2014年02月

なぞの転校生「もう一人の転校生」第8話

<第8話のストーリー>

 


 


岩田広一(中村蒼)のクラスに山沢典夫(本郷奏多)のいとこ・アスカ(杉咲花)が転校生としてやってくる。

女王様のような振る舞いのアスカに反発するクラスメートは、典夫とアスカを無視することに。

そんな中、典夫は王妃のDNAを修復できるデータを取りに行くため、広一にアスカのことを頼む。

アスカは広一の家に泊まることになるが、家で見せるアスカの明るい様子に広一は戸惑う。



  1クリックお願いしますm(__)m 

   にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ



  引越し 料金

私の嫌いな探偵 第7話

<第7話のストーリー>

烏賊川市では知らない人間はいないほどの実業家・豪徳寺(山田明郷)から愛猫探しを依頼された鵜飼(玉木宏)。多額の報酬を約束され、猫を血まなこになって探している最中、豪徳寺が殺されてしまう!

殺害現場はとあるビニールハウス。豪徳寺はナイフでひと突きされ、殺されていた。

奇しくもそのビニールハウスでは10年前にも殺人が起きており、事件を担当していたのは砂川(渡辺いっけい)だった。

そのときの被害者・矢島と豪徳寺は親しい友人で、その夜もふたりは会う約束になっていたそう。だが、さまざまな証言が食い違い、事件は迷宮入りしていたのだった…。

いわくつきのビニールハウスでの事件とあり、いつもよりも事件解決に意欲を見せる砂川。朱美(剛力彩芽)の後押しもあり、鵜飼も捜査に乗り出すことになる。

やがて、事件の目撃者で豪徳寺家の末娘・真紀(小野真弓)が目を覚ます。何者かに薬を嗅がされ気を失っていた真紀は、事件のことについて証言。豪徳寺が息絶える前、「ミキオ」とつぶやいていたことを明かす。

豪徳寺家の次男の名は美喜夫(山根和馬)。鵜飼らは、美喜夫のアリバイを確認する。すると、美喜夫は事件当時、矢島の息子で医師である矢島達也(尾関伸嗣)と一緒にいたと証言する。さらに、長男の真一(柿澤勇人)、妻の昌代(田島令子)にも完璧なアリバイが…。

ますます事件解決が困難を極めていく中、第二の殺人が起きてしまう!

果たして犯人は誰なのか? そして砂川が今でも悔み続ける10年前の迷宮入り事件との関連は?



  1クリックお願いしますm(__)m 
   にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ



  漫画全巻ドットコム

夜のせんせい「学校で殺人事件発生!?18歳少女が告白!家族の秘密と決断」第7話

<第7話のストーリー>



進路相談の席で「今のバイトを続けて正社員採用を目指す」と、桜(観月ありさ)に答える大神玲(山本舞香)。そんなある日、かえで(新川優愛)は玲に貸していたパソコンから、「殺人サイト」などの闇サイトを見た履歴が残っている事を発見する。また、華(蓮佛美沙子)も、玲のかばんの中に包丁が入っていることを偶然見つけてしまう。もしかすると、玲は何かに思い悩み、誰かを殺そうとしているのではないか!? 事情を聞きだそうと玲に接触する桜だが、「なにもできないなら、黙っていてください」と、桜たちに冷たく当たるばかり。そして「28日にすべてが終わるから」と意味深な言葉を聞いてしまう。玲の目的とは果たして何なのか…?

そしていつも謎の行動をとる外内(笹野高史)が、家族と電話をしている様子を目撃する玲。その正体がついに明らかになる!?


物語は終盤戦に差し掛かる。IT企業社長であり、順風満帆な人生を歩んでいるかに見える上武(田中圭)、何やら大きな仕事を抱えているらしい大澤(山本耕史)、まだクラスメイトと相容れない存在である若杉(岡山天音)、そして現状に常に不満を抱く上奈(大政絢)。
まさに今、彼らに大きな波乱の波が押し寄せようとしている……。



  1クリックお願いしますm(__)m

   にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ



  ダイエットサプリ カメヤマ酵母

金曜ロードSHOW「最高のおもてなし」

「接待のプロ集団が挑む極上のおもてなしミッション・イン・ポッシブル!?世界の果てまで届けるハートフルコメディ」

<ストーリー>

日本の巨大企業・大手総合商社舘上商事。
その営業部には「特別チーム」が存在する。
それは接待に特化し、年間数百億円もの商談を決めてくる「特殊営業課」。
それぞれ特殊能力に長けた個性的なチームメンバーを率いるのは、鈴木ちえ、27歳。
舘上商事営業部 特殊営業課、この若さでまさかの課長である。

彼女は重大商談案件を担当する接待のプロフェッショナル。
社長や重役から接待営業依頼が来ると、クライアントの年齢・出身地・趣味嗜好に至るまで
ありとあらゆる詳細なデータを頭に叩き込み、膨大なお店情報と広大なネットワークから、
クライアントの心を動かす最適な接待プランを弾き出す。
彼女の接待は、接待を超えた。最高の「おもてなし」なのだ!!



  1クリックお願いしますm(__)m
    にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ



  六角脳枕

天誅~闇の仕置人~「ママ友詐欺に天罰を、仕置5人組が七変化で幼稚園に潜入捜査!」第6話

<第6話のストーリー>



突如、現代に現れた謎の女・サナ(小野ゆり子)。サナは正子(泉ピン子)松田(京本政樹)八巻(柳沢慎吾)ミツ子(三ツ矢雄二)らと闇の仕置人となる。

スナック「天守閣」に会社員の安藤尊(阪田マサノブ)が突然やってきて、妻の夏帆(小林綾子)が4歳の息子の育児を放棄し家事もせず、しかも300万円の借金をしたらしいので離婚したい、そのための証拠を集めてほしいと依頼してくる。どうも興信所と勘違いしている安藤の態度に納得がいかない正子たちだが、子供が心配なので調査を始めることに…。


八巻とミツ子の調査の結果、夏帆の息子が通う幼稚園は、 ママ友の山田雅江(紫吹淳)と仲間が牛耳っており、ママ友に高価なブランドバックが安く手に入ると勧め、夏帆はそのバックを買うために借金したらしいと判明する。正子が水道屋のふりをして夏帆の家を訪問すると、荒れ果てた部屋に疲れ切った夏帆とお腹をすかせた長男の姿があった。しかも夏帆は外に出ること、特に幼稚園に行くことに異常に怯えていた。夏帆はただの買い物依存症ではなく何か裏があると考えた正子たちは聞き込みを始め、信じられない真実にたどりつく。

一方、首藤刑事(嶋田久作)は、サナたちの正体を突き止めつつあった。それを知った一之瀬(竹財輝之助)は、「定年まであと一カ月なのに24年前の連続少女失踪事件はこのままでいいのか?」と首藤を問い詰める。そんな中、サナは敵対関係にある一之瀬にひかれ始めていた。



  1クリックお願いしますm(__)m 

   にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ



  ポレノン(pollenon)

三匹のおっさん~正義の味方、見参!!~「VS.最強おばちゃん!嫁がパート先で金銭トラブル!?借り倒し悪党を成敗!」第6話

<第6話のストーリー>

 


 


姑の芳江(中田喜子)にたき付けられ、これまで就職経験がなく、ずっと専業主婦だった貴子(西田尚美)が商店街の精肉店で働くことになる。

初めてのパートで要領の悪い貴子は、注文を間違えたり、商品を落としたりと、ミスを連発してパートのチーフリーダーの克恵(木野 花)に怒鳴られてばかり。そんな具合なので、ほかの仲間たちとも打ち解けられずにいた。お昼時、仲間の輪に入れず一人、公園で弁当を食べていると、客として出会った早苗(三根 梓)に再会。早苗の優しい言葉に思わず涙をこぼしてしまう。

ある日、いつものように清一(北大路欣也)、重雄(泉谷しげる)、則夫(志賀廣太郎)の3人が居酒屋「酔いどれ鯨」で飲んでいると、貴子の悪口を言うパート店員たちの声が聞こえてくる。黙っていられなくなった重雄が文句を言い、克恵と一触即発の雰囲気に。

貴子のことが心配になった三匹のおっさんは精肉店へ様子をうかがいに行くが、貴子がパート仲間の一人・育代(藤田朋子)と仲良く商店街を歩く姿を見て、「悪い人ばかりではなさそうだ」と胸をなでおろす。

育代に親切にされ、友人ができたと素直に喜んでいた貴子だが、仕事の後に2人で買い物やお茶に行くと、お茶代の立て替えを連続して頼まれ、克恵たちの悪口も聞かされる。悪口には乗りたくないが、せっかくできた友人を無下にできないと何も言えないでいた…。

1か月が経ち、生まれて初めて貰った給料に喜ぶ貴子は、ケーキをお土産に家に帰る。夕飯時、いつもは嫌味ばかり言われている芳江からも「頑張った」と誉められる貴子だったが…。

喜びも束の間、おばはんの悪意が貴子を襲う!
人は見かけによりません! お金のトラブルには要注意!

第6話、祐希と早苗の高校生コンビも遂に?? お楽しみに♪



  1クリックお願いしますm(__)m
   にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ



  小林製薬のブルーベリー&メグスリノ木セット

慰謝料弁護士~あなたの涙、お金に変えましょう~「ドロドロ親権調停・・・イクメン専業主夫VSキャリアウーマン妻」第8話

<第8話のストーリー>


公園で子供たちに水鉄砲を浴びせられる慰謝料弁護士・袴田幸男(田中直樹)。周囲からは「不審者」と間違われながらも、子供たちーー坂上大地、ゆな、空太の3兄弟とはすっかり仲良しに。3兄弟の父・剛士(河相我聞)にも「友達」と紹介されたりして…。
ところが、袴田を不審がる剛士。しかし、彼はキャリアウーマンの妻・いずみ(宮地真緒)から三行半を突きつけられ、今回、袴田法律相談所の門戸を叩くことになる。
今回のクライアント・坂上剛士は42歳。1年前に勤めていた電機メーカーをリストラされ、以後、専業主夫となる。妻・いずみは38歳、インテリアメーカーの課長補佐。夫には、1年で次の仕事が見つけなければ離婚だと宣言していた。当の剛士はそれを冗談だと思っていたが、いずみは本気。しかも、取引先の会社社長と再婚するつもりでいた。
「賢明な選択ですね。お先真っ暗なダンナより、将来有望な社長でしょ!」
剛士の話に容赦なく突っ込む大家の遠山芳江(美保純)やアルバイトの篠塚里奈(岩﨑名美)。2人をたしなめる助手の野々村香苗(矢田亜希子)。一方、袴田は、3人の子供の親権を取りたいと訴える剛士に覚悟を問う。現状、親権者を決める基準は主に3つ。①監護体制の優劣 ②心身の健全性 ③子供に対する愛情。つまり、普段から子供の世話をし、健康で、愛情を注いでいる方が、親権を取るのに有利。どちらの親といるのが子供にとって幸せかが重要となる。
「坂上さん、大地くんたちを幸せにする自信はありますか?」
「もちろんです。その点は妻には負けていません」
「わかりました。慰謝料、親権、養育費、まとめて勝ち取りましょう!」

剛士は早速、袴田のアドバイスの下、材料集めに入る。
① 監護体制の優劣:普段、どちらが子供の世話をしているのかをはっきりさせ、細かく記録していく。子供たちが大好きなピクニックも参観日も、いずみは仕事を理由に断る。また、剛士には、監護を補助してくれる姉が近所に住んでいた。
② 心身の健全性:健康診断を受け、心身ともに健康であること証明する。
③ 子供に対する愛情:高熱を出したゆなの看病をする剛士。一方、いずみは仕事を理由に帰って来ようとしない。
これら材料集めは調停や裁判にもつれこんだ場合を想定したもの。やはり、親権問題は、子供が幼ければ幼いほど女性が有利。それはいくら不貞行為を働いていようとも関係なかった。また、袴田は子供たちのことを一番に考えていた。最も気をつけなければならないのは、剛士が子供たちに離婚を告げるタイミング。その際、決して言ってはならないのは妻の悪口だ。どんな悪妻でも、子供たちにとっては大切な母だから…。
フリー調査員・梅本くるみ(渡辺直美)がいずみについて調べてきた。簡単に出るわ、出るわ、不貞の証拠。その日は剛士がピクニックに誘った日だったり、参観日などの学校行事の日だったり。いずみは仕事と偽り、不倫相手と過ごしていた。しかも、健康状態もあまり良くない。剛士の方が親権者に適しているのは明白だ。俄に喜ぶ香苗たち。しかし、喜ぶのはまだ早いと、袴田は言う。剛士の仕事が決まらなければ…。やはり、親権を勝ち取る上で、子供に不自由をさせない経済状況であることは大事だった。だが、40男が再就職するのは厳しい……。みんなの表情も曇るが、その時、剛士が駆け込んできた。再就職が決まったという。これで闘いの準備は整った…いざ出陣!
ところが、袴田はいずみを怒らせてしまう。その夜、いずみは高ぶる感情に任せ、大地たちを連れて家を出ようとする。しかも、「新しいパパの所へ行くのよ」と離婚を乱暴に告げ、剛士の悪口をまくしたてる。泣き出す大地たち。結局、いずみは一人で出て行ったが、子供たちには最悪の形で離婚が告げられてしまった……。袴田は責任を感じる。

そんな中、大地たち3兄弟が袴田法律事務所を訪ねる。
「お願いします。パパとママの離婚をやめさせて下さい」
大地はブタの貯金箱などありったけのお金を出し、袴田に頭を下げる。子供たちの健気な想いに、袴田たちは心を打たれる。自身も両親が離婚した袴田は特に。しかし…。
「大地くん。パパとママは離れて暮らすけど、ママはいつまでたっても君たちのママだ。家族であることは変わりない。パパもママも、私も、みんなの幸せのことを一番に考えてるんだよ」
「嘘だ!」声を上げる大地。「おじさんの仕事は、困った人を助ける正義の味方じゃなかったの?」溜まらず、大地は妹や弟を連れて事務所を出て行くが…。
その日の夕方、大地たちが帰って来ないと、剛士から袴田のもとに電話がかかってくる。母の所だろうか。だが、いずみのもとには来てはなかった。袴田たちは手分けをして、大地たちを探す。
「袴田先生、子供たちを無事保護しました」と電話をするくるみ。
大地たちがいたのは、家族でピクニックに行った公園だった。大人たちは安堵するが、大地たちの心は深く傷ついていた。袴田はそんな子供たちに声を掛けるが、 「お前なんか、もう友達じゃない! パパもママもおじさんも、みんな大っ嫌いだ!」
傷つく袴田。「こんなとき、弁護士は無力です」と、香苗に愚痴をこぼす。

数日後の家庭裁判所。調停室では坂上家の親権問題が話し合われていた。いずみは東海林という弁護士をつけている。東海林は先日、大地たちが家出したことを持ち出し、親権者として剛士は不適格だと主張する。また、2人の収入を比較する東海林。剛士の年収の予定額は350万円。一方のいずみは600万円、それに加え再婚予定の相手には1200万円の年収がある。経済的にもいずみの方が適していると、主張を重ねる。窮地に陥る剛士…。しかし、袴田は冷静だった。家出についてはいずみの感情的な言動が原因であること、経済状況についても再婚相手の会社には多額の負債があり、倒産は時間の問題であることを明らかに。また、再婚相手は過去に妻子へのDVが原因で、離婚していた。
「そんな人と暮らして、大地くんたちは幸せになるのでしょうか?」
「……」返す言葉がないいずみ。再婚相手がそんな男だとは知らなかった…。
調停委員も、子供たちの親権は父親の剛士が持つのが適当という結論に至る。これで調停は終了かと思われたが…。
「ちょっと待って下さい」声を上げたのは、袴田だった。「失礼ながら、坂上さんもいずみさんも親権を持つのにふさわしいとは思えません」
「!」驚く一同。袴田はなおも続ける。「本当に大地くんたちのためを思うなら、そもそもあなたたちはなぜ、幸せを壊したんですか。あなたたちは親権をどちらが持つか、そのことしか考えていませんでした。子供はあなたたちの所有物ではありません。大地くんたちに何の罪もありません。子供はいつだって被害者です。本当に大地くんのことを思うなら、まずは幸せを壊してしまったことを謝って下さい。大地くんたちの傷が癒えるまで頭を下げて下さい。そして、心の底から大地くんの幸せを願って下さい。あの子たちに幸せにできるのは、それからじゃありませんか」

その日、剛士は大地たちに心から離婚を詫び、泣きじゃくる大地たちを抱き締めた。
そして、外から父子の姿を見守っていた袴田も、後日、公園で大地たちを待っていて、頭を下げた。「ごめん! 大地くんが言う通り、おじさんは嘘つきだ。全然かっこよくない、ダメな弁護士だ。大切な友達との約束も守れなかった……本当にごめん!」
すると……袴田の顔に水鉄砲の水が浴びせられる。驚く袴田だが、
「しょうがないから遊んでやる! 来いよ」と大地
。 ゆなも空太も袴田に水鉄砲の水をかけ、びしょびしょになる袴田の顔。だけど、その顔は笑っている。追いかけっこする袴田と大地たち。その楽しそうな声は公園に響き渡り、そんな彼らを香苗が温かく見守る…。




  1クリックお願いしますm(__)m 

   にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ



  アヴァンス法務事務所

医龍4~Team Medical Dragon~「暴れる患者と未熟な医者」第8話

<第8話のストーリー>



看護師に呼ばれた朝田龍太郎(坂口憲二)が診察室へ向かうと、中から患者の母親である前原好美の抗議する声が聞こえてきた。診察にあたった早川昭吾(柄本佑)の対応に不満を訴える好美に、朝田は診察を代わる。

その後、猪原薫(キムラ緑子)に言われて渋々やっていた採血やバイタル測定でも、患者に下手だと文句を言われてイライラを募らせていく早川。岡村征(高橋克典)に電話をしてL&P病院へ戻して欲しいと訴えるが、朝田から学ぶことがあるはずだと有無を言わせず切られてしまう。

L&P病院に移った伊集院登(小池徹平)は、自ら提案した研修医が全部の科を回る新しい研修プログラムを実行していた。早川にも研修プログラムを渡し、時間がある時に受けるように勧めるが、早川は時間はなくプログラムも無意味だと一蹴する。 一方、加藤晶(稲森いずみ)桜井修三(平幹二朗)のオペができる医師を探し出した。アメリカで一番と言われている脳外科医のマイク・ボールドウィンで、交渉に入るという加藤に朝田は症状を考慮して2カ月以内にオペがしたいと言う。



桜井総合病院に、足のむくみを訴える長沼芳江がやってきた。早川は簡単に診察を済ませ下枝動脈瘤と診断。立ち仕事をしている女性にはよくある症状だと説明し、芳江を帰宅させた。

翌日、呼吸困難で倒れた芳江が運ばれてきた。朝田を呼ぼうとする猪原を止めて早川が治療にあたるが、芳江は意識を失ってしまう。



  1クリックお願いしますm(__)m 

   にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ



  ナース人材バンク

ブログランキング
ぱ・す・た・い・むⅡ
つぶやきブログへ

おもにパチンコが中心ですが、映画、美容関係、日常のくだらないことなどをブツブツと呟いています。


こちらにもぜひお立ち寄りください(^_-)-☆

livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ