2016年09月19日

まだ考えてましたが、やっぱり

夏の間、ずーっと考えておりまして、9月3日のブログではいったん決めたつもりのことですが、また考えが変わっています。
(9月3日のブログより)
で、いろいろと考えていましたが、結局は、まだできそうなので当分これまで通りでやってみようということになりました。
状況が変化したり、できないことができたらその時には変えさせていただこうと。

と、9月3日には書いたのですが。

休みの間、「のど元過ぎれば熱さ忘れる」で、8月末にはうっかり「当分できそう」と思ってしまいましたが、6月頃の体調を振り返ってみたり、今の力量と家族の状況などを考えてみたら、やっぱりなにか減らさないと無理が生じそうな感じです。

開店当初に、「ゆるゆる行こう」を方針にしました。
定年後の人生、これから自分たちも親たちもますます歳をとって衰えていく一方なわけですから、加齢によってできないことがふえてくるはずで、そうなったら少しずつ仕事を減らしていこう、と考えていたのをあらためて思い出しました。

それで、いろいろ考えてみると、やはり店休日に行う準備に時間のかかるメニューを減らすことがいいのでは?と、「カレーをやめる」ことにしました。

なんだかオーバーなようですが、気持ちは「苦渋の選択」です

「食事にはやっぱりしっかりお米を食べたい」というご要望が多いので、ご飯ものなくすとお客さまに申し訳ないのですがカレーができなくてもせめて何か他の「ご飯」のメニューものはできないかなと、いろいろと検討してみました。
ですが、やはり他の「ご飯もの」をお出しするとなるとカレーをやめる意味がないみたい。

ということで、本当に申し訳ないのですが、2学期からカレーがなくなって、食事は、トースト類だけのご提供になります。
ご容赦ください。
ゆとりができたら、また何かするかもしれません。

なお、2学期の営業は、9月24日(土)から再開する予定です。
(お恥ずかしいことに3カ月も休んでしまいました〜

延長した休みの間には、ごそごそとあちこち触りました。

文庫入り口横にある垣と枝折戸が朽ちてきたので新しくしてもらいました。
(文庫内の小窓から外を見ると)
IMG_3250


ご飯ものをなくしてトースト類だけにするのですから、念のためトースターを2台にしました。
IMG_3252

それにともなってキッチンもミニ模様替え。
メニューブックも更新。
IMG_3264


文庫の本棚には、毎日の掃除では行き届かない奥のほうに長年の間には埃がつもっていましたが、マスターが何日もかけて奥まで掃除。
それから、くだんの「暮しの手帖」を文庫に収めました。(「和楽」の一部がその分、裏へ引っ込みました)
IMG_3247


談話室の古い百科事典を小さい本棚に収めました。
こんな感じでしたが
IMG_3255

こんな景色になって、足元が広くなりました。
IMG_3257

母のアトリエで横向きに置かれていた古くて安物の本棚なので、目隠し傷隠しにと掛けてみたのは…
姉の帯から南三陸町の三浦さんが作ってくれたクロス。
猫の置物も座って、なんか前よりいい感じになりました。ような気が…
IMG_3261


あとは、いつもの通りの万年山文庫のつもりです。
相変わらずこんなんですが、新学期からもどうかよろしくお願いいたします。


tnkn at 00:01│Comments(4)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by タカシ   2016年09月19日 19:26
開店していただくだけで十分です、私は。
台風明け、すっかり秋の空気になっているであろう茶房で本を読める日を楽しみに。
無理をせずにゆるゆると…。
2. Posted by 文庫あるじ   2016年09月19日 19:50
タカシさま
ほんとにいつもありがとうございます。
ようやく、再開いたします。

16号が大過なく去って、「台風一過の秋空」を満喫できるといいですね
3. Posted by とんとん   2016年09月20日 14:04
早速役に立ててもらえてよかったです。ありがとう
4. Posted by 文庫あるじ   2016年09月20日 20:34
とんとんさま
貴重な「辻が花」、ありがとうございました。
やっぱりいいです〜

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔