風を探してる

いつも風を探してる私のブログです。

2015年12月

今年は年末年始の仕事のボリュームが多くてバタバタしています。
いわゆる修羅モードで働いてます。
イメージ 2
もうちょっとで四門も開こうかという所です
けど常人は四門が開く前に死んでしまいますね
あ、そこまで追い込まれてませんからご安心を!
夜は寝る場所に帰れてるし・・・
とりあえず元旦二日は休めそうです。
 
 
 
今日はさすがに半日で仕事を切り上げました。
お蔭で走り納めにも行けました♪
とは言え本当に散歩程度のお出掛けでした。
イメージ 3
西尾市のグリーンロードを抜け、市内の寺部海岸まで行ってみました。
へひり浜です。
そんな別名があるのを最近知りました。
その昔、お姫様がここで盛大なおならをしたんだそうですよ orz =3
イメージ 4
ちょっと海岸沿いを走り~
イメージ 5
その後、三ヶ根山を走り、幡豆広域農道を抜け、r322の気分いい直線を走り~
イメージ 6
いつもの筆柿の里で小休止です。
フランク屋さんはもう昨日から休んでるようです。
楽しみにして来たのに残念~
大晦日なのに、けっこうバイクもいましたね~。
私もいっぱしに走り納めなんて出来てよかったです
 
 
 
ブロ友の皆さんのように、今年を総括するような記事を書きたいところですが、あまり時間の余裕もありません。
大掃除なんて全然してませんから~ 
とりあえず洗車もしたいなあ。 
寒いけど今から行っとこう
ちょっとした寒稽古ですばい
 
 
 
今年はブログを通じての出会いが多くて感謝な年でした。
当ブログに訪れてくれる皆様に多謝。
拙いブログですが、今年も訪問・コメ・ナイス等ありがとうございました
よいお年を~
 
 
 
イメージ 1
とりあえず警戒モードのテラも賑やかしに貼っときます
  可愛いと言って頂いてありがとうございます
 
 
 
それと~、年が替わってすぐのニューイヤー記事のアップも無理目なんで、今書いておきます。
バルス!

ここんところ忙しかったんで、今日は臨時休業でした。
下っ端だけ
私は打ち合わせや購入品の手配で、ちょっと会社に出向き、その後自由になれたんで、リベンジに行って参りました。
何のリベンジかと言えばこれです。
以前、ここへ行こうと思って出かけたら、定休日でした。
今日は火曜なんで大丈夫だろうと出かけて来ました。
 
 
イメージ 1
出かけたのは名古屋市天白区にあるチャイナポートさんです。
あさりスープの手もみラーメンで有名です
愛知でラーメンに煩い人なら大抵ご存知じゃないでしょうか?
懐かしい店です
社会人となって数年は名古屋市天白区の会社にて働いてました。
その頃、時々お邪魔してました。
実に20年ぶりくらいのお邪魔となります。
国道23号バイパス~名二環と道が走りやすくなり、なんと12時前には到着できてしまいました
お蔭で待たずに席に着くことが出来ました。
帰る頃には10人ほどの待ちが出来てたんで、ナイスなタイミングでした
 
イメージ 2
頂いたのは味噌ラーメン。
20年位前はこんなメニューなかったですよ。
台湾ラーメンもメニューに加わってて驚きました。
中で作ってるのもおやっさんじゃないんですね。
手もみラーメンを食べるつもりが、味噌ラーメンになってしまいました。
温かめな冬の日でしたが、バイクで走って行くと、それなりに身体も冷えてしまいます。
温まりそうな味噌ラーメンのチョイスとなりました
ん~、これも美味しいじゃないですか
味噌の甘辛さが絶妙でした。
このスープ、ご飯にもすごく合いました!
手もみラーメンと台湾ラーメンも、またいずれ食べに行こうと思います。
 
 
 
 
イメージ 4
イメージ 3
ラーメンだけで終わるのも何なんで、有松にも寄って帰りました。
旧東海道の風情を残した古い町並みとブラックデビル(CRF250M)。
仏壇っぽいカラーリングは意外に古い町並みに溶け込んでます(笑)。
 
 
 
 
イメージ 5
 
イメージ 6
 
イメージ 7
もう一箇所、寄り道したのが安城デンパーク。
ここのメタセコイア並木もなかなかでしょ?
夜は園内でイルミネーションも見られます。
オサーン1人で探検するのは、こっそり堂(参照http://blogs.yahoo.co.jp/kumaha_morinonaka/36871479.html)に入るより勇気がいるかもしれません
子供も大きくなると家族で出かけることもないしなあ
 
イメージ 8
風車によじ登るサンタクロースがいました。
昼間にこんな状態で見るサンタは何だか怪しく見えますね
 
 
 
今日は少しでしたが、バイクで走ってストレスを風に吹き飛ばして来れました。

イメージ 1
昼間のパパは ちょっとちがう
昼間のパパは 光ってる
昼間のパパは いい汗かいてる
昼間のパパは 男だぜ~
 
そんな感じで頑張れてるのかな?自分
 
今日は重い物を運ぶ事が多く、ちょっとハードでした。
 
半端な管理職は作業者筆頭でもあるのです。
 
率先して頑張らねばなりませぬ。
 
 
 
忙しいとミスも増えますね。
 
今日はちょっとやらかしました
 
直接うちのミスではありませんが、いい仕事を心がけたい私としては、製品がふいになる前に気付いてあげるべきだったなと感じました
 
 
 
そして、応援ありがとうございます!
 
単純なヤツなんで、温かい言葉を貰うと、それだけで半日は余分に頑張れます
 
私と同じに忙しい方々、共に頑張りましょうね!!
 
 
 
PS.リコメもしばしお待ち下さい m(_ _)m

昨日も休みは半日程度でした。
もう年内は大晦日が休めるかどうかってところですね
頑張ります!
 
 
 
12/14。 
あいにくの曇り空でしたが、12月にしては暖かだったんで、RS4 125で知多半島をぶらりとして来ました。
イメージ 1
師崎のあたりから豊浜方面に向いた景色です。
 
イメージ 2
海沿いの道を走るのは気持ちいいものですね♪
 
イメージ 3
白いクルーザー 雲越えて 光と競え 空と海
気分よくって鼻歌まじりに、Ⅹライダーの歌なんか歌いながら走ってしまいます
 
 
 
イメージ 4
師崎から豊浜方面に向かう途中。
海に飛び出しそうなカーブがけっこう好きです
スピード注意
 
イメージ 5
海っ子バスと。 
 
 
 
 
イメージ 6
豊浜漁港まで来ました。
 
イメージ 7
魚ひろばには寄らず、ブログの記事用に漁船とRS4 125を撮影
 
 
 
 
イメージ 8
つくだ煮街道でコーヒータイム。
平日の16時くらいだと、ひっそりしてました。
てか客、自分だけ?みたいな
昼ごはんはがっつり食べてたんで、特に買い食いはなしです
 
 
 
イメージ 9
ちなみに昼食は碧南市のえびす屋で広島焼きを頂きました。
説明も不要でしょうけど、焼きそばが入ってます。
私、お好み焼きは広島焼きが好きです
 

今日は朝一で納品を終えてから時間が出来ました。
てか、本当は休みなのに納品だよ。
まったく~
 
 
 
さて、気を取り直してお出かけです。
ランチツーにしよう!
豊橋カレーうどんを食べに行こう
と言う事で出発。
イメージ 1
とりあえず豊川の畔です。
イメージ 2
バイクを停めたら鴨が逃げて行きました
 
 
 
そして目当ての豊橋カレーうどん店は定休日で閉まってました
そんなこともあろうかと第2候補の店に行ってみたら、またも定休日
さらに二軒行ってみましたが、ことごとく定休日でした
豊橋カレーうどんを出す店は、月曜を定休にする取り決めでもあるんでしょうか?
もう豊橋市内をウロウロする気をなくし、伊良湖方面に行く事にしました
食後は伊良湖まで足を伸ばそうと思ってましたしね
 
 
 
 
イメージ 3
伊良湖へ向かう県道42号で見かけた菜の花畑。
常春と言われる渥美半島らしいですね
 
 
 
 
イメージ 4
道の駅あかばねロコステーションです。
イメージ 5
ステーションの2階からの眺め。
 
 
 
 
イメージ 6
さらに伊良湖に向かったあたり。
太平洋側になります。
この辺の海沿いを走るのが、爽快感あって好きです
イメージ 7
 
 
 
 
イメージ 8
伊良湖岬まで来ました
いちゃいちゃしたカップルもいないんで恋人の聖地らしいとこで記念撮影
 
イメージ 9
岬の反対側、道の駅伊良湖クリスタルポルトです。
イメージ 10
イメージ 19
港を見ながらカレーを頂きました
カレーうどんを食いそびれたんで、カレーライスを頂きました。
 
 
 
 
イメージ 18
伊良湖岬から少し戻ったところ。
こちらは三河湾側になります。
 
 
 
イメージ 11
とりま風車にもw
 
 
 
 
イメージ 12
イメージ 13
クネクネ成分が足りない気分だったんで、三河蔵王山にも寄ってみました。
展望台がリニューアルされてます。
改装されてからは初めてです
 
イメージ 14
展望台からの眺め。
 
イメージ 15
あの橋を渡って帰りますよ~。
 
 
 
 
イメージ 16
筆柿の里・幸田で小休止。
イメージ 20イメージ 21
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今日のお勧めってことでトントロと男の一杯ですw
トントロの感想は
「くどすぎてちょっと・・・フランクにしときゃよかった」
ってなものです。
もちろん個人的な意見です
イメージ 17
かなり日も傾いて来て、一層冷えて来たんで、急いで帰りました。
 
 
 
 
走行距離は204kmのショートツーリングでした。
画像はないですが、三河の平野部も紅葉してきて、よい景色の中を走って来れました。

↑このページのトップヘ