1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/06(土) 07:35:09.90 ID:ohxRqy3x0

アレイスター「そうだ、そうすればレベル6に進化できる」

一方通行「ふざけてンのか?」

アレイスター「いいのか?誰も傷つくことなくお前はさらなる力を得ることができるんだぞ?」

一方通行「・・・・・」

アレイスター「それとも一度断った第三位のクローンを二万体殺害するかね?」

一方通行「・・・・つまりいかに起こさないようにペロペロするかってことか?」

アレイスター「そういうことだ一方通行」

一方通行「・・・・」

アレイスター「お前がやらないのならこの実験は第三位か第四位に提案するまでだ」

一方通行「チッ、やってやンよ」
5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/06(土) 07:40:30.00 ID:ohxRqy3x0

一方通行「で、そのさいあいちゃんってェのはどこのどいつなンだ?」

アレイスター「お前はさいあいちゃんを知らんのか?」

一方通行「あァしらねェ」

アレイスター「はぁ・・・これだからひきこもりは・・・・人生の何割損してると思ってるんだ」

一方通行「いや、てめェらのせいだろうがァ」

アレイスター「・・・細かいことは気にするな」

一方通行「おいィ」

アレイスター「これがさいあいちゃんの写真だ」

一方通行「ほォ」

アレイスター「かわいいだろ?」

一方通行「知るか」

アレイスター「中学生くらいかな」

一方通行「・・・どうでもいィ」

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/06(土) 07:42:54.16 ID:ohxRqy3x0

アレイスター「これがさいあいちゃんに関する情報だ、くれぐれも他の人間に見せるなよ?」

一方通行「・・・・・・わかった」

アレイスター「成功を祈っている」

一方通行「学園都市第一位の頭脳に不可能はねえ」

一方通行「さァて、まずはターゲットの周囲を調査しねェとな」

一方通行「情報によると映画館かファミレスでだべるかのどっちかか」

一方通行「ずいぶんご機嫌な人生送ってンだな・・・俺も人のこたァいえねェがな」

一方通行「まァ映画館にでも行ってみっか」

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/06(土) 07:45:10.71 ID:ohxRqy3x0

映画館

絹旗「ポップコーンは超基本ですよね」

絹旗「さて、何味にしましょうか・・・・・」

絹旗「ここは学園都市らしく黒豆味にしてみましょうか」

絹旗「そして飲み物は無難にコーラです」

絹旗「二つも冒険する必要はありませんからね」

一方通行「あいつか・・・・とりあえず俺も同じ映画を・・・」

一方通行「おィ、あのホールで上映されてるやつを一枚」

係員「はい、こちらですね」

一方通行「ン」

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/06(土) 07:47:45.38 ID:ohxRqy3x0

絹旗「この映画には超期待してますからね、楽しみです」ポリポリ

絹旗「お、意外とたべられますね・・・・」ポリポリ

絹旗「おいしいわけでもなく・・・まずいわけでもない・・・・」ポリポリ

絹旗「まあこんなものですか」ポリポリ

ビー!!!!

絹旗「お、始まりますね!!」シャキッ

絹旗「どんな展開になるんでしょうか・・・」ドキドキ

一方通行「退屈でしょうがねェ」

一方通行「ってか観てる人間があいつと俺しかいねェじゃねェか」

一方通行「終わってンじゃねェの?この映画」

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/06(土) 07:51:06.08 ID:ohxRqy3x0

10分後

絹旗「だぁー、超つまんねー」

絹旗「これはもう駄作中の駄作です」チュー

絹旗「何なんですかこの展開は・・・・」

絹旗「もう少し観てたら何とかなるのかもしれませんが・・・・」

絹旗「とりあえずこの10分くらいでは面白くなりそうな気配が微塵もかんじられません・・・」

一方通行「なンだこれは・・・」

一方通行「こいつはこンなもン観て楽しンでやがンのか・・・・」

一方通行「理解できねェ・・・」

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/06(土) 07:54:57.82 ID:ohxRqy3x0

さらに10分後

絹旗「ふあぁ・・・・」ウトウト

絹旗「超つまんないです・・・・」ウトウト

絹旗「眠くなってきました・・・・」ウトウト

絹旗「これが後一時間以上続くとか・・・・」ウトウト

絹旗「あ、ちょうどいいです、どうせ誰もいませんしちょっとお昼ねしましょう・・・・」

絹旗「・・・・・」

絹旗「zzzzz」

一方通行「これもう拷問じゃねェの?」

一方通行「どンな面して観てンのか気になるンですけど」

zzzzzzzz

一方通行「ン?」

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/06(土) 07:58:21.96 ID:ohxRqy3x0

絹旗「zzzzz」

一方通行「寝てやがる・・・」

絹旗「zzzzz」

一方通行「ずいぶンと暢気なこった」

絹旗「zzzzz」

一方通行「いや、これはこれでいいのか」

絹旗「zzzzz」

一方通行「この顔を・・・・ペロペロすンだよなァ・・・」

絹旗「zzzzz」

一方通行「・・・・・・・・」ドキドキ

絹旗「zzzzz」

一方通行「何を・・・緊張してやがる・・・」ドキドキ

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/06(土) 08:05:10.26 ID:ohxRqy3x0

絹旗「zzzzz」

一方通行「チッ、早速やって・・・」

絹旗「zzzzz」

一方通行「顔がちけェ・・・」

絹旗「zzzzz」

一方通行「これだけ近づくと・・・・」ドキドキ

絹旗「zzzzz」

一方通行「・・・・・ぺろぺろ」

絹旗「ん・・・・」

一方通行「!!!!」ビクゥ

絹旗「・・・・zzzzz」

一方通行「・・・あぶねェ・・・・起こしちまうところだったか・・・」ドキドキ

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/06(土) 08:07:39.58 ID:ohxRqy3x0

絹旗「zzzzz」

一方通行「クローンをぶち殺すより楽な作業だと思っちまったが・・・」

絹旗「zzzzz」

一方通行「確かに時間はかかりそうにねェがなンて難易度だ」

絹旗「zzzzz」

一方通行「チッ、冷静になれ・・・・これじゃあ俺が襲ってるようにしかみえねェじゃねェか・・」

絹旗「zzzzz」

一方通行「いかにして起こさずペロペロするか・・・
      もしペロペロしてる状況で目覚められちまったら実験どころじゃねェ」

一方通行「こいつをあしらうなンてこたァ簡単だが
      今後警戒されてとてもじゃねェが二万回なンて無理がある・・・」

絹旗「zzzzz」

一方通行「それこそ無理やりにでもやるか?
      って寝顔じゃなきゃ意味ねェんだから気絶させるってェのはカウントにならねェ・・・」

絹旗「zzzzz」

18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/06(土) 08:11:22.88 ID:ohxRqy3x0

絹旗「zzzzz」

一方通行「とりあえず・・・・そっとやるしかねェってことか・・・ぺろっ」

絹旗「zzzzz」

一方通行「あせるンじゃねェ・・・そっとだ・・・・ぺろっ」

絹旗「zzzzz」

一方通行「起きそうになったらすぐにはなれねェとな・・・ぺろっ」

絹旗「う・・・・」

一方通行「!!!」ヒュン

絹旗「ん・・・・・?」ムクッ

絹旗「あれ・・・・?」キョロキョロ

一方通行(あっぶねええええええ!!!!!!)

19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/06(土) 08:14:04.91 ID:ohxRqy3x0

絹旗「あれ・・・顔が・・・・」

ぺたぺた

絹旗「ぬれてる?泣いちゃったんでしょうか・・・」

絹旗「そういえば何か暖かいのが・・・・うーん」キョロキョロ

絹旗「私以外誰もいませんし・・・・・」

絹旗「超気のせいだと思いたいんですが・・・・」

絹旗「ちょっとホラーですね」ゾクッ

絹旗「帰りましょう、ここに長居は無用です」

一方通行(ベクトルで天井に張り付いてなかったら一発でバレちまってただろうな・・・・)

一方通行(こりゃ楽にはいかねェ・・・・)

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/06(土) 08:16:14.78 ID:ohxRqy3x0

路上

絹旗「ふう、なんかこのゾクゾクがおさまりませんね」

絹旗「誰かに見られているんでしょうか?」キョロキョロ

一方通行「警戒させちまってるか・・・こりゃきっちりと計画を練らねェと頓挫しちまう・・・」

一方通行「尾行なンざ趣味じゃねェが建物の屋上から見てる分にはまずバレねェだろ」

一方通行「まァもう少し距離を取って観察させてもらうとするか」

滝壺「きぬはた?」

絹旗「滝壺さん」

滝壺「映画はもういいの?」

絹旗「つまらなかったこともあったんですけど、ちょっとひっかかるというか・・・・」

滝壺「何かあったの?」

絹旗「そこのファミレスで話しましょう」

滝壺「うん」

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/06(土) 08:24:06.92 ID:ohxRqy3x0

一方通行「ファミレスに入ったか・・・」

一方通行「ここで追いかけるように入っちまったら一発だな・・・」

一方通行「俺のこの髪は目立ちすぎる・・・」

一方通行「盗聴器でもありゃいいンだろうが・・・」

一方通行「って完璧なストーカーじゃねェか・・・」

絹旗「で、映画がつまらなかったのでつい寝てしまったんですけど・・・」

滝壺「なにか暖かいものがふれたようなきがしたんだね?」

絹旗「はい、うろおぼえですけど、それにほっぺがすこしぬれてて・・・」

絹旗「最初は涙かと思ったんですけど、
    それにしては濡れてるのが片方だけでしかも濡れてる範囲が広くてですね」

滝壺「なるほど・・・となると星は絞られてくる」

絹旗「心当たりがあるんですか?」

滝壺「これはぺろりすとの仕業にちがいない」

絹旗「はい?ペロリスト?」

滝壺「東南東からそう信号がきている」

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/06(土) 08:27:39.47 ID:ohxRqy3x0

絹旗「ぺろりすとって何ですか?」

滝壺「かわいいおんなのこをぺろぺろするひとのことだよ」

絹旗「はい?」

滝壺「きぬはたはかわいいからぺろりすとのターゲットにされてしまった・・・」

絹旗「いや、それなら起きたときに目の前にいないとおかしくないですか?」

滝壺「いたのかもしれないよ?」

絹旗「どういうことですか?」

滝壺「きぬはたをぺろぺろしたのが能力者だったら?」

絹旗「ってことは・・・」

滝壺「姿を消していたのかもしれない」

絹旗「そんな!」キョロキョロ

滝壺「今もこのちかくできぬはたをねらっているかもしれない」

絹旗「ひいいいいい」ゾクゾク

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/06(土) 08:29:36.28 ID:ohxRqy3x0

滝壺「でも見える範囲内に姿を消している能力者はいないみたい」キョロキョロ

絹旗「本当ですか?」

滝壺「うん、そんな感じはない」

絹旗「まあ滝壺さんが言うなら信じられますけど・・・」

滝壺「大丈夫だよきぬはた、本当に勘違いかもしれないし」

絹旗「うーん、でもなんか心のそこから安心できません」

滝壺「私がどれだけ大丈夫と口でいってもこればかりはきぬはたの問題」

絹旗「今日滝壺さんのところにお泊りしてもいいですか?」

滝壺「いいよ」

絹旗「超ありがとうございます!!」

滝壺「ここで私がきぬはたをぺろぺろ /////////」

絹旗「やめてくださいってば /////////」

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/06(土) 08:32:51.16 ID:ohxRqy3x0

一方通行「お、出てきやがった」

一方通行「ありゃあ滝壺ってやつか」

一方通行「あいつの能力は・・・・」ピッピッ

一方通行「やっかいなやつが傍にいるじゃねェか・・・」

一方通行「ベクトルであの二人の会話だけを抽出・・・」

滝壺「きぬはた、今日は何が食べたい?」

絹旗「そうですね・・・パスタがいいです、アサリとかえびの入ってるやつ」

滝壺「うん、じゃあそれ作るね」

絹旗「本当ですか!?」

滝壺「きぬはたの好きなプリンも買っていこう」

絹旗「おお、至れりつくせりじゃないですか」

一方通行「滝壺の部屋に行くみてェだな、チッ、めんどくせェ」

28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/06(土) 08:36:16.17 ID:ohxRqy3x0

一方通行「俺のAIM拡散力場を覚えられちまったら計画に支障をきたしちまう・・・」

一方通行「そもそも寝顔をペロペロするってこたぁ・・・」

一方通行「赤の他人にやるなンてこたァ無理に等しい・・・・」

一方通行「寝室に侵入する必要があるからなァ・・・」

一方通行「そォいうことかよ・・・」

一方通行「俺がダメなら第三位か第四位・・・」

一方通行「第三位は女でさいあいちゃンと年齢も近い・・・
      仲良くなりゃ割とすンなりいけちまうだろォな」

一方通行「さらに第四位・・・こいつも女でしかも同じチームときたもンだ・・・」

一方通行「第二位ってのがどンな能力でどンなやつかはしらねェが男にゃほぼ無理だ」

一方通行「いかにベクトルを駆使して
      さいあいちゃンの寝顔をぺろぺろするかってことがこの実験の鍵・・・」

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/06(土) 08:39:55.94 ID:ohxRqy3x0

エイワス「私もぺろぺろしたいんだけどね?」

アレイスター「うん」

エイワス「だめ?」

アレイスター「だめ」

エイワス「ところで何で第二位はだめなの?」

アレイスター「なんかたらしこんで取って食って飽きたらポイしそうだから」

エイワス「あ、そういうことか」

アレイスター「垣根はぶち殺せば済むけどさいあいちゃんの心に深い傷を残してしまう・・」

エイワス「ちょっと垣根殺してくる」

アレイスター「待て、やつはまだ何もしていない」

エイワス「おっと、ついうっかり」

アレイスター「こやつめ」

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/06(土) 08:44:41.86 ID:ohxRqy3x0

一方通行「まずはあの滝壺ってのを何とかしねェとな・・・」

一方通行「それこそ気絶させるか?」

一方通行「さいあいちゃンが起きねェように滝壺を気絶させて寝ているさいあいちゃンをペロペロ」

一方通行「・・・・だがどうやって建物の外から寝ていることを確認するかだ・・・」

一方通行「まァそこは後で考えるとして・・・」

一方通行「侵入、ペロペロ、撤退 この間に痕跡をのこしちゃならねェ」

一方通行「髪の毛一本といえど・・・・ん?」

一方通行「おいィ・・・」

一方通行「俺の唾液がさいあいちゃンのほっぺに残っちまう・・・」

一方通行「クソッ!!」ドン

一方通王「どうすりゃいいンだ・・・」

31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/06(土) 08:48:04.24 ID:ohxRqy3x0

スーパー

滝壺「ここのアサリは生きているものを売っている」

絹旗「おお、海水の中で元気そうにしているのがわかりますね」

滝壺「海水から上げた状態でパック詰めされているものよりもおいしい」

絹旗「なるほど」

滝壺「砂抜き作業はめんどくさいけど手間をおしんだらおいしいものは作れない」

絹旗「さすが滝壺さんです」

滝壺「そしてえびはこれも剥いて冷凍されているものは避ける」

絹旗「あんまりおいしくないですもんね」

滝壺「うん、やっぱりどうしても味が落ちてしまう」

絹旗「でも私えびの殻むいたことありませんよ?」

滝壺「大丈夫、結構簡単」

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/06(土) 08:52:59.07 ID:ohxRqy3x0

病院

一方通行「邪魔すンぞ」

冥土「おや、珍しいね君がわざわざここまで来るなんて」

一方通行「聞きてェことがある」

冥土「ま、座りなさい」

一方通行「睡眠についてだ」

冥土「睡眠・・・ね」

一方通行「なるべく詳しく聞きてェ、できることなら薬物に頼らず深い眠りに導ける方法をなァ」

冥土「眠れないのかい?」

一方通行「そォじゃねェ」

冥土「ま、詳しく話を聞こうじゃないか」

34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/06(土) 08:58:10.62 ID:ohxRqy3x0

滝壺宅

滝壺「もう少ししたらあさりの砂がぬけきる」

絹旗「結構飲み込んでるものなんですね」

滝壺「あさりは砂の中で生きているからね」

絹旗「こうしてみると何かかわいいですね」

滝壺「飼ってみる?ものすごくつまらないよ?」

絹旗「いや、飼うのは・・・って飼ったことあるんですか?」

滝壺「うん、ずっと砂の中にいるだけだから生きてるのか死んでるのかすらわからなくなる」

絹旗「・・・で、結局そのあさりたちはどうしたんですか?」

滝壺「海洋研究施設に寄付した、さすがに一度名前までつけてしまうと食べることはできない」

絹旗「そうでしたか、それじゃあ今も幸せに生きてるんですかね?」

滝壺「たぶん」

絹旗「なんて名前つけたんですか?」

滝壺「だにーがお父さんでどなじょーとすてふとみしぇるの三人姉妹、お母さんはいない」

絹旗「フルハウスじゃないですか」

35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/06(土) 09:00:24.81 ID:ohxRqy3x0

エイワス「一方通行が薬物等で強制的に眠らせてペロペロしたらどうするんだい?」

アレイスター「そんなことさせるわけがないじゃないか」

エイワス「と、いいますと?」

アレイスター「さいあいちゃんの体に異常が出たらどうする」

エイワス「ちょっと一方通行殺してくるわ」

アレイスター「落ち着くんだ。一方通行はまだそんなことやってないぞ?」

エイワス「おっと、ついうっかり」

アレイスター「こやつめ」

36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/06(土) 09:07:06.65 ID:ohxRqy3x0

滝壺「えびを剥くときはまず頭のここをこうにぎる」

絹旗「トゲがありますね・・・ちくちくします」

滝壺「持ち方が悪いとそうなるよ」

絹旗「じゃあ、こう持てば」

滝壺「剥くときに力が入るから手を切ってしまうこともある」

滝壺「そしてこうやってぼきっと」

絹旗「はい、ぼきっと」

滝壺「うん、上手」

絹旗「頭のところに・・・これがミソってやつですか?」

滝壺「うん」

絹旗「これどうするんですか?」

滝壺「ソースに混ぜるんだよ」

絹旗「なんか本格的ですね」

滝壺「ふふん」

38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/06(土) 09:10:51.15 ID:ohxRqy3x0

冥土「人間が睡眠を必要とすることはわかっているね?」

一方通行「あァ」

冥土「そしてその睡眠を深く充実したものにするためには
    やはりストレスの無い環境を作ることが一番だ」

一方通行「ストレス・・・・か・・」

冥土「肉体の疲労を回復させるために睡眠が必要になってくるわけだから
    ストレスを覚えないくらいの疲労も大事な要素だね」

一方通行「つまりストレスにさらされ続けちまうと睡眠が浅くなっちまうってことか」

冥土「そうだね、第二次世界大戦から生還した兵士の多くが
    戦争が終わっても少しの物音に動揺して飛び起きるという話もあるくらいだ」

冥土「現代社会でも過度のストレスにさらされているものは
    寝ることすら困難な状態に陥ることもあるんだね」

一方通行(ってこたぁ・・・・完璧に・・・気配すら察知されずに成し遂げるしかねェってことか・・・)

39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/06(土) 09:14:32.24 ID:ohxRqy3x0

絹旗「おぉ・・・・」

滝壺「いいかんじにできあがったね」

絹旗「すっごくおいしそうです」

滝壺「もちろんサラダも用意してある」

絹旗「超おいしそうじゃないですか」

滝壺「じゃ、食べよ?」

絹旗「はい」

滝壺 絹旗「「いただきます」」

絹旗「もぐもぐ」

滝壺「ちゃんと噛まないとだめだよ?」

絹旗「ん」コク

絹旗「もぐもぐ ごくん」

滝壺「おいしい?」

絹旗「超おいしいです!」

41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/06(土) 09:18:36.83 ID:ohxRqy3x0

病院 外

一方通行「アレイスター・・・・」

一方通行「とンでもねェ難問をふっかけてきやがったなァ・・・」

一方通行「だがこの程度の障害乗り越えてやンよ」

一方通行「くっだらねェことしかできねェてめェらにこれ以上指図させねェようになァ」

一方通行「さァて、さいあいちゃンはどうしてっか・・・・」

一方通行「滝壺の部屋に行ってみるか」

一方通行「と、その前に必要なものをそろえておかねェとな」

42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/06(土) 09:24:56.83 ID:ohxRqy3x0

絹旗「ふわぁ・・・・」ウットリ

滝壺「おいしい?」

絹旗「はい、超おいしいです」

滝壺「きぬはたはプリンが大好きだね」

絹旗「プリンをはじめて作った人にノーベル賞をあげたいくらいです」

滝壺「のーべるさんもびっくり」

絹旗「あむ」モムモム

滝壺「お風呂どうする?」

絹旗「あ、先に入ってください」

滝壺「一緒に入る?」

絹旗「いや、それはちょっと /////////」

滝壺「うん、恥ずかしい /////////」

44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/06(土) 09:29:39.91 ID:ohxRqy3x0

滝壺宅があるマンションの屋上

一方通行「ベクトルで周囲の音を遮断」

一方通行「そして特定の空間の音だけを抽出」

一方通行「そして増幅」

一方通行「早速仕入れた盗聴器を仕掛けておきてェが
      発見されるリスクを考えると個人の部屋に仕掛けるのはリスクがでけェ」

一方通行「めんどくせェ・・・」

一方通行「・・・・・」

シャアアアアア

一方通行「水?」

チャポン

一方通行「風呂か・・・」

一方通行「寝るにはまだ早い・・・」

ふう、きもちいい

一方通行「チッ」

一方通行「しばらく待つか・・・」

45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/06(土) 09:32:38.79 ID:ohxRqy3x0

絹旗「うーん、今度の映画はどれにしましょうか・・・」

絹旗「この監督は期待できませんし」

絹旗「これは・・・・この俳優こんなのに出るくらいになっちゃいましたか・・・」

絹旗「お、これはいい感じですね」

絹旗「どうやら次も期待できそうですね」

絹旗「えっとこれとこれを来週見るとして・・・・」

絹旗「これは・・・時間がかぶりますか・・・」

絹旗「じゃあこれを見てからこれにすると・・・」

絹旗「よし、これで一通りまわれますね」

46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/06(土) 09:37:12.98 ID:ohxRqy3x0

一方通行「おい」

一方通行「なンで俺は風呂のある壁に張り付いてンだ・・・」

一方通行「この壁の向こうにさいあいちゃンが・・・」ドキドキ

一方通行「まてェ・・・・やめろォ・・・」

一方通行「何をしようとしてやがる・・」

滝壺「おふろ・・・・・」

滝壺「ぶくぶく・・・・」ブクブク

滝壺「ぷはっ」

滝壺「こうやってぶくぶくしてれば泡風呂になるんじゃないかと思った時期がわたしにもあった」

滝壺「でも泡風呂って気持ちいいものじゃない」

一方通行「落ち着けェ、むやみに近づいたらバレちまうだろうがァ・・・・」

滝壺「むっ!!!」ピキーン

滝壺「通背拳!!!」

ガラッ バシャッ!!!

47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/06(土) 09:42:38.69 ID:ohxRqy3x0

パシャーン

滝壺「あれ?誰もいない・・・」キョロキョロ

滝壺「・・・・考えてみれば足を引っ掛けるような場所もない構造の
    マンションの12階にロープも無しにはりつけるわけがないか・・・」

滝壺「上?」

ヒュウウウウウ

滝壺「も、いない」

滝壺「近くに能力者が潜んでる感じもない・・・」

滝壺「気のせい・・・?」

滝壺「・・・・・」

滝壺「西南西から信号がきている・・・これは気のせいじゃない・・・」

滝壺「きぬはたを狙っているぺろりすとの仕業?」

49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/06(土) 09:46:32.02 ID:ohxRqy3x0

屋上

一方通行「あっぶねェェェェ!!!!」

一方通行「理性が勝ってなンとか離れることができたが・・・」

一方通行「あと一瞬遅かったらバレてたなァ・・・」

一方通行「しかも入ってたのがさいあいちゃンじゃなかっただと・・・・」

一方通行「ってなンでこンなに落胆してやがるゥ・・・」

一方通行「チッ、今日のところは調査だけだ、ペロペロは次の機会だ」

一方通行「いや待て、ってこたァさいあいちゃンは何してンだ?」

一方通行「それをさぐらねェとなァ・・」

50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/06(土) 09:50:50.44 ID:ohxRqy3x0

ドラマ視聴中

絹旗「だぁー、超つまんねー」

絹旗「あまりのつまらなさに飛び飛びでしか見てませんけど・・・」

絹旗「これキャストも脚本も最低じゃないですか」

絹旗「これが平家って言われても・・・・」

絹旗「このシリーズが始まる前にワクワクしていた私のときめきを返してください」

絹旗「がっかりするとわかっていて見る私も私ですが・・・」

絹旗「しかしこれはひどすぎる・・・・」

絹旗「ある意味ひどいところを見せるために作っているんでしょうか?」

滝壺「きぬはた」

絹旗「あ、滝壺さん」

滝壺「きぬはた、ぺろりすとが現れた」

絹旗「はい?」

52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/06(土) 09:55:09.47 ID:ohxRqy3x0

滝壺「お風呂に入っていたら壁越しにぺろりすとの気配を感じた」

絹旗「え?じゃあそいつを見たんですか?」

滝壺「ううん、窓を開けて外を確認したけど誰もいなかった」

絹旗「じゃあ気のせいなんじゃ・・・」

滝壺「いや、確かに気配を感じた」

絹旗「と、いうことは・・・」

滝壺「うん、ひょっとしたらテレポーターの可能性もある」

絹旗「テレポーター・・・・だとすると映画館でのことも納得できます・・・」

滝壺「これは寝る前にトラップを仕掛けておかないといけない・・・」

絹旗「そんな・・・・なんか私超怖いです・・・」

滝壺「お風呂一緒に入る?」

絹旗「お願いします」

滝壺「ここは恥ずかしがってはいられない」

53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/06(土) 10:01:52.40 ID:ohxRqy3x0

一方通行「なンてこったああああ!!!!」

一方通行「バレてるだとおおおおお!!!」

一方通行「やべェ、マジで慎重にいかねェとさいあいちゃンが落ち着いて寝られなくなっちまう」

一方通行「ちくしょう・・」

一方通行「いや、滝壺が傍にいる状態でペロペロしようと考えるのがいけねェンだ」

一方通行「ここはさいあいちゃンが落ち着くまで我慢だ・・・・」

一方通行「チッ、手間がかかりやがる・・・」

54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/06(土) 10:05:36.34 ID:ohxRqy3x0

浴室

滝壺「きぬはた、髪洗ってあげるね」

絹旗「うぅ・・・なんか恥ずかしいですよぉ・・」

滝壺「これもぺろりすとのせい」

絹旗「そうですけどぉ・・・」

滝壺「きぬはたはこういうの楽しくない?」

絹旗「うーん・・・・」

滝壺「私は楽しい、誰かとこうやってお風呂に入るの始めてだから・・・」

絹旗「・・・・」

滝壺「だからきぬはたと一緒にお風呂に入れて楽しい」

絹旗「私は・・・・」

滝壺「ん?」

絹旗「和みます・・・・」

滝壺「うん、私も・・・」

55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/06(土) 10:10:56.70 ID:ohxRqy3x0

一方通行「チッ・・・」

一方通行「誰かとお風呂に入って和みますだァ?」

一方通行「そンなもンはなァ・・・」

一方通行「そンなもンは・・・」

一方通行「・・・・」

一方通行「そォか、滝壺もさいあいちゃンも・・・・」

一方通行「全てはこのふざけた学園都市が・・・・チッ」

一方通行「アァレイスタァァ・・・・・」

一方通行「かならずぶっ潰してやンよォ・・・・」

やめてくださいよ、くすぐったいですって

一方通行「!!!」

ふふふー、いいではないかー

一方通行「/////////」ドキドキ

56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/06(土) 10:15:36.36 ID:ohxRqy3x0

滝壺「きぬはたの背中ちっちゃい」

絹旗「むっ、私はまだ超成長期なんです」

滝壺「成長するとどうなるの?」

絹旗「麦野なんて目じゃないくらいの背の高いスレンダー美人になります」

滝壺「おお、それはたのしみ」

絹旗「その時はワンピースではなく長めのスカートを着こなしてみせます」

滝壺「きぬはたセクシー」

絹旗「はい、超セクシーです」

滝壺「その時は髪伸ばすの?」

絹旗「そうですね、艶のある長い髪にしたいと思います」

滝壺「あこがれる」

絹旗「ですよね」

57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/06(土) 10:20:37.08 ID:ohxRqy3x0

一方通行「なンてこったァ・・・・」

一方通行「気づいてねェ・・・・」

一方通行「今の自分の魅力に全ッ然気づいてねえええええ!!!」

一方通行「背が伸びるだとォ!!!今のままで十分じゃねェかァ!!!」

一方通行「セクシーだとォ!!」

一方通行「それは無駄に脂肪がついた人間のことを言うンだろうがァ!!」

一方通行「わかってねェ、わかっちゃいねェよさいあいちゃンよォ・・・」

一方通行「だが・・・・」

一方通行「どォすればわかってもらえンだ・・・・」

一方通行「って目的がずれてンぞ、しっかりしろォ・・・」

58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/06(土) 10:26:27.60 ID:ohxRqy3x0

滝壺「ふう、さっぱり」

絹旗「すみません、私のわがままに付き合ってもらって」

滝壺「だいじょうぶ、きぬはたとお風呂に入れてたのしかったよ」

絹旗「も、もう ////////」

滝壺「きぬはた、麦茶飲む?」

絹旗「はい、いただきます」

一方通行「くっ・・・・侵入してェ・・・・」

一方通行「そうまでいかなくてもベランダに潜みてェ・・・・」

一方通行「だが我慢だァ・・・・」

一方通行「これを乗り越えてこそさいあいちゃンをペロペロできンだ・・・」

62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/06(土) 10:34:53.93 ID:ohxRqy3x0

寝室

滝壺「それじゃあ寝る前にトラップをしかけようか」

絹旗「はい」

滝壺「テレポーターは突然やってくる」

絹旗「ですね」

滝壺「だけど不安で寝られずに弱ったきぬはたを狙うかもしれない」

絹旗「おのれ・・・・」

滝壺「だからまずはぺろりすとがきぬはたに近づいたら作動するトラップをしかける」

絹旗「どんなのがあるんですか?」

滝壺「たとえば・・・・」

65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/06(土) 10:40:29.32 ID:ohxRqy3x0

一方通行「こりゃ・・・警戒してるってレベルじゃねェな・・・」

これでいちころだよ

一方通行「殺す気まんまんじゃねェか」

とどめにこれも設置しませんか?

一方通行「えげつねェな」

さあこいぺろりすと

一方通行「今日はいかねェよ」

超返り討ちにしてやります!!

一方通行「返り討ちだァ?」

絹旗「ふふっ、つかまえましたよ、お仕置きとしてここをペロペロしてあげます・・・」

一方通行「お・・・おォ・・・やめろォ・・・」

滝壺「ふふふ、まだまだおわらない・・・今度はここをぺろぺろ・・・・」

一方通行「・・・・・・」

一方通行「捕まってもいいかもしンねェ・・・」

66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/06(土) 10:43:22.37 ID:ohxRqy3x0

滝壺「ぱじゃまこれでいい?」

絹旗「はい」

絹旗(胸のあたりが少し大きいですけど・・・私もいつか・・・・)

滝壺「それじゃあもう寝ようか」

絹旗「はい」

滝壺「だいじょうぶ、私がついてる」フンス

絹旗「ありがとうございます滝壺さん」

滝壺「一緒に寝る?」

絹旗「え?いやそれは恥ずかしいというか・・・ ///////」

滝壺「えんりょはいらない ////////」

67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/06(土) 10:49:15.20 ID:ohxRqy3x0

一方通行「さいあいちゃンと一緒に寝るだとォ・・・」

一方通行「うらやまけしからン・・・・」

一方通行「がっ、これも俺が警戒させちまった結果か・・・」

一方通行「とりあえず今日のところは就寝時間と起床時間、それに睡眠時間のデータが取れりゃあいいか」

きぬはたあったかい

一方通行「!!!!」

も、もう、やめてくださいよ

一方通行「たきつぼェ・・・・」

68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/06(土) 10:54:29.07 ID:ohxRqy3x0

エイワス「なあアレイスター」

アレイスター「なんだいエイワス」

エイワス「一方通行がさいあいちゃんを問答無用で襲っちゃったらどうするんだい?」

アレイスター「それはないだろう、あいつは幼女にしか興味が無いっていう噂だ」

エイワス「かりにそれが事実だったとしてだ・・・」

エイワス「さいあいちゃんに目覚めてしまって・・・」

アレイスター「ちょっと一方通行殺してくる」

エイワス「待ちたまえ、やつはまだペロペロしかしていない」

アレイスター「ふう、あぶないあぶない・・・ってペロペロすら許さん!!」

エイワス「おいおいそれが実験じゃないか」

アレイスター「OH!!そうだった」

エイワス「こやつめ」

70 名前:このペースだと確実にくらうだろうなあ・・・・2012/10/06(土) 11:01:57.18 ID:ohxRqy3x0

翌朝

滝壺「ん」ムクッ

絹旗「zzzzz」

滝壺「どうやらぺろりすとは来なかったもよう」チラッ

絹旗「zzzzz」

滝壺「なるほど、ぺろりすとが狙うだけのことはある」

絹旗「zzzzz」

滝壺「・・・・」ツンツン

ぷにぷに

絹旗「ん・・・・」

滝壺「おお、やわらかい」ツンツン

ぷにぷに

絹旗「んん・・・・・」

滝壺「楽しいけど起こしたらかわいそう、朝ごはんの準備しなくちゃ」

72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/06(土) 11:04:05.21 ID:ohxRqy3x0

一方通行「滝壺は起きやがったか・・・・」

一方通行「しかしこンだけ寝てるってこたァそこまで警戒してねェってことか・・・」

一方通行「あるいは滝壺と一緒にいて安心してるか・・・」

一方通行「間違いなく滝壺のおかげか・・・・」

zzzzzz

一方通行「チッ・・・」

ん・・・・

一方通行「起きたか?」

ん・・・・・・zzzzzzz

一方通行「すっかり安心してらァ」

74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/06(土) 11:11:20.24 ID:ohxRqy3x0

絹旗「ふわぁ・・・・・」ムクッ

絹旗「超朝ですか・・・」

絹旗「トラップは作動しませんでしたからペロリストは来なかったみたいですね」

絹旗「ん?」キョロキョロ

絹旗「滝壺さんはもう起きてるみたいですね」

絹旗「あ、いいにおい」

絹旗「朝ごはんですかね」フラフラ

絹旗「まずはおトイレ・・・・」

75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/06(土) 11:15:50.71 ID:ohxRqy3x0

一方通行「トイレだとォ!!!!」

一方通行「くっ・・・・・」

一方通行「落ち着けェ・・・こンなもン必要ねェことだろォが・・・・」

パタン シュルッ

一方通行「だ、だめだァァァァァ!!!!」

一方通行「俺にはできねェェェェェェ!!!!!」

一方通行「いくらなンでもトイレの音に耳を傾けるなンてどンだけ変態なンですかァァァァ!!!」

一方通行「・・・・もう終わったか?」

一方通行「いや、まだ終わってねェかもしれねェ・・・」

一方通行「少なくとも五分はまたねェとなァ・・・」

76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/06(土) 11:19:49.26 ID:ohxRqy3x0

パシャパシャ

絹旗「ん」フキフキ

絹旗「ふう、さっぱりしました」

絹旗「たきつぼさーん」トコトコ

滝壺「おはようきぬはた」

絹旗「おはようございます」

滝壺「朝ごはんができたよ」

絹旗「うわぁ・・・・超おいしそうです・・・」

滝壺「えへん、じゃあ食べよ?」

絹旗「はい」

77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/06(土) 11:25:13.57 ID:ohxRqy3x0

一方通行「・・・・そろそろいいか」

いただきます

一方通行「朝メシか・・・・・」グー

一方通行「俺もメシにすっかァ・・・」

一方通行「チキンとコーヒーだな・・・」

コンビニ

店員「いらっしゃいませー」

一方通行「チキンあるだけくれ」

店員「え?」

一方通行「店にある揚げてないやつも全部あげてくれ」

店員「あの、時間がかなりかかりますけどよろしいですか?」

一方通行「あァ」

一方通行「後はコーヒーか」

79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/06(土) 11:32:05.07 ID:ohxRqy3x0

店員「ありがとうございましたー!!」

一方通行「ン」

一方通行「さァて、今日は何をしてくれンですかねェ」

絹旗「ふうむ、暴れん坊将軍は面白いですね」

滝壺「うん、しんさんかっこいい」

絹旗「鬼平だともっと人死にますからね」

滝壺「鬼平は死にすぎるところがある」

絹旗「密偵になるのかと思ったら・・・とか・・・」

滝壺「協力してくれるひとがあっさり死んだり・・・とか・・・」

絹旗「結構理不尽ですよね」

滝壺「うん」

80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/06(土) 11:37:17.82 ID:ohxRqy3x0

一方通行「テレビかァ・・・」モグモグ

一方通行「楽しそうじゃねェか・・・」モグモグ

一方通行「ほとンどみねェからどンなもンかわからねェがおもしれェんだろうな」モグモグ

きました!刀チャキってきました!!

一方通行「時代劇ねェ・・・」モグモグ

何人斬られるか数えよう!!

一方通行「悪党共をバッサバッサと・・・ってか」モグモグ

一方通行「俺は斬られる側だろうがなァ・・・ン」ゴクゴク

84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/06(土) 11:43:36.92 ID:ohxRqy3x0

滝壺「それじゃあ今日もファミレス行こう」

絹旗「遅れるといけませんからね」

滝壺「忘れ物ない?」

絹旗「はい」

バタン ガチャッ

一方通行「外出か・・」

一方通行「アイテムの集まりだろォな」

一方通行「ずっと一定の距離を保つっていうのも危ねェかもしれねェ」

一方通行「ファミレスって言ってたなァ・・・先回りして何か仕掛けるか」

86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/06(土) 11:49:49.79 ID:ohxRqy3x0

一方通行「いつも集まるファミレスってのは・・・・」ピッピッ

一方通行「あそこか」

ファミレス

店員「いらっしゃいませ、お一人様ですか?」

一方通行「あァ」

店員「ではこちらへどうぞ」

一方通行「ン」

店員「ご注文が決まりましたら」一方通行「コーヒー」

店員「はい、かしこまりました。セルフサービスになってますのであちらでお願いします」

一方通行「おゥ」

店員「ごゆっくりどうぞー」

一方通行「さァて・・・」

88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/06(土) 11:54:21.30 ID:ohxRqy3x0

15分後

店員「い、いらっしゃいませー」

店員(またこの人たち・・・・)

絹旗「二人はまだ来てないみたいですね」

滝壺「そうだね」

絹旗「じゃあジュース飲みながら待ちますか」

滝壺「うん」

一方通行「あそこでドリンクバーのみでだべるのが基本・・・」

一方通行「そして他の二人が弁当や缶詰を持ち込む・・・・」

一方通行「嫌がらせじゃねェの?」

一方通行「だがさいあいちゃンがそンなことしてないみてェだからよし」

90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/06(土) 12:01:07.46 ID:ohxRqy3x0

さらに15分後

麦野「おまたせー」

フレンダ「ってわけよ」

絹旗「超待ちくたびれましたよ」

滝壺「待ちくたびれてきぬはたが大きくなってしまった」

麦野「どのへんが?」

滝壺「えっ?見てわからない?」

フレンダ「かわりないみたいだけど」

絹旗「私も超気になりますね」

滝壺「いつもの絹旗は手のひらに乗るくらいだったじゃない」

麦野「あ、そういえば」

フレンダ「こんなにおおきくなって・・・成長ってはやいわけよ」

絹旗「なんでそんな無茶ぶりに乗るんですか二人とも!!」

91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/06(土) 12:02:46.18 ID:ohxRqy3x0

麦野「まあいいじゃない」ナデナデ

絹旗「なんかものすごく子供扱いされてるんですけど」

フレンダ「じゃあここはお姉ちゃんがソフトクリームを買ってきてあげるってわけよ」

滝壺「そこの信号のところのがいい」

フレンダ「あれ?」

麦野「私チョコね」

絹旗「私はミックスで」

フレンダ「あれれー?」

数百mはなれた喫茶店

一方通行「ベクトルでさいあいちゃンと滝壺の音声だけを抽出・・・・」

一方通行「麦野とフレンダも追加っと・・・・」

ほらほらさっさと買いにいきな

一方通行「・・・・・」

うぅ、ひとっぱしりいってくるわけよ

一方通行「なンなンですかァこのコントは」

92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/06(土) 12:08:02.66 ID:ohxRqy3x0

一方通行「監視カメラにハッキング・・・・さいあいちゃン・・・いた」

一方通行「盗聴器ってェのがどンなもンかと半信半疑だったが意外と使えるじゃねェか」

一方通行「これで様子がはっきりとわかる」

一方通行「おいィ・・・」

一方通行「わざわざファミレスの外に出てソフトクリーム買ってくるやつがあるかァ・・・・」

フレンダ「お、おまたせってわけよ」

麦野「あれ?あんたも食べるの?」

フレンダ「なんか私だけ仲間はずれみたいじゃない」

絹旗「そういうもんですか?」

滝壺「ふれんだは寂しがりやだから」

95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/06(土) 12:16:21.70 ID:ohxRqy3x0

麦野「で、最初に言っとくけど今日は何もないわ」

フレンダ「え、そうなの?」

絹旗「なーんだ」

滝壺「じゃあ解散?」

麦野「でもいいわよ、まあこのままここでゆっくりしてるのもありだけど」

フレンダ「まあせっかくだから鯖缶をいただくわけよ」

滝壺「今日は何味?」

フレンダ「ラムレーズン、しょっぱさと甘さがたまらないわけよ」

絹旗「うげえ」

一方通行「なンだそりゃァ・・・・」

一方通行「店員の顔が引きつってらァな・・・」

98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/06(土) 12:18:19.84 ID:ohxRqy3x0

佐天「知ってます?最近すっごく話題になってる噂話」

白井「またですの?」

御坂「まあ聞くだけ聞いてみようよ」

初春「どんな内容なんですか?」

佐天「うん、ペロリストがやってくるってやつなんだけどね」

絹旗 滝壺「「!!!!」」

麦野「ん?」

フレンダ「どうしたの?」

絹旗「少し静かにしてもらえますか?」ヒソヒソ

滝壺「ちょと私たちの後ろの人たちが気になることを話してる」ヒソヒソ

一方通行「後ろの人たち? ・・・・って第三位じゃねェか・・・」

一方通行「この四人の音声も拾っておくか」

100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/06(土) 12:23:36.97 ID:ohxRqy3x0

御坂「ペロリスト?」

白井「って何ですの?」

佐天「かわいい女の子をペロペロしたいっていう人たちのことです」

初春「ただの変態じゃないんですか?」

佐天「まあ普通に考えればそうだよね、でも何か愛があるからできる行為らしいよ?」

初春「いや、愛と言われましても・・・」

御坂「ペロペロなんて犬か猫以外は基本お断りよね」

白井「え?」

佐天「それでこのネットの掲示板にこんなのがあるんですよ」

初春「どれどれ 学園都市でペロペロしたい女の子をあげるスレ965 うわぁ・・・」

白井「いろんな女の子の名前がありますね」

御坂「・・・・なんか寒気がしてきた」ブルブル

103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/06(土) 12:30:21.07 ID:ohxRqy3x0

エイワス「時にアレイスター」

アレイスター「何だエイワス」

エイワス「さいあいちゃんのかわいい写真はないのか?」

アレイスター「おk、ここで募集してみよう」

アレイスター「さいあいちゃんのかわいい写真くださいっと」カタカタ

エイワス「きっとわんさか集まるだろうな」

アレイスター「お、早速貼ってくれるやつがきたぞ」

エイワス「流石だな、アレイスター」

アレイスター「ああ」カチッ

ガリガリガリガリガリガリガリガリ

エイワス「ブラクラじゃねーか!!」ガバッ

アレイスター「わかった!時に落ち着けエイワス!!」

105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/06(土) 12:35:25.57 ID:ohxRqy3x0

御坂「それでさ、実際にペロペロされた人っているの?」

白井「いるとなればここは風紀委員として調査をしなくてはなりませんね」

佐天「うーん、ペロペロしたい!、っていうのは書いてあるんですけど・・・」

初春「実際にペロペロされましたって言う話はどこにも書いてないですね」

白井「まあもし本当にそんなことをされたのであれば騒ぎになってますわね」

佐天「でも気になるのがこれなんですよ」

御坂「どれどれ? ペロペロすることで相手の能力をコピーすることができる?」

白井「これは・・・」

初春「まあ悪ふざけだとは思いますが少し気になりますね・・・」

佐天「能力者に音もなく忍び寄りこっそりとペロペロして去っていく・・・」

初春「ペロペロされた人は気づくこともなく
    ペロリストは学園都市最強を目指し今日も次の標的を目指して・・・」

御坂「確かにペロペロしただけで相手の能力をコピーできたとしたら脅威ね」

白井「そんなお姉さま、音もなく忍び寄ってなどとできるわけが・・・」

佐天「白井さん、白井さんの能力・・・」

白井「確かに・・・テレポーターなら可能ですわね・・・」

107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/06(土) 12:41:38.90 ID:ohxRqy3x0

初春「ですけどいくらなんでもペロペロされたら気づかないなんてことは無いと思いますけど」

御坂「うーん・・・寝てる時とかは?」

佐天「あ!なるほど!それなら気づきませんね!」

白井「何かの形でテレポートの能力を手にいれることができたとしたら・・・」

御坂「テレポーター相手にセキュリティなんて意味ないものね」チラッ

白井「なぜ私を見るんですのお姉さま」

初春「後はテレポートに加えて催眠系の能力を持っていれば・・・」

佐天「でも不自然に眠らされたり気絶させられたりしたら不思議に思わないかな?」

御坂「そこらへんはうまくやっているのかもね」

初春「うーん、なんかすごく気になる話ですけど・・・」

佐天「そもそも能力は一人につきひとつのはず、こんなことが可能なんでしょうか・・・」

白井「あ、そういえば・・・」

108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/06(土) 12:46:49.18 ID:ohxRqy3x0

御坂「ええ、この間の・・・」

初春「そっか・・・」

佐天「レベルアッパー・・・」

白井「つまりこれはペロペロとはただのふざけた表現の一つで・・・」

御坂「また何か事件が起こっているのかもしれない・・・」

初春「風紀委員として調査の必要がありそうですね」

白井「ええ、ひょっとしたらまた大きな事件になるかもしれませんし・・・」

佐天「ですけど、ネットの噂話ってだけで動きますかね?」

御坂「あんなことがあってまだ一月も経ってないのよ?
    警備員も風紀委員もまったく取り合わないなんてことはないはずよ」

白井「ですわね」

初春「早速このことを固法先輩にメールで報告してみます」

佐天「またあんなことが起こるのかな・・・」

御坂「そうでないことを確かめるための調査よ、黒子、早速行きましょ」

白井「真実かどうか確かめるにせよ早いほうがいいですわね、早速支部へ向かいますわよ」

初春「はい!」

112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/06(土) 13:29:06.80 ID:ohxRqy3x0

絹旗「・・・・・・」

滝壺「・・・・・・」

フレンダ「どういうこと?」

麦野「ちょと前にあったでしょ?レベルアッパー事件」

フレンダ「ああ、あの・・・」

麦野「あの中学生の中に風紀委員がいたみたいだし詳しい事情を知っているみたいね」

フレンダ「同じようなことが起こってるってこと?」

麦野「さあ、それはわからないわそこらへんは私にとってどうでもいいことだもの」

麦野「でも絹旗と滝壺にはそうでもないみたいだけど?」

フレンダ「そうね、そんな真剣な顔されちゃあね」

絹旗「まあさっきあの人たちが話していたことが真実かどうかはわかりませんが」

滝壺「うん、ちょっと気がかりなことが起こった」

麦野「話してもらえる?」

絹旗「はい、実は・・・・」

116 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/06(土) 13:34:49.73 ID:ohxRqy3x0

一方通行「レベルアッパー・・・詳しいことは後で調べるとしてだ・・・」

絹旗がぺろぺろされたかもしれない!?

一方通行「ったくなンでこうタイミングが悪いンだ、
      これじゃあさいあいちゃンが益々警戒しちまうじゃねェか」

考えすぎじゃないの?

一方通行「・・・・しばらくはペロペロにいかずに観察だけか、つまンねェ・・・」

ですけど・・・

一方通行「はァ・・・ペロペロしてェ・・・」

気配は確実に感じた、今も東北東から信号を感じる

一方通行「って何言ってンだ・・・」

ってことは絹旗はもう用済みなんじゃないの?

一方通行「ン?」

120 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/06(土) 13:40:25.31 ID:ohxRqy3x0

絹旗「え?」

滝壺「どういうこと?」

麦野「さっきの子達が話してた限りだと
    ペロリストっていうのは能力を奪ったり危害を加えたりするわけじゃなくて」

麦野「能力をコピーして去って行くってだけでしょ?」

フレンダ「あ、そっか、それなら絹旗の能力はコピーされたわけだから
      もう一度絹旗のところに行く必要はなくなるわけね」

絹旗「そういうことですか、なら滝壺さんが浴室で感じたのは・・・」

滝壺「狙いは私だったということ・・・」

麦野「ま、そのネットでの噂話が真実だったらそういうことになるわね」

フレンダ「うーん、こうなってくると段々信じてしまうっていうか・・・」

フレンダ「仮に絹旗の窒素装甲、滝壺の能力追跡、麦野の原子崩し、
      この三つを一人が使い分けられるとしたら?」

麦野「落ち着きなさいフレンダ、私の原子崩しは演算がすっごく面倒なのよ?
    うかつに使おうものなら間違いなく自爆するわね」

フレンダ「あ、そうか」

滝壺「それに私の能力追跡は体晶が無ければその効果を発揮することはない」

フレンダ「ってなると絹旗の窒素装甲か」

絹旗「冷静に考えれば窒素装甲はそこまで便利な能力というわけでもありませんね」

121 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/06(土) 13:46:57.28 ID:ohxRqy3x0

麦野「私の原子崩しでぶち抜けるでしょうね」

絹旗「ですね、超万能な盾というものではありませんから」

フレンダ「ってことはただ能力をコピーしただけでは使いこなすことはできないってわけね」

滝壺「手に負えない能力を使おうとすれば暴走を引き起こすだけ」

麦野「レベルアッパーの件で言えば
    足りない演算能力を補うために脳波でネットワークを形成したらしいわ」

絹旗「ってことは私にも何か?」

麦野「それは病院で調べましょう」

フレンダ「で、これで何も無かったら気のせいってわけね」

絹旗「もしペロリストなんていなかったのなら滝壺さんが浴室で感じた気配は」

麦野「滝壺のストーカーなんじゃないの?」

滝壺「なんと・・・狙いは私かもしれないということ・・・」

フレンダ「それはそれで怖いわけよ」

麦野「不安なら滝壺は今夜私のところに泊まりに来なさい」

滝壺「うん、お言葉にあまえさせてもらう」

123 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/06(土) 13:53:36.85 ID:ohxRqy3x0

一方通行「いいねェいいねェ最ッ高だねェ!!流れが俺に来てるじゃねェか!!」

一方通行「これでさいあいちゃンが安心して寝ることができれば
      思う存分ペロペロできるってもンですよォ!!」

一方通行「くかきくこけくけくきくきくきこきかかか――――――!!」

一方通行「思わぬ形でさいあいちゃンの不安を取り除くことができそうだぜェ!!」

店主「お兄さん、少し静かにしてもらえないかい?」

一方通行「すまねェ」

店主「うれしいことがあったのかもしれないけど他のお客さんのことも考えてくれないとな?」

一方通行「あァ悪ィ、マスター、コーヒーをピッチャーで」

店主「あいよ」

125 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/06(土) 14:01:37.75 ID:ohxRqy3x0

病院

冥土「検査は終わったよ」

絹旗「それで・・・どうなんですか?」

冥土「うん、何も異常は見当たらないね」

絹旗「そうでしたか・・・」ホッ

滝壺「よかったねきぬはた」

絹旗「はい、これで超枕を高くして眠れます」

冥土「また何かあったら来るといい、もっとも医者としてはなるべく会わないようにしてほしいけどね」

絹旗「超お世話になりました」ペコリ

滝壺「体にきをつけるね」ペコリ

冥土「うん、そうしなさい」

127 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/06(土) 14:07:51.15 ID:ohxRqy3x0

病院 廊下

麦野「お」

フレンダ「どうだった?」

絹旗「脳波とか何かをいじくったりした形跡は超無かったそうです」

滝壺「ほっとした」

麦野「よかったじゃない」

フレンダ「結局、取り越し苦労だったってわけね」

絹旗「いいんですよ、安心できたんですから」

滝壺「でもきぬはたのほっぺが濡れていたというのは少し気になる」

フレンダ「う~ん、じゃあ単純に能力で姿を消して絹旗をペロペロしただけってのは?」

麦野「それって変質者でしょ?変質者ならそういうことじゃ終わらないわよ」

絹旗「私と滝壺さんはテレポーターなんじゃないかって推測したんですけど」

麦野「テレポーターの変質者ならそれこそ絹旗の下着脱がしてもって帰るくらいはするんじゃないの?」

フレンダ「まあないとはいえないわけよ」

132 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/06(土) 14:16:14.80 ID:ohxRqy3x0

滝壺「それはぞっとする」

麦野「でもそんなことはなかったわけでしょ?」

絹旗「そうですね」

フレンダ「そして病院で検査しても何もなかったわけだから全部気のせいなわけ」

絹旗「気のせいでしたか、確かに考えすぎだったかもしれません」

麦野「滝壺のもそうだと思うけどね」

滝壺「そうだといいけど確かに気配を感じた」

麦野「仮に誰かいたとしても滝壺が目的じゃなかったんじゃないの?」

絹旗「では偶然そこにいただけだと?」

麦野「そ、何かするつもりならもっと色々やるでしょ。
    今日までに滝壺の身の回りでおかしなことがあった?」

滝壺「うーん・・・確かに何もない」

麦野「って言っても万が一ってことがあるから私のところで一晩過ごしてみなさい」

滝壺「ありがとうむぎの」

135 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/06(土) 14:24:20.87 ID:ohxRqy3x0

フレンダ「いいなあ滝壺」

絹旗「フレンダも行ったらどうですか?」

フレンダ「そうしたいけど今夜はちょっと予定があるわけよ」

フレンダ(フレメアが泊まりにくるのよね)

絹旗「どうせ一人で鯖缶つつくんでしょう。超理解できません」

フレンダ「まあそんなとこよ。絹旗こそ一緒に行ったら?」

絹旗「んー、遠慮しておきます。何かあっても麦野一人でどうにでもできますから」

絹旗「今夜は部屋でじっくりと映画を鑑賞します」

フレンダ「余暇の時間って大事なわけよ」

138 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/06(土) 14:31:07.39 ID:ohxRqy3x0

麦野「じゃあまたなー」

絹旗「はい」

フレンダ「お疲れー」

滝壺「ばいばい」

絹旗「さーて、いもしないペロリストなんてものに怯える必要はもうありません!」

絹旗「今日は湯船に浸かりながらのんびりと映画を超楽しみましょう」

絹旗「お風呂で見る映画も中々いいものですからね」

一方通行「まさかこォも都合よくいくとはなァ」ニヤ

一方通行「滝壺は麦野の所へ、さいあいちゃンはリラックスした状態で一人でぐっすり・・・」

一方通行「早速今夜からペロペロを再開できるってわけだ」


一方通行「さいあいちゃンの寝顔を2万回ペロペロ?」2続く