SAKURA~事件を聞く女~

SAKURA~事件を聞く女~「住み替え詐欺おしどり夫婦を襲う闇くを暴け」第6話

<第6話のストーリー>

DJこころ(仲間由紀恵)が選ぶ「今日のラッキーアイテム」はコロッケ。なぜコロッケを選んだかというと、昨夜、通りすがりの男・鍋島泰明(河原崎建三)が、携帯電話を片手に幸せそうに話していた「今日はお前の好きなコロッケを買って帰るよ」という言葉が残っていたからだった。


そんなとき、後頭部に打撲痕がある男の遺体が、人けのない路地裏で発見される。所持品から、その男は津山晋一(日向丈)39歳と判明。津山は、不動産の仲介業者を騙り高齢者ばかりを狙うタチの悪い詐欺師で、駒込中央署・捜査二課で指名手配をかける寸前の男だった。また、事件現場の近くには、ビニール袋に入ったコロッケが発見されていた。


同じころ、生活安全課防犯係の窓口に、鍋島の妻・久美子(多岐川裕美)が、「昨日から旦那が帰って来ない」との相談に来ていた。対応した薫(木野花)が受付た夫の写真を見た桜は、昨日に見かけた“コロッケの人”と同一人物だと知る。気になった桜が事情を聞きに久美子の家を訪ねると、「住み替え詐欺」に遭い全財産を取られてしまったこと聞かされ、そのことで鍋島も思い悩んでいたという。

とそのとき、竹内刑事(佐藤隆太)と遠藤刑事(大野拓朗)が訪ねてきた。事件現場に落ちていたコロッケの袋から、鍋島の指紋が発見されたというのだ。竹内刑事たちは、詐欺に遭った鍋島が偶然、津山を発見し怒りにまかせ殺害して逃亡したと睨み、妻の久美子を重要参考人として出頭を求めた。

一方の桜は、事件真相の手がかりをつかむために、鍋島泰明が出入りしていたという囲碁クラブへの潜入捜査を開始する!



  1クリックお願いしますm(__)m
   にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ



SAKURA~事件を聞く女~「骨肉の争いが招いた殺人連鎖!謎の言葉?」第5話

<第5話のストーリー>

あるときの駒込中央署・防犯係相談窓口で、「ケンカの声がうるさい」との苦情が頻繁に寄せられるようになっていた。苦情の元は、「市丸」という老舗の和菓子屋店。寄せられる苦情に対して、薫(木野花)はただの家族ゲンカだと取り合おうとしなかったが、署の近所でもあったことから、とりあえず桜(仲間由紀恵)と様子を見に行くことに…。


お店を訪ねると、女将の市原トミ(松原智恵子)が申し訳ないと桜たちに対応するが、そんなトミをよそに、トミの息子・誠司(斉藤陽一郎)と、トミの義弟で番頭の浩二郎(三田村賢二)の言い争いが始まる。桜たちのほか誠司の妻・光代(映美くらら)も割って止めに入り、ようやく争いが収まった。落ち着いたところで訳を聞くと、争いの原因はお店の経営の方針だという。厳しい経営状況が続く中、ある会社から提携の話をもらい、それを受けるかどうかでもめているとのことだった。


その翌日、首を吊って死んでいる浩二郎が発見される。出勤時間になっても浩二郎が現れず、心配になったトミが浩二郎の自宅を訪ねて発見したという。鍵が掛かっていたこともあり、自殺の可能性が高いと推測する桐谷係長(相島一之)と竹内刑事(佐藤隆太)ら強行犯係。

一方、前日にお店を訪れた帰りに、偶然にも浩二郎が携帯電話で誰かと言い争っている姿を目撃していた桜は、竹内刑事に浩二郎の携帯の履歴を調べてもらうが、履歴はすべて消されていた。また鑑識によると、指紋もすべてふき取られていたという。携帯電話で争っていた浩二郎が「ホンダ」という名前を口にしていたことが気になっていた桜は、ほどなく和菓子屋「市丸」への潜入捜査を開始する!



  1クリックお願いしますm(__)m 

    にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ



SAKURA~事件を聞く女~「温泉旅館に潜入!22年前の非情な夫婦殺人」第4話

<第4話のストーリー>

ある日、駒込中央署の管轄内にて、殺人事件が発生。ほどなく、現場へと駆けつけた刑事課の正人(佐藤隆太)は愕然とする。被害者は正人の知り合いの刑事、金森幸生(大河内浩)だったのだ。「金森さんを殺したヤツは絶対に許さない」と怒りを露にする正人。そんなとき桜(仲間由紀恵)は、正人の父・秀人(舘昌美)は警察官で、金森はその部下だったと五十嵐署長(高島礼子)に聞かされる。しかも、正人の父は22年前に、自分が逮捕した犯人の大木尚哉(宮里駿)に殺害されたという。当時18歳だった大木は秀人と金森に逮捕され、2年の実刑判決を受けた。

その後、1年で仮出所した大木は、秀人から知り合いの祖父江駿(大和田獏)が営む、会社を紹介され更正したかに見えたのだが、逆恨みで竹内家に押し入り、正人の父・秀人と母の真弓(榎本由希)を殺害。それは、正人がまだ11歳の時だった。


一方、金森は、退職後に故郷の岩手に帰っていたが、出所者更正支援活動の講演で東京に出てきていて、その後、東京近郊の久瑠沢温泉へ泊まりに行き、昨日は、以前に金森が逮捕した強盗犯で2ヶ月前に出所した橋口康一(青柳尊哉)に会いに行くと言っていたことが調べでわかった。

正人を心配する桜は、金森の足跡を調べるために、金森が宿泊したという温泉旅館へ潜入。そこで桜は、22年ぶりに温泉へきたという大木芳江(左時枝)という女性が宿泊していたことを知る。その大木という人物は、正人の両親を殺害した犯人の母親だった…。



  1クリックお願いしますm(__)m 

    にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ


SAKURA~事件を聞く女~「再就職でパワハラ殺人?熟年夫婦に迫る罠」第3話

<第3話のストーリー>

ある日、水沢桜(仲間由紀恵)が務める生活安全課防犯係の相談窓口へ、松永文代(かとうかず子)が訪れた。夫がケガをしたのだがその理由を言わず、事件に巻き込まれているのではないか調べてほしいと言う相談だった。それを受けて、文代の夫が勤める「キッチン・スーノ」というお店を訪れる桜。その店の社長・柏田真希(安藤玉恵)によると「高齢者の再就職、セカンドライフを照らす店作りを」を会社のモットーとし、高齢者を雇用して労使共ににメリットがある仕事を追及しているとのことだった。しかし、桜の耳に入って来た従業員の言葉は「あいつのせいで俺は…」というマネージャー吉岡周作(大谷亮介)の怒りの声だった。そして、たまたま皿を割ってしまった文代の夫・松永哲雄(水森コウ太)が、吉岡に裏へとつれていかれるところを目撃する桜…。


そして、その翌日、なんと松永が遺体となって発見された。死亡推定時刻は深夜2時ごろ、争った形跡もなく高架上には脱ぎ置かれた靴。状況から見て飛び降り自殺ではないかという本島(森岡豊)に対して、正人(佐藤隆太)が文代に話を聞くと、松永は病気の妻の医療費を稼ぐために仕事をしていたこと、亡くなった日は銀婚式で、2人でお祝いの約束をしていたことを聞き、他殺の線を疑う。一方の桜は、吉岡が発した声の理由と、事件の真相を暴くためキッチン・スーノへと潜入を開始する!


   1クリックお願いしますm(__)m

  にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ  

SAKURA~事件を聞く女~「特命潜入!ゴミ女の復讐!謎の連続殺人!!」第2話

<第2話のストーリー>

駒込中央署・生活安全課防犯窓口で日夜、住民の苦情を聞き続ける桜(仲間由紀恵)。ある日、あるマンションに住む主婦3人が、同じマンションに住む時田祥子(田中美里)の部屋がゴミ屋敷化しており、「臭くてたまらない」「注意に行っても応対すらしない」との苦情が寄せられた。上司の薫(木野花)は「マンションの管理会社か自治会に相談すればいい」とスルーしようとするのだが、気になった桜はひとりで祥子のマンションを訪れる。


ドア越しに現れた祥子は取り合おうとせず、ドアを閉めようとした瞬間、桜の手を挟んでしまう。とっさに桜の手をとり「大丈夫ですか?」と心配をする祥子。桜はその言葉に、嫌がらせでゴミをためこむような人間ではないのではないかと感じる。そこで桜は、翌日あらためて祥子の部屋へ強引に押しかけ、大掃除を始めた。ほどなく部屋の掃除が終わり、桜が事情を聞くと、自分の代わりにゴミを出しに行った息子がひき逃げに遭い3ヶ月間意識不明で、それがきっかけでゴミを出せなくしまったと祥子が告白する。

事故が気になった桜が現場を訪れると、キャバクラ嬢の宮原恵美(川村ゆきえ)が携帯電話で言い争っていた。その会話から「あのゴミ女のところへ行ってもいいの?」という言葉をキャッチした桜。と、そこに都議会議員の木原雄一郎(羽場裕一)がやってくると、恵美を車に乗せて立ち去ってしまう。

その翌日、恵美が刺殺され、遺体となって発見された。なんと恵美は祥子と同じマンションの住人で、前日に祥子と言い争いをしていた姿が目撃されていた。

三か月前のひき逃げ事件と宮原恵美殺害事件……二つの事件が木原議員と何か関わりがあると睨んだ桜は、木原の事務所へ事務員となって潜入し捜査を開始する!



  1クリックお願いしますm(__)m 

    にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ



  恋愛傾向チェック

SAKURA~事件を聞く女~「特命潜入!婚活パーティーで殺人事件発生」第1話

「医師連続不審死の裏に怪しい美女・・・桜が聞く悲しみの声・・・難事件に最強コンビが挑む!!」

<第1話のストーリー>

 

駒込中央署・生活安全課防犯係の相談窓口に勤務する水沢桜(仲間由紀恵)は遅刻の常習犯。それというのも、朝は、東京下町・駒込の小さなFM局「駒込モーニングカフェ」で“DJこころ”と名乗り、覆面パーソナリティを務める別の顔があった。


朝の番組終了と同時に、署に駆け込む桜だが、いつも微妙に間に合わず、お局の矢吹薫(木野花)に怒られてばかり。

しかし、そんな彼女だが実は、署長・五十嵐恭子(高島礼子)から命を受けた市井の声に耳を傾ける“聞く捜査”をする特命捜査員だ。さらに夜は、元婦警の祖母・ウメ(草笛光子)が営む居酒屋で、馴染み客の会話から街の情報を得ている。

そんなある日、薫に誘われて、婚活パーティーに嫌々参加する桜だったが、参加していた医師の男性が突然心臓発作で亡くなる。そして通報を受けた駒込署から、同じ署の熱血刑事・竹内正人(佐藤隆太)たちが捜査に乗り出した。

正人たち刑事課は、すぐさま男性と一緒にいた女性・染谷詩織(賀来千香子)を疑う。実は、詩織には過去に同じ手口で男性を殺した疑いがかけられていたのだ。しかし、パーティーで気になる詩織の声を聞いた桜には疑問が残る。

ほどなく、桜が調査に乗り出すと、政治家や警察の幹部クラスも入院している大病院が、事件に関わっていることに気付く。そして、恭子の許可を得た桜は“看護助手”となって病院への潜入捜査を開始する!



  1クリックお願いしますm(__)m 

   にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ



  ベジーデル酵素粒

ブログランキング
ぱ・す・た・い・むⅡ
つぶやきブログへ

おもにパチンコが中心ですが、映画、美容関係、日常のくだらないことなどをブツブツと呟いています。


こちらにもぜひお立ち寄りください(^_-)-☆

livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ