風を探してる

いつも風を探してる私のブログです。

2014年02月

イメージ 2
昨日はCRF250Mにナックルガードを装着しました。
 
取り付けにはわりと苦労しました。
 
ネットショップで売ってる汎用品なんで、CRFのハンドル形状と微妙に合ってませんでした。
 
しかしこのナックルガードはプラスチック製なんで、多少の事は力技で切り抜けられます。
 
やや強引にぐいっと曲げて、ボルトを締めて完了!
 
樹脂製なんで軽い分、金属の芯が入ったものより、ハンドルの慣性質量を抑えられ、ハンドリングへの影響が少ないと思われます。
 
なんてもっともらしいこと言ってますが、そんなにシビアなコントロールはしてませんけどね(笑)。
 
とりあえずバイクが一段と男前になりました。
 
 
 
 
 
イメージ 1
 
せっかくなんでご飯を食べにツーリングに行ってきました。
 
ランチツーです。
 
ちょっと遠回りして、峠を抜けて岡崎市国道1号線沿いのばーばらへ。
 
イメージ 3
 
ここの魚介系?のとんこつがとても好きです。
 
画像はなぜか幸田店の塩ラーメンです。
 
以前撮ってあったんで没供養にこっちを掲載(笑)。
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
 
道の駅幸田筆柿の里で休憩するのも私の定番です。

本来月曜は休みなんですが、今日も余裕で仕事でした。
 
なんだかんだで休めません。
 
でも、今日は仕事の合間にチェーンを交換してしまいましたよ。
 
CRF250Mを手に入れ、RS4を弟に譲ったとは言え、半分私の物みたいなもんですから(笑)。
 
当然、私がメンテです。
 
もうチェーンの調整域がなくなってたんで交換です。
 
RS4の純正チェーンはノンシールチェーンです。
 
小排気量車はフリクションの少ないノンシールチェーンがよく使われています。
 
しかし、メンテナンスや交換サイクルを考えると、シールチェーンだろうと言う事で、今回はシールチェーンに交換しました。
 
シールチェーンはチェーンの中のグリスが出ないようシーリングしてあるチェーンの事です。
 
チェーンの寿命はこちらが断然上です。
イメージ 1
江沼のEKチェーンです。
 
QXリングと言うシールがなんとなく抵抗も少なげで、よさそうに見えたので購入しました。
 
まあ、普通にシールチェーンでした。
 
名の通ったメーカーのチェーンならどれも大差ないと思われます。
 
イメージ 2
交換してみました。
 
下にあるのが外されたノンシールチェーンです。
 
すごく柔らかで、エネルギーロスは少なそうですね。
 
鎖のようにタラタラな感触でした。
 
持って比べてみると、たしかにシールチェーンの方が抵抗は多いだろうと言うのがよくわかりました。
 
よく言えば、頼もしい手応えとも言えますかね(^^;。
 
買ってしまったんだから、付けなきゃしょうがないです。
 
イメージ 3
クリップジョイントを付けるのに、なかなかパワーがいりました。
 
シャコ万で挟んでやっと入りました。
 
白いグリスがたっぷり塗ってあるとこですね。
 
やれやれ。
 
 
 
で、ちょっと走ってみましたが、若干パワーロスがあるのかな?と言った程度でした。
 
以前はもうちょっと発進が軽快だったような気がします。
 
最高速に影響があるのかまでは、まだわかりません。
 
エンジンパワーをタイヤに伝えるダイレクト感は増したようにも感じます。
 
持ったときのしっかり感ゆえのプラシーボ効果かもしれませんね。
 
兎に角これで、確実にメンテサイクルは伸びたはずです。
 
また、気付いた事があれば報告したいと思います。
 
 
 
PS 
 
RS4 125の記事を参考に見てくれる方もいそうなので報告しますと、チェーンは428と言うサイズで、136リンクです。
 
私の場合、140リンクを買って、4リンク切りました。

イメージ 1
 
せっかくのニューマシンCRF250Mなんですが、忙しくて乗ってられません。
 
ああ、ツーリング行きたい。
 
でもここんとこ寒すぎて遠出は厳しいかな?
 
そんなわけで近場をちまちま走ってます。
 
RS4に比べてポジションがずいぶん楽になりました。
 
いつまでも乗ってられそうです。
 
そしてカーブをクリンクリン回れて楽しいです。
 
RS4とはまた違ったコーナリング特性ですね。
 
まだ100kmほどしか乗れてないので、あまりはっきりした感想は書けません。
 
とにかくもうちょっとこれで遠出したいです。

↑このページのトップヘ