2012年10月

Summer story

816 :Summer story:2012/09/23(日) 02:58:52 ID:VHfZK7WY

青い空と白い雲といって思いつくものは夏の海。蝉が鳴き、風鈴の音で涼をとる。
1日は1年で1番長い。さて、今日は何をしようか?
暑いだけじゃ終わらない。青色の春、夏の間にたくさん吸収するんだから―――…
________________________________________

August 11th AM 11:02

「あつーい…ミサカそろそろ溶けるかも」

「さっきからうるせェよ、1人で溶けて地面と同化してろ。誰かが打ち水でも撒いてくれるだろォに」

「このアイスクリーム本当に美味しいーってミサカはミサカはバニラアイスに夢中になってみたり」

一方通行、打ち止め、番外個体の3人は炎天下の中アスファルトの上を力なく歩いていた。
番外個体が家を出た瞬間から今までで「暑い」を79回ほど言ったところでアイス屋を見つけ、
打ち止めが一方通行を引っ張ってバニラアイスをゲットし、90回を超えた今、自分の分を食べ終わってしまった。
なぜ3人がこの炎天下の中歩いているのか。

「ペットショップってどのくらい動物がいるのってミサカはミサカは夢中になりつつ尋ねてみたり」

「妹達ぐらいじゃねwwあ、全部同じ顔じゃねーかアレは」

「そ、そんなにいるの!?ってミサカはミサカは驚愕を露わにしてみる!」

「ンなもん万単位でいたら入んねェよ」

「ま、見てからのお楽しみってことでー、ミサカも行ったことないし」

そう、長期休暇を利用して打ち止めが前々から行きたがっていたペットショップに行くためだ。
犬や猫は見たことがあるが魚や鳥などの哺乳類以外の生物を目にしたことがないのだ。
行くのは都内の巨大ショッピングセンターだが、バス停から徒歩15分の道のりをだらだら歩けば当然30分以上かかる。
今現在25分経っていることに、3人は気付かない。このころでようやく目的地が視界に入った。

「おー、うわさ通り大きな建物だーってミサカはミサカは目を輝かせてみる!」

「こっから見ると人がゴミみたいに小さいねー」

「お前は比喩が下手クソなンだよ。おい打ち止め、早く食い終われ」

「え!?こんなにたくさん余ってるのにってミサカはミサカはアイスを見せてみたり」

「んじゃ捨てるしかないねーあ、ミサカが食べてあげるよ!それ」

「ダメー!!ってミサカはミサカは遠ざかるーっ」

「あ、待てー!」

いつの間に仲が良くなったのか、クローン姉妹。追いかけっこをしてどこかへ行ってしまった。
はぁ、と一方通行は溜息をつく。
ペットショップに行くという話が出てから彼は重要なことに気づいていた。
まだ本人達には話していないが、彼女達は動物に触れられない。
体から出る微弱な電磁波が動物達を怖がらせてしまうのだ。
しかし楽しげに待つ打ち止めを見ると何も言えなくなり、結局舌打ちで終わってしまう。

これから行くペットショップには、ショーケースの中に入れられた動物以外にも、実際に触れるようにケージに入れられた動物がいる。
触ろうとする前に、必ず言わなければならない。
しかし言ったらどんな顔をするだろうか。
こんなことになるなら違うところにすれば良かったと後悔したその時、2人が戻ってきた。

「バカバカバカーッ!!!ってミサカはミサカはあなたへの怒りを全身で表現してみるーッ!」

「だからごめんってばー、重力に引かれてするっといっちゃったんだもんw」

どうやら番外個体が打ち止めのアイスを落としたらしい。打ち止めは彼女に向かって小さなパンチを繰り返している。

「ったくお前らはどこに行っても騒がしいな…」

白髪の少年は呆れた調子で言った。しかしすぐに「ほら行くぞ」と告げる。
最初に行くのは、1階にあるフードコート。そこならアイスの1つや2つ売っている店があるだろう。続きを読む

4月のある夜

151 :■■■■:2012/04/12(木) 19:24:30 ID:7VSQeSdQ

「ん……?」


4月のある夜、暗い部屋でカーテンの隙き間から指す夜光に眩しさを感じ、上条当麻は目を覚ます。
外は冷たい風がベランダのガラス窓をカタカタと音をたてて揺らすのを聞きながらベッドの隅に置かれた目覚まし時計を確認する。
PM11:00。音を聞くだけで外の寒さに鳥肌が立ちそうな風音に身震いしながらも、実際の身体は予想外に暖かなことに上条は少し驚く。


(最近の夜は寒かったけど今日はあったけーな……ってあれ?)


それにしては妙に布団と身体を纏う空間が暖かい。
春とはいえ夜は肌寒いはずの今日は何故か寒さを感じないのは室内にいるせいなのだろうか、と上条は覚醒しかけた思考で考える。


その謎の答えは自分の腕の中に目をやれば火を見るより明らかだった。


(あぁそうか、今日は美琴が泊まっていったんだよな)


彼女がここにいるからこんなに落ち着くのか。
互いが抱く相手への信頼や愛情を抱き合う温度から感じるせいか、心は不思議なほど安心する。
上条はやけに納得したように息を吐いた。

今日は紆余曲折を経て結ばれた恋人・御坂美琴とのデートだった。
外での買い物デートの後、上条宅にて美琴による勉強の手伝い・手料理の夕食を頂戴し、共に就寝するに至ったことを上条は眠気眼の頭で思い出す。
しかしいざ就寝時になった美琴は自分が風呂に入っている間にベッドに入ったらしく、上条よりも先に眠りについてしまっていた。
当然恋人同士の営みを期待していた上条は湯上がり姿でがっくりと肩を落としたが、美琴は一日中自分の為に勉強の手伝いや夕食を作り不甲斐無い恋人への愛情を体現してくれたのだ。
疲れて当然のようにも思う。そうなれば彼女を起こしてまで事に及ぶなど邪道であると判断し、泣く泣くベッドに入ることになった。続きを読む

蔵入り喫茶店

佐天「いらっしゃーい。また来てくれたんですね」続き


48 :蔵入り喫茶店:2010/04/25(日) 00:31:33.69 ID:AaGxAHko

ここは喫茶サテン。通称『サテンさんの喫茶店』
私、佐天涙子が一人で(たまに初春をこき使いつつ)経営する喫茶店だ
それほど広くない店内には珈琲豆を挽いたいい香りが漂いモダンな雰囲気が漂っている。
昔ながらの友人もよく顔を見せてくれる…ありがたい限りだ。

カランカラーン

佐天「いらっしゃーい、空いてる席ならどこでもいいですよー?」

浜面「いや、ちょっと待ち合わせを・・・ちょうど目の前のカウンターにいるそいつと」

絹旗「おっ、やっと来ましたね浜面。人のこと呼び出しといて遅れてくるとは超いい度胸ですね?」

浜面「悪ぃな。ちょっといろいろあって」

佐天「待ち合わせでしたか。それじゃぁ、隣の席どうぞー」続きを読む

佐天「いらっしゃーい。また来てくれたんですね」

佐天「いらっしゃーい」続き


1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/27(土) 02:12:47.23 ID:GH9WeCDv0

ここは喫茶サテン。通称『サテンさんの喫茶店』
私、佐天涙子が一人で(たまに初春をこき使いつつ)経営する喫茶店だ
それほど広くない店内には珈琲豆を挽いたいい香りが漂いモダンな雰囲気が漂っている。
昔ながらの友人もよく顔を見せてくれる…ありがたい限りだ。

カランカラーン

佐天「いらっしゃ・・・って初春か」

固法「あら、初春さんこんにちは」

初春「固法先輩こんにちは。というか佐天さん、『初春か』とはずいぶんな挨拶ですね」続きを読む

佐天「いらっしゃーい」

佐天「ようこそ、喫茶サテンへ!」続き


1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/16(火) 23:34:17.66 ID:8iAx4sB90

ここは喫茶サテン。通称『サテンさんの喫茶店』
私、佐天涙子が一人で(たまに初春をこき使いつつ)経営する喫茶店だ
それほど広くない店内には珈琲豆を挽いたいい香りが漂いモダンな雰囲気が漂っている。
昔ながらの友人もよく顔を見せてくれる…ありがたい限りだ。

カランカラーン

佐天「いらっしゃーい」

木山「お邪魔するよ」

黒子「佐天さん、ごきげんようですの」

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/16(火) 23:47:38.83 ID:Kpk7HEc00
ちょっと裏路地に出れば世紀末なこの街で、美味いコーヒーが飲みたい

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/16(火) 23:49:12.94 ID:ba3ITf8W0
>>9
そのフレーズめっちゃ感動した
続きを読む
◆新約 とある魔術の禁書目録(16)(2016年8月10日発売)
今度は(お嬢様)学校籠城戦?『エレメント』から、『聖域』を守れ!真冬なのに五〇度を超える異常現象が襲い来る、謎の敵『エレメント』。水着姿の上条は、同じく水着の御坂美琴と『心理掌握』の少女と共に、常盤台中学防衛に挑む……!

◆とある科学の超電磁砲
暴走する美琴の前に立ちはだかる上条当麻と削板軍覇。二人の原石がタッグを組む。
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ