東横スポーツ〜スポーツ・芸能など幅広い情報を発信〜

 東スポ
祐天寺・学芸大学・代官山在住の筆者達が、渋谷の事務所で編集しており、
「東横線」に縁が深いので、「東横スポーツ」と名づけました。
スポーツ・芸能から株などの政治経済ネタまで、幅広く扱います。
どうぞよろしくお願いします。

2007年06月22日

車内レイプ「女性がワルい」 市民記者記事に非難轟々1

このPJの記者、外国人かと思ったら日本人なんですね。びっくり。

はっきり言ってあまりいい記事ではないが、だからと言って全面的に批判するというのはいかがなものでしょう?

この記事中の、「ミニスカートに、太ももムッチリ、座るとパンツちょろ見え、下着ファッション、場違いノースリーブ」をファッションとして心得ている女性が、「本物の痴漢世界を許容している」というのは、言い過ぎだが、パンツやブラを露出して人前に出ているのは問題視されないのでしょうか?

やはり無防備と言わざるを得ないと思いますが…

と書くとこのblogも炎上するのでしょうか???

コメントは大歓迎ですが、賛否両論どちらにせよ建設的な意見をお願いしますm(_ _)m


レイプなんかしないで、【100%出会い保証】恋人・セフレは当たり前!必ず出会える超裏ワザで毎月150万円を稼ぐ方法!★ 販売終了!100部限定 ★のような情報を手に入れていれば、犯罪者にならないで済んだのに…


今や「古き良き日本」は失われてしまったと言っても過言ではありません。
「加害者が悪い」と言ったところで被害者は救われません。


この件に限らず、交通事故もそうなんですが、「轢いた運転手が悪い」と責めてみても、轢かれた側は痛い訳ですし、下手をすれば命を落とします。

加害者が悪いのは間違いないのですが、日頃から被害者にならないように気をつけた方が良いようです。

以下Livedoorニュース
〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ライブドアの「市民記者」が書いた特急電車内でのレイプ事件についての記事に、同じライブドアのニュースサイト「独女通信」が激しくかみついた。この事件は「(被害者である)女性がワルい」という内容だったため、「これはないんじゃないか」と反論に踏み切った。ネット上でも「最低で最悪の記事」といった批判の声が上がっていた。

自己主張しなかったから、レイプされた??
問題となっている記事は、PJニュースがライブドアに2007年4月26日に配信した「レイプ事件、『一番ワルい』のは誰だ。」と題された記事。06年8月にJR北陸線の特急電車「サンダーバード」車内のトイレで、当時21歳の女性を乱暴したとして男が逮捕された事件について書かれた。

記事は、PJニュースの市民記者がこの事件について「誰が一番ワルいと思うか」と、電車内やバスなどで女性に意見を聞くというところから始まる。

そして、市民記者の「突撃インタビュー」に対してはっきりと意思表示をしなかった女性に対し、

「私は『やっぱりだな』と思った。この意思表示しない女性、今時の女性はハッキリしてるからと思いきや、男に対しては驚かないが、喋りの表現の仕方が、はっきり言ってまるでガキ。日本人特有のファジイなのである」
とした上で、次のようにレイプ事件を評している。

「なぜ、その(周りの人にアピールする)勇気が持てなかったのか。それは、自分が危険であるにもかかわらず、まだウジウジと、拒否の表現をしない曖昧さが、普段から身に付いているのである。結果として、そのファジイがレイプされる事になったのだ。だから、この女性が一番ワルいのだ。自己主張しなかったから」
さらに、「ミニスカートに、太ももムッチリ、座るとパンツちょろ見え、下着ファッション、場違いノースリーブ」をファッションとして心得ている女性が、「本物の痴漢世界を許容している」といった具合に、言いたい放題の批判を繰り広げる。

女性全般が不快に思った
この記事の配信直後から、「はてなブックマーク」ではこの記事へのブックマークが100以上つけられ、「この事件で最低で最悪の記事ですな」「ひどすぎる」などと批判のコメントが相次いだ。

これに対し、同じ ライブドア で女性の話題を中心に取り上げるニュースサイト「独女通信 」までもが噛み付いた。

同サイトの07年6月18日付けの「独女通信がPJ記者に物申す」と題した記事では、

「女性から見ると、この男性記者の言い分は女性を取り巻く世界をまったく理解していない、的外れなものだといえる」
と厳しく批判。

自分より腕力の強い人間に、デリケートな部分に土足で踏み込まれたときの恐怖感が想像できていない。見知らぬ「ネットジャーナリスト」にいきなり話しかけられても本音は言えない。服装の派手さと痴漢被害が直結しているわけではない。「被害にあった女性が悪い」と言うのは、窃盗の被害者に「お金を持っているのが悪い」と言うに等しい。
このように、「女性の視点」から徹底的に批判している。

女性の「ホンネ」を描くことが多い「独女通信」にしては珍しい「直球」記事。そして、ともにライブドアにニュース配信している間柄でありながら、ここまで「噛み付いた」のはなぜなのか。

「独女通信」担当者はJ-CASTニュースの取材に対し、次のように話す。

「(ライブドア社内などで)女性全般が不快に思ったところからはじまりました。『これはないんじゃないか』と。(PJニュースの配信先が)ライブドアだからと言っても反論したい、女性を代表したニュースサイトとして『一言言っておきたい』という気持ちがありました」
PJニュースの配信後、ライブドアには「セカンドレイプではないか」とPJニュースの記事を批判するメールが50通ほど寄せられていたという。そうした反響もあり、「黙ってられない」と反論記事の掲載に至ったようだ。

Google

トラックバックURL

この記事へのトラックバック
1. ナンバーナイン  [ ナンバーナイン ]   2007年06月23日 08:38
ナンバーナイン
この記事へのコメント
1. Posted by nanasi   2007年06月23日 01:10
3 日本にはじめてきた外国人が、露出の多い服を着てる女性達を見て一言。
「日本には、なんでこんなに売春婦が多いの?」
2. Posted by 愚者   2007年06月24日 18:44
「露出度の高い服は〜」ってのはあまり言い訳にならないですよ。
レイプなんて昔から多くあったわけで、現在増えているってわけでもないですから。
それよりもマッチョな文化かどうかによるところが大きいと思います。


>nanasiさん
そうですかね?
欧米に行ったらわかると思いますが、向こうの方が男女ともに露出度が高いと思いますよ(寒冷地は別として)。

この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ランキングサイト
     
ランキングサイトに登録しています   
宜しければご協力ください。   
よろしくお願いします。   
ポチッ
よろしくお願いしますm(_ _)m