2012・10~12月ドラマ

花のズボラ飯「ミズキのけんちん汁&花のカツ丼」「湯豆腐&花のクリスマス○○!」第9・10話

9話のストーリー

クリスマスムード漂う街を一人歩く花。
DSC04606

楽しみにしていたゴロさんとのハワイ旅行がゴロさんの仕事が入り行けなくなってしまい落ち込んでいたのだった。
DSC04605

花をはげまそうとミズキが家にやって来てけんちん汁を作る事に。
DSC04607

DSC04609

けんちん汁のおかげで少し元気ななった花だったが、ミズキの突然の告白に驚く!!「赤ちゃんが出来た・・・」
DSC04610

悩んでいるミズキを元気づけようと今度は花がカツ丼を作る。
DSC04611


10話のストーリー

ゴロさんから少し早いクリスマスプレゼントが届く。
DSC04613

実家で湯豆腐を食べる花。
DSC04614

ゴロさんに会えない寂しさはあるが、喜ぶ花。しかしその大切なプレゼントを無くしてしまう。
DSC04615

「ゴロさん、花の事、嫌いになっちゃうかも」と心配する花にミズキが「直接会って聞いて来れば」とアドバイスをする。
DSC04617

ゴロさんの為に料理を作り
DSC04618

新幹線に飛び乗った花だったが・・・。
DSC04620

家に携帯を忘れてきた。その頃、その携帯にゴロさんから電話が・・・「休暇が取れたので東京に向かってる」と留守電にメッセージが入る。



  1クリックお願いしますm(__)m
    にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ



  パールホワイトプロ2

土ドラ「高校入試」第13話

13話のストーリー

村井祐志に指摘をされ、語り出す春山杏子。杏子が語りだしたのは、過去に交際をしていた寺島俊章の死の理由と「なぜ彼が死ななきゃならなかったのか」という疑問を解決するために杏子が教師になることを決意した経緯。
DSC04366

そして橘第一高校の教師になってから杏子が感じてきた疑問とフラストレーションを語りだす。

そして、徐々に明らかになる杏子の意図。彼女は、なぜこの事件に荷担したのか・・・杏子は教師たちにとあるウェブサイトを見せる。
DSC04367

それは杏子が「寺島が死ぬことの原因となった採点ミスがなぜ入試から半年たったころに発覚したのか」という疑問を調査するうちに行き着いたとあるウェブサイト。そこに残っていた「とある過去」が、この事件には大きく関わっていた。
DSC04368

そして杏子は、もう一人の「犯人」を指摘する。その人物とは荻野先生だった。
DSC04369

荻野先生もこの計画に荷担した経緯を話す。

DSC04370

受験番号46番は兄の復讐のためにやったことだったが・・・
DSC04371

その結果、白紙、受験番号記入忘れは0点とした。

合格発表の日・・・

沢村会長の息子も松島先生の息子も携帯電話を鳴らした芝田麻美も合格となった。
DSC04373

そして、今回の入試をぶっ潰せの書き込みの張本人である受験番号46番は不合格となった。
DSC04374

今回の件で杏子は辞表を提出したが受理されず、校長が責任を取って辞任した。
DSC04375




  1クリックお願いしますm(__)m
    にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ



  SKIN&LAB


ポイズン「人が人を殺すとき」第13話

13話のストーリー

直美は、笹谷による大月暗殺計画を察知し、寸前のところで阻止する。
DSC04377

が、笹谷は大月のボディーガードに撃たれる。
DSC04378

一方、公安に追われている千葉は、人気のない場所に直美を呼び出し、直美の父親の死に関する驚愕の真実を口にする。
DSC04379

直美の父親は、やはり自殺ではなく殺されていた。そして、その真犯人に関するデータが千葉から直美に渡される。
DSC04380

その直後、一人になった千葉は何者かに襲われ意識不明の重体になってしまう。
DSC04381

凄まじい怒りと悲しみに打ちひしがれている直美の前に、松井が現れ、直美にささやく
DSC04382

あなたの父を殺し、千葉刑事を抹殺しようとした男に会わせてあげましょう、と大月のいる別荘に連れて行く。
DSC04383

そして、気が付くと直美の手には毒の瓶が握られていた・・・
DSC04384

大月は自分が雄一と千葉を殺したことを認め、君のような末端の人間に私を逮捕することなど不可能だと直美に言い放つ。この後、大月が直美と松井の酒を作るために席を外すと、松井は大月に殺意を抱く直美の心を見透かしたように毒を入れるなら今だと伝える。大月のグラスは目の前にあった。大月は二人分のウイスキーのグラスの1つに毒を垂らし、直美も毒の瓶の蓋を開けて大月のグラスを見つめる。大月は私の下で働かないかと誘うが、直美はあなたを絶対に許さないと拒否。松井は奇妙な出会いを祝って乾杯しようと声をかけ、3人はそれぞれのグラスを口に運ぶ。

透はDVDの暗号を解析してファイルを確認。そこは雄一の遺体の首にあった掌紋の画像が入っていた。その掌紋は大月の掌紋と一致し、透は大月が雄一を絞殺した決定的な証拠になると確信する。警察のトップは皆大月派で、証拠は握りつぶされる可能性が高い。それでも刀根山は警視総監に電話を掛ける。

酒を飲んでから23時間が経過した頃、直美は松井と一緒にいた。結局、大月のグラスに毒を入れなかった直美。松井は大月を殺せたのに毒を入れなかった直美が理解できなかった。直美は「誰の心にも小さな英雄がいる」という雄一の教えを無駄にすることが出来なかったのだ。

この後、松井は大月が直美のグラスに毒を入れていたことを教え、直美は死の恐怖に怯える。だが、直美は毒を入れなかった事を後悔していなかった。完全犯罪の毒を手にしても使えない人間もいると言う直美の言葉に松井は負けを認めて去って行く。直美は意識を取り戻した千葉が入院する病院を訪ね、検察が大月の逮捕に動き出したことを報告する。その頃、松井は「誰の心の中にも小さな英雄がいる」という直美の言葉を思い出していた。別荘で自分のグラスと直美のグラスをすり替えていた松井。直美の代わりに毒が入った酒を飲んだのは松井だった。その時、25時間が経過し、松井はゆっくりと崩れ落ちる。



  1クリックお願いしますm(__)m
    にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ



  フェヴリナ炭酸ジェルパック


遅咲きのヒマワリ「自分らしく咲ける日が来ること、信じていますか?」10話

最終回のストーリー

小平丈太郎は、藤井順一と共に休耕田を利用して米作りをすると決めたが、田んぼは使えるようになるまで早くて3年かかると聞き、3年契約で四万十に来ている自分の今後を思う。
DSC04317

同じ頃、二階堂かほりは、東京に戻るか、四万十の病院にとどまるか決めかねていた。患者たちにずっと病院にいると約束した責任がある、と悩むかほりに、丈太郎は自分のしたいようにすればいい、と事も無げに言う。そんな発言にかほりは腹を立てる。
DSC04318

数日後の夜、丈太郎はかほりをカヌーに誘う。寒空の中カヌーに乗る内、ふたりの脳裏にはこれまでの様々な出来事がよみがえる。やがてかほりは、自分の研究医を目指そうと思ったきっかけについて話し始める。それを聞いた丈太郎は、そんな思いがあるなら患者たちも責めたりはしない、ここで夢がかなえられないのなら東京へ行くべきでは、と助言する。
DSC04319

後日、東京行きを決めたかほりの送別会と、理学療法士の試験に合格した松本弘樹を祝う会が開かれ、丈太郎、順一、森下彩花、今井春菜が出席した。一同を前に挨拶した順一が乾杯の音頭を取ろうとしたとき、突然丈太郎がそれを制した。みんなに報告したいことがあると言う丈太郎は自分は地域おこし協力隊を辞めた、と発言。一同が凍りつく中、東京に戻るのか、と順一に聞かれた丈太郎は・・・これからは四万十の人として米を作ったり、年寄りのサポートをやって行きたいと思っていることを伝える。
DSC04320

そして東京に戻ったかほりは、教授の研究チームに戻ることを辞退したいと申し出る。研究できる場所を自分で探して夢を叶えると伝えた。
DSC04322

順一は店を閉めることに同意した。
DSC04324

みんなでツリーを飾った。
DSC04326

丈太郎は東京へ行き、かほりに想いを告げる。happyend
DSC04330



  1クリックお願いしますm(__)m
    にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ



  SUUMO


PRICELESS「聖なる夜に起こす最後の奇跡」最終回

最終回30分拡大&一部生放送!

ストーリー

それが・・・俺にとっての魔法です。

金田一二三男、模合謙吾、二階堂彩矢が暮らす「幸福荘」の前に、榎本小太郎たち「ミラクルエレクトロニクス」を退職した会社員がやって来た。社員たちは金田一と約束した魔法瓶事業再開の約束を反故にしたばかりでなく、それまでの大屋敷統一郎の経営方針にも嫌気がさしたのだ。一緒に働きたいと言う「ミラクルエレクトロニクス」元社員たちだが、すでに金田一の「ハピネス魔法瓶」はなくなっている。とりあえず、金田一たちは集まった元社員の名簿を作ることに。
DSC04342

その頃、「ミラクルエレクトロニクス」の空になったオフィスには、統一郎と財前修だけがいた。絶望を口にする統一郎を財前は何とか助けたいと思うのだが・・・
DSC04341

模合は統一郎に会いに行くと言う金田一を「幸福荘」に引きとめ、自ら「ミラクルエレクトロニクス」へ。しかし、社長室には財前しかいなかった。統一郎を助けて欲しいと懇願する財前に、模合は困惑してしまう。
DSC04343

模合が「幸福荘」に戻ると、金田一の部屋に統一郎がいた。一体統一郎は何をしに金田一を訪ねて来たのだろうか。不安げに見る模合と彩矢の前で、金田一と対峙した統一郎は・・・金田一が自分の弟であると話す。
DSC04344

DSC04345

DSC04346

DSC04348

DSC04349

DSC04351

DSC04352

DSC04353

DSC04354

DSC04357

DSC04360



  1クリックお願いしますm(__)m
    にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ


  SUUMO


TOKYOエアポート「感動の最終回!命を守る航空管制官」第10話

最終回!!


 


 



  1クリックお願いしますm(__)m
   にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ




 フェヴリナ


土ドラ「高校入試」第12話

12話のストーリー

応接室では、相田清孝をめぐって滝本みどりと石川衣里奈が激しく罵りあっていた。春山杏子ら教師たちが必死に二人を止めている。それを見ていた村井祐志が突然「いい加減にしろ!」と叫び、応接室はしんと静まり返った。杏子ら教師たちは村井に注目する。DSC04386

一高出身でない村井は自分の子供時代の一高に対するあこがれや中学時代の辛い思いで、そしてやむなく一高受験を断念した経緯などを語り、入試の大切さを訴えた。DSC04387

そして村井はある人物を指差し、受験をぶち壊そうとしている目的を問いかけた。応接室にいた教師たちは驚いた様子で、村井の指差した人物に注目する・・・
DSC04388

杏子はすべてを語り始めた。
DSC04389



  1クリックお願いしますm(__)m
    にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ



  ニキビ・脂性肌用


悪夢ちゃん「私達の未来を切り拓け!涙と希望のカーニバル」最終話



11話のストーリー「ドリー夢」

武戸井彩未(北川景子)が志岐貴(GACKT)を殺してしまったと思い込んだ古藤結衣子(木村真那月)はショックで意識を失い、昏睡状態に陥ってしまう。結衣子が目を覚まさない原因は医者にも不明。古藤万之介(小日向文世)が言うには「意識の世界を捨て無意識の世界に行ってしまった」という。このまま眠り続けると現実にいる結衣子の身体は滅びてしまう…しかし、そんな状態でも結衣子は予知夢を見ていた。その夢札を見る彩未。


シスターマリカ(藤村志保)に会うために児童養護施設にやって来た彩未。そこで彩未は人身売買を行なっていた闇の組織の全貌と自らの過去を知る事になる。


病院のベッドでは、未だに結衣子は眠り続けたままだった。しかし5年2組の生徒は、口々に「結衣子を見た」と言う、公園や、駅や、美容室で…結衣子は友達の前に現れ、すぐに姿を消した。


このまま夢の世界に行かせるわけにはいかない…彩未は結衣子の無意識にアクセスすることを試みる。

彩未の過去、夢獣の正体、結衣子の父親…全ての謎が、今、明らかになる。



  1クリックお願いしますm(__)m

   にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ



   


ブログランキング
ぱ・す・た・い・むⅡ
つぶやきブログへ

おもにパチンコが中心ですが、映画、美容関係、日常のくだらないことなどをブツブツと呟いています。


こちらにもぜひお立ち寄りください(^_-)-☆

livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ