<第11話のストーリー>

 

 

ダンディなスーツも手に入れ、社内でも一目置かれるようになった段田一郎(滝藤賢一)だが、憧れの女子社員、宮本南(石橋杏奈)はそんな段田を見ても心ここにあらず。

そんな南の態度に、段田は自分の下着がダンディでないことが原因なのではと思い至る。 ダンディアイテムのお店マダムMで美人店主の美幸(森口瑤子)は、下着の歴史やアメリカで起きた下着革命、80年代に登場したボクサーブリーフなどを紹介。

スイス、ドイツ、日本のブランドの中から段田が最終的に手に入れるダンディな下着とは!?そして、姿を現した南をストーカーする人物…、ついに段田が全面対決することに…!?



  1クリックお願いしますm(__)m 
  



  ライスプロファイバー