理恵子さんが話題になったので、その新聞です。
昨夜のNHKクローズアップ現代にも登場してましたネ。


さて、次回もお題があります。
「笑い」です。

笑い 笑う 笑えば 笑うとき 笑え 笑わない 笑える 笑えない 笑われる 笑った 笑う? 笑かす(あ、これは「笑わせる」の関西弁か)

とにかく「笑い」にまつわる本がテーマです。
もちろんテーマに関係なく紹介したい本も。
9月か10月の開催予定。
暑い時期を挟みますが、みなさま、存分にご準備を!


2017年06月25日

「ゆるゆるの会」します

ただ今、茶房の営業は休ませていただいておりますが、6月28日(水)に予定していた「ゆるゆるの会」例会は、予定通り開催いたします。
今回は定例会ですので、自分の老後や家族の介護にまつわるいろいろのおしゃべりです。
それから3月と4月に開催した学習会の振り返りもしますね。

6月28日(水)午後1時半〜

準備の都合がありますので、参加いただける方は事前にご連絡ください。


ところで、休みの日のお昼といえば…
「何かあるもんで食べる」ですが、今日は「あるもんDEパスタ」でした。

菜園のミニトマト、タマネギ、パセリ、冷凍庫にあったミンチ…で、ミートソーススパゲティ
IMG_4018


パセリは、当初「こんなにたくさん植えてどうするん?」と言ってたのですが、できてくるとこれが重宝しております。
「次は2株にしてよネ!」という前言を翻して、「次も5株は植えようね」になってます(笑)
間違っているとわかったら改めることは恥ではない…(なんちゃって


2017年06月17日

植物は休みにならないので

茶房は只今休業させていただいておりますが…

植物は休みにならないので、あんずは熟し、実家の梅の実も実り、菜園の野菜も毎日収穫時期をむかえています。

ほおっておけませんから、…というのもひとつですが、休業中につき、家にいて家事をする時間ができたのと(今は家を離れられないのでそれをするしか仕方ないとも言えますが)、冷蔵庫に空きスペースができたので、糠漬けを始めました。
IMG_3997

今までも夏にやってみたかったんですが、時間も保管場所もないので見送りでした。
今年はある意味ケガの功名ってやつですかねぇ…
それにしても、糠漬けって面白いですね。
けっこうなんでもつけられるみたいなので、いろいろ試してみます。

あんずは、今年は不作です。
IMG_4002

20〜30個くらいしか取れないと思います。
ジャムにしますが、秋から茶房でジャムトーストだすかな???

実家の裏庭にある白梅も今年は実をつけました。
果肉が少なくて食べるにはいい梅じゃないとのことなので、梅シロップをつくってみました。
梅酒だとつくるのは簡単ですが、飲む人がないから(笑)
IMG_4006

始めは密封袋で作り始めましたが、天地返しを何回もしていると漏れてきてベタベタに。
結局は、急遽、瓶を殺菌してこんなことに…
IMG_4008

漬けたのは同時ですが、左のはベターホームのレシピを参考にして酢をいれてみました。
酢を入れなかった右の方に比べて、浸出が早いです。
お味はどうかな・・・

そして、そろそろトマトも鈴なりです。
これはトマトソースをつくってみるかなぁ…
IMG_3995


2017年06月15日

「読書の交差店」27日に開催します

延期させていただいた「読書の交差点」を1週間遅れで開催いたします。

6月27日(火曜)午前10時〜12時

内容は以前お知らせしたとおりです。

本を巡る自由なおしゃべりの場ですが、今回はお題もでております。

お題=「思い出」
なにかの思い出と繋がっている本、忘れられない本、ずばり思い出の本…
本をダシにして「思い出」を語るてな感じでしょうか。

もちろん、いつものように「お題」に関係なく自由に選んだ本の紹介もあります。
どんなテーマでも自由に、すすめたい本や気になる本をご持参ください。
本をめぐる四方山話…忙しい毎日に忙殺されている方も、きっと気分転換になると思いますよ。

参加ご希望の方は事前にご連絡ください。
定員6名です。

※なお、都合により茶房はただいま営業を休ませていただいております(9月中旬まで)。


tnkn at 15:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2017年06月11日

読書の交差店開催延期のお知らせ

読書の交差店を6月20日(火)に予定しておりましたが、都合により(茶房休業にともない)延期させていただきます。
次回の開催日は、あらためてお知らせいたします。
準備していただいていたみなさん申し訳ありません。
準備期間がのびた分、次はよりたくさんの本を楽しみにしております

2017年06月07日

9月中旬まで休業のお知らせ

家族が病気入院する事態になり、その対応のため、しばらくの間、茶房の営業を休ませていただきます。
期間がどのくらいになるのかまだ不明なのですが、そのまま夏休みにつづけさせていただきます。

そういうわけで、毎度勝手を申しますが、
これより9月中旬まで茶房を休業させていただきます

営業再開時期の詳細は、9月になりましたら、ブログやホームページにてお知らせいたします。

なお、6月に予定しております「読書の交差店」と「ゆるゆるの会」定例会については別途お知らせいたします。

長い休みでご迷惑をおかけしますが、どうかご容赦ください。





2017年05月27日

家庭菜園の野菜も登場し始めました

家の外へでるたびに、ついつい畑に見入ってしまいます。
あんなに小さな苗だった菜園の野菜たちが、驚異的なスピードで大きくなるのが面白くて。
しかも、そろそろ収穫できるようになってきました。

まずは、あのズッキーニも、農天気さんのおっしゃる通りで初収穫にこぎつけました!
IMG_3981

すでに1本目は先週収穫して茶房のサラダに登場しています。
今週2本目がとれそう!
ちなみに、ズッキーニは黄色の方にしてよかった。
なにしろ葉柄が太いので、緑の方だと見分けがつきにくそう・・・

カーリーパセリとイタリアンパセリもモリモリ育ってきたので、サラダやトーストに入れています。
IMG_3982

「パセリはうちの家庭菜園でとれたものなのでぜひ食べてください」っていうと、みなさん残さずに食べてくださいます。
なかには「パセリって飾りだと思っていたけど、美味しいんですね」と言ってくださる方もあって、ホントにうれしい!

トマトはまだこんな青いので、もうちょっと。
夏休みまでには登場できるかと・・・できるかな?
IMG_3984


このきゅうりのちっさくてかわいいこと!
お約束通りの「曲がりきゅうり」です。
しかし、どのくらいまで大きくして収穫するのかが問題(笑)
IMG_3985


徳島の良いところのひとつが、産直市がたくさんあって安くて新鮮な野菜が買えることですが、家庭菜園があるって、またひと味違うんだということを発見。
今から使う野菜を、家の裏でちょんと摘んですぐに使えるのって、思った以上に幸せなもんです。
ネギや青じそも要るだけとれるからいつも新鮮で、冷蔵庫で液状化させることもないし、美味しい(ような気がする)し。
おいしく感じるのは、自分でつくったものだから「愛着」という旨み成分が添加されてるからでしょうか(笑)
野菜づくりって、はまる人が多いのがわかります。

そういうわけで、最近の茶房では、ちょっとずつ自家菜園の野菜が登場しています。

…とはいうものの、残念ながらパプリカの収穫はおそらく茶房の長い夏休み中になることでしょうネ(笑)


2017年05月24日

読書の交差店のお知らせ

前回2月に開催した「読書の交差店」 
前回は→こちら

次回は5月か6月に開催と予告しておりましたが、その日程が決まりました。

6月20日(火曜)午前10時〜12時

本を巡る自由なおしゃべりの場ですが、今回はお題もでております。

お題=「思い出」
なにかの思い出と繋がっている本、忘れられない本、ずばり思い出の本…
本をダシにして「思い出」を語るてな感じでしょうか。

もちろん、いつものように「お題」に関係なく自由に選んだ本の紹介もあります。
どんなテーマでも自由に、すすめたい本や気になる本をご持参ください。

あとひと月ありますので、じっくり選べますね。選べるかな…
本をめぐる四方山話…忙しい毎日に忙殺されている方も、きっと気分転換になると思いますよ。

参加ご希望の方は事前にご連絡ください。
定員6名です。


2017年05月19日

もったいない流

草取りをしていたら思わず折れてしまった木の枝とか、剪定をして切り落としたみずみずしい枝とか、もったいなくて捨てられません。

今週は草取りと剪定をしたので、そういう枝がたくさんできました。
で、こういうことに。
IMG_3948


このバケツに7種類くらいの樹の枝が入っています。

お花は何流か、ですって?

そ、それは…

「もったいない流」です。

いや、これはどうも「けったいな流」か・・・

2017年05月17日

佐古の名店「橋本蕎麦」が

先日、来店されたTさんNさんが教えてくれたのですが、ものすごく驚きました。
佐古の「蕎麦処橋本」さんが5月末で閉店するというのです。
思わず「うそでしょう。今日はエイプリルフールとちゃいますよ」と言ってしまったくらいのまさに青天の霹靂です。

佐古の「橋本そば」といえば、ワタクシが物心ついたころにはすでにあって、だれかお客が来た時の昼食などに出前をとってくれるのがすごいヨロコビでした。
うちでは、たいてい生(き)そばとかつ丼でした。

「佐古の子」で橋本そばを知らないのはもぐりだ!といってもいいくらいの存在、とワタクシは思っています。

京都にいた頃も、くいしんぼうのワタクシは、徳島が懐かしくなると「あー、橋本の生そばが食べたい」とよく思ったものです。
橋本の生そばって、他にはない独特の味とスタイルですよね。
なので、帰省した時によく食べに行っていました。

ちなみに、橋本蕎麦は徳島に何店もありますが、各店少しずつメニューも味も異なるようです。
みなさんごひいきがあると思いますが、ワタクシは佐古のが一番好き。

子どものころは親が出前で注文してくれるものしか食べたことがありませんでしたが、大人になってからは自分でお店へ行って食べられるようになって、メニューにオムライスがあることを知りました。
IMG_3924

これが、昔ながらのシンプルなオムライスでおいしい!

オムライスと生そば半人前、あるいはかつ丼ご飯少な目と生そば半人前というのがワタクシのお気に入りです。
IMG_3928

写真は、そのかつ丼ご飯少な目と生そば半人前です。
お腹いっぱいになってしまいますが、お蕎麦も丼も食べたいんです〜というときに。

それにしても、老舗であり、いつも繁盛していて、何故に?と思わずにはいられませんが、経営者のご一家で決められたことでしょうから、理由を尋ねても慰留しても仕方ないので、あきらめるしかありません。
残念ですが、ワタクシにできることは残された期間に可能な限りお店に食べに行って心に刻んでおくことです(くいしんぼめ 笑)

そいういうわけで、5月末までにあと何回食べられるか…
もし、ワタクシがこのことを知らないでいて閉店後に知ったら、きっと心残りで「もう一度食べたい」の思いが募るでしょうね。
情報をくださったTさんNさんに感謝です。


2017年05月16日

休日は本が読めない

茶房のお客さまはお気づきだと思いますが、営業中にワタクシはよくキッチンで読書しております。
「仕事中に本を読むなどとは、たるんどる!」と叱られそうですが、なにしろひっそりこっそり営業でいつもひまなお店ですので、そういうことをしてないと居眠りしてしまいますから(笑)

しかし、そのおかげでたくさん本が読めます。
図書館で借りては読み借りては読み・・・(しあわせの連続です)

が、実は営業が休みになると全然本が読めなくなるんです。
去年も、夏休みに突入すると同時に読書がピタッと止まってしまいました。
そうして秋の営業再開からまた読書が始まる…という。

何故かというと、営業中よりも休みの方が忙しい。
冗談みたいですが、ホントなんです。

この週末にも臨時休業をさせていただき1週間のお休みを頂戴しましたが、その間、読みかけの本が閉じられたまま。
すっごい面白い本でして、続きを読みたいのに読めないんです。

「いったい何をしとんねん?」とよく聞かれます。
答えは「いろいろ」「ごそごそ」…ほんとにすることがいっぱいあって。
そのうえ、仕事の手が遅くなって。

昼間がだめならと、布団に入って読もうとしてもいつの間にか目が閉じてしまっていて、ハッと気づいて時計みてあわててちゃんと寝るという(笑)
若いころなら、面白い本なら眠気に勝ってましたが、最近は眠気のほうが勝利してます

というわけで、営業時間内がいちばんたくさん読めるんです。
(ああ、自営業でよかった。あ、いえ、ヒマな自営業でよかったというべき)

そいういうわけで、めっちゃ面白いただ今読書中(でストップしている)の本は…
『カラスの教科書』『カラスの補習授業』(松原始著)
IMG_3938

詳しくはまた後日ご紹介したい。

ちなみに、この休み中にいろいろやってるんですが、草取りもなんとかひとわたりできそうです。
本日もやって、梅雨前に表側だけは一回できそう。
(相変わらず、どこを草取りしたのか見た目ではさっぱりわからない我が家の草取り法。下画像は草取り済み。いったい元はどんな草ぼうぼうやったんや!という)
腰や肩は痛みますが、気持ちちょっと安心。
IMG_3941

しかし、肩が、腰が、イタタタタ、こりゃあ来週も営業を休みにしようかしら…

いえいえ、うそです。やりますので、よろしくお願いします。


2017年05月12日

臨時休業のお知らせ

たいへん勝手ですが、下記日程の営業を臨時休業させていただきます。

5月13日(土)
5月14日(日)
5月15日(月)

毎度、休みが多くて申し訳ありません

2017年05月10日

花は咲けども

「アレは難しいデ!」
といわれていたので腰がひけて、でもでもぜひやってみたいマスターが試しにと1株だけ植えたズッキーニ。

今朝、りっぱな雌花が咲きました!
IMG_3911


やった!と思ったのですが…

すでにお気づきの方はあろうかと思いますが…
株を横から見るとこんな具合
IMG_3914

じつは、雌花は咲いたけど、雄花が咲いてない。
ってことは、せっかくのこのりっぱな雌花は受粉できないんです

雄花のつぼみも見えるんですけど、今咲いてくれないとダメじゃん。
この問題も2〜3株植えてあればどこかに雄花と雌花が同時に咲いてくれてうまく解決するかもしれないわけです。

腰がひけて植えたのが1株だけだったのが間違いデシタ。
せめて2株植えておけばよかった

次の雌花が咲くときに雄花も咲いていることを期待して。
さて、今年、何本収穫できるのか。

おまけの写真は、コリアンダーの花。
IMG_3916


しかし、茎も葉っぱもひょろひょろ、早々とこんな花盛りで、いいのか?


2017年05月08日

花畑ことはじめ

この状況で更に「すること」が増える話なんですが…

家庭菜園の端っこに、もうすぐワタクシ用の花畑(花壇)をつくっていいことになりました。

が、しかし、なんということでしょう。
マスターのことを「農家の長男のくせに畑をしたことがない」なんて揶揄していたら、実は、ワタクシも庭師の娘のくせにお庭などいじったことがないのでした
いざ、お花を植えようとおもったら、何からどのようにすすめたらいいのやら・・・

なにしろ今までは、何かの苗をいただいたりしたら、とりあえずすでに植わっているものの間に隙間を探してそこに植えるという方式でした。
日当たりとか水はけとか、そういう条件を考える以前の問題で、とにかく「隙間」をさがす(笑)
それと、草取り

ですから、まず場所があってそこにどう植えていくのか、というのは初めて。
悩みますね〜
文庫にも庭や植物関係の本があるのですが、図書館で借りたりWEBでも調べたり。

何を植えようかと考えていて、お花の場合は宿根草が多いので、収穫が終わったら総入れ替えする菜園とは違うんだなあという、ごくごくあたりまえのことに気づきました。
しかも日当たりがあまりよろしくない。
そのうえ、水はけもあまりよろしくない。
だんだん条件が絞れらてきますね。

ただ、それ以前の問題が。
菜園&花畑を始めるので、狭くても農作業用品の保管等スペース整備が喫緊の課題です。
こじんまりとして、使いやすい作業小屋・・・ほしいなぁ

実は引っ越しのとき、とにかくなんでも突っ込んで、以来、整理しないままで、どんどん稼働域が狭くなっている倉庫があるのです。
まさに「手前にモノがあるから奥のものが出せないし、何があるのかわからない」状態。
このあまりにも使い勝手のよくなかった倉庫を、この際、作業に使いやすく整理し直すべきだと思うのです。

前々からなんとかしなくちゃと思ってもどこから手を付けたらいいか悩んでいたのですが、目的も決まったし、先日の片づけアドバイザーさんのお話にしたがって一度全部出して整理しようと思います。
いや〜、しかし大仕事ですヨ、これ


2017年05月04日

初夏のお仕事

さわやかな季節ですが、実はこの時期って、季節ならではの家事がたくさんあるんですよね

のびはじめた雑草の草取り
季節かわりにつき、寝具や衣料の衣替え
裏山の甘夏を収穫してのマーマレードづくり…

連休前の金曜日にちょとだけ草取りをしました。
何しろ、この季節ですから、もうあっという間に草がのびています。
のびまくっています。
なので、どうしても気になるところをちょこっと…
ほんとにちょこっとだったのにあとから腰が痛いこと
しかも、雑草と間違えてニワゼキショウの株を抜いてしまいました。
花が咲いてないとわからない。
未熟者です〜

昨日と今日は好天で洗濯日和だったので、セーターなどを手洗い。
おかげさまで洗濯物もよく乾きました。
あとは、夏物といれかえての収納が…

仕事の計画を立てていたら、母が「タケノコのちらし寿司をつくるから手伝って」と。
もちろん、以前ならひとりでちゃっちゃと作っていた母ですが、助っ人が必要になりました。
予定外の仕事が半日追加されましたが、美味しいものを食べたければ手伝わないとネ

そしてこれが、いちにち仕事の
IMG_3894

煮沸してスタンバッっている瓶
IMG_3893

ゆでこぼし中の甘夏の皮

IMG_3895

恒例、甘夏マーマレードづくりです。

マーマレードづくりは、楽しみというよりは、いまではむしろ義務のような
甘夏が『早くマーマレードにしてちょうだい!』と言ってプレッシャーをかけてくれるんです。
いやいや、作り始めるとそれなりに楽しいんですが、とりかかるにはほんとうにもう重い重いお尻を「よっこいしょういち」と持ち上げないと

両親も高齢になり、このところ、実家の手伝いが少しずつ増えています。
自分の仕事も若いころと違って時間がかかるこの頃、そのうえ、畑も…
1日が24時間ない感じ、1週間が7日間ない感じ、1か月が30日間ない感じ…の今日この頃
はたして時間も体力も足りるのか?

そして、次へつづく・・・

tnkn at 00:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2017年04月28日

GWの営業日のお知らせ

ゴールデンウイークも、茶房は「土曜・日曜・月曜」の定曜日営業いたします。

今年のゴールデンウイークの営業日は以下の通りですので、よろしくお願いいたします。

4月29日(土)、30日(日)、5月1日(月)
5月6日(土)、7日(日)、8日(月)

火曜、水曜、木曜、金曜は定休日です。

このGWは天気もよさそう。
気温もちょうど良さそうですし、みなさん、どこへお出かけされるのかなぁ



2017年04月23日

ゆるゆるの会連続学習会その2

4月19日は、ゆるゆるの会、定例会連続学習会その2(3月の「片づけ」がその1デス)として、
「元気に高齢期をすごすためのよもやま話」というテーマで、理学療法士の畑伸明さんにお話をしていただきました。

「高齢期とは?」「そもそも年をとるとは?」という話から、年齢とともにみなさんが経験しているあちこちの痛みについて、「よもやま話」とは題打ってますが、身体のしくみや痛みのメカニズムがとってもよくわかるお話でした。

内容を再現は無理なので(当たり前)、お話のなかでワタクシが自分なりにわかったことを少し。

・痛みは医者や薬などに頼っての他人まかせでは治らない。まず自分が自分の身体と冷静に向き合うこと
・運動して痛みが出てもいつまでも安静はダメ(昔は、とにかく安静しか言われなかったけど)
・高齢者の運動(トレーニング)と若者やアスリートの運動は別物(高齢者はほんとに少しずつ軽くでいい)
・歳をとったら「できる」けど、「楽にできる」わけではない(やっぱりしんどいんや)
・筋肉は縮むのが仕事だから、のばしてやること、「5つ数えて伸ばして5つ数えて緩める」をくりかえす
・栄養と運動と休息はワンセット
などなどです。

今回は、みんなで12人だったのでいつものように茶房でおしゃべり会方式で開催しましたが、さすがに実際に運動してみるときはちょっと狭かったか。
写真は、呼吸法…ちがうな、これはスクワットかなを指導してもらっているところです。
IMG_3856


若いころから「誰か教えて!」と思っていたことをすっきりと教えてもらい、たいへん勉強になりました。
畑さんありがとうございました。

前回の「片づけ」といい、この「元気に高齢期を・・・」といい、とてもわかりやすくていい内容でしたので、あらためて公開で企画してもいいかも…
しかし、いつ?

それはとにかく、次回の「ゆるゆるの会」定例会は、6月28日(水)午後1時半からです。
いつものように、参加ご希望の方は、事前にご連絡ください。

おまけの写真
次々といろんな花が咲いていますが、今日はアプローチのモッコウバラと
IMG_3866

ハクサンボクが満開です。
IMG_3881

ハクサンボク、毎年みなさんから名前を尋ねられます。
これが、シンプルな名前なのになぜか覚えられないんですよね。
ワタクシも、聞いても聞いても忘れて。数年がかりでやっと覚えられました…トホホ



2017年04月19日

『ヘルプマン』

夕方、食事の用意をしながらチラチラ見ていたTVでやっていたので、本の紹介なのか四国在住漫画家の紹介なのか、どんなコーナーだったのかは不明ですが、とにかくワタクシには珍しく、TVで紹介していたので知った本です。

『ヘルプマン』は、介護がテーマのシリーズ漫画。

すでにかなりの巻次に達して出版されているようですが、今回は、『ヘルプマン 排泄編』4巻と5巻を購入しました。
その前に、WEBで市立図書館で調べるとさすがに図書館にはありましたが、漫画は予約ができないんですね。
直接図書館へ行っても貸し出されているかもしれません。なにしろTVで紹介されたところなので(笑)

それで、これはみなさんに見てもらったらよさそうだと思ったので、買っちゃいました。
文庫に置きます。
IMG_3855


『ペコロスの母に会いに行く』(文庫通信37号でご紹介しました)
と合わせてぜひとも読んでいただきたい。
DSCN0329