2013年10月

佐天「無かったことにできる能力かぁ」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/29(土) 12:07:27.95 ID:ZQw+Pa4U0

初春「つまりどういうことなんですか?」

佐天「文字通り様々な事象がきれいさっぱり無かったことにできるんだよ」

御坂「なにそれ、すごいじゃないの、そんなのレベル5よりも上なんじゃないの?」

佐天「ところが”能力研究の応用が生み出す利益”がレベルの基準らしいのであたしのレベルは0のままなんですよね」

黒子「たしかに、運命を操作できるような機械なんてもの作れそうにありませんわね」

御坂「いやいや、そのうちきっとレベル5って認定されるわよ」

佐天「そうだといいんですけどねー」

黒子「無かったことにできる・・・それなら佐天さんちょっとお耳を」

佐天「はい」
続きを読む

上条「滾る性欲!!迸る情熱!!」滝壺「いぇあ!!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/14(金) 18:15:09.29 ID:QqQOrYzT0

上条「今日も性欲がたまってしょうがねえぜ・・・」

滝壺「げすじょうは今日もレイプを所望している」

上条「さっそくいこうぜりこりん」

滝壺「あ、ごめん、私福引で当てた温泉旅行に行ってくるね」

上条「何?それじゃあ俺のアシスタントは・・・」

絹旗「すみません、遅くなりました」

絹旗「アシスタント2号のさいあいちゃんです!」

上条「そうか、よろしくなさいあいちゃん」絹旗「こちらこそ、超よろしくです」ペコリ

滝壺「それじゃあきぬはた、あとは頼んだよ」 絹旗「はい!」

上条「いくぜさいあいちゃん!!」

絹旗「はい!ちょうどあそこに>>5がいます!!」

絹旗「ちなみにグロいのやりこりん、さいあいちゃんへの安価は安価下にするのでご注意ください」

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/14(金) 18:18:15.13 ID:8Hf3o3r50
むぎの

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/14(金) 18:18:23.90 ID:Lq51r/gAO
アンジェレネ
続きを読む

番外個体「ここって、ヒーローさんちだよね?」 美琴「」

738 :番外個体「ここって、ヒーローさんちだよね?」 美琴「」:2012/01/22(日) 17:38:03.92 ID:Pt6tfDOZ0

美琴「」

番外「」

番外「ここって……」

番外「ヒーローさんちだよね?」

番外「おねーたま……」

番外「猫耳猫尻尾肉球グローブつけて、何してんの?」

美琴「」


 ~  ~  ☆  ~  ~


 その日、番外個体はとある寮の一室を訪れて、なぜか鍵の開いていたドアを、あの時のように勢いよく開けた。

番外「やっほー! ヒーローさんいる?」

番外「――!?」

番外「ア、アレ?」

 番外個体の目に飛び込んで来たのは、「ヒーロー」こと上条当麻では無く彼女のオリジナル、御坂美琴の姿。
 なぜか頭に黒い猫耳をつけて、腰の後ろから覗くのは長くて黒い尻尾のようなもの。さらに両手には、なぜか肉球グローブまではめている。
 最初、姉達(シスターズ)の誰かがやっているのかと思ったが、軍用ゴーグルはつけていないし、ネットワーク上にもそんな様子は無さそうだ。
 何よりもその体から発散される電磁波はどうしたって、オリジナル『御坂美琴』のもの。

番外「お、おねーたま?」

 そうして物語は冒頭へと戻っていく。
 ちなみに御坂美琴は現在、上条当麻の彼女である。

美琴「…………」

番外「もしかして……おねーたま」

美琴「――っ」ビクッ

番外「おねーたまって、ストーカー? うわっ、もしかしてスネークの師匠みたいな……」ヒクワ

美琴「違うわよっ!」ヒクナ

番外「ですよねー、って。だからなんでヒーローさんちの留守宅に?」

美琴「えっと……その……」アハハハ

番外「合鍵で彼氏の部屋の中を捜索してニマニマ好みとか性癖とかいろんなもの探してニヤニヤその通り美味しくいただかれちゃおうってコトなのかなホクホク」ニヤリ

美琴「」

美琴「うわあああっ!!!」///

美琴「ええっ、そうよっ!!」///

美琴「ご飯つくりに来たけど、補習に引っかかって遅くなるってことだから」///

美琴「待ってる間の退屈しのぎに、なんか面白そうなものでもないかって探してたわよっ!!」///

番外「」

美琴「それでベッドの下からこんなものが出てきたから、試しに着けてみたのっ!」///

美琴「そうしたら……外れなくなっちゃったあ」ドウシヨウ

番外「」
続きを読む

黒夜「浜ちゃん。相談があるんだが...」

1 :1:2013/05/08(水) 23:05:12.88 ID:ZKDYS1RSO
このスレは「とある魔術の禁書目録」&「とある科学の超電磁砲」のSSです
内容はバトル・シリアス一切なしのほのぼのラブコメ
上条×黒夜
上黒...じゃなく上夜で窒素幻想と言いましょうか
台本形式 不定期更新
キャラ崩壊 ご都合主義 設定改変
誤字・脱字に関しては脳内変換にてお願いします
おそらく短い
上条×黒夜というマイナーなカップリングが見たい方は是非見て下さい!

続きを読む

インデックス「お腹がすいたんだよ」一方通行「そォか」2

インデックス「お腹がすいたんだよ」一方通行「そォか」1続き


193 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/14(日) 15:03:29.66 ID:9AxN34Cz0

木原「ったく、メンドクセエ。本当メンドクセエ真似しやがってあの野郎」

 木原は苛立たしげに舌打ちしながら廊下を進む。
 木原数多は打ち止めと共に消えた天井亜雄を探していた。

木原「天井ちゃんはあのガキの重要性をまるで認識しちゃいねえからな。
   頼むからヒステリックに壊したりしてんなよぉ。統括理事長さんに怒られんのはごめんだぜ」

 とはいえ、追跡はすぐに終わりそうだった。
 カプセルに満ちていた液体か、それとも他の何かかは分からないが、
 とにかく廊下には水の後が点々と残っている。
 そしてその雫はある部屋の中に続いていた。

木原「メインコンピュータールーム…おいおい、めんどくせえことになってる予感しかしねえぞ」

 木原数多は舌を鳴らしながら部屋に飛び込んだ。
続きを読む
◆新約 とある魔術の禁書目録(16)(2016年8月10日発売)
今度は(お嬢様)学校籠城戦?『エレメント』から、『聖域』を守れ!真冬なのに五〇度を超える異常現象が襲い来る、謎の敵『エレメント』。水着姿の上条は、同じく水着の御坂美琴と『心理掌握』の少女と共に、常盤台中学防衛に挑む……!

◆とある科学の超電磁砲
暴走する美琴の前に立ちはだかる上条当麻と削板軍覇。二人の原石がタッグを組む。
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ