月曜ゴールデン

月曜ゴールデン「内田康夫サスペンス・信濃のコロンボ②」

「戸隠伝説殺人事件~蘇る鬼女復活祭!?愛の炎が結ぶ死のルートは1000年前の平家の道・・・滅亡と連鎖に隠された真実は瞬間移動劇?」

<ストーリー>

戸隠にあるホテルのパーティー会場で「戸隠高原ゴルフ場建設準備会」が行なわれている。挨拶をしているのは、準備会代表の武田喜助(丸岡奨詞)。会場のあちこちで名刺交換が行なわれている中に立花智弘(田村亮)の姿もあった。「帝都大学文学部教授立花智弘」という名刺を受け取った武田は驚き、立花の顔をまじまじと見つめる。そんな武田を不審に思う立花。それが凄惨な連続殺人の始まりだった…。

4日後、戸隠の毒の平・荒倉キャンプ場で男の死体が発見された。現場に急行し、遺体を確認する竹村岩男(寺脇康文)。

先に現場に到着していた県警捜査一課長の宮崎良雄(螢雪次朗)から遺体は武田だと聞かされる。武田はパーティーがあった夜にホテルから失踪しており、死因は青酸性の毒物による中毒死だった。捜査をすすめる竹村は武田の妻・佐知江(丘みつ子)から話を聞く。すると、武田は立花の調査を東京の興信所に依頼していたことがわかった。武田はなぜ、立花を調べていたのか…?

竹村は親友の警視庁室町署の警部・岡部和雄(高橋克典)に立花の周辺の捜査を依頼。早々、立花に接触した岡部の報告によると、武田とはあのパーティーが初対面で、自分が興信所まで使って調べられる覚えがないと腑に落ちない様子だったと言う。

一方、竹村と木下(川村陽介)は、武田の最後の日の足取りを追っていると、武田が東京で広告代理店を経営する石原隆二(森下哲夫)が所有する戸隠の別荘を尋ねていた形跡に行き当たった。いったい石原とどんな関係にあるのか!? 東京に出向き岡部と合流した竹村と木下は、石原の捜査を開始した。

だがその頃、戸隠の矢立神社で第2の殺人が。車の後部座席に、大きな矢が二本。その矢は、二人の男女、石原と妻・華代(有邑たま美)の背中に深々と突き刺さっていた…。

毒の平は戸隠に伝わる「鬼女紅葉伝説」の毒殺の舞台。そして矢立神社は鬼女紅葉を討った平維茂が霊力の宿る矢を放ち突き刺さったという伝説の場所。「これは鬼女紅葉の伝説になぞらえた見立て殺人…連続殺人事件だ!」竹村の執念の捜査が始まる。鬼女紅葉の最後の敵は将軍・平維茂…。この見立て殺人の最後の将軍とは誰か?

立花智弘、それに付き添うように動く帝都大学女子大生・野矢優子(新川優愛)。そして、大物代議士・宍戸弘文(浜田晃)。めまぐるしく交差する登場人物たちの思い、実在するかのように目撃される鬼女紅葉…その正体は…? そして、44年前の凄惨な事件と共に鬼女になった噂とは…。



  1クリックお願いしますm(__)m  
   にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ


月曜ゴールデン「内田康夫サスペンス・浅見光彦シリーズ34~壺霊」

「華やかな京都に渦巻く悲劇・・・伝説の不幸の壺が呼ぶ恐怖の連続殺人!京女たちの怨念か?光彦の旅」

<ストーリー>

ルポライターの浅見光彦(速水もこみち)は「京都の伝統を旅する」という企画の取材で京焼の大家・大勝涼矢(小木茂光)の窯場を訪ねたが、火入れと重なり全くとりあってもらえない。そこへ大勝の面倒を見ている女性・諸橋琴絵(賀来千香子)が現れ光彦は大勝の作品を展示しているという正雲堂へ案内される。そこは琴絵の
姉・伊丹佳奈(福井裕子)の嫁ぎ先でもあった。

正雲堂には大勝の作品も多く展示されていたが、その大勝が作品作りに迷うと眺めに来る高麗青磁の壺「紫式部」があった。八百年前に作られたといわれ、作者は不明だが、この壺の中に怨霊が詰められていると言われており、持つ人に次々と不幸が訪れるという。そんな曰くつきの壺だが、どんな陶芸家にもその色合いは出せないというほどの美しい壺でもある。

そもそも「紫式部」は諸橋家の所有物で、現在は佳奈のもとに置いていたが「人を狂わす壺」を佳奈の家に置くことを忌み嫌った琴絵が取り戻そうとしていた。

たまたま正雲堂の店主・伊丹勝男(鶴田忍)も大勝も光彦の母・雪江(佐久間良子)の知り合いだったことから歓迎を受け、正雲堂の持ち家の町屋に泊まることになった光彦。しかし世話を買って出た琴絵と勝男の娘・千寿(岡本あずさ)の間に挟まれちょっとだけばつが悪い。

そのころ、酒に酔い弟子の上田京子(吉田久美)に連れられて帰った大勝が持病の心臓発作で命を落としていた。

翌日、事情を知らない光彦が大勝の家を訪ね、大勝の妻・都(根岸季衣)と上鴨署の刑事・平山(金田明夫)から大勝が亡くなった経緯を聞く。大勝は弟子ではなく実は愛人であった京子の家で発作を起こし都に助けを求める電話を入れたが間に合わず亡くなり、そのとき京子は友人の家に泊まっていて不在だったというのだ。

一方、悪縁を切って良縁を結ぶという安井金比羅宮にある「縁切り縁結びの碑(いし)」に「正雲堂の主人・勝男と妻・佳奈を別れさせて下さい。出来れば佳奈が死ねばいい…阿久津好子」と書かれた形代(かたしろ)が見つかり、その人物の住所らしき所番地が記された形代を頼りにそこへ向かう光彦と琴絵だが、そこは紫式部の墓がある住所だった。さらに、正雲堂に置かれていた壺「紫式部」が消え、佳奈の行方もわからなくなっていた。紫式部が放つ怨霊の仕業なのか・・・?



  1クリックお願いしますm(__)m  
   にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ



月曜ゴールデン「家庭教師が解く!②」

「天才スケート少女を狙う黒い影と連続殺人 母のオリンピックへの異常な夢?出生の秘密 貧乏家庭教師が暴く謎と悲しい過去・・・」

<ストーリー>

 貧乏家庭教師・香坂夏美(菊川怜)は、元警察キャリアという異色の経歴を持つ佐伯雫(小泉孝太郎)が経営するチューターズ東京に家庭教師として登録している。ある日、夏美は佐伯から小学校4年生の女子の家庭教師を3倍の時給で任される。夏美は去年、同じく3倍の時給で引き受けた家庭教師先で殺人事件に巻き込まれたことを思い出すのだった…。

今回の生徒は成績優秀なうえ小学4年生にしてフィギッアスケートのオリンピック強化選手候補の三沢愛梨(本田望結)。条件はお屋敷に住み込みで勉強と海外でのマナーを教えることだった。愛梨の父・三沢信一郎(冨家規政)は三沢総合病院の院長をしており、訪れた家の大きさに夏美は驚く。愛梨の母・瑠璃子(大河内奈々子)に部屋の案内を受けた夏美は、瑠璃子のオリンピック対する強いこだわりに早速この家に違和感を覚える。

住み込みを始めた初日。帽子とマスクで顔を隠している男が、足音を忍ばせて夏美が眠っているベッドに近づいてくる。その男は、そっと「愛梨」と声をかけながら夏美の肩に手を伸ばす。その瞬間、夏美が悲鳴を上げた。男は弾かれたように窓から逃げてしまう。夏美の住み込みを始めた部屋は、前にも同じことがあった愛梨の部屋だったことを知り、夏美は貞操の危機だと怒り、この家庭教師を降りると言い出す。困った佐伯はボディーガード料込みで時給5倍を夏美に提示すると夏美は小さく頷く。

早速、夏美と愛梨が乗った車をバイクが尾行してくる。バイクに乗っていた男は、愛梨に付き纏っていたフリージャーナリストの多田一平(坂田聡)。そんなある夜、公園で多田が左胸を刺され殺されてしまう。規制線が張り巡らされ、騒然とする公園に現れた柿沼警部(宅麻伸)が鑑識課員から遺留品を受け取った時、若い女が現れ、捜査に加わってきた。柿沼は若い女を追い払おうとするのだが、その女が本件捜査の指揮を執る警視庁管理官の篠崎春香(神田沙也加)と知り、慌てて敬礼をし遺留品を渡す。遺留品のデジタルカメラから登校する愛梨、氷上を舞う愛梨、車に乗る愛梨など愛梨の私生活を盗撮した写真が次々と現れる。春香は、柿沼に被害者と三沢愛梨の関係を徹底的に捜査するよう命じるのだった。

三沢家を訪れた柿沼は、去年の事件ですっかり顔馴染みになった夏美と顔を合わせて驚く。柿沼はその場に現れた瑠璃子に愛梨と会って話を聞かせて欲しいと要請をするのだが追い返されてしまう。柿沼もまた三沢家に違和感を感じる。

ある日、三沢家を覗き込んでいる男と佐伯が、偶然遭遇する。逃げ出した男を追い、捕まえた佐伯が男の帽子を取り身元を問い質すと、その男は愛梨の実の父・鈴木恭介(窪塚俊介)だという。その頃、警察では多田のノートパソコンにある書きかけの記事を確認していた。そこには三沢愛梨は、三沢信一郎と瑠璃子の実子ではなく、養子縁組にも金が動いた形跡が記載されていた。夏美は、多田の事件は愛梨の父・恭介が行ったのではと一度は考えるのだが…



  1クリックお願いしますm(__)m  
   にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ


月曜ゴールデン「佐々木譲サスペンス・北海道警察③人質」

「札幌・小樽・帯広・4年前の冤罪事件が繋ぐ新たな殺意と凶行!人質監禁事件の裏に潜む真実とは!?救いを求める声無き声が北の空に響く」

<ストーリー>

ある日、北海道警察大通署管内の山中で焼死体が見つかった。被害者は20代から30代の女性で腕には数珠が。死後2週間ほど経過しているようだ。

数日後、大通署生活安全課の小島百合(財前直見)のもとに水沢彩(由月杏奈)から電話があった。友人の坂本麻美(長谷部瞳)と連絡が取れないというのだ。彩と麻美は百合が支援している児童養護施設の出身で互いに家族のような存在。職場のレストランが貸切で抜け出せないという彩のために、百合はそのレストランに赴く。

彩が働くレストランで百合がオーナーの楠木奈津子(東風万智子)と立ち話をしていると、二人の男性がやってきた。そのひとり、元小樽市議の瀬戸裕二(河合我聞)は店内にいた来見田幸子(黒坂真美)に用があると言う。

幸子の父親・山科邦彦(陰山泰)は警察庁の刑事局長で、数年前までは道警の本部長を務めていた。瀬戸と共にやってきた男・中島美喜夫(せんだみつお)は山科が本部長時代に強姦殺人の容疑で逮捕され、服役したがのちに冤罪であることが発覚した被害者だった。瀬戸と中島はレストランにいた全員を人質に立て籠もり、幸子に父親へ状況を連絡するよう指示する。人質にされた百合は隠し持った携帯電話で状況を佐伯(鈴木一真)に送る。

その頃、道警大通署には山科から人質監禁事件の通報があり、特殊捜査班がレストランに急行する。現場が混乱するなか特殊捜査班が突入、立て籠もり事件は解決する。

解放された百合は瀬戸があっさり投降したことに疑問を持ち、彼を調べ始める。そして数日後、瀬戸の毒殺死体が発見される・・・。



  1クリックお願いしますm(__)m  
   にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ


月曜ゴールデン「釣り刑事⑤二つの事件と二つの過去!?」

「暗躍する闇ブローカー!割れたステンドグラスに隠された真実とは・・・?運命に引き寄せられた悲しき魚たち・・・」

<ストーリー>

奥多摩でペンションを営む鈴木五右衛門(中村梅雀)は元敏腕刑事。前妻を亡くした今は、住み込み従業員の滝川沙依(原日出子)とその娘・真里奈(前島亜美)と共に釣りを楽しみながら仕事に精を出している。

ある日、五右衛門は沙依に頼まれて、沙依の友人・一ノ瀬珪子(川上麻衣子)に会う。珪子はステンドグラスの工房を営んでおり、仕事を通して知り合った貿易商・高内透(石橋保)と結婚する予定だという。幸せそうな二人だが五右衛門に相談があると珪子が切り出した。珪子は7年前、一ノ瀬和人(大浦龍宇一)と入籍したのだが、結婚式当日、一ノ瀬は姿を消し、それ以来行方が分からないという。高内と結婚するためにも一ノ瀬の消息を五右衛門に調べて欲しいというのだ。

釣りが趣味だったという一ノ瀬が大切にしていた名人作の道具を頼りに、五右衛門は釣り仲間らのネットワークを駆使して一ノ瀬の足跡をたどる。

その頃、奥多摩で変死体が発見され、五右衛門の元同期、八重樫久吉刑事(村田雄浩)と後輩の城下香津美刑事(石川梨華)が捜査を開始する。死んだのは杉浦未夏(中島愛里)という歯科衛生士で、死体の第一発見者は、歯科医の沢村雄吾(IZAM)である。未夏は劇薬のガスを吸ったために気道と肺が焼けただれていた。未夏と沢村が男女の関係にあったことから警察は自殺と他殺、両方の観点から調査を進める。沢村には複数の愛人がおり、彼を恨んでいる女性もいるという。

そんななか、五右衛門は苦労の末、一ノ瀬が偽名を使ってまだ生きていることを突き止め、彼の部屋を訪ねてみる。しかし部屋には死体となった一之瀬が横たわっていた・・・。未夏の死因となった物と同じ劇薬が使われており、顔と指紋は焼けただれていたが歯型が本人と一致した。一ノ瀬の最期を知って珪子と沙依は驚く。

やがて、五右衛門は別々に発生したと思われた一ノ瀬の失踪と死亡、そして未夏の変死事件が見えない糸でつながっていたことを見抜くのだが・・・。



  1クリックお願いしますm(__)m 
   にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ



  イーモバイル(emobile)

月曜ゴールデン「西村京太郎サスペンス・十津川警部シリーズ53~伊豆・踊り子号殺人ルートから」

「身代金1億円を奪って消えた連続誘拐犯!悲しみの連鎖を断ち切れるか・・・事件の真相は修善寺に!?」

<ストーリー>

 人気女優の桂アヤ(Sharo)が誘拐され、所属事務所に一億円の身代金が要求された。事務所から連絡を受け、十津川警部(渡瀬恒彦)たちが駆けつける。社長の五十嵐壮平(西田健)は金を用意したのでアヤを無事救出して欲しいと懇願する。

自らをイシスと名乗る犯人は、アヤのマネージャー・井上仙太郎(石橋保)にアヤの車で金を運ぶよう電話で指示をする。イシスとはエジプト神話で死者を再生へと導く守護神の名前だ。イシスは井上の携帯電話に行き先を告げ、井上を尾行する十津川の車両を巧みにまいた。やがて別車両に乗る西本刑事(堤大二郎)が井上の車を発見するが、井上は催涙ガスを吸って気を失っており、金はまんまと持ち去られていた。アヤの行方はわからないまま、さらにイシスからアヤのマンションへ行くよう指示が出る。即座に向かう十津川らだったが、部屋には数枚の写真と伊豆修善寺に行けというメッセージが残っていた。

その頃、十津川とは旧知のジャーナリスト・緑川冴子(古手川祐子)は訳知り顔で十津川に近づき、事件について探りを入れる。

十津川は五十嵐と井上を伴って修善寺へ向かう。五十嵐は三年前にアヤが出演するドラマの撮影が伊豆で行われたと十津川に告げる。アヤの部屋に残っていた写真は伊豆の風景ばかりだった。

ところがなんの前触れもなく、アヤが釈放され事件は解決に向かう。しかし疑問が残る十津川は、さらに伊豆で聞き込みを続ける。やがてアヤの部屋にあった写真の一枚が三年前に起こった交通事故の現場だったことを突き止めた。この事故では小学生の少女が死亡したが、犯人は捕まっていない。十津川はこの事故にアヤと五十嵐が関わっていたのではないかと疑問を抱く。同じ頃、亀井刑事(伊東四朗)も東京で事故とイシスの関連について捜査をすすめる。

一方、ある公園で男の変死体が発見された。男の父親はイシスから一億円の身代金を要求されていたと十津川に語る。イシスの犯行はまだ終わっていなかった。

十津川は冴子の協力を得てイシス一味をあぶりだすよう罠を仕掛けるが・・・。



  1クリックお願いしますm(__)m 
   にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ



  六角脳枕

月曜ゴールデン「警視庁機動捜査隊・216Ⅳ」

「孤独の叫び!銀行立てこもり事件の裏で疑惑のセクハラ支店長殺害!!復讐を誓った派遣女と詐欺犯の遠い約束・・・追跡24時!!」

<ストーリー>

ある日、警視庁第二機動捜査隊に所属する警部補の沢村舞子(沢口靖子)が相棒の金子(赤井英和)と共にいつものように受け持ち管内へとパトロールに就くと、管内にある城西銀行渋谷西支店で凶器を所持した男による人質事件が発生したとの無線連絡が入り、2人は現場へ急行する。現場ではナイフを所持する男・荒井良樹(植田靖比呂)が、客で妊婦の望月富美子(高樹マリア)を人質に立てこもっていた。

だが、そんな荒井に果敢に説得を試みた警備員の大林(斉藤暁)の行動がきっかけになり、舞子たちは荒井を取り押さえることに成功。その後の取調べで、荒井が振り込め詐欺グループの一味に現金を引き出す役目の“出し子”にさせられていたことが判明する。荒井の身柄はすぐに所轄の担当部署に引き渡され、再び管内のパトロールに戻る舞子たち。

すると今度は管内のマンションの室内確認要請の無線が入る。現場のマンションに急行すると、先ほど人質立てこもり騒ぎのあった城西銀行渋谷西支店の行員がいた。支店長の早瀬(国枝量平)が朝から連絡がなく無断欠勤しているためマンションを訪れたというのだ。中へ入ると、早瀬はリビングで刺殺体となっていた。城西銀行渋谷西支店で起こった人質事件と支店長殺害事件。果たして二つの事件は偶発的なものなのか・・・。

事件の繋がりを気にしつつも捜査一課に捜査を引き継ぎ、再びパトロールに戻る舞子たち。すると今度は城西銀行人質事件で“出し子”の荒井を銀行に残して立ち去ったと思われる不審車両を発見。追跡した舞子たちは振り込め詐欺グループのアジトを突き止める。詐欺グループの数名を現行犯逮捕するが幹部の桑野(兼松若人)だけ捕り逃してしまう・・・。

そんな中、舞子は人質事件の際に銀行に偶然居合わせたという東洋テレビの報道ディレクター・菊池綾子(小沢真珠)からインタビューさせて欲しいと声をかけられる。舞子は綾子の申し出を頑なに固辞するが、綾子は執拗に舞子を取材しようとする。

一方、同じ頃、捜査一課では支店長殺しの容疑者として渋谷西支店で派遣社員として働いている井原愛美(三倉茉奈)が浮上し取調べを行うが・・・。



  1クリックお願いしますm(__)m  
   にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ



  ソフトバンク携帯にのりかえで最大70,000円キャッシュバック! さらに!スマートフォンなんと実質0円! おとくケータイ.net

月曜ゴールデン「女タクシードライバーの事件日誌⑦小さな乗客」

「詐欺で離散した家族・・・笑顔とり戻せ!父を探す少年と巨大犯罪組織に立ち向かう」

<ストーリー>

タクシードライバーの春成衿子(余貴美子)は営業所を挙げて取り組んでいる「子育てタクシー」の仕事に充実感を覚えていた。子育てタクシーとは養成講座と保育実習を受けたドライバーが妊婦の外出サポートや子どもの習い事の送り迎えなどをする試みで、課長の大城(北村総一朗)が雑誌の取材を受けるなど話題にもなっていた。衿子が勤める営業所では子育てタクシーだけでなく、ヘルパーの資格を持ったドライバーが介助や病院での付き添いをする「福祉タクシー」も導入しており、衿子はホームヘルパーの資格も取っていた。

ある日、大城の孫・耕平(秋元黎)の送り迎えを頼まれた衿子は二つ返事で了承する。ところが、英会話教室に向かうはずの耕平から芝浦に連れて行ってほしいとせがまれる。聞けば日曜参観のお知らせを父・周一(ほっしゃん。)に渡したいというのだ。困った衿子は大城に相談する。周一は一年前に大城の娘・由紀子(濱田マリ)と離婚していた。しかし孫の自発的な申し出に大城は言うとおりにしてほしいと頼む。

衿子と耕平は、耕平の記憶を頼りに周一が住むアパートにたどり着いた。しかし周一と出会い短い会話を交わした直後、周一は国際投資会社社長・吉本徹男(高橋和也)殺しの重要参考人として、耕平の目の前で警察に連れて行かれてしまう。

吉本には架空の高配当を謳って資金を集めた詐欺の疑いがあり、被害者の会が結成されていた。衿子から顛末を聞いた大城は周一への疑いを晴らすため、被害者の会に行ってみると言い出す・・・。



  1クリックお願いしますm(__)m  
   にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ



  gracieux(グラシュー)

ブログランキング
ぱ・す・た・い・むⅡ
つぶやきブログへ

おもにパチンコが中心ですが、映画、美容関係、日常のくだらないことなどをブツブツと呟いています。


こちらにもぜひお立ち寄りください(^_-)-☆

livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ