2014年05月

ファースト・クラス「今夜待望の黒沢尻解禁」第7話

<第7話のストーリー>

“ファースト・クラス”のライバル雑誌として“プエルト”が創刊されることが決定。

満を持して八巻小夏(三浦理恵子)が編集長となり、“ファースト・クラス”編集長の大沢留美(板谷由夏)とは、ついにライバル関係に。

編集部内のエディターが振り分けられ、この時を待っていたとばかりに、豹変する編集長・八巻小夏。

さらに川島レミ絵(菜々緒)吉成ちなみ(沢尻エリカ)をはじめ、驚きの“マウンティング”構図ができあがった新体制・・・。

新たな“マウンティング”が構築される一方、いくつのも波乱を乗り越えたちなみは、木村白雪(田畑智子)MIINA/みいな(佐々木希)と新たな友好関係を築き、次の一歩を踏み出していた。

しかしその翌日、その関係にまさかの展開が待ち受ける・・・。

そんな中“プエルト”の創刊に伴い、あるインタビューが目玉企画として進んでいく。

その人物は、小夏をはじめ、留美、磯貝拓海(平山浩行)のよく知る人物だという。

この企画から、ちなみはある過去の秘密を知ることに・・・。

episodes photo
episodes photo



  1クリックお願いしますm(__)m
  



  漫画全巻ドットコム

弱くても勝てます~青志先生とへっぽこ高校球児の野望~「不祥事!!」第8話

<第8話のストーリー>

甲子園に向けた県予選、城徳野球部の一回戦の相手が武宮高校に決まった。
武宮に勝利しても二回戦で堂東学院と対戦すると知り、赤岩をはじめとする部員たちは意気消沈。

さらに青志の元に東大の研究室が再開されるという連絡が入る。
青志が次の春には教師を辞めて研究室に戻ると聞いた部員たちは大騒ぎ!
柚子や三條は引き留めようとするが、青志の決意は固く・・・

そんな中、城徳と堂学、武宮を巻き込んだ一大事が勃発する!!

同じ頃、晴敏は武宮野球部のために、楓にある相談を持ちかけていた。
それが、青志や城徳野球部にとって、最大の試練となって行く。



  1クリックお願いしますm(__)m
   



  Fall in Eyez

土曜ワイド劇場「司法教官・穂高美子」

「死亡時刻が二転三転!?遺産30億強奪トリックをスイーツ姉妹の空飛ぶバウムクーヘンが解く!!」

<ストーリー>

司法試験に合格した修習生たちが、裁判官や検事、弁護士を目指して共に学ぶ“司法研修所”。その検察教官を務める穂高美子(水野真紀)は、東京地検から異動してきた優秀な検事で、講義の厳しさから修習生たちからは“タカビー”とあだ名をつけられていた。

群馬・前橋地検に派遣された修習生のひとり、白鳥歩美(三倉茉奈)が交通事故に遭ったという知らせが入る。軽トラックの荷台から液体入りのドラム缶が落下し、歩美の乗る車がスリップ、壁に激突したのだ。運転していたのは、歩美の父であり、前橋を拠点に全国展開しているショッピングモール“クイーンズ白鳥”の社長・太一(加納竜)で、会長で祖父の健蔵(野村昇史)も同乗していた。歩美だけは奇跡的に軽傷ですんだが、太一も健蔵も死亡。歩美によれば、祖父は頭部を強く打って即死だったものの、父は事故直後まだ息があり、懸命に心臓マッサージを行ったものの、救うことはできなかったという。軽トラックの運転手・下山信行(松澤一之)は積荷の固定を怠ったことを全面的に認め、おそらく業務上過失致死で送検となると思われた。

美子は民事担当教官の弁護士・小宮譲(筧利夫)と共に見舞いに駆けつけるが、クイーンズ白鳥の顧問弁護士・大林公子(野村真美)が、なんと姉2人、真知子(遊井亮子)とゆり(雛形あきこ)が、妹の歩美を訴えるつもりだと伝えに来た。真知子とゆりは“クイーンズ白鳥”ブランドのスイーツを開発して大ヒットさせ、世間から“スイーツ姉妹”とよばれて注目を集めていたが、かねてから対立していた。社長と会長を失った今、会社の経営権と30億円もの遺産をめぐって早くもいがみ合っているようで、2人は歩美の救命処置がなければ父親は助かったと考えているという。どうやら歩美に遺産が渡るのも気に食わないらしい。

そんな中、美子は歩美の様子をさぐるストーカー・飯島誠(池内万作)を見かける。そして、6年前まで看護師として働いていた歩美が弁護士を目指すきっかけとなった悲しい過去を知るのだが…!? ところがその矢先、下山が新たな供述をはじめ、なんと歩美に殺人容疑がふりかかる事件まで起きて…!?



  1クリックお願いしますm(__)m

  



  脱毛器

リバースエッジ 大川端探偵社「夏の雪女」第7話

<第7話のストーリー>

 


 


本日の依頼人は、かつて出会った“雪女”のような女性を探して欲しいという男・蓑田(田窪一世)。20年前のある夏の夜、蓑田は街で白いワンピースをまとった女(國武綾)に『助けてほしい』と声をかけられ、アパートにかくまうことに。


女は毎日おいしい食事をこしらえ、突然始まった幸せな生活に喜んだのも束の間、女は4日目の朝に、名前も告げぬまま姿を消してしまったのだという。唯一の手がかりは、女が残していったマッチ箱。しかしそのマッチ箱に店名と住所が書かれたスナックは既になくなっており、村木(オダギリジョー)はスナック周辺で古くから営業している店をあたってみることに。


そんな中、蓑田は偶然、意外な形で女を発見し…。



  1クリックお願いしますm(__)m 

  



  サラヴィオ化粧品

死神くん「騙され上手結婚詐欺師」第6話

<第6話のストーリー>


予定外の自殺志望者を止めるため、ビルの屋上にやってきた死神(大野智)。そこには人気ファッション誌の編集長・高山里奈(伊藤歩)がいた。「仕事も順調、健康状態も良好、異性関係も不満はナシ」という里奈には自殺しようとする理由もなく、死神は監死官(桐谷美玲)に「カラスの報告間違いだったんじゃないのか?」と話す。

そこに新たな死亡予定者が明らかになる。里奈の監視を監死官に任せ、和田明(鈴木浩介)という男性の元へ向かった死神は、明が複数の女性と親密な関係にあることを知る。さらに、その数いる女性の中には、里奈の名前も…。明は、娘をダシに結婚をチラつかせて女性たちから金を巻き上げている詐欺師だったのだ!


里奈は明に騙され、それを苦に自殺しようとしたのではないか――そう考えた監死官は、詐欺の事実を里奈に告げ、明とはもう関わらないよう忠告する。しかし一向に聞く耳を持たない里奈。その矢先、明が詐欺容疑で逮捕されてしまう。

死期が迫った明は、最後に娘の美優(佐藤芽)に会いたいと死神に懇願。さらに、里奈が飛び降り自殺を図ろうとしたことを聞き、ある頼みを…。


そんな中、里奈が事情聴取のために警察に呼ばれる。明からの被害状況を聞かれた里奈は、思いもかけない証言をする!


そして里奈の思いに心を動かされた監死官は、これまでにない行動に出るのだった…!



  1クリックお願いしますm(__)m

  



  ニキビ・脂性肌用

アリスの棘「復讐の女再び・・・狂気のオペ計画始動」第8話

<第8話のストーリー>



伊達(藤原紀香)に刺され、瀕死の状態となった悠真(中村蒼)磐台教授(岩城滉一)とショックを隠せない美羽(栗山千明)から、「これで満足か?」「あんたのせい!」と責められ、言葉が出ない明日美(上野樹里)。茫然自失で自宅へ帰ると、悠真を巻き込んでしまった自責の念に駆られ部屋に閉じこもってしまう。そんな明日美を心配する水野(中村梅雀)だが、どう接していいかわからず、手をこまねいていた…。

 一方、明日美を心配する西門(オダギリジョー)が病院を訪れると、有馬の娘・鈴(藤原令子)に声をかけられた。「腎臓移植が出来ることになった」と嬉しそうに話す鈴だが、2度目の移植手術への不安を西門に打ち明ける。

また、悠真の身に起こった事件を知った健太(竹場龍生)は、悲しみとショックにより心臓ぜんそくの発作を起こしていた。緊急治療が行われる中、うわごとのように明日美と悠真を呼び続ける健太。その知らせを受けた明日美が健太の病室へ駆けつけると、そこに有馬教授(國村隼)が現れ、「関係のない人間は邪魔だ。帰れ!」と明日美を制止する。

そんなある日、西門の携帯電話がなった。なんと、連絡してきたのは磐台だった…。



  1クリックお願いしますm(__)m
   



  リラクゼーション

松本清張ドラマスペシャル『死の発送』

「上野~岩手まで送られた刺殺遺体の謎!横領・・・失踪 消えた3億円の行方・・・完璧なアリバイと巧妙なトリックに若き記者が挑む!!」

<ストーリー>



出版社「週刊ドドンゴ」で働く記者の底井武八(向井理)津村亜紀(比嘉愛未)は編集長の山崎治郎(寺尾聰)から、刑期を終え出所したばかりの元官僚の岡瀬正平(矢柴俊博)を監視するように命じられる。岡瀬は7年前に10億円の横領罪で逮捕されたが、当時の捜査では7億円の使い道しか判明せず、山崎は、岡瀬が使途不明金3億円を出所後に隠し場所へ回収しに行くと予想していた。




岡瀬は水戸にある競馬馬のトレーニングセンターを訪れた後、神楽坂の料亭街へ向かうが、そこで底井と津村は岡瀬の姿を見失ってしまう。


その後、岡瀬が千葉県勝浦の墓地で、絞殺死体で発見されたというニュースが飛び込んでくる。




山崎は使途不明金がらみで殺されたとにらみ、底井と2人で岡瀬が立ち寄った競馬馬トレーニングセンター内にある「西田厩舎」へ行く。そこで厩務員の末吉秀夫(山中崇)から、厩舎主が西田隆三(寺島進)、馬主が代議士の立山寅平(大杉漣)であることを聞く。




その日を境に、山崎は岡瀬の件について全く話さなくなる。底井は急な態度の変化に戸惑いを感じて理由を問いただすが、何も答えない山崎。


その後、岩手県水沢の林の中でトランク詰めにされた死体が発見されるという不可解な事件が起きる。




岡瀬の事件との関連は?なぜ死体はトランク詰めにされたのか?謎に包まれた不可解な事件をさらに追跡する底井たちは、どこに行きつくのか・・・?


犯人と底井たち「週刊ドドンゴ」記者の魂を賭けた闘いが始まる・・・!



  1クリックお願いしますm(__)m

  



  リアル恋愛シミュレーション

マルホの女~保険犯罪調査員~「隠ぺい疑惑!?警察と全面対決!噂のストーカー保険」第7話

<第7話のストーリー>

 


 


女子大生・井川ますみ(大塚加奈子)が殺害され、奈津子と亜希はストーカー特約付き生命保険の調査に乗り出す。

ますみはストーカーから逃れるために越したマンションの前で死亡しており、新しい住所は両親と警察しか知らないはずだった。ますみへのストーカー行為を疑われていた風間陽介(森井健太)は任意同行を求めた警察から逃走し行方をくらませる。

事件のあったますみのマンションを訪ねた亜希は、ますみの愛犬がかかっていた動物病院の獣医師・倉田直也(遠藤要)と会う。事件の日もますみは入院中の愛犬の見舞いに病院を訪れていたという。

一方、ますみが以前住んでいた地区を管轄とする武蔵野南警察署を訪ねた奈津子は、ますみ殺害事件の捜査に加わりたいと懇願する警官・若月亘(石黒英雄)の姿を目撃。ますみから相談を受けていたことから若月は責任を感じていた。

さらに奈津子は、「ますみさんは半分は警察に殺されたようなもの」と同僚に話す若月の言葉を聞いてしまう…。



  1クリックお願いしますm(__)m 

  



  ラ・シュシュ

ブログランキング
ぱ・す・た・い・むⅡ
つぶやきブログへ

おもにパチンコが中心ですが、映画、美容関係、日常のくだらないことなどをブツブツと呟いています。


こちらにもぜひお立ち寄りください(^_-)-☆

プロフィール

☆とも☆とも☆

  • ライブドアブログ