風を探してる

いつも風を探してる私のブログです。

2016年09月

少しずつ記事のUPと実際の日付に開きが出て来ています(^^;。
9/26(月)のこと。
遠州温泉ツーの翌日、行きつけのバイクショップの月曜休みの客連中で伊良湖ツーリングに出かけてきました。
ショップ主催のツーリングってほどのものじゃなく、もっとゆるい感じのツーリングです。
その日の朝、急遽ドタ参を表明です。
『日曜休んだから月曜の定休はなしよ』ってのもザラな私ですが、この日は幸い大丈夫でした。
ちょっと遊びすぎですが、夏休みらしい夏休みも、シルバーウィークも平常時同様に休んだだけなのですから、たまには連日のツーリングもいいでしょう。
 
9時にショップに集まってから出発です♪
 
 
 
イメージ 1
西三河から伊良湖のツーリングだと、時間に余裕があるんでまったりなツーリングです。
 
イメージ 5
まず赤羽根海岸でサーファー達を見学します。
 
イメージ 2
渚までサーフボード 重そうに抱え歩いてくる あの娘のシルエット
話しかけようか 迷い迷っているうちに 波の上パドルで沖へ消えてゆく
Little surfer girl♪
そんなイメージです(笑)。
 
イメージ 3
中央に小さく波乗りジョニーがいます。
 
イメージ 4
この日は波が高めで、初級者っぽい人達は入り江のこちらみたい。
しかし、平日からすごいサーファーで賑わってますね。
 
ショップの兄ちゃんはサーフィンもやってます。
ちなみにもういいオッサンだけど昔から兄ちゃんと呼んでます。
私ももう少し自由な時間が増えたら、波にも乗ってみたいですね
 
 
 
 
イメージ 6
伊良湖岬に到着です。
昼頃になると常春の伊良湖では、春夏用のジャケットじゃ暑すぎでした
 
イメージ 7
オサーンばかりなので例の鐘には興味なし!
 
イメージ 8
まずは灯台茶屋でランチです。
刺身とメロンと~
イメージ 9
大アサリで、伊良湖の旨い物をこれでもかー!と堪能させてくれます。
 
イメージ 10
お勘定すませたら、おまけにパイナッポーまでくれました♪
私はなぜかツレの分も2本食べてしまいました~!
満腹です。
 
 
 
イメージ 11
変なテンションのオサーン達は、灯台まで歩いてみることに!
ここまで歩くのは息子が小さい頃来て以来かも?
実に10数年ぶり
 
イメージ 12
オサーンばかりじゃむさ苦しいんで、ご婦人の後ろ姿も撮ってみたりしてw
 
イメージ 13
そして自分も。 
まるで自分の物であるかのようなポーズw
 
イメージ 14
灯台下からの眺めです。
 
 
イメージ 16
イメージ 17
 
イメージ 15
波にさらわれた流木の後を 躓きながら追いかける影がある
君のことを守りたい そのすべてを守りたい♪
 
ロマンチックな気分になるのは恋路ヶ浜だから?
ここにはオサーンしかいないけど!(笑)
 
 
 
 
イメージ 18
 
イメージ 19
風車にも寄ります。
風車までの海沿いの道も気分いいです
ショップの兄ちゃん、ここは知らなかったようです。
サーファーなんで太平洋側にしか興味がなかったんですね。
 
 
 
 
イメージ 20
道の駅めっくんはうす田原で小休止。
 
イメージ 21
メロンソフト~♪
画像忘れたけどイカ焼きも旨かったです。
 
 
 
 
イメージ 24
 
イメージ 22
 
イメージ 23
そして竹島まで来て、一服してから解散でした。
 
 
 
この日は思いのほかTシャツで歩き回り、陽に焼けて腕がヒリヒリ痛いですw
まだ伊良湖は夏でした。

9/25(日)。
ブロ友のmotoさんのキャンプツーに参加するため出かけてきました。
 
ちなみに私、宿泊ツーリングは自主規制しています。
仕事と言う大義名分がある以外は、訳ありの息子を抱えてるんで、泊りでのお出かけはしないようにしています。
禁止されてるわけじゃないんで、自分なりの線引きです。
そんなこともあり夜会からではなく、朝からの合流となりました(^^)ゞ
 
キャンプをどのくらいのタイミングで撤収するのか分からなかったのですが、早々に片付けてガンガン走るようなツーリングではなさそうなんで、9時くらいの到着を目安にして出動。
 
イメージ 1
サクサク走って1時間ちょっとで到着です。
浜名湖渚園の広々としたキャンプサイトです。
 
Like a long lonely stream I keep runnin' towards a dream
Movin'on, movin'on♪
その昔、浜田省吾がここで野外コンサートを行ったのは伝説です。
(A place in the sunはその時のオープニング)
 
晴れて気持ちのいい朝でした。
 
イメージ 2
イメージ 3
撤収を手伝う素振りで邪魔をしたり、
 
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6
浜名湖を眺めたり、ラジバンダリ(古っ)。
 
 
イメージ 7
記念撮影にバイクを並べます。
私は遠慮気味に端っこに(^^;。
 
イメージ 8
三脚も使ってバッチリ
イメージ 9
記念撮影はmotoさんのブログ太陽さんSUNで。
 
イメージ 10
ブラックデビル(CRF250M)も単騎で記念撮影。
ここでお帰りの方々(静岡組?)と、次の目的地の八扇乃湯に向かう方々でお別れです。
前日は雨中のツーリングとなり、温泉の予定を割愛したとかで、この日向かうことになりました。
 
 
 
イメージ 11
バイクの駐輪スペースが溢れてしまうんで、ROSHIさんと軽自動車枠を占拠。
 
イメージ 12
イメージ 13
池にはガモガモや鯉が。
鯉は「メシかー!?」とばかり寄ってきます。
食料を持ってなくてすまない
 
 
温泉ジジイとしては、なかなか満足なお湯でした。
露天風呂は実に気持ちいいです。
ワイセツ物珍列になるので画像はありません
 
 
イメージ 14
温泉を出たらコーヒー牛乳です。
こう言うところでは瓶のコーヒー牛乳の方が断然、趣がありますね。
飲む時は手を腰に~!
 
 
イメージ 16
ここでランチも済ませました。
ネギトロ丼。
スーパーで買ってくるヤツより、キメが細かくて美味しいです
 
 
イメージ 15
とりあえず自撮りもしてみたりしてw
 
そして帰路につきます。
 
 
 
イメージ 17
イメージ 18
浜名大橋を渡る旅団。
この道は気持ちいいですね
ツーリング日和で気分上々
 
 
 
イメージ 19
イメージ 21
道の駅潮見坂で休憩です。
 
イメージ 20
波状路さんのBMWにはSSTRのゼッケンが貼ったまま。
いかに楽しかったかが伝わってくるようです。
私も『千里浜で会いましょう(キリッ』がしてみたいなァ
 
 
 
イメージ 22
R23を西走中。
おじん様のBMW。
(この辺の車種はよく存じませぬ^^;)
若い頃はジジイになる前に死んでやる!くらいに思ってましたが、50を超えるとまだまだ長生きして、歳をとってもこんな風にバイクに乗っていたいと思います
 
 
 
イメージ 23
私の領地(笑)、筆柿の里で最後の休憩。
手前からROSHIさんの山賊、さやかちゃん号、motoさんの弐号機?です。
 
イメージ 24
もちろんフランクも頂きましたよ♪
 
 
筆柿から安城の和泉インターまで一緒に走ってからさいなら~!
残る道中も気をつけて!
温泉に浸かってまったりなツーリングも乙なものでした♪
 
こんな風に過ごせる一日があることに感謝です。
 
 
 
続いてちょっと回り道。
イメージ 25
イメージ 26
イメージ 27
イメージ 28
イメージ 31
日暮れまでに時間があったので、半田市の南吉の里矢勝川でヒガンバナを見てきました。
昼間のツーリング中、もうヒガンバナが見頃なんだと分かりました。
ここもばっちり見頃でした
この時期、童話の世界に迷い込んだような風景が広がって、大好きな場所です
 
 
 
イメージ 29
この日の〆は安城の博多ラーメン丸山です。
ブロ友さんのとこで美味しそうな博多ラーメンを見せられてしまったので、この日は博多ラーメンって気分でした
 
 
 
PS
イメージ 30
私も酷道軍団入りです
 

今日はブロ友のmotoさん企画のキャンプツーに2日目だけ参加してきました。
 
イメージ 2
 
立ちゴケすることもなく無事帰って来れましたよw
以前立ちゴケした理由を美人がいるせいにしたら、逆に美人がいるとコケることになってるし~
 
 
久々にまったりなツーリングでした♪
 
ご一緒して頂いた皆さんありがとうございます。
 
 
 
イメージ 1
帰って来てまだ時間があったのでヒガンバナも見に行ってきました。
 
詳しくはまた後日に~
 

ブロ友さんのキャンプベースを襲撃中。

イメージ 1

時間軸が前後しますが9/17の木沢小ツーリングの日の早朝のことです。
SSTRに参加のブロ友さん、ゆみっちさんのお見送り兼道案内などしてました。
サンライズ・サンセット・ツーリング・ラリー。
日の出とともに太平洋側から出発して、日没までに石川県の千里浜にゴールすると言うツーリング・ラリーです。
バイクに乗るブロ友さんには説明不要ですね。
 
久々に夜明け前から出かけてきましたよ♪
 
イメージ 1
なにこれ?
全然分かりませんね(^^;。
 
イメージ 2
蒲郡市形原のブルーブリッジからでした。
明け方のオーシャン・ブルー 熔けだすホライズン♪
を撮ろうと思ったけどイマイチ
 
イメージ 3
ブルーブリッジからちょっと走って、ゆみっちさんが出発の地に決めた場所へ。
 
イメージ 5
太陽が昇る少し前に 世界はブルーな闇に包まれる
It's Blue… Silent Blue♪
 
夜明けの海を見るなんて久しぶりです。
 
イメージ 4
歌ってたら、ほどなくゆみっちさんも到着。
夜明けのコーヒーを一緒に頂きました(意味深)。
夜は一緒に過ごしてませんが・・・\_(・ω・`)ココ重要!
他にもSSTRリスト(エスエスティーアーリスト^^)の方がみえてました。
 
イメージ 6
こちらにもラリーストの方が。
意外にこの地から出発するSSTRリストがみえてびっくりでした。
ここだけで4人のラリーストが出発してて、ちょっと離れた場所からもSSTRリストが出発してるのが分かりました。
 
イメージ 7
 
イメージ 8
5:33分くらいが日の出だったかな?
あいにく曇っててサンライズは拝めません
 
イメージ 9
とりあえず日の出時間の写真を撮って出かけようと思ったら・・・
What's happen!?
スマホを利用したSSTRのシステムにエラーが
ラリー参加の皆さんのアクセスが同時間に殺到したんでサーバーがパンクしてるみたいです
たのんますよ風間さん!
(SSTRの主催者はバイクで南極点にも行った冒険野郎、風間深志さん)
そして僕らは途方に暮れる。
 
イメージ 10
 
イメージ 13
イメージ 11
システムが全然繋がらない!と言ってるうちに雲が晴れてきましたよ
これはこれで待った甲斐があったかも
しかし、いつ繋がるかわかんないし、そんなに待ってもいられません。
太陽は止まってくれませんから!
ITジャーナリストの井上トシユキでもアドバイザーにしてたら、こんなことも予見できたでしょうに
昨年も参加されてた方が、メールを送ってガラケールール?で始めるという事で、ここ出発のSSTRリストはそれに倣って出発しました。
(セローの方だけアクセスできたんで出発済み)
 
「千里浜で会いましょう!」(キリッ
ってセリフがうらやましすぎました
 
とりあえずラリーのルールで道の駅スタンプが必要ってことで、にしお岡の山ならもう開いてたと思ったんで行ってみることにしました。
 
 
イメージ 14
案の定、岡の山ではスタンプをゲットできました
ここにもSSTR参加の方がみえました。
 
 
イメージ 12
岡の山からいつもの池を抜け、岡崎東インターまで案内。
すまぬ将よ!おれはここまで。
しかし効率よいルートで道案内できたんじゃないかと思いました
 
よい旅を!の思いを込めて手を振りました。

↑このページのトップヘ