東横スポーツ〜スポーツ・芸能など幅広い情報を発信〜

 東スポ
祐天寺・学芸大学・代官山在住の筆者達が、渋谷の事務所で編集しており、
「東横線」に縁が深いので、「東横スポーツ」と名づけました。
スポーツ・芸能から株などの政治経済ネタまで、幅広く扱います。
どうぞよろしくお願いします。

2007年08月22日

あの現場は今…。女性専用スパ施設爆発事故=東京・渋谷

久々のシエスパの記事です。私はこの事件に興味を持っていたので、飛びついて読みましたが…

大した記事ではありませんでしたorz

最近PJが叩かれていますが…中身の無い記事が乱発されているだけに思えてなりません。確かに「釣り」も多いし。

で、結局事故原因の詳細とか、そういう知りたいことが報道されていませんよね。
まあ、「取材」と言っても、それこそ大手新聞社やTV局などじゃないと、ろくに取り合ってももらえないのでしょうけど…

それにしても、最近は中身の無いTV番組とかが多過ぎます。
バラエティは制作も楽だし、費用もかからないと聞いています。
それに、何より、そういう番組を楽しんで見る視聴者が多いことが原因です。

バラエティ自体は否定しませんが、ちと数が多過ぎやしませんか?

表層的な物の捉え方しかできない人間が増えていると思います。

嘆かわし…

以下Livedoorニュース
〜〜〜〜〜〜〜〜〜

今年6月19日、渋谷の高級住宅街で突如発生した女性専用スパ施設「シエスパ」の爆発事故からおよそ2カ月の月日が流れた。事件の記憶は風化し、テレビや新聞などで報道されることはなくなった。写真は、今月16日に撮影したもの。事件の傷跡はまだくっきりと残り、本館には今も数名の警備員の姿があった。

 「本館に人の出入りはあるのか」警備員に尋ねると「わからない」と口をつむいだが、別の警備員に話した上で尋ねると「作業員しか出入りしていない。社員はもうここにはいない」とこたえた。見てみるとシエスパの裏口には、簡易的な関係者専用の出入り口が設置されていた。

 爆発したシエスパ別館の向かいや隣家など、すぐ近くの家々は一応に爆発で負った傷の修理工事をしていた。向かいの家の修理をしていた工事関係者に尋ねたところ「壁の修復をしているだけで、家を建て直すようなことはない」、隣のアパートの工事関係者も「壁に入ったひびの修復」、他の家にもブルーシートが被せられるなど、現場の傷はまだ癒えていない。

 また、シエスパを運営していた株式会社ユニマットビューティーアンドスパに取材しようと同社の事故対策本部に電話をかけたのだが、留守だったのか誰も出なかった。

 付近の高級住宅街には、今もなお「カンカンカン…」という修理工事の音だけが虚しく響いている。
Google

トラックバックURL

この記事へのトラックバック
1. シエスパ  [ 一語で検索 ]   2007年08月24日 17:25
シエスパでの検索結果をマッシュアップ。一語から広がる言葉のポータルサイト。
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ランキングサイト
     
ランキングサイトに登録しています   
宜しければご協力ください。   
よろしくお願いします。   
ポチッ
よろしくお願いしますm(_ _)m