2008年09月

今年のマカオGPは11月13〜16日に開催!

2008年09月30日

こんばんにゃ。
今日は、ちょっと時間があって、インターネットでマカオGPについて調べてみたら、ある方のHPで、マカオGP観戦はツアーが手っ取り早いと書いてありました。
そう言われてみれば、チケットってどうやって入手したらいいかもわからないし、ホテルだって、こんな時期に取ろうとしたって、絶対いっぱいで取れないはず!
そう思って、調べるだけでも調べてみようと思い、旅行会社のHPで調べてみました。
なかには、すでにツアーに申し込まれている方もいるでしょうけど。

そしたら、けっこうするんですね
あのH.I.SでもマカオGP観戦ツアーが企画されてましたが、ホテルの違いで料金が違うのですが、シントラホテル指定で158000円、リスボアホテル指定で188000円ということでした。
このツアーの場合は、燃料サーチャージ料込でリスボア観戦チケット付きだそうです
そして、ツアー内容は4泊5日で、うち3日間はGP観戦です。

そして、パシフィックトラベラーズエージェンシーという会社では、モデルプランで、こちらもホテルの違いで、ゴールデンドラゴンで126000円、メトロパーク135000円です。
ただし、こちらは燃料サーチャージ料は含まれず、さらには、観戦チケットも含まれてません
そのかわり、観戦場所を選ぶことができるので、ちょっとお得感もあるかな???
ちなみに、リスボアコーナースタンド(指定席)が34000円、ピット前グランドスタンド(指定席)が26000円になってました。
それに、こちらのツアーは3泊4日で、土日の2日間の観戦になるみたいですね。

うぅ〜ん、行ってみたいけど、お金と時間がぁ・・・
ちょうど、11月のあたまに中国に旅行に行ってしまうので、絶対、金欠病になってるはず
でも、今回、初めての海外ということで、パスポートを取得しているので、いつでも行けるっていえばいけるかぁ〜

考えてみようかなぁ・・・。
ただ、仕事をこんなに休んでも大丈夫かどうかだな・・・

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ モータースポーツへ











to0325 at 21:00|Permalinkコメント(0)トラックバック(0)

私としたことが〜&もぉ、今週末はモータースポーツジャパンかぁ〜

2008年09月29日

昨日のF1は、毎回毎回のことながらこの言葉が出てしまいますが、凄かったです(笑)
でも、実は、途中まで見ていて寝ちゃってました
私としたことが〜
スカパーで再放送を見ないと
でも、SCが入って、大混乱のピットと、マッサのやってしまったぁ〜、を見ましたよ(笑)
わかる方には、わかりますよね!?
何を言いたいかは。

結果だけを見ると、どういう状況で、そうなったのかなぁ〜と想像がつかないので、きちんとレースを見てからにしたいと思います!

さて、もぉ、こんな時期になるんですね。
毎年恒例となりつつあるモータースポーツジャパン。
10月4・5日にお台場の特設会場で大々的に行われてます。
今年で3回目を迎えますが、年々、来場者数も増えていて、さらにブースも増えてきている気がします。
去年・一昨年と初回から、行ってましたが、3年目にして行けそうにないのが、くやしぃー
GTマシン、FNマシン、F1マシンのみならず、さまざまなカテゴリーのマシンが一堂に集まり、モータスポーツファンだけでなく、車好き、そうでない方たちも、絶対に楽しめます!
なぜなら、マシンの展示だけではなく、走行などのさまざまなイベントが用意されてますから。
それに、入場は無料ですから、なお、ありがたいですね〜

みなさんは、もちろん行かれますよね〜。
いいなぁ〜。
行った方は、感想等をきかせてくださいね

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ モータースポーツへ







to0325 at 21:40|Permalinkコメント(0)トラックバック(0)

いや〜、初めてみましたけど、ハマりそう・・・(笑)4

2008年09月28日

こんばんにゃ。
いや〜、凄かったっす。
ヤバいですね〜。
ハマりそうですよ(笑)

今回は地上波を録画して、ゆっくり見たんですけど、本当によかったです。
まずは、結果を。

決勝結果
1位:V.ロッシ
2位:C.ストーナー
3位:D.ペドロサ
4位:J.ロレンゾ
5位:N.ヘイデン
6位:L.カピロッシ
7位:C.エドワーズ
8位:中野真矢
9位:A.ドビツィオーソ
10位:J.ホプキンス
11位:J.トスランド
12位:R.ド・プニエ
13位:M.メランドリ
14位:S.ギュントーリ
15位:A.ウェスト
16位:T.エリアス
17位:A.デ・アンジェリス

リタイア:C.バーミューレン
     秋吉耕佑

ロッシは、これでシリーズチャンピオンをGET
3年越しのシリーズチャンピオン奪還ということで。
かなりの盛り上がりを見せてましたね。

レース展開としては、それほど大きな混乱もなく、4位スタートのロッシは落ち着いて1台、1台とパスしていって、14周目に、ついにトップへ。
残りを10周残してトップへと躍り出ましたが、そこからもジリジリと2位以下を引き離して、パーフェクト的なレース展開だったのではないでしょうか。

MotoGPは24周のレースなので、思ったより早く終わってしまって、もっと見てたいよ〜、って、思っちゃいました

そして、あのコーナリングスタイルってのは、凄いですね〜。
あの角度ってどうなってるのぉ〜
ヤバいです。

もしかすると、来年は、MotoGPの話題もふんだんに盛り込んできちゃうかもしれません

今日のもう一つのレース。
F1のシンガポールGPが、フジテレビ721で始まりました〜。
TV観戦しなければならないので、これにて失礼しま〜す

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ モータースポーツへ







to0325 at 20:59|Permalinkコメント(0)トラックバック(0)

初のナイトレース&市街地コースの、シンガポールGP予選終了〜、じっくり見ちゃった。。。4

珍しもの見たさで、今回はF1見てますよ〜(笑)
土曜のフリー走行もみて、先ほど予選を見終わりました。

シンガポールってきれいな国ですね。
夜景が映ってましたけど、最高です。
環境がいいんでしょうかね???

さて、そんなことはさて置いて、まずは、予選暫定結果をお知らせしちゃいます。
予選暫定結果
1位:F.マッサ
2位:L.ハミルトン
3位:K.ライコネン
4位:R.クビサ
5位:H.コバライネン
6位:N.ハイドフェルド
7位:S.ベッテル
8位:T.グロッグ
9位:N.ロズベルグ
10位:K.中嶋
11位:J.トゥルーリ
12位:J.バトン
13位:M.ウェバー
14位:D.クルサード
15位:F.アロンソ
16位:N.ピケJr.
17位:S.ボーデ
18位:R.バリチェロ
19位:A.スーティル
20位:J.フィジケラ

なんだか、金曜日に調子が良かったアロンソは、マシンにトラブルを抱えていたようで、Q2に進出したものの、1周走っただけで、マシンを降りてしまいました・・・。

マッサとハミルトンの差は、0.6秒。
これって、結構大きくありません???
作戦の違いなのかどうかわかりませんが、今日の決勝で、どう戦ってくるか楽しみです。
どのレースでも、終わってみるまで分かりませんが、何が起こるか分からないのがレースのおもしろみの一つ。
ただ、事故のないように祈るのみです。
土曜のフリー走行で、フィジケラ選手がシケインのところで、カマボコのところに、さらにボコボコっと出っ張っていた突起にマシンを乗りあげて、クラッシュしてました。
解説の小倉茂徳さんが、↑のボコボコのことを『ハムみたいな・・・』って表現してましたけど、その通りです。
見た目を表現するとしたら、ボンレスハムって感じです(笑)

たぶん、F1ファンの方たちは、すぐに見て分かったと思いますが。

そして、MotoGPも予選が終了して、明日がいよいよ決勝です!
このブログに遊びに来てくれてぼよさんの情報によりますと、やはり90°コーナーが見ものだとか。
やっぱり、4輪・2輪かかわらず、もてぎのポイントは90°コーナーですね。
ライン取りやスピードなど、FNやGTマシンのことを思い出しながら、比較してみるとおもしろそう

ぼよさん、MotoGPに無知な私に、ためになる情報をありがとうございました〜

明日は、昼間はMotoGP、夜はF1。
丸一日モータースポーツ三昧
みなさんも、出かけないのであれば、ぜひTV観戦お勧めします。

あ!
ただ、IMPULファンは、カレスト幕張に行かれると思いますが・・・。
たしか、あした14時から、星野監督と松田選手のトークショーが開かれるはずですから(笑)
IMPULファン、松田選手ファン、星野監督ファンは見逃せないイベントですもんね。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ モータースポーツへ








to0325 at 01:04|Permalinkコメント(0)トラックバック(0)

ほどんど知らない私が、今回のシンガポール戦&MotoGP、注目です!4

2008年09月26日

こんにちは。
今週は、世界選手権のレースが日本、そして、マレーシアで行われますね。
まず、シンガポールで行われるのはF1。
シンガポールは今回、初めてF1のスケジュールに組み込まれたのかな???
すみません
なんせ、F1に関してド素人なもんで。。。

なんか、今回のF1は史上初のナイトレースになるんだとか。
昨日のSPORTで言ってました(笑)
新しいことに挑戦していくことは大切ですが、選手たちやチーム関係者などのインタビューとか見ると、賛否両論。
いわゆる、FNの2レース制について、みたいなもんですね。

地上波での決勝の放送はフジテレビでPM10:00〜11:50。
CSでは、フジテレビ721でLive中継でPM8:50〜AM0:00放送。

そして、もう一つは、この日本、あのツインリンクもてぎでMotoGP開催されるそうです。
いつも行っている、あのツインリンクもてぎで世界選手権のレースが見れるなんて
見ようと思えば、見に行けちゃうってとこが、なんだかちょっと優越感
バイクのレースって、一回も見たことない
今回は、初めて見てみようかな・・・。
地上波では日テレでPM2:00〜3:00。
CSでは、日テレG+でLive中継でAM10:45〜3:30放送。

どちらのレースにしろ、いったい、どんな争いになるのか!?
ただ、大きな事故とかないように願うのみです。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ モータースポーツへ






to0325 at 16:38|Permalinkコメント(4)トラックバック(0)

FNドライバーズテスト4

2008年09月25日

FNの熱気様ないSUGOで、22日にドライバーズテストが行われたみたいですね。
前回の時に参加ドライバーはお知らせしましたが、主要なF3のドライバーたちが名を連ねてました〜。

セッションは3回に分けて行われたようで、各回ごとに、路面コンディションが変わるという、おもしろいテストになったみたいです。

セッション1(天気:雨 路面:ウエット)
セッション2(天気:曇 路面:セミウエット)
セッション3(天気:晴 路面:ドライ)

タイム順位
1位:カルロ・ヴァン・ダム選手 1'08.594
2位:中嶋大祐選手 1'08.819
3位:安田裕信選手 1'08.962
4位:国本京佑選手 1'10.475
5位:ケイ・コッツォリーノ選手 1'11.707
6位:中山友貴選手 1'12.276
7位:井口卓人選手 1'15.828
8位:山本尚貴選手 1'24.198

上位4台は、セッション3でたたき出されたタイム。
そして、5位以下の4台はセッション2でだされたタイム。
やっぱり、路面コンディションによっても、タイムが違ってくるんですね〜。
だけど、やっぱりF3で鍛えられてきた選手たちですね。
このようにしり込みせず、なかなかのタイムをたたき出しているわけですから。

FNの公式ホームページに、今回のテストの模様と、テストに参加したそれぞれのドライバーの感想等が掲載されてますので、ぜひ見てくださいね。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ モータースポーツへ








to0325 at 12:07|Permalinkコメント(0)トラックバック(0)

SuperGT第7戦 もてぎ観戦記-part4-5

2008年09月24日

FN最終戦をはさんでのもてぎ観戦記になってしまいましたが、この観戦記も今回で終了〜。
GT300クラスのレースも忘れられない☆
だって、歴史に残るレースですからね。

スタート前からちょっとした波乱。
GT500のRAYBRIGと同じようにハンコックポルシェがグリッド上にストップしてる!
なんとか押しがけで動き始めましたが、最後尾スタートに。

ユンケルがかなり好スタート
周回を重ねるごとにユンケルがどんどん2位の紫電との差を開けていきますね〜。

うわぁ〜
松田秀士選手の88号車のガイヤルドのリアが破損してる〜
そして、オレンジボール出ちゃった

そして、最後尾スタートのハンコック、なんだぁ〜!!!
この速さはー。
数周でもう10台近く抜いてる!?
その1台後方にもウェッズがいる!?

今回の3番手スタートのクスコは、なかなか大変そう・・・。
1コーナー見てても重いし、やっとコーナーを曲がってる感じ・・・。
4番手のBOXTERと争ってますね。
抜きつ抜かれつ。

上位2台は抜け出て、もてぎの場合はこのまま行っちゃうってことが多いので、そういうこともありえるかな???
ただ、GTの場合はピットでの静止時間等が各マシンで違うので、やっぱり、ピットで順位変動が見られるかも
上位2台ともに、給油時間が長いはずなので、まだまだわからないっす


J SPORTSで再度レースを見直していたら、高橋次郎さんの情報の中で、ハンコックはタイヤをミディアムで使用したかったようですが、なんだか不具合が生じたかで、なくなくハードを使用したとか。
もしもミディアムをはいていたら、さらに速かったとのことなので、どうなっていたか

ハンコックvsガライヤはお話にならないくらい、簡単にS字でスルッと抜いて、そのあとにウェッズが続くといった流れ
ウェッズもハンコックに引き離されることなく、ついていってますね。

ムルシェRG-1は性能調整を上けて、クスコを抜いていきました。
やっぱり、この天気の、Wtを積んでのレースは、クスコにとってはなかなかきついところなのでしょう。
ムルシェRG-1が上位にいるのなって、いつ以来???
懐かしい感じというか、新鮮な感じというか。

4コーナーから5コーナーにかけてで、ハンコックとウェッズともに、グリーンテックIS350をパス。
引き離されませんね。
これで、ハンコックとウェッズの間には、GT300のマシンがいないため、ハンコックとウェッズの一騎打ち
ただ、なかなかハンコック抜けないんですよ。
毎周毎周ストレートで注目してたんですけど、ウェッズはハンコックの前に出ていることはなく、抜けそうで抜けない・・・

おぉ、ユンケルと紫電の差が、1秒台へ。
なんだか、ユンケル谷口選手のタイムが、ぐぅ〜んとダウン
一体何が起こったんだろう???
もぉ、数周でユンケルの背後にびたぁ〜、っとついていってる。
コーナーで追いつくのですが、さすがにポルシェのストレートスピードには追い付けない。
この状況の中、ユンケルのピットが動きました。
いつ入ってもいいように準備は整っているようで。
そして、ユンケルピットイン。
約38秒でピットアウト。
どのあたりで他の上位陣が動くか

ついに、ついに、ウェッズが数周のバトルを制してハンコックをとらえて、ハンコックの前へ
この時点で4位。
ピットに入ったマシンと、入ってないマシンが混在しているので、はっきりといった順位ではないですが。

まずは、5番手の位置にいたハンコックが先にピットイン。
ピットアウトまでに約44秒。
どの位置に入るか。
先に入ったガライヤよりも、後ろでピットアウト。

3番手に上がっているウェッズは、3位をいくフェラーリを射程圏内に捕え、プッシュプッシュ
そして、ピットの準備も万端。
入りましたよ〜。
ものすごいいい仕事をした織戸選手から、阿倍選手へ。
34秒台でピットアウト。
ガライヤやハンコックよりも前でピットアウトしてますね。
あとは、上位の1位紫電と2位フェラーリがピットに入れば、順位がまずはっきりするでしょう。

先に2番手のフェラーリがピットイン。
紫電の場合は、2/3をがっちり加藤選手が引っ張ると思うので、もう少ししないとはいらないなぁ。
フェラーリはウェッズの後ろにピットアウト。

ウェッズが異常に速い!!!
前のユンケルを、猛追。
本当にこのままユンケルに追い付いちゃうのかな???

最後に、暫定トップの紫電がピットイン。
いったいどこに戻るのか!?
どうなる?
どうなる?
34秒でピットアウト。
ユンケルは最終コーナー立ち上がってきたあたり。
いったい、この1周でどのようなドラマが繰り広げられるのか!?

ユンケルばっかり見ていると、ムルシェRG-1が速い。
90°コーナーでなんと、ユンケルをパス!
その争いに乗じて、ウェッズがすぐそこまで来てるぅ〜
ユンケルが思ったより、スピードがのらない感じ。
ウェッズの阿倍選手は攻めてますね。
最終コーナーでリアを振り乱してユンケルの背後について、1コーナーでついにパス

5コーナーで、今度は2番手のムルシェRG-1をパス
GT500のマシンをうまく使ったって感じです(笑)
残り周回数もまだ10数周。
これなら、トップに行くんじゃないか!?

だって、毎周、毎周、間隔を縮めていっててあれよあれよという間に、えっ、ここまで来たの?
って、びっくりさせられるくらい速さが光る
そして、来ました!
裏ストレートで、紫電を軽くパス。
阿倍選手、いい仕事しましたよ
部分的にちょっとしたミスがあって、ヒヤヒヤさせられてしまいましたが

やっと、チェッカー。
見事、24台抜き。
凄い、の一言。

決勝結果
1位:ウェッズスポーツIS350
2位:プリヴェKENZOアセット・紫電
3位:triple a ムルシェRG-1
4位:ユンケルパワータイサンポルシェ
5位:KUMHO BOXSTER-GT
6位:HANKOOK PORSCHE
7位:MOLAレオパレスZ
8位:GREEN TEC KUMHO IS350
9位:ARTA Garaiya
10位:プロμ マッハ号 320R
11位:ダイシン ADVAN Z
12位:WILLCOM ADVAN VEMAC 408R
13位:ORC雨宮SGC-7
14位:クスコDUNLOPスバルインプレッサ
15位:EBBRO UEMATSU 320R
16位:ライトニング マックィーン apr MR-S
17位:DOUBLEHEAD avex apr MR-S
18位:石松・FUNKY'S・HANKOOK GT3
19位:ARKTECH BOXSTER-GT
20位:楽天 BOMEX 320R
21位:外車の外国屋&LMPポルシェ
22位:4CARAT SON GT3
23位:アクティオガイヤルドRG-3
24位:JIMCENTER ADVAN F430
リタイア:triple a ガイヤルドRG-3

IS350のマシンは、前評判がよかったのですが、なかなか結果が出せてなかった分、完璧なレース運びができたのではないでしょうか。
しかし、凄過ぎますよね。
歴史的1日。
ごちそうさまでした。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ モータースポーツへ










to0325 at 20:00|Permalinkコメント(0)トラックバック(0)

昨日のSUGOは凄かった!!!(笑)4

2008年09月22日

今日もあいにくの雨。
でも、昨日のSUGOの方がもっと降ってたのかな???

夜勤だったんで、決勝レースは見れなかったんですけど、もちろん録画しまして、観戦ですよ!
でも、その前に携帯サイトのモータースポーツチャンネルでレース速報見まして、嬉しさ80%とがっかり20%といった気持ちになりました・・・
私としては、小暮選手が優勝していて、チームタイトルはPIAAがGET〜
っていう筋書きを思い描いていたんですけど
でも、結果としては表彰台ですし、やっぱり松田選手は強かった!
いいレースをしてたんじゃないかと。
そういうことで、気持ちはすっきり〜

スタート前、傘がさらに開き始めてるのが画面上、見えました。
グリーンフラッグが振られて、スタート。
おぉ
ポールの本山選手、好発進
そして、4番手の小暮選手が好発進し、1コーナーで前を行く松田選手をパスし、2位へ浮上
3番手スタートの土屋選手は出遅れ、スピン。
すかさず、ロイック選手&伊沢選手がそれをパスして上位へアップ
なんと、横溝選手と平中選手が絡んでコース上にストップ
SC(セーフティーカー)導入〜
順位を確認してみると、1位:本山選手、2位:小暮選手、3位:松田選手、4位:デュバル選手、5位:伊沢選手、6位:トレルイエ選手。
おぉ、ここでもビックリ
トレルイエ選手が6番手に上がってる〜。
せっかく好発進した選手たちにとっては、SCは厳しいかなぁ・・・

今回はタイヤ選択も重要みたいで、ロッテラー選手はスリックタイヤだったみたいですね。
路面は、画面で見ても雨水がとどまっている感じ。
このタイヤ選択が、レース終了時点で、どのようにかかわってくるのか!?

SCランが4周し、SCはピットへ。
レース再開。
上位陣はそのままの順位でレースを進めていきますが、5番手の伊沢選手を6番手のトレルイエ選手がオーバーテイク。
復調の兆しバリバリですね。
だた、これが最終戦だったから、もったいない〜。
3戦目くらいだったらよかったのに(笑)

そして、今回もまたまた見せてくれました!
松田選手vs小暮選手の一騎打ち
どちらもフェアーに戦ってくれるから、見ていて爽快なんですよ。
どちらのファンにとっても
なんども手に力が入っちゃいましたよ。
どちらも、がんばれ〜って(笑)
結局、11周目で松田選手が小暮選手をパスして2位へ浮上。
観客のみなさん&私としては、拍手を送らないわけにはいかないでしょ

そして、その周の最終コーナーで、なんと、本山選手のマシンがスローダウン
スロー走行を続けたのもの、2番手以降のマシンたちに次々にオーバーテイクされ、結局、1周スロー走行して、ピットへ入り、リタイアへ。

その後は、上位陣の順位は変わらず。
ただ、後方では、平手選手や伊沢選手、石浦選手がバトってましたね。
ルーキー勢もいいレース見せてくれて

ついに、62Lが終了し、チェッカー。
松田選手が逃げ切り、今季5度目の優勝〜
シリーズチャンピオンの強さを見せつけられました

決勝結果(天気:雨 路面:ウェット)
1位:松田次生選手
2位:小暮卓史選手
3位:L.デュバル選手
4位:B.トレルイエ選手
5位:平手晃平選手
6位:J.P.デ・オリベイラ選手
7位:R.クインタレッリ選手
8位:伊沢拓也選手
9位:石浦宏明選手
10位:R.ストレイト選手
11位:金石年弘選手
12位:A.ロッテラー選手
13位:松浦孝亮選手
14位:土屋武士選手
15位:立川祐路選手
16位:荒聖治選手
17位:井出有治選手
リタイア:本山哲選手
     横溝直輝選手
     平中克幸選手

この順位表を見てわかる通り、シリーズチャンピオンは松田選手と既に決まっていますが、ルーキー・オブ・ザ・イヤーは平手選手。
チームタイトルはLAWSON IMPULということになりました。

これで、まず今シーズンのFNレースが終了
もっと見たいよ〜。
そして、どこかでF3放送して〜。
シーズンオフにまとめて、なんてよくないですか???

あ!
そうそう。確か今日は、SUGOで引き続きドライバーズオーディションが行われたはずですよね。

参加選手
安田裕信選手
中嶋大祐選手
中山友貴選手
山本尚貴選手
カルロ・ヴァン・ダム選手
ケイ・コッツォリーノ選手
国本京佑選手
井口卓人選手

この中から、来年のFNに参戦してくる選手が出てくればいいなぁ〜。
もしくは、FNと限らず、世界に飛び出していってほしいですなぁ〜。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ モータースポーツへ








to0325 at 19:49|Permalinkコメント(0)トラックバック(0)

今日のSUGOは雨!?4

2008年09月21日

うわぁ〜、雨みたいですね・・・
朝のフリー走行の結果を見ましたが、天気は雨。
路面もうウェットコンディション

雨だと話が変わってきますね。
雨といったら、やっぱり外国人ドライバーじゃないですか

フリー走行結果
1位:L.デュバル選手
2位:横溝直輝選手
3位:A.ロッテラー選手
4位:石浦宏明選手
5位:平手晃平選手
6位:松田次生選手
7位:B.トレルイエ選手
8位:R.ストレイト選手
9位:立川祐路選手
10位:本山哲選手
11位:小暮卓史選手
12位:R.クインタレッリ選手
13位:J.P.デ・オリベイラ選手
14位:井出有治選手
15位:金石年弘選手
16位:荒聖治選手
17位:土屋武士選手
18位:平中克幸選手
19位:伊沢拓也選手
20位:松浦孝亮選手

いったい午後の天気はどうなるんでしょうか???
そして、現行マシンの最後の戦いで、いったい誰が優勝するのでしょうか???
さらには、F3最終戦の勝者はいったい誰なのか???

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ モータースポーツへ








to0325 at 12:57|Permalinkコメント(0)トラックバック(0)

FN最終戦 SUGO予選 観戦記5

こんばんはー。
行ってきましたよ〜。
SUGO!
車でカッ飛んできました(笑)
今日はこの予選の観戦記を、一気にお送りしちゃいます

台風が通り過ぎて、天気は曇り
関東はこの天気でも、宮城はどうだか???
と、一抹の不安を抱えながら、出発
高速道路は快調〜
10時前にはSUGOに到着。
富士に行った時より、楽でした

今回は、ちょっと奮発して、前売り駐車チケットを購入していたので、まずその引き換えを行ってから、第2ゲートから入り、マルチコースに駐車。
FN 2008 最終戦 SUGO 予選 170

FN 2008 最終戦 SUGO 予選 169
まさしく、コース内へ駐車。
でも、レーシングコースまでは、やや近いかな。
たまたま、途中まで歩いていって、車の中にデジカメを忘れたことに気づき戻って、しっかりバックに入れました。
(もてぎの二の前は、もうごめんです・・・)
再度、歩いていこうとしたら、シャトルバスがあったので、今回も即、乗車(笑)
メインスタンドまで乗って、まずはピットウォーク券とプログラムを購入。
様々なチームのブースが出ていて、私は一目散にPIAAのブースへ。
今回の観戦以外の目的は、PIAAのガチャガチャをやるってこと
あるだけの小銭を使って、やってきました。

それから徒歩で、グランドスタンドへ。
歩いてたら、FCJの予選が始まってて、まず1枚パチリ。
FN 2008 最終戦 SUGO 予選 082

さらに↑ここからさらに1コーナーよりに席を確保して、写真撮影再開
FN 2008 最終戦 SUGO 予選 084

いいねぇ〜。
ワクワクしながら見てたら、何と赤旗が振られた〜。
FN 2008 最終戦 SUGO 予選 087

FN 2008 最終戦 SUGO 予選 086

そのまま、マシンたちはピットへ戻り、一時中断。
FN 2008 最終戦 SUGO 予選 088

FN 2008 最終戦 SUGO 予選 092

それから少しして再開され、無事に予選終了〜。

少しの時間をおいて、FNのフリー走行開始。
FN 2008 最終戦 SUGO 予選 097

トレルイエ選手はかなり力が入っていたようで、2番手タイムを抱いた直後に1コーナーでオーバーラン。
FN 2008 最終戦 SUGO 予選 098
でも、すぐさま、コースに復帰。
FN 2008 最終戦 SUGO 予選 099

FN 2008 最終戦 SUGO 予選 101

FN 2008 最終戦 SUGO 予選 106

FN 2008 最終戦 SUGO 予選 108

私の見た限りでは、ARTAのどちらかはわかりませんが、いい走りをしてました。
それに、いつも通りにPIAAの2人は安定してたし、松田選手も狙っているような攻めた走りをしてたように見えました

FNのフリー走行が終了すると、間髪入れずに、F3の予選がスタート。
FN 2008 最終戦 SUGO 予選 110

FN 2008 最終戦 SUGO 予選 114

FN 2008 最終戦 SUGO 予選 115

なんと、ピットロードにナショナルクラスの、松下選手のマシンがストップしてしまい、どうするのかな〜、ってみてらた、どうにもならないみたいで。
FN 2008 最終戦 SUGO 予選 117

このあと、今回2度目の赤旗中断。
FN 2008 最終戦 SUGO 予選 118

マシンが、FCJの時と同じように次々とピットレーンへ。
その後、再開され、最後まで見たかったのですが、ピットウォークの集合時間になってしまったので、終了まで見ることができずに集合場所へ。

そして、ピットウォーク開始〜
ゆっくり見れるくらいの人数で、ちょうどいい感じ
マシンも撮りやすい
FN 2008 最終戦 SUGO 予選 122

入ってすぐが、IMPULのピット。
松田選手のマシンの前には、村田エンジニアが立ってました〜。
FN 2008 最終戦 SUGO 予選 121


F3のマシンとFNのマシンがごっちゃ混ぜですが、みなさんはわかりますか???
FN 2008 最終戦 SUGO 予選 124

FN 2008 最終戦 SUGO 予選 125

FN 2008 最終戦 SUGO 予選 126

FN 2008 最終戦 SUGO 予選 130

FN 2008 最終戦 SUGO 予選 131

FN 2008 最終戦 SUGO 予選 132

FN 2008 最終戦 SUGO 予選 133

FN 2008 最終戦 SUGO 予選 134

↓見てくださいよ(笑)
FN 2008 最終戦 SUGO 予選 136
ロッテラー選手って、本当にお茶目
ぐるぐる回ってました(笑)

『そろそろピットウォーク終了です』という放送と同時くらいに、すでにピットウォークを終えて、グランドスタンドへ。
今回もまた大満足
自分の席に戻ってから、FCJの決勝まで時間があったため、ピットウォークでもらったグッズを整理したり、プログラムを読んだりして、暇つぶし。
といっても、そんなに長時間ではなかったので、あっという間に時間がたってしまいましたけど

FCJ決勝。
すでに、シリーズチャンピオンは国本選手が獲得したのですが、やっぱりレースですから、1戦でも多く勝たなければ、レーサーではないです
FN 2008 最終戦 SUGO 予選 140

スターティンググリッドにマシンが整列。
FN 2008 最終戦 SUGO 予選 141

そして、いよいよスタート!
FN 2008 最終戦 SUGO 予選 144

ポールの国本選手は、スタート早々に、徐々に後方を引き離しにかかるんですけど、さすがに2位の小林選手もガンガン攻める!
でも、なかなかその差は縮まらない
3番手争いも、蒲生選手と佐々木選手の激しい争い。
ラスト3周で佐々木選手がしかけたのですが、オーバーテイクはできず、逆に5番手と6番手の金井選手と佐藤選手が追い付いてきて、4番手争いが激化
さらに、後方でも激しい争いが勃発してて、見るとこが多すぎちゃって、こまっちゃう
国本選手は、最初から最後まで危なげない走りで1位をキープ。
そのままチェッカー

FCJの決勝が終われば、FNの予選です
Q1は松田選手と小暮選手とデュバル選手の争いといっていいでしょう。
小暮選手が1番手のタイムを出したら、すかさず松田選手がぬりかえる。
それに、デュバル選手が1番手のタイムをだしたら、すかさず松田選手がぬりかえる。
この争い、凄すぎ。
FN 2008 最終戦 SUGO 予選 151

FN 2008 最終戦 SUGO 予選 147

本山選手も気迫の走りで、残り数分で1分07秒台にのっけてきて、Q2進出。
そんなこんなでQ1終了。
16位:松浦孝亮選手
17位:平中克幸選手
18位:荒聖治選手
19位:立川祐路選手
20位:井出有治選手

10分のインターバルをおいてQ2スタート。
ここで、松田選手がやってくれました!
なんと1分06秒91をたたき出したんです
1分06秒台は松田選手だけですから。
あっという間にQ2終了。
9位:B.トレルイエ選手
10位:R.ストレイト選手
11位:平手 晃平選手
12位:A.ロッテラー選手
13位:J.P.デ・オリベイラ選手
14位:金石年弘選手
15位:石浦宏明選手

いよいよQ3です。
松田選手を抜くことができる選手がでてくるのかをどきどきして待ち望んでたんですが、なんと、セッションを始めて数周のところで本山選手がコースアウト!
おっと!
今日、3度目の赤旗中断
そして、なんと、なんとそのままQ3終了
この判断にはさすがに観客席からも『エェー!!!!!!!!!!』という声がでましたよ。
わかります。
だって、私としては、やっぱり松田選手と小暮選手とデュバル選手のポール争いがみたかったですから・・・
1位:本山哲選手
2位:松田次生選手
3位:土屋武士選手
4位:小暮卓史選手
5位:L.デュバル選手
6位:伊沢拓也選手
7位:R.クインタレッリ選手
8位:横溝直輝選手
最終戦にして、ちょっと後味の悪い予選になってしまった気がします。
それに、松田選手にとって&松田選手のファンにとっては、連続ポール記録が途絶えてしまったわけで・・・。

気持ち切り替えてF3の決勝へ。
実は、今年に入って、本当にF3にはまりだしてしまいまして
特に、私のお気に入りはケイ・コッツォリーノ選手
みなさんも応援してくださいね
そんなことはさておきまして、本題へ。

まず、スターティンググリッド。
FN 2008 最終戦 SUGO 予選 161

FN 2008 最終戦 SUGO 予選 162

FN 2008 最終戦 SUGO 予選 163

FN 2008 最終戦 SUGO 予選 164

あ!
そうそう。
みなさんに質問です。
私の些細な疑問なんですけど、F3のスターティンググリッド紹介で流れている、あのオペラ調の曲の題名って知ってる方います???
あれ聞くとレースが始まるんだ〜、って鳥肌が立つんです(笑)

マシンがフォーメーションラップを終えてグリッドへ。
FN 2008 最終戦 SUGO 予選 166

レース開始!
FN 2008 最終戦 SUGO 予選 167

上位3台のTOM'S勢はスタートバッチリ
ところが、私の応援しているケイ選手がスタートミス
順位を2つ落としてしまいました・・・。
周回を重ねるたびに、上位3台が徐々に抜け出て、4番手に安田選手。
少し間隔をあけて山本選手とケイ選手が5番手争い。
結局、このままケイ選手は山本選手を抜くことなく、上位4台もそのままの順位のままチェッカー。
一方、ナショナルクラスでは、シリーズチャンピオンをこの前獲得した山内選手が独走状態。
かなりの間隔をあけて松下選手とザヒール・アリ選手が2位争いを繰り広げ、1コーナーでかなり差を詰めるのですが、結局抜けず、こちらもそのままの順位でチェッカー。
このSUGO土曜日の決勝では、全日本選手権クラスとナショナルクラスともに、シリーズチャンピオンを獲得した選手が優勝を獲得し、強さを見せつけてくれました!

内容盛りだくさんで、本当に充実した1日を過ごせましたよ。
明日の、決勝は一体、だれが優勝するのか?
そして、チームタイトルはどこのチームが獲得するのか。
楽しみが盛りだくさんです。

最後に、09年モデルのマシンが、ピットガレージにあったので撮ってきました。
FN 2008 最終戦 SUGO 予選 146

ちょっと遠めですが・・・


次回は、SuperGT第7戦もてぎの観戦記の続きになりますので、こちらもお楽しみに

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ モータースポーツへ








to0325 at 00:56|Permalinkコメント(0)トラックバック(0)