女はそれを許さない

女はそれを許さない「ストーカー被害者の悲痛!驚愕の真実・・・」第6話

<第6話のストーリー>

滝口泰輔(溝端淳平)は同期の小沢理恵子(中別府葵)秋山雄太(石井智也)たち司法修習生の模擬研修に参加し、やはり弁護士よりも裁判官がいいと熱く語っていた。そんな泰輔のもとに、元カノ・高橋真奈美(佐津川愛美)から相談があるという連絡が。出向いて見ると、真奈美はストーカー被害にあっていると脅えた表情で語る。加害者は真奈美が勤める子供服メーカーの先輩、安田隆史(清水優)である。上司である植野秀雄(住田隆)にも相談し、警察からの警告でしばらくは収まったが、最近になって再発しているという。しかし、安田はもうストーカーはしていないと否定していた。泰輔は蝶野(松重豊)と共に犯行を裏付ける証拠を探すが、十分な情報は得られなかった。

 泰輔が真奈美のために解決を目指そうとしていた矢先、事件が起きた。帰宅途中の真奈美を安田が待ち伏せていたのである。安田につかまれた腕を真奈美が振り払ったところ、安田は転倒してしまう。怖くなった真奈美はそのまま立ち去ってしまい、泰輔に相談するが、警察には黙っていて欲しいと訴える。意に反して重大な秘密を抱えてしまった泰輔は、気もそぞろ。ついには忠守藤次郎(上川隆也)に打ち明け、麗(深田恭子)と凛香(寺島しのぶ)が真奈美の弁護をすることになる。真奈美と連れだって警察に出頭すると、彼女に傷害罪で逮捕状が出ていると告げられ、そのまま取調べを受けることになるが…。



  1クリックお願いしますm(__)m  
   にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ


女はそれを許さない「母を訴えます!10歳少女・・・涙の感動結末」第5話

<第5話のストーリー>

 麗(深田恭子)は、自分が初めて弁護を担当した裁判の依頼人の娘で、今は児童養護施設で暮らす小学生の知香(久家心)を施設に訪ねた。この裁判では父親、淳(増田修一朗)の知香に対する虐待が争点となり判決後、知香は母親の浩子(紺野まひる)に引き取られた。

ところがその後、浩子も知香を虐待していたことが判明し、浩子が服役したことを施設のスタッフから聞き、麗は驚く。その浩子が最近出所して、知香との面会を希望しているという。知香は浩子と一緒に暮らすことを拒否し、母親相手に精神的苦痛による損害賠償を請求したいと麗に相談する。10歳の少女の切実な言葉に麗は驚くが、凛香(寺島しのぶ)は母親の親権を停止させればよいと知香にアドバイスする。

10歳の少女が母親に損害賠償を求める、という異例の裁判が始まった。麗は二人の幸せをゼロベースで思考して、意外な要求をする。

一方、凛香が情報網を駆使して捜索している、セイント法律事務所を追われることになった経緯が、次第に明らかになってくるが…



  1クリックお願いしますm(__)m 
   にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ


女はそれを許さない「離婚裁判・・・別れたい妻VS.しがみつく夫!」第4話

<第4話のストーリー>

 麗(深田恭子)と凛香(寺島しのぶ)は、夫と離婚したいという紗英(酒井若菜)の相談を受ける。夫の横森茂(山中崇)は弁護士を目指して、司法試験を10年受け続けている。その間、紗英が生活費、学費を払い支えたが、さすがに限界だという。二人は一ヶ月前から別居中だ。麗と泰輔(溝端淳平)が茂を訪ねると、茂は絶対離婚しないと声を荒げるばかりで話しにならない。茂のヒステリックな言動も離婚理由の一つだ。紗英は慰謝料を請求しないかわりに早く別れたいと切実だ。

そんな折、麗は以前自分が弁護をした岡島健吾(鈴木勝大)を町で見かけ、かつて弁護を担当した二つの事件を思い起こした。一つは妻と幼い娘を虐待していた男の事件。この時、麗は事件の真相を見抜くことができず、家族を不幸にしてしまった。もう一つは、健吾による窃盗事件である。健吾の裁判で、麗は裁判中に弁護を放棄して法廷を飛び出してしまった。二つの裁判で依頼人を傷つけたことがトラウマとなり、麗は法廷に立てなくなってしまったのだ。健吾は実刑を受け最近出所したばかりだが、不良仲間と交わっていることを知り、麗は更生を助けようとするが…

紗英の裁判では、茂本人が自分を弁護することになった。麗と凛香は万全の準備を整えるが、麗は法廷に立つ勇気が出ない。そんな麗を案じて声を掛けた藤次郎(上川隆也)に、麗はこれまでのいきさつを打ち明ける。
公判の日がやってきた。藤次郎、凛香、泰輔が傍聴席で見守る中、麗はかろうじて弁護席に立った。注目の裁判が始まるが… 



  1クリックお願いしますm(__)m
   にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ


女はそれを許さない「痴漢されたOL・・・逆慰謝料2000万のワナ」第3話

<第3話のストーリー>

岩崎麗(深田恭子)は、自転車同士の衝突事故を起こした大学生の桑田トオル(小林ユウキチ)の相談を受ける。もう一方の当事者は会社を経営する大原雄二(多田木亮佑)だ。双方とも相手の信号無視が原因だと主張するが、大原は事故のため通院が長引き、契約も逃してしまったと強調し、トオルに多額の損害賠償を求めていた。麗と滝口泰輔(溝端淳平)は現場を訪れ、事故の状況を確認する。麗はトオルの言い分を信じているが…。

一方、忠守法律事務所には水野早苗(小林涼子)という女性が、母親を伴い訪ねてきていた。早苗は通勤途中の電車で痴漢に遭い、刑事裁判で争ったが、被告の佐々木利幸(岡部たかし)の無実を証言する目撃者が現われたため、佐々木は無罪になったという。さらに佐々木は、裁判のために仕事を解雇されたことと、妻と離婚したことを理由に、早苗を相手に民事裁判を起こすというのだ。相談を聞いてもあまり乗り気ではない凛香(寺島しのぶ)だが、佐々木の代理人をセイント法律事務所が担当することを知り、撤退的に戦うと宣言する。佐々木の父親がセイントの上客だったことから、セイント側は工藤誠治(吉沢悠)を葛城雄二(加藤雅也)がサポートするという万全の弁護体制だ。刑事と民事では争点が違うため、双方にとって難しい案件といえるが、セイントで行われた最初の交渉にかつての凛香の上司・児玉義勝(竹中直人)が顔を出し牽制してくる。

麗と凛香は、以前から佐々木の勤務態度が会社で問題になっていたこと、妻とはすでに別居状態だったことも指摘する。これに対し、工藤は早苗の通勤時刻に辻褄が会わないことがあるとして、痴漢詐欺ではないかと鋭く反論する。この矛盾について早苗は硬く口を閉ざすのだが…。



  1クリックお願いしますm(__)m 

   にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ


女はそれを許さない「2600万円結婚サギ!!驚愕の秘策で大逆転」第2話

<第2話のストーリー>

忠守法律事務所に根岸清美(茅島成美)菜々子(小澤美和)の母娘が訪ねてきた。二人は菜々子の婚活に関するトラブルについて麗(深田恭子)と凛香(寺島しのぶ)に相談する。


トラブルは親が子どもに代わって写真を交換する代理婚活で起きた。婚活の主催者から渡された写真に魅かれて会ってみると、写真とは似ても似つかない姿だったというのだ。母娘は、ダイエットに励みエステにも通ったと強調し、裁判を起こして慰謝料を請求すると息巻いている。お金にならない案件と判断し興味のない凛香は、麗に調査をするよう命じる。麗が奈々子の婚活の相手、高橋俊夫(千葉ペイトン)の父、源介(森下哲夫)に会ったところ、こちらにも言い分があるという。双方の言い分を聞き、ある点に着目した麗は、何か解決策がないかと知恵を絞る。


一方、凛香は自分にふさわしい環境で仕事をするために高級な机を購入する。忠守法律事務所に机を納めにきたインテリアコーディネーターの池田志帆(滝沢沙織)に相談したいことがあると声を掛けられ、麗と凛香は話を聞く。

志帆は恋人で経営コンサルタントの鈴木渉(三浦誠己)に勧められて投資用にマンションを買ったのだが、騙されているようだと表情が暗い。入居者も決まらず詐欺ではないかと疑っているのだ。渉は志帆には結婚することもほのめかしたと言うのだが…



  1クリックお願いしますm(__)m 

   にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ



  エマーキット

女はそれを許さない「最強弁護士タッグが悩む女性たちを救う!オンナの敵を成敗」第1話

<第1話のストーリー>



 岩崎麗(深田恭子)は、弁護士になったばかりの裁判での失敗から、法廷に立つ自信を無くしてしまった。今は弁護士活動はせず、借金でまかなった弁護士になるための学費を返済するためにアルバイトの日々を送っている。麗は再起を目指して大手のセイント法律事務所の面接を受けるのだが、面接官の海老沢凛香(寺島しのぶ)に、「うちでは勤まらない」ときっぱり断られた。


その凛香はセイントで次期幹部候補と噂されるエリート弁護士である。高級マンションで暮らしブランド物を好み、セレブな生活を謳歌していた。ところが、裁判で勝ちにこだわるあまり、グレーな手法を用いることもあり、事務所内にも凛香を快く思っていない弁護士がいた。ある日、凛香だけが知る銀行口座に不審な金が振り込まれていることが発覚し、凛香は副所長の児玉勝義(竹中直人)に糾弾される。プライドの高い凛香は解雇されるくらいならと、あっさり辞職。凛香の後輩、工藤誠司(吉沢悠)や凛香の元カレ、葛城雄二(加藤雅也)にも彼女を引き留める間がなかった。その上、弁護士会まで退会してしまった凛香は他の会に入ろうとするが、そのためには二人の紹介者が必要で、知り合いに連絡を取り続けるも皆、凛香を敬遠し断る。


そんな中、大学時代の先輩、忠守藤次郎(上川隆也)だけは事務員であれば雇ってもよいと助け舟を出す。誰か弁護士と組んで依頼人を助け、十人に感謝されれば弁護士復帰の紹介者になってもいい、とも忠守は語る。麗に白羽の矢を立てた凛香は、麗を訪ねて一緒に忠守の事務所で働くことを提案する。事務所で研修中の司法修習生・滝口泰輔(溝端淳平)は、性格の全く異なる麗と凛香がバディを組むと知り驚くが…。

さて、麗と凛香が初めて担当する案件は、出産を理由に食品会社から解雇を迫られた野田さやか(中越典子)のマタニティハラスメントである。さやかは妊娠中から上司の三枝百合子(清水美沙)にひどい仕打ちを受けたと訴える。麗と凛香は百合子とその上司、篠田取締役(三浦浩一)を訪ね、会社に乗り込むが… 



  1クリックお願いしますm(__)m 

   にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ



  Galaxy(ギャラクシー)

ブログランキング
ぱ・す・た・い・むⅡ
つぶやきブログへ

おもにパチンコが中心ですが、映画、美容関係、日常のくだらないことなどをブツブツと呟いています。


こちらにもぜひお立ち寄りください(^_-)-☆

プロフィール

☆とも☆とも☆

  • ライブドアブログ