2006年05月15日

脳がとろける

By to42mi
20:53
Permalink
Comments(6)
TrackBack(0)

まったり

4月から大阪に住んで既に一ヶ月を経過。早いものです。

毎日勉強漬け。大学の試験前日の一夜漬けを毎日している感じ。
今年こそ受かりたい司法書士。

そんな感じです。
他は何も変わりないです。またバイトでもすっかなー。





2006年03月11日

もうじき春ですね

By to42mi
01:22
Permalink
Comments(11)
TrackBack(0)

まったり

もう昨日のことなんですが、3月10日を以て、おれのバイトは終了いたしました。
2年生になる直前から続けているバイト、約3年もの間同じ環境で働き続けました。

そういうわけで、明日はバイト先にお世話になりましたということで土産の一つでも置いてこようと思う。・・・単に10日に持っていくのを忘れただけなのだが。


さて。
明日からバイトさえも無い平凡な生活となるわけだが・・・
とりあえず、引越しの準備を始めよう。いい加減。
春がやってくる速度と平行して環境も変えていかないといけないなと思っている今です。





2006年02月28日

いつも気付くのだけは遅すぎるとかそういうの

By to42mi
22:47
Permalink
Comments(2)
TrackBack(0)

まったり

ネットを繋いでとうに半年も過ぎた今頃、気付いたことがある。
パソコンには、音楽・ムービー再生プログラムってのが大抵入っていると思う。
おれはメディアプレイアー(WMP)とかwinampとか使っている。

暇なときはWMPで音楽垂れ流しながらボーッとしている。
・・・それなんだが。
今までは自分の持ってるCDを再生して聴くだけだったのだ。それで満足だったんだけどさ。
今日、ふとしたことで気付いた。

ネット上には様々な音楽素材が転がっている、ということを。
もちろん、自分のホームページとかで使う分には違法ではないものだが。
その音楽素材をWMPで聴く、というこの素晴らしさ。清々しさ。晴れ晴れしさ。

そんなわけで今、自由に持って行っていい素材を頂いてきた。
そしてWMPで細々と聴いている。

もっと早く気付いていればよかったと思う今日この頃。
卒業間近に迫る今気付いたこの事実。
気付くのは大抵いつも遅いものなんだよな。
さーたまには勉強すっか。





2006年02月27日

今度は何ですか

By to42mi
14:49
Permalink
Comments(2)
TrackBack(0)

まったり

最近、結構ヨーグルトが売れている。
また何かの番組で健康にいいとか取り上げられたんだろうか。
300gのヨーグルトをいっぺんに3つ4つ買っていくんだぜ?それも野郎が。いや女だから買っていくっていうわけでもないけどさー。

前は寒天だっけ?その前はスキムミルクだったな。この二つは品切れしたこともあったな。

ったくよー、踊らされてんだよ。にわか健康人の方々は。
健康に気を使うのはいいことだろうから否定できないけどさ、摂りすぎは注意だよな、何でも。

寒天だって、ポリフェノールだって、イソフラボンだって、摂りすぎはよくないってこの前何かの番組でやってたしな。

にわか健康人にはなりたくないおれは、そういう健康食品には全く手を出さない。

・・・なんだ。結局おれも踊らされてるじゃねーか。健康食品の注意点に。





2006年02月20日

無題

By to42mi
01:15
Permalink

時間

嗚呼 唄うことは難しいことじゃない
ただ 声に身をまかせ
頭の中をからっぽにするだけ
嗚呼 目を閉じれば胸の中に 映る
懐かしい想い出や あなたとの毎日

本当のことは 歌の中にある
いつもなら 照れくさくて言えないことも

今日だってあなたを思いながら
歌うたいは唄うよ
ずっと言えなかった言葉がある
短いから聞いておくれ
「愛してる」


嗚呼 唄うことは難しいことじゃない
その 胸の目隠しを
そっと外せばいい

空に浮かんでる 言葉をつかんで
メロディを乗せた 雲で旅に出かける

情熱の彼方に何がある?
気になるから行こうよ
窓の外には 北風が
腕組みする ビルのかげに吹くけれど


僕らを乗せて メロディは続く・・・


今日だってあなたを思いながら
歌うたいは唄うよ
どうやってあなたに伝えよう
雨の夜も 冬の朝もそばにいて
ハッピーエンドの 映画を今
イメージして唄うよ
こんなにも素敵な言葉がある
短いけれど聞いておくれよ
「愛してる」





2006年02月15日

垂れ流し

By to42mi
21:54
Permalink
Comments(4)
TrackBack(0)

まったり

あーっ!!
サンチョのまな板隠したの、君だねー!

〜ドラクエ后

キラーマシン強かったなー・・・

すげーパパスの声が毛利小五郎!





2006年02月14日

カッコ悪い話題の時間がやってまいりました

By to42mi
02:55
Permalink
Comments(0)
TrackBack(0)

時間

言っておきますが、長いです。
暗いです。
そしてツマランです。
まー、暇な人だけお付き合いください。

 

 

小学校3、4年の頃だから、もう10年以上も前のことだな。
おれは1組だった。とはいうものの小学校6年間ずっと1組だったわけだから間違えようのない事実なんだがそんなことはどうでもいい。

おれのクラスにはK君という奴がいた。
そいつはどこにでもいるいじめられっ子だった。
理由は、小さかったから。そしてみんなよりも肌の色が黒かったから。

休み時間はみんなドッジボールをして遊ぶのだが、Kを見つけるとボールを彼にぶつける「遊び」へと変わる。
「遊び」にはY君というリーダー格の奴がいた。
そいつは勉強こそできないものの、スポーツ万能で体も大きく、ケンカも強かった。
初めのうち、おれは黙って「遊び」を見ていた。
というより、Yが怖くて何も言えなかった。

 

ある日。
その日もいつもと同じように、みんなは休み時間になると「遊び」を始めた。
みんないつもと同じ。何も変わらない。
でも、おれはその日、ついに「遊び」が我慢できなくなった。
「弱い者いじめが許せない!」当時のおれがそう思ったからなのだが、今思えばただ単純にカッコつけたかっただけかもしれない。


おれは、Yに飛び掛った。
Yに向かって暴言を吐き罵り、手も出した。

だが、(今もそうだが)当時体の小さかったおれがYに力で勝てるわけがなく、当然のごとく見事に負けた。
ベソもかいた。

その日から、おれはKの仲間であると周りからみなされ、Kだけでなくおれもいじめられるようになった。
いきなり手を出したと思われたおれは、男子だけでなく女子からも避けられた。
いじめというものは陰でなされるもので、担任はそれに気付いていなかったようだ。
事情を知らない担任の先生からもケンカの首謀者として怒られた。

ただ、Kはおれに対して感謝していたようだ。
休み時間におれのところへやってきて小話をするようになった。

だが、おれもいい加減ガキだった。
曲がっていた。
そんなKを今度はイラつくようになった。
今までなんともなく過ごせた学校での生活が、Kによって壊されたと考えるようになったからだ。

そして今度はYに向かっていったときとは反対に、いつしかKを無視するように。
それからおれはみんなと仲直りでき、前のような楽しい学校生活に戻った。
Kは誰とも話をすることができないままの学校生活に戻った。

冬休み。
正月になると、思いがけないことがあった。

Kからの年賀状が来たのだ。
「あのときはありがとう。これはぼくの家族の写真です。また休み時間おしゃべりしたいです」
とかいう内容のものだった。
おれは返事を返さなかった。

冬休みが終わり、学校が始まってもKはやはりひとりぼっち。
相変わらず誰もKと話す奴などいない。
休み時間になるとまたいじめられる。
そのまま時間が過ぎた。

学年が上がりクラス替えもあったが、Kとはまた一緒のクラスになった。
それでもKは孤独だった。

翌年の正月。
またしてもKから年賀状が届いた。
気持ち悪いと思った当時のおれは、またしても返事を返さなかった。
当時のおれは、その気持ち悪さに爆発しそうだった。
それからというもの、おれは年賀状の存在自体が嫌になった。

時は流れ、おれは中学校に上がった。
そうして、Kと連絡を取ることもなくなった。

今思えば、なんておれは身勝手な正義をかざしていたのだろうと思う。
本当にどうしようもないガキだった。曲がってた。
所詮おれは、Kを積極的にいじめていた奴らと何にもかわらない。いやむしろもっとひどかったのだと思う。
少しの希望を持たせておきながら、一気に谷底まで突き落としたのだから。


そんなおれも、中学校に入って学級会長を3年間務め、高校ではのーのーと勉強や部活を続け、イッチョマエに大学まで通っている。なんて軽々しい。ふてぶてしい。図々しい。

もしできるなら、あの頃に戻って当時の自分を思いっきりぶん殴って目を覚ましてやりたい。そう思いながら今は真っ直ぐ生きている。

なんつーか、誰でも罪の意識っつうか罪悪感っつうかそういうものってあるとは思うんだけどさ。しかもおれの罪の意識が他の人に比べりゃ小さすぎるものかもしれないけれども、おれはこの思い出を忘れることができないでもう10年以上も生きてるわけで。
そう思っててもやっぱ自分の身が一番かわいいって思ってて時々そんな自分に嫌気が差していたりもするわけで。
何が言いたいかっつうと、んーまぁそういうことなんだけどな。

最近こういうこと考えるの増えてきたな。
でもなんも解決はしないものがほとんどなのな。
ハァ。いい加減成長せぇよ自分。ってか早く寝ろよってまた凹んだり。


とまぁ、こんな長くて暗い話でした。
お付き合い頂き本当にありがとうございました。





2006年02月13日

期待させるだけさせといて谷底まで突き落とす四肢の愛

By to42mi
17:12
Permalink
Comments(4)
TrackBack(0)

まったり

で、ですね。
昨日は予定ではオタク(?)な美人女さんと会合があるはずだったんですけどね。
とりあえず、昨日のおれの生活の流れを書こうか。

起床。
いちご100%を観て予習に没頭妄想没頭。
夕方6時からバイト。
7時頃、連絡あり。そんでおれ、

「今日の食事会はどうなんですか(あるのか)?」
したら返事。

「ごめん!本当に疲れてて…本当に申し訳ないんだけど、延びないうちに絶対やるんでそのときはよろしく!!」

というわけで、昨日は予習の甲斐なく予定はキャンセルでした。

叱咤激励してくれた人には申し訳ないが、おれは安堵の一息を吐かせてもらいました。

後輩も少し安心した模様。

 

んー。まー、美人さん(と勝手におれ達が思い込んでいる)との食事会っていうこともあって、本当は不安な気持ちをよそにウキウキしてはいたんだ。だからほんのちょっぴりガッカリ残念。

 

というわけで、これまた急遽その後輩と飲んできたわけだ。
話した内容はー…
まーまた奴の恋バナでしたがね。

 

昨日の会合は無くなったものの、それ自体はそのうちあるのでまだ安心はできない。

弱音吐く前に出来るだけの準備はしておこう。
そう考えております。

っととと。
会合が実際にあったらそのときはきちんと記しますんでご心配なく。





2006年02月12日

エロ過ぎるよ小沢さん。

By to42mi
14:21
Permalink
Comments(2)
TrackBack(0)

まったり

迫り来る不安を少しでも軽くしよう。

そう考え、某サイトで「いちご100%」のアニメを観ている。
何か一つくらい自分の好きなアニメとか語れたほうがその手の人との会合は何かとうまく運べるのではないか、そう考えたためである。
あくまで、予習だあくまで。

いやしかし…。

「いちご100%」ってこんなにエロかったかー…?
動画に加えて音声付ってのがエロさ増大の原因なんだろうか。

いやエロい。

エロエロエロエロエロエロエロエロエロエロエロエロエロエロエロエロエロエロエロエロ

しかし…。

大学入ってからずっとジャンプで読み続けてきたこの「いちご100%」。
大変感慨深いものがある。

東城かわいいなー…
いやマジかわいすぎだわ…
なんであんな健気なんだろうな…
話には聞いていたが、声もめちゃハマってるし…
もうなんていうかそのあーいやほらなんつーかなんで西野なわけ?
てかいやあのさ、もう現実逃避したいってかおれんとこ来ないか?って感じだ。

…おーあぶねあぶね。
じっくり観てると現実から遠ざかってしまいそうだいやこれが現実であってほしいって感じになってくる。

 

せめてバイトに支障をきたさないように、そう願ってやまない。

そして今日はその会合はあるのか。

全ては神の味噌汁…。

 

なにキモいってか?

うるせーばか!

 

こんな青春があったっていいじゃねーかこのやろーこういうありもしないような甘酸っぱく切ない恋物語にうつつを抜かすような青春がよー。

うぁーなんかむしゃくしゃしてきた妄想万歳!





2006年02月11日

ぴーひゃらぴーひゃら、ぱっぱぱらぱ

By to42mi
17:58
Permalink
Comments(4)
TrackBack(0)

まったり

お晩です。朝帰りを果たして力尽きて日記更新を怠ったため今昨日の分の更新を。

昨日。

スピカカレー博に行ってきた。午前中、キング、司馬の両氏とともに。
1000円の食事券を購入し、めいめいに好きなカレーを食べた。
おれは、琴似にある「ぱお」ってところのスープカレーと、「よこすか海軍カレー」を食べた。
うまかった。朝飯を抜いてまで言った甲斐があった。すばらしい。

その後、雪祭り会場であるO通り公園へ。
別に何をしにいったわけでもないんで、写真だけ。

法隆寺金堂

 

「法隆寺金堂」
近くで見たら結構綺麗だった。…が。

 

ペコちゃん

 

「ペコちゃん」
もうシルエットでしか判断できないが、明らかにペコ。

 

 

それから、学部に行ってダラダラ、学食に行ってダラダラ。
夕方近く、友人達とは別れて、おれはバイトへ。もう脱力。

バイトが終わったら、今度は別の友人まいけるトミオカと宅飲み。まーグダグダやってました。
12時近くになって、夜の街へ繰り出そうというノリ。カレー食いにいった一人司馬の家へ乱入。(突然押しかけてスマンかった!)

司馬の家の近くの○箸で飲み。なんかわからんけどおれにクダ巻きながら激励するトミオカ。

いやきついって。オタク女はきついって。

3時頃、これまた悪ノリで今度は朝までカラオケ。
月の光に導かれ、ピーヒャラピーヒャラパッパパラパのここにタッチ!って感じか。

よくわからんけど久々にはっちゃけた。
で、地下鉄の始発で帰宅っと。

 

でもまー最近落ち着きすぎていたおれの生活に嫌気が差していたことからすれば、昨日一日は最高の日だった。おすましくんさようなら。

 

それにしても、∀はよかったな。

∀

 

「藤子不二雄∀」

どこぞからパクってきましたよっと。





Profile
レジ夫(1983.9.27〜 )
大阪府在住、無職のおっさん(22)。
  • ライブドアブログ