当麻と美琴の恋愛サイド ―幸福の美琴サンタ―1続き


687 :寝てた人 ◆msxLT4LFwc:2010/01/04(月) 01:21:22 ID:ZByKJAmA

12/24 PM8:55 晴れ


上条「お願い事?」

 美琴の隣を歩く上条が聞き返す。

美琴「そうよ。今日のプレゼントはアンタを幸せにする事っつったでしょ。不幸を防いだだけじゃ幸せじゃないから、
    何かアンタ的に幸せになれそうなお願い事を一つだけ聞いてあげるってことよ」
上条「………何だか大盤振る舞いだな」

 既についさっきこの学区のスキルアウトを追い払ってもらったばかりである。

美琴「そんなことないわよ。私が出来ることの範囲内だけだし、私が嫌だったり面倒なら全部拒否するもの」
上条「何だそりゃ?てことは俺が望んで、お前も望む事じゃなきゃ駄目って事か?難問だな」
美琴「そ。だから帰るまでに考えられるように、今言ったわけ。ほんとは最初に言うべきだったかもしれないけど」

 そんな余裕は無かった気がする。

美琴「んで、アンタはどっか行きたいとことかある?無いなら私行きたいところあるんだけど」
上条「うーん。その前にさ」
美琴「ん?」
上条「門限とか良いのか?一応お前お嬢様だろ?」
美琴「一応って何よ……こんな日は寮生が全員で結託するのよ。今日は別の子が何とか誤魔化すし、明日は私が誤魔化すってわけ。
    まぁ12時超えるとさすがにきついけどね。皆寝ちゃうし」

 寮監との全面戦争は正直骨だが、女子中学生にとってクリスマスというイベントはそれほど価値がある物なのだ。

上条「なるほど………ん?てことはクリスマスにこんな風に出歩くのはこれだけか」
美琴「ッ!?………わ、悪かったわねつまんない人間で!明日は昼間に黒子主催のパーティーがあるだけよ」

 パーティーと言っても女の子が集ってわいわいやるだけなのだが。

上条「いやだから何故そこでキレるんだよ」
美琴「あ、アンタだって、よく見るあの小っこいのとか、妙におどおどした紫の子はどうしたのよ」
上条「ん?ああ、あいつらは一応アレでも宗教関係者だからな、クリスマスとか年末年始は猫も手も借りたいほど忙しいんだとさ」

 インデックスや五和が毎年その時期忙しいという訳ではないのだが、恐るべき上条不幸パワーの影響か、
知り合いの宗教関係者は軒並み多忙を極めることになっていた。結果、上条は一人きりとなったのである。

美琴「ふーん。なんか私達一般的な日本人って結構お気楽よね」
上条「んーそーだなー」

 どう考えても一般ではない二人が自覚無しに呟く。

美琴「って、話が逸れたわね。私ゲーセン行きたいんだけど、別にいいわよね?」
上条「ゲーセン~?やめておいた方が良いと思うぞ」

 上条があまり面白く無さそうにそう言った。

美琴「何でよ」
上条「俺と行くと楽しくないからな。切ない気持ちになって終わり。何も当たらないし、お金は飲まれるし、機械は壊れそうになるし……」
美琴「ああ何だ。そんなことか」

 美琴は簡単にその忠告をバッサリと切って捨てた。

上条「そんなことってお前……」
美琴「このゲーセン大好き美琴センセーに任せておけば大丈夫よ。そんな退屈はさせないわ」
上条「いや、俺でなくてお前がつまらなくなるっての。過去の経験からそうなることはもう決まり切ってんだって」
美琴「私は全然これっぽっちも問題ないわよ?」
上条「何ですかーその自信は?何か理由でもあんのか?」
美琴(………アンタと一緒だからに決まってんじゃないのよ。気付け鈍感)

 心の中で叫ぶ。

美琴「要はアンタの変な体質が絡まないもんなら良いんでしょ。当たり外れがない物とか、対戦ゲームとか。最悪私の能力ならチート行為とかできちゃうし」

 美琴は悪そうに笑う。

上条「お前………普段からそんな味気ねぇ遊びしてんのか?」
美琴「してないわよ!………………た、たまにしか」
上条(たまにはやるのかよ………)
美琴「つうか何、アンタもしかしてゲームで私にボロ負けするのが怖いんじゃないの?」
上条「そんな安い挑発に上条さんは乗りませんよー。でもまぁ、お兄さんは心が広いから、お前がきちんとお願いするなら対戦してやらないでもない」
美琴「………まんまと乗ってんじゃないのよ………つかもう着いちゃったんだけど」
上条「え?」

 美琴が指さした方には大きなデパートらしき建物があった。
 クリスマスイブだけあって、それらしいBGMが掛けられ、厚着をした人々がひっきりなしに出入りしている。

688 :寝てた人 ◆msxLT4LFwc:2010/01/04(月) 01:21:36 ID:ZByKJAmA

美琴「ここの15階」
上条「どこへ向かって歩いてるのかと思ったら、目的地はもう決まってたのかよ」
美琴「まぁまぁちょっと寄って見なさいよ。他のゲーセンと違ってヘンテコなのがいっぱいあるから、見てるだけでも面白いわよ」

 上条は渋々といった感じで付いていく。

 美琴が案内したゲームセンターは、学園都市の様々な研究所が共同で運営している実験的なものであった。
 その特徴としては、最新技術がふんだんに使われたゲーム機が多い代わりに純粋な面白さは追求していないことや、
能力開発で使う装置に似た物が置いてあったりすること、料金が異常に安いことなどがある。
 ゲームセンターの名前も『総合能力開発研究グループ第三支部試験場』などという固いものだ。
 しかしそれでも最新のゲームが楽しめるとあって、レベル1以上の学生にはすこぶる人気であった。

上条「確かに混んでるな。って、何でレベル1以上?」
美琴「能力開発に似たものもあるからでしょ。無能力者にとっては学校で能力開発受けてるみたいで嫌だとか何とか」
上条「……胸が痛い」
美琴「ま、今日はそう言う系はやらないわよ」
上条「そっか。……あとさ、何で俺たち見られてるわけ?」

 先程から妙にチラチラ見られている気がしてならない。

上条(見られているというか、警戒されてる?)

 特にクリスマスデート中のカップルなんかより、そんなことお構いなしのゲーマーっぽい人達がそう言う動きを見せている。

美琴「……私、常連とはいかないまでも、たまにここに来るわけよ」
上条「知り合い?」
美琴「ううん。違うと思う。多分私がゲームで打ち負かした人達と、その噂を知ってる人達………」

 能力開発に近いゲームが置いてあるため、自ずと高位能力者は有利になる場合が多い。
 リアルでもゲームでも強い者を求めていた美琴は、一時期ゲームセンターに入り浸っているゲーマーを片っ端からフルボッコにした経験があった。
 おかげで一部ゲームセンターでは美琴が伝説として畏怖の対象になっていたのだ。
 上条は自分の過去と重ね、彼らに心から同情をする。

上条「ああ、それは何と可哀想なことだ。さぞ怖かったろうに……」
美琴「…………喧嘩売ってるわけ?」
上条「いやお前、そりゃ雷落すような奴がつっかかってきたら怖くて泣くって!」

 第一位も第三位も打ち負かした奴がそんなことを口にすんな、
と普通はツッコミを入れるところだが、美琴はその発言に対して地味にショックを受けてしまった。
 普段なら『アンタが悪いんでしょ』と理不尽なキレ方をするが、今回はそう言う気が起らない。

美琴「あの……なんて言うか、その件については謝るわ。ごめん」
上条「え?い、いや、別に謝らなくて良いよ。俺覚えてねえし。今日はまだビリビリされてねえし」

 妙に素直な美琴の態度に少し驚く。

上条(そういえば、これだけ一緒にいて電撃を浴びせられないというのは過去新記録かも?)

 美琴は美琴なりに頑張っているのだ。
 二人はとりあえず荷物や手袋などをロッカーに入れ、少し店内を見回ることにした。
 普通のゲームセンターにあるオーソドックスなものから、説明書を読んでもイマイチ何をしたいのか理解できない物。
さらにミニゲームから安全性を疑いたくなる大規模なものまで、様々なゲームがあり確かに見ているだけで面白いと上条も感じた。

美琴「さてと、そろそろ今回の最重要目的地へ行くわよ」
上条「あー、やっぱ何かあるわけか」

689 :寝てた人 ◆msxLT4LFwc:2010/01/04(月) 01:21:53 ID:ZByKJAmA

 上条は美琴に付いていくと、一台のプリント機に行き着いた。
 外観は飾る気が無いのかシンプルで、『AIによる撮影シミュレーション実験筐体No.3』とタイトルだけ飾られている。

上条「写真でも撮りたいのか?」
美琴「この機種のフレームが可愛いんだけどね」
上条「ああ、はいはいなるほど」
美琴「この前黒子と来た時、あらかた撮りまくったわけよ」
上条「あらかた?」
美琴「185枚!」
上条「……………………白井もよく付き合ったな」
美琴「いや、あの子死ぬほど喜んでたけどね」
上条「……………………」
美琴「なんだけどさ、一番重要なのが撮れなくて…………」
上条「重要………ああ、いやいい、言わなくても分かる。もう何度目だよこのパターン。ゲコ太だろ?」
美琴「よく分かったわね」

 美琴は目を丸くして驚く。

上条「そりゃぁクマのぬいぐるみ作るのにお前のこと色々考えたからな。行動パターンはもうお見通しなのですよ」

 上条は少し得意げに言う。
 ちなみにそのうちの半分程度は舞夏から諭されたようなものだ。

美琴(な、何恥ずかしいこと言ってるのよ)

 美琴には上条が『お前のことをずっと考えていた』『お前の事なんてもう何でもお見通しだ』と言っているように聞こえて焦る。
 慌てて手を胸に当て、目を瞑り落ち着こうとする。さすがにそう何度もふにゃふにゃになってはいられない。
 上条はそんな美琴の様子を見て、また具合が悪くなったのではないかと勘違いし、肩に手を掛ける。

上条「御坂?」
美琴「にょわっ!」

 いきなり話し掛けられてビクッ!とする。

美琴「ななな、何?」
上条「また具合悪いのか?」
美琴(や、やめ……て。そんな顔で私の顔を覗き込まないでっ!鼓動が余計早くなるじゃないのよ)

 美琴はプイッと横を向き、「うっさい、大丈夫よ」と何とか言う。

上条「何かよく分かんないけどさ、具合悪かったら言えよ?倒れたら色々やべーだろ?」
美琴「う、うん。確かに」
上条「……んじゃさっさと入るべー」
美琴「あっ、ちょっと待って」

 仕切りになっている垂れ幕を上条がめくったところで美琴はそれを一旦制止する。

美琴「この機種。AIが馬鹿だから覚悟して頂戴」
上条「へ?」
AI 「イラッシャイ。オカネヲ、イレテネ」

 上条がくぐりきると、機体から声優が演じている子供のような声がブツ切りで発せられる。
 後から入ってきた美琴が100円玉を1枚だけ投入する。

AI 「アアッ、マタキテクレテ、アリガトウ」
美琴「…………」
AI 「スキナフレームヲ、エランデネ」

 美琴は画面上に出た幾つかのカテゴリから『恋人』と書かれたハート形のボタンを押し、次にお目当てのフレームを選択する。
 そのフレームはゲコ太のみならず、ケロヨンやピョン子、その他ラブリーミトンのキャラクターが数多く出てくるマニア垂涎のものだった。
 わざわざ上条をゲームセンターまで引っ張ってくるだけの価値はある。

上条「そういえば何で白井とは撮れなかったんだ?」
美琴「このフレーム、どういうわけか男女ペア向けなのよ。開発者が適当にカテゴリに入れたのかしら?その時はそんなこと無視
    して撮ろうと思ったんだけど、この機体が忌々しいことに顔認識とかしてきやがって、『アレレ?オトコノコジャナイヨ?』
    とかふざけたこと言って拒否されたってわけ」
上条「………また妙なところに凝った仕様だなそりゃ」
美琴「でしょ?作ってるのが研究者だからそこら辺適当すぎるのよ。の割りに金が掛かってるから、外注のフレームとかは出来が良いし…………。
    あん時はぶっ壊してでも撮ろうとしたんだけど、さすがにあの子に止められたわ」

 ジャッジメントとしてギリギリの判断だったのかもしれないな、と上条は少し哀れむ。

上条「キョウハソンナコト、シナイデホシイナ」
美琴「アンタが協力すればすぐ終わるわよ。あとその口調本気でやめて」
上条「へい……」

 必要な入力が全て終わる。

美琴「全部で5回撮るんだけど、たまに変なこと要求してくるかも」
上条「変なこと?」
美琴「ジェスチャー認識の一環でかっこ悪いポーズ撮らされたり」
上条「うぇー……………ま、まぁ壊すのよりはマシじゃねーの。はぁ」
AI 「1マイメ、イキマース。ハイ、チーズ」

690 :寝てた人 ◆msxLT4LFwc:2010/01/04(月) 01:22:04 ID:ZByKJAmA

 パシャリとフラッシュが焚かれ、一瞬目が眩む。
 上条と美琴の距離は人一人分の微妙な距離が空けられている。

AI 「アレレー?チョット、フタリノアイダガ、トオスギルネ!モットチカヅイテ!」
美琴「こういうふざけたことを言う訳」
上条「無駄に演技くさいあたりがイラッとくるな」

 仕方なしに二人はほんの少し近づき、普通に直立のまま撮る。
 今度は良かったらしい。

AI 「オネガイガ、アルンダケドー?コウイウポーズ、シテホシイナ!」
美琴「やっぱ来たか」

 画面に何やら人の絵が出てきた。青い方が赤い方の肩を抱いている。
 カテゴリが『恋人』であるからそう言うポーズが要求されるようだ。

上条(これって………)
美琴(あー、何かデジャブ)

 写真でこのポーズと言えば、一度撮りかけたことがあったはずだ。
 二人で同じ事を考えていたが、口にしてもしょうがないのでその件には触れない。

上条「ど、どうする?」
美琴「…………えっと」

 美琴は当時のことを思いだし、あの時はまだ漏電なんかしなかったからなぁ……なんて自分が退化しているように感じて憂鬱になる。
 二人の距離はあの時から縮んだのだろうか。

美琴「うん。そうね、やっぱ手っ取り早くこいつ殺るか」
上条「…………冗談に聞こえねーぞおい」
美琴「本気だもの。あ、殺るって言ってもソフトウェア的な話よ?」
上条「どちみち駄目だっつの!」

 仕方がないので上条は美琴の左側に回り、右手を肩に回す。
 美琴は徐々に顔が赤くなるが、まぁアンタが止めるなら仕方ないわねやってあげるわ、と言わんばかりの表情でじっと耐える。
 この程度なら以前にもやったし、さっきも無意識にやっていた気がするので両者共に許容範囲だ。

上条(つか、写真を諦めるって考えはないんだな。すげぇ執念………)

 無事2枚目も撮り終える。

AI 「オネガイガ、アルンダケドー?コウイウポーズ、シテホシイナ!」
美琴「………………………」
上条「………………………」

 次の画像は、青い人が赤い人を抱っこし、赤い人が青い人の首に手を回している絵。いわゆるお姫様抱っこ状態だ。

上条(何の冗談ですかこれは)

 上条が美琴の方をチラッと見てみると、美琴はポケーッと子供のようにその画像を眺めていた。
数秒すると上条の視線に気づき、愛想笑いをしてきたので、上条も愛想笑いを返してみる。

上条「やーや-、無理だわ。ギブギブ」
美琴「そ、そうね。私もこれはちょっと………って思ったんだけどさあ、なーんかアンタのその言い方、まるでやりたくないような感じね」
上条「な、何怒ってんだよ。して欲しいのか?」
美琴「ばっ!!?んな分けないでしょ!!じゃなくて、アンタがしたくないんでしょ!!」
上条「んなこと言ってねえだろ!そもそもしたくないも何も、お前のその格好じゃできねーじゃねえか!」

 美琴の短いプリーツスカートを指差さして叫ぶ。

美琴「ざーんねんでした。短パン穿いてるんだわこれが」

 美琴はプリーツスカートの下をほんの少しまくって短パンを見せる。

上条「くっ!!い、いやでも待て!どうせまたお前のビリビリ落ちになるんだろ、そうなんだろ!」
美琴「今日は一回もアンタにビリビリしてないじゃん!」
上条「それはお前が俺の右手を掴んでたからだろ!」
美琴「うっ……わ、忘れかけてたんだから思い出させるんじゃないわよ」
AI 「ミギテヲツカッテ、ダッコシテネ」
上条「…………………」
美琴「…………………」
上条「え、何で反応してるんですか?こいつ」
美琴「あー、たまにボソッと介入してくるのよね。こっちの声は多分聞こえてないと思うんだけど」
上条「ホラーじゃねえか」
AI 「ハヤクー」
上条「…………………」
美琴「…………………」

691 :寝てた人 ◆msxLT4LFwc:2010/01/04(月) 01:22:23 ID:ZByKJAmA

 AIが言ったことは確かに正論なので、二人で固まってしまう。

美琴「ま、まぁ、フレームゲットのためには仕方がないわ」

 若干口元が緩みそうなのをどうにか押さえてわざとらしく言う。

上条「………ったく、しゃぁねぇな」

 上条も諦めて頭を掻く。冷静でいられるかかなり怪しいが、やるしかないようだ。

上条「じっとしてろよ?」
美琴「う…うん」

 上条は右腕を美琴の背中に回し、左腕を膝の後ろに回すと、美琴を少し後ろへ倒し一気に抱え上げた。
 抱えた脚と背中や、自分の胸とくっついた部分などから美琴の体温が伝わってきてかなり気恥ずかしい。
 美琴は両手を胸の前で固く握り、カチコチに固まって身を預ける。
 自然に前を向くとすぐ目の前に上条の顔があり恥ずかしいため、カメラの方を向く。

上条(人間って意外と重いんだよな。っとか言ったら絶命しそうだから言わないけど)
上条「…………あれ?撮らねえな」
AI 「ポーズガ、チガウヨ」
上条「ああ、み、御坂、腕だ腕」
美琴「……!……!!……!!!」

 上条に言われて顔を再び見る。言わんとしていることは理解できるのだが、緊張しすぎて声が全く出ない。
 恐らく表情も死ぬほど固くなっていることだろう。
 上条の右手が肋骨の当たりを触っている。
 上条の左手が脚を触っている。
 更にここから動くと別の所まで触られそうで、怖くて体が動かない。
 もちろん腕も同様で、赤ちゃんのようなそのポーズを崩せそうにない。
 予想していたものを遥かに超える恥ずかしさで頭がどうにかなりそうだ。
 徐々に後悔の念が沸いてくる。

上条(うわ、無茶苦茶嫌そう。何か一人で恥ずかしがってるのが馬鹿みたいだな)
上条「あー………なんと言いますか、まぁそんな脅えきった顔すんな。今下ろすよ」
美琴「……!!」

 しかし美琴は首をブンブンと横に振ると、涙目になりながら腕をおずおずとゆっくり差しだし、どうにか上条の首へ回す。
 恥ずかしさの限界値を超えるようなこの状況はさすがに美琴にとっても不本意だったが、
それが上条自体が嫌だからという理由だとは絶対に勘違いされたくなかった。

上条(そ、そこまでして写真を撮りたいのか?)

 ただし上条には通じない。

AI 「イイネイイネ。3マイメ、イキマース。ハイ、チーズ」

 二人とも心の準備が出来ないままフラッシュが焚かれる。
 恐らく写った二人の顔は真っ赤に染まり、目が泳いでいるに違いない。
 上条は「終わったぞ」と声を掛けて美琴の足を静かに下ろす。
 しかし美琴は相変わらずカチコチで、腕が離れない。
 立ち上がると抱き付くような形になった。
 ただし体と体のスペースはかなり空けて、顔は思いっきり俯いている状態なので恋人っぽくはない。
 上条は予防のため美琴の肩に右手を置きつつ、少しずつ腕を離そうとして……画面を見て再び絶句。

AI 「オネガイガ、アルンダケドー?コウイウポーズ、シテホシイナ!」
上条「……なんつうか、俺もこいつに殺意沸いてきた」

 美琴が恐る恐る振り向くと、青い人が赤い人を肩車している絵が表示されていた。

上条(高さ足りねーだろ)

 と思って上を見上げると、何故か肩車をやる分くらいのスペースは設けられていた。
 開発者は一体何をさせたいのだろうか。

美琴「は、ははは、はは。これは、前もあったわ」

 力なく笑う。
 黒子相手の時は面白がってやったが、上条相手にそんなノリで出来るわけはない。

美琴「ど、どうしよう……」

 美琴が不安そうな声で上条に問う。
 そう言う態度を取られると上条としても弱い。
 とりあえず首に掛かってた腕を外して、子供に話し掛けるように優しく話す。

上条「どうしようって………辛いならやめた方が良いんじゃないか?」
美琴「そ、そんなんじゃない!」

 そこだけは確実に否定する。

692 :寝てた人 ◆msxLT4LFwc:2010/01/04(月) 01:22:36 ID:ZByKJAmA

上条「んじゃぁフレームのためだと割り切っちゃうしかないんじゃねえかな?」
美琴「う、うん………そうね。コレクターとして負けてられないわ」

 結局そこに行き着くらしい。
 仕方がないので上条は美琴の後ろへ回り、しゃがむ。
 赤を基調としたプリーツスカートと白のコートに覆われた美琴のお尻と、そこから伸びるすらりとした細い脚が視界を占める。

上条(……………無心だ無心。何も考えるなよ上条当麻)

 上条は頭を振る。

美琴「へ、変なこと考えたら殺すから」
上条「………、おまえなぁ、せっかく今振り払ったのに」
美琴(振り払ったってことは考えてたってこと?)

 とりあえず美琴は脚を肩幅くらいにそっと開く。
 それを確認して、上条は美琴の足首を掴み、脚の間に頭を通していく。視界の横にはニーソックスが見える。

上条(無心無心無心無心無心無心無心無心無心)
美琴(ゲコ太のためゲコ太のためゲコ太のためゲコ太のため)

 上条のツンツンした髪が美琴の脚を撫でていく。
 その感触がかなりむず痒い。

美琴「ちょっ、ちょっと」
上条「ん?」
美琴「わー!!上見るな馬鹿!!」
上条「痛ってー挟むな馬鹿!見ねえよ!っつか短パン穿いてんだろ!」
美琴「それでも嫌なの!」
AI 「ハヤクー」
上琴「うるせー!!」「うるさい!!」

 二人でハモる。

上条「あーもうめんどくせーうらあああああああ!!」
美琴「わっ、わわ」

 一気に頭を押し込み美琴を持ち上げる。
 肩に美琴の柔らかな太ももが感じられるが気合いで無視する。
 美琴はというと左手でスカートを押さえ、右手で上条の頭を押さえている。

上条「おい、重心もっと前にしろあぶねえ」
美琴「む、無理!」
AI 「4マイメ、イキマース。ハイ、チーズ」

 パシャリ。

上条「た、倒れる………っだぁああああ」

 上条が後ろに倒れそうになり、咄嗟に美琴は頭上にあった機体のフレームを掴んでそれにぶら下がる。
 結果上条だけバランスを崩し後ろに仰向けに倒れた。

上条「あ」
美琴「うわー馬鹿、覗くなー!!」
AI 「オネガイガ、アルンダケドー?」

 上条の頭は美琴の真下にあったため、スカートの中が丸見えである。といっても短パンであるが。
 むしろ美琴がもじもじと腰をくねらせるせいで扇情的に思えるのではないか。と上条は手を顎に当てて冷静に分析する。

美琴「ッ!!」

 美琴はついにキレて手を離す。迫り来る美琴の足を上条が寸前で横に避ける。

上条「あっっっぶねぇ!何すんだテメェ!」
美琴「アンタが悪…………………は?」
上条「ん?どした?」

 美琴は画面の方をチラッと見て固まっている。画面は上条からは見えない。
 仕方がないので起き上がろうとする。

美琴「わわっ、あ、アンタは見なくて良いわよ」

 しかし止めるのが遅かった。
 次のお題を見て上条も無言になる。

上条(なんつか、ここまで来たのに終了ですか)

 画面の中では青い人と赤い人の絵が二人で両手を繋ぎ、キスをしていた。
 さすがにこれはギブアップだろうと思い、上条は気楽に話し掛けることにする。

上条「あーあ。残念だったな。まぁ恋人が」
美琴「やるわよ」
上条「……………………………………………………はい?ごめん。もう一回言って」
美琴「やるっつってんの。これのために!」

 美琴が指差した先には5枚目のフレームがあった。
 なんとラブリーミトンの歴代キャラが大集合していて、豪華に写真の周囲を囲っている。
 美琴の中で色々なものが天秤に掛けられた結果、それが勝ったらしい。
 しかしそんな美琴の態度を見て、上条は少しイラッとする。

上条「ふざけんな、いくら好きだからって、テメェはこんな物のために俺とキスしようってのか!?」
美琴「………何怒ってんのよ。するフリに決まってんでしょフリに」
上条「へ?…………あ、あー……………」
美琴「アンタまさか、変なこと想像してたんじゃないでしょうね?」

 美琴が意地悪そうな笑みと共に横目で見る。

上条「…………………で、でもこいつを騙せると思うか?」

 上条はそれを無視する。

693 :寝てた人 ◆msxLT4LFwc:2010/01/04(月) 01:22:50 ID:ZByKJAmA

美琴「この絵を見る限り、真横じゃなくても良いんでしょ。なら付いてるかどうかなんてきっと分からないわよ。余裕余裕」

 自分に暗示を掛けるように言い放つ。正直変な汗が出てきているが、この際それは無視する。
 まぁここまで来たんだしやってみるか、という実験的なノリで上条は応じた。
 二人はとりあえず立ち位置を決め、大体45度の角度で上条が画面側に立った。
 次に両手を指を絡めるように握る。触った瞬間に美琴の手がピクッっと動いたが両者緊張しているのでその程度は気にしない。

美琴「と、とりあえずゆっくり、30センチくらいまで顔を近づけるわよ」
上条「30センチー?いくら何でもそりゃばれるだろ」

 そう言うと上条はやや屈み込み、美琴の手前約20cmのあたりに顔を持ってくる。
 突然だったせいか美琴が仰け反る。

上条「………………おい、お前この程度でかよ」
美琴「う、うっさいわね!びっくりしただけよ。ゆっくりって言ったでしょうが」

 そう言って美琴は体をゆっくり戻したが、緊張して肩に力が入っているのが見え見えであった。

上条(そこまで俺を毛嫌いしなくても良いんじゃねえのか)
AI 「ポーズガ、チガウヨ」
上条「………だそうです」
美琴「すこーーーしずつ、近づけるしかないわね。1秒に1ミリくらいの速さで」
上条「凄い遅さだな………けどまぁそれしかねえか」

 言われたとおりにジリ……ジリ……と顔を近づけていく。
 この速度だと距離が無くなるまで大体200秒は掛かるだろう。

上条(ん?)

 上条はジーッと美琴の顔を見つめていて、面白いことに気付く。
 美琴はボーッと上条の顔を数秒眺めているのだが、徐々に頬が赤くなっていき、ハッとして視線をオロオロと右や左に移動させる。
 だが、それを気取られたくないのか、2秒くらいしたあとにキッっと上目遣いに睨んでくる。
 そのままで居るとその目が少しずつトロンとしてきて、ボーッとしだす。そして最初の状態に戻る。
 上条にはそれが何だか可愛らしく思えて少し笑ってしまう。

美琴「…………何ニヤケてんのよ」
上条「いや別に」
AI 「ポーズガ、チガウヨ」

 60秒以上は経っただろうか、唇と唇の距離はもう10センチとちょっとしかない。
 お互いに息をするのが聞こえる程度になる。

美琴「ま、まだなの……?」

 徐々に美琴は焦り出す。
 もしこのまま最後までチガウヨと言われ続けたらどうなるのだろうか。

美琴(……………………………)

 上条を見る。
 さすがにこの近さだと恥ずかしいのか、たまに目が泳いでいる。

美琴(ま、さっき何か怒ってたし、嫌になったらこいつがやめるか)

 もしやめなかったら?ということは考えないことにする。

AI 「ポーズガ、チガウヨ」
上条「……なんで無駄に精度が良いんだよ」

 もう10センチはとうに切っている。
 喋ると相手に息が掛かる。

美琴「ちょっ、あんま喋んないでよ」
上条「へ?まさか俺の息匂う?」
美琴「そ、そう言うことじゃなくて…………」

 それっきり黙ってしまう。
 美琴の顔は更に赤くなり、呼吸が速まる。正直そろそろ限界が来そうだ。
 それでも上条は近づくのを止めない。

AI 「ポーズガ、チガウヨ」

 上条はボーッと美琴の顔を見つめていた。
 ファミレスでは薄暗くてよく分からなかったが、その空間は写真を撮るために相当明るく、顔の隅々まで見える。
 意外と睫毛が長いことや、瞳の色、眉毛の色が茶色がかっていること、肌が肌理細かいこと、その肌が紅く染まってること、
化粧もしていないのに朱く瑞々しい唇、その唇がやや速いペースで息を吸ってること、たまに唾を飲み込んでるが、
緊張のためか上手くできていないこと………
 見ている内に恥ずかしさはどこかへ消え、徐々にそれが心地よい興奮へと変化していく。

上条(恋人同士のキスなら、この距離で普通は目を瞑るよなぁ)

 しかし両者の目は見開いたままだ。
 寸止めするにあたって目を閉じていてはまずい。

694 :寝てた人 ◆msxLT4LFwc:2010/01/04(月) 01:23:20 ID:ZByKJAmA

AI 「ポーズガ、チガウヨ」

 美琴はもう恥ずかしさとか言う次元を超え、とっくに居心地が良くなっていた。恐らく手を繋いでいなければ漏電していることだろう。
 上条が見つめている。ただそれだけで幸せを感じていることに気がつく。
 やがて両者の顔の距離は、寄り目をしても相手の顔がぼやけて見えるほどに近くなる。

上条(このまま……してしまいたいな)

 上条は陶酔した頭で思う。
 もししてしまったら美琴はどういう態度を取るだろうか。
 怒り暴れるだろうか。また雷を落すだろうか。軽蔑した目で見るだろうか。
 でも、もしそうだとしてもこのまま距離をゼロにしてしまいたいと感じた。

上条(ビリビリされてないせいで御坂への印象が違うのかな)

 普段はいつ電撃が飛んでくるか分からないため緊張状態にあることが多かった。
 しかし今日は最初の宣言がある。だから美琴を冷静に落ち着いて見ることが出来たのかもしれない。
 ということは、ビリビリしてこない美琴のことを、自分は好きなのだろうか。
 そんなことを思っていると、美琴の瞼がゆっくりと閉じた。

上条「!?」

 上条の動きが止まる。
 そして既視感を感じる。似たようなことが過去に数回あった。
 そういえば、あの時の美琴は結局何を考えていたのだろうか。

上条(もしあのシーンでキスをしていたら?)

 どうなっていたのだろう。
 答えは恐らく目の前にある。
 上条は再び動き出す。少し震えている唇に近づいていく。
 そして……

AI 「5マイメ、イキマース。ハイ、チーズ」
上条「!?」
美琴「!?」

 ビックゥ!!と二人仲良く痙攣して、バッと顔が離れる。
 その瞬間にパシャッとフラッシュが焚かれる。
 数秒で頭のもやが晴れていくと、初めて自分達の心臓がすごい早さでリズムを刻んでいることに気がついた。

上条「……………………………お、おお、俺たちの大勝利だな」
美琴「そそそ、そうね」

 お互い目を合わせずに話す。
 とりあえず上条の右手側は繋いだままで、左手側だけを離した。

AI 「モウスコシ、マッテネ」
上条「………………」
美琴「………………」

 手を繋ぎながら目を合わせず無言で待つ。
 ややあって取り出し口から二人用に切り分けられた写真が出てきた。

美琴「………………」

 フレームは超絶に可愛いのだが、メインである写真の方を見ると黙ってしまう。

上条「あの、さ、これ二人分あるけどどうする?なんつうか………」
美琴「も、持っててよ。私だって今これどうすりゃいいんだろ?って悩んでたところなんだから」

 仕方が無く上条は胸ポケットに、美琴は財布へと仕舞う。

美琴「あ、アンタは気をつけなさいよ?うっかり落して誰かに見られるって状況が簡単に想像できるわ」

 そう言ってようやく上条の方を向く。

上条「俺も余裕で想像できるから言わなくて良い」

 何故か血の雨が降りそうな気がする。誰の血かは自明。

上条「つかお前も白井に見られないようにしろよな?」
美琴「分かってるわよ」

 テレポーターなんかと一戦交えるなんてのはごめんだし、黒子はそれ以上に執念とか怨念とかいう点でも怖い気がする。
 二人は急にどっと疲れが出たような気がして、同時に溜息を吐き、プリント機からトボトボと出ることにした。

AI 「アリガトウ。マタキテネ」
上琴「「来るか馬鹿!!」」

 ガンッ!と蹴りを一発ずつ残して。

696 :■■■■:2010/01/04(月) 01:55:18 ID:iF/NPerM
写真、どんな風に写っていたのか気になる

695 :■■■■:2010/01/04(月) 01:46:07 ID:nTo5ZUFM
上条さんが美琴に陥落されつつあるのがいいです。

698 :■■■■:2010/01/04(月) 02:50:22 ID:U3MidVS6
このAI・・・できる!

702 :■■■■:2010/01/04(月) 06:39:32 ID:adGMoysA
このAI、どこのカレル4だwww

972 :寝てた人 ◆msxLT4LFwc:2010/01/12(火) 00:18:58 ID:oySY5oFA

12/24 PM9:36 薄曇り


 その後どうにか手を離した二人は、ベンチに座りだらだらとしていた。
 しかしどうにもさっきの一連のことが頭をちらついてしまい、二人の会話も妙にぎこちない。
 ついにその空気に耐えられなくなった美琴が立ち上がり「ゲームで勝負よん」と上条に不敵な笑みを投げかけた。
 同じく空気に耐えられなかった上条もそれに乗ることにする。


―――レースゲーム

 ゲームセンター慣れしてる美琴に上条が勝てるわけもなく、僅差であったが美琴の勝利。
 これで美琴はかなり元気になる。
 ちなみに僅差であったのは一生懸命運転する上条の方をチラチラ見ていたせいだ。

美琴(写真、撮っておきたいわね……)

 というところまで考えて、思考パターンが黒子っぽいことに気づき一人で絶句。


―――コインゲーム

 ビデオポーカー、不正行為無しなのに美琴が一発目にロイヤルストレートフラッシュを出す。美琴の勝利。
 スロット、不正行為無しなのに美琴が一発目に大当たりを出す。美琴の勝利。
 その他諸々、同様。
 いつも通り上条は不幸である。
 さすがに美琴は上条が不憫になり、少しだけ慰める。
 とはいっても上条の方はいつものことなのでさほど気にしていない。むしろそういう風に気を使われることが嫌なようだった。
 ちなみにコインは数枚だけ抜き取り、他は専用機で電子カードに蓄えた。

上条「お前……まさかそれは一体何に使うものなんでせうか」
美琴「レールガン用」

 その中の何枚かが自分に向けられることになるのだろうか、と考え上条は憂鬱になる。

美琴「アンタと一緒にいると何も当たらないって訳でもないのね」
上条「まーな。運絡みのゲームで知り合いと対戦すると、俺以外が大勝ちして嫌な空気になるんだよ。
    対戦じゃないと何も当たらなくて嫌な空気になるんだけどな。あ、でも俺と対戦すれば大勝ちするからっつって
    俺を連れてきた奴は大負けしてたな。結局嫌な空気になるってわけだ。ははははは……………はぁ」
美琴「………じゃぁ、それに対抗できるのは、アンタと居るだけで楽しいって人くらいってことか」
上条「んー?あー、確かにそうかぁ。結局俺とゲーセン来る奴って、単に話してるだけで面白いような輩だけだな」
美琴「………………」
上条「御坂センセー的には今の楽しさ評価はいかほどで?」
美琴「………………し、知らないわよそんなの自分で考えろ!」

 頭をグリッと無理矢理回してそっぽを向く。

上条(はぁ…………やっぱ俺ってまだ嫌われてんのか?まさか生理的に受け付けないとか??全く分かんねえ)

973 :寝てた人 ◆msxLT4LFwc:2010/01/12(火) 00:19:11 ID:oySY5oFA

―――格闘ゲーム

 美琴が得意なゲームでは美琴が速攻で勝利。
 上条が得意なゲームでは上条が姑息なハメ技で辛勝。
 結果一勝一敗。
 先程のことがあるので美琴はハメ技について責めることができず、若干イライラする。
 しかも上条の使用したのが巨乳キャラだったのでさらにイライラする。

美琴(はぁ…………やっぱこいつってこういう属性好きなのかしら)


―――音感ゲームその1:ボタンを叩くオーソドックスなタイプ

 そもそも勝負にすらならず、美琴が上条に教えることになった。
 要領が掴めない上条にイライラし、ついには上条の手首を持ってバタバタ動かし始める。

上条「だーもう分っかんねー!!つか、音楽経験者に勝てる気がしねえよ」
美琴「難易度上がるとそんなの関係無くなるわよ。ただの反射ゲームみたいなもんじゃんこんなの」
上条「反射神経には自信あるんだけどなぁ」
美琴「うーん……あ、命が掛かってないからじゃない?」
上条「……………………納得しかけた自分を殴りたい」


―――音感ゲームその2:ジェスチャーを読み取るダンスタイプ

 途中までは美琴が圧勝していたが、途中から上条が巻き返し勝利。
 理由はレースゲームの時同様、美琴が上条の方をチラチラみていたせいだ。
 その後上条に無理矢理一人でやらせてみる。
 最初は爆笑しながら上条が踊るのを見ていたが、やがて静かになり、最後にはぽーっと見蕩れてしまっていた。

美琴「ま、まぁ初めてにしては上出来じゃない」
上条「ホントか?何でだろうな、もしかして才能あるのか俺」
美琴「うーん……あ、体を自由自在に動かせないと命が幾つあっても足りないからじゃない?」
上条「……………………さっきも思ったが、それをテメェが言うな」

 ちなみに上条がプレイ中美琴はこっそり携帯でそれを撮りまくった。
 しかしゲームセンター自体それほど明るくないため、全て思い切りブレていた。

美琴(………デジカメ買おうかしら)

 頭の中で何かと何かが葛藤を始める。


―――エアーホッケー

 好勝負だったが、上条の勝利。

上条「やっと真っ当に勝負して真っ当に勝った気がする。伊達にお前の電撃を何度も防いでねえよ」
美琴「考えてみたら恐ろしい反応速度よね。もう意識を介さないで脊髄反射してるんじゃないの?」
上条「そうかもしんねえけど、全然素直に喜べないのは何故なんだろう」

974 :寝てた人 ◆msxLT4LFwc:2010/01/12(火) 00:19:22 ID:oySY5oFA

 その他最新すぎてよく分からないゲームなど数種で対戦した。
 さすがの二人も徐々に疲れてきたので、徐々に対戦という名目からずれていく。


―――おみくじ勝負

上条「最新技術を使った超高精度おみくじシステム………って、色んな方面に喧嘩売ってねえかこれ。何がどう最新で技術なんだよ」
美琴「アンタってやっぱこういうのはやらないわけ?」
上条「やらねえな。例え引いて大吉が出たところで何かが変わるわけでもないし」
美琴「気分ってのもあるんじゃないの?それに色々細かいとこまで書いてるのとかあるじゃん?」
上条「そう言うお前は信じてんのか?」
美琴「んー、科学技術の結晶たる私が信じるってのも変でしょ」
上条「まーな。って、じゃぁ俺にくれたお守りは何なんだよ」
美琴「だから気分よ。あ、でも、私一回大凶ってのを見てみたいのよね。ねえねえ引いてみてよ」
上条「…………………お前さらっと酷い事言ってません?」
美琴「信じてないんなら良いでしょ。ほらさっさと引く」
上条「………ったく、はいはい」

 上条は仕方なしに神社の形をした小さめの機械に20円を投入する。
 ややあって、何のギミックも無しにポロッと巻物状の小さい紙が神社の扉から出てくる。
 上条はそれを取ると中を開いた。

上条「あれ?」
美琴「なになに?」

 美琴は上条の手元を覗き込む。

美琴「何これ、真っ白?」
上条「あーはいはい、バグだろ。20円飲み込まれて終わり。一番萎える展開だよなぁ」

 上条は天に『お前の運勢なんか知らねえよ』と言われたように感じて少し悲しくなる。

上条「試しにお前も引いてみれば?」

 美琴は言われたとおり引いてみる。
 中を見ると中吉と書かれて、詳細が読みやすいように現代語で書かれている。

上条「何だこりゃ、分かりやすい代わりにありがたみゼロだな。占いっつうより予報」

 美琴は真っ先に恋愛運のところを見た。

 恋愛運………○ 7日以内に変化がある可能性が高く、32%である。その時できるだけ勇気を持って行動しましょう。
         良い方向に進む確率が12%上昇すると思われます。今年全体の恋愛運については、不確定要素が強く
         判断が付きません。ただし、待つより積極的に行動した方が相対的に9%良い結果が得られると思われます。

美琴(積極的とか勇気とか、できるならやってるっつうの)
美琴「アンタももう一回引いてみれば?」
上条「いや、多分またバグる気がするからいいよ」
美琴「んじゃ私が引いてあげるわよ」
上条「それ、おみくじ的に良いのか?」

 美琴は再び引いて、それを上条に渡す。
 今度はきちんと書いていて、大吉であった。

美琴「あれ、意外」
上条「いやそうでもないみたいだぞ。詳細のところがボロクソ。何でこれで大吉なんだよ」

 詳細にある基本運、金運、仕事運などがあらかた×になっている。唯一恋愛運が◎になっているだけだった。
 自然とそこに目が行く。

 恋愛運………◎ 7日以内に変化がある可能性は不明。その時どうなるかは不明。良い方向に進むか、悪い方向に進むかは不明。
         今年全体の恋愛運については、不確定要素が強く判断が付きません。
         ただし、今一番近くにいる知り合いの女性を大切にすること。

美琴「何て書いてあるの?」

 美琴が再び覗き込もうとしてきたので、上条は慌ててそれをクシャクシャにし、ポケットにしまってしまった。

美琴「ちょっ!見せてくれたって良いじゃない!」
上条「………………くっだらねえことばっか書いてたから見なくていい」

 慌てたのを気取られないようにだるそうに言った。

975 :寝てた人 ◆msxLT4LFwc:2010/01/12(火) 00:19:33 ID:oySY5oFA

―――景品GET勝負

上条「もはや勝負でも何でもなくないかそれ」
美琴「まあそうなんだけどね。ものは試しにと思って」

 美琴はとあるゲーム機の中にある猫のキーホルダーを取ろうとした。
 そのゲーム機はボタンを押すと回転している矢印が止まり、矢印が差す部分の点数が加算され、それが5点溜まると景品が貰えるというシステムであった。
 美琴は100円を投入し、チラッと上条の方を見る。

美琴「アンタ、これが取れたら一緒に喜んでくれる?」
上条「へ?まあ、うん。何だ藪から棒に」

 それを確認すると美琴は上条の方を向いたままボタンを押す。
 結果、矢印はマイナス5を差しハズレ。
 もう一度100円を投入する。

美琴「もし次に当たったら、アンタに美人のお姉さん紹介してあげる」
上条「はい??」

 ボタンを押す。はずれ。100円を投入。

美琴「もし次に当たったら、アンタに何でも好きな物買ってあげる」
上条「あー」

 ボタンを押す。はずれ。100円を投入。

美琴「まぁ予想通りね。次に当たったら、アンタを思い切り殴るわ」
上条「そう言うことか」

 ボタンを押す。はずれ。

美琴「あ、あれ?…………何だ、アンタの不幸もこんなもんか」
上条「本気じゃないからじゃねえの?前に同じ事やった奴が居たんだけど、その時は当たったぞ。
    しかもその後その馬鹿は本当で殴ってきやがった。返り討ちにしたけどな」
美琴「………………………」

 無言で100円を投入。

美琴「もし次に当たったら……うーん……今日はもう帰りましょう」
上条「………」

 ボタンを押…………せない。

美琴「ちょっとたんま!今の無し!」
上条「一人で何やってんだ」

 どうやら美琴的にはまだ帰りたくないらしい。

美琴「もし次に当たったら………………えーと、あ、アンタに抱き付く」
上条「へ?」

 ボタンを押す。大当たり。
 テッテレーと軽快な音楽と共に景品が落ちてきた。美琴はそれを拾いあげる。

美琴「ふーーーん」
上条「ちょっと待て何で俺を睨む!こんなのただのランダムだろ!!っつか、どうせ本気じゃねえんだろそれも!?」
美琴「ええそーよ。本気じゃないわよ。………ま、いいけどねー。別に私は!」
上条「何怒ってんだよ。抱き付きたいのか?」
美琴「ち、違うわよ!!そうしたらアンタは不幸なんでしょ!!」
上条「だからんなことねえって!」
美琴「それじゃ幸せなわけ?」
上条「え?……………………………………さ、さあ。ドウデショウ」
上条(マズイ、またこの流れか)
美琴「………………………………」
??「みーさっかちゃん!」

 後ろから肩を叩かれて、美琴は振り向く。

美琴「え?ああ、店長じゃん、久しぶり」

 店長と呼ばれたその女性は20代後半に見えた。
 セミロングの黒髪は後ろに束ねていて、何故かこの場に似つかわしくない白衣をまとっている。
 ほんわかした優しそうな雰囲気なのに、眼鏡の奥に光る瞳だけは妙に鋭い印象があった。

店長「店長じゃなくて管理責任者だっての。まぁ実質的には店長だけど。御坂ちゃんは今日デート?」
美琴「ふぇっ!?あの、ち、違います!全然、違います!!」
店長「あら、そんな思いっきり否定しなくても良いじゃないの。彼氏もそんなこと言われたら悲しいわよねぇ」

 唐突に話を振られて二人の会話をぼーっと見ていた上条が焦る。

上条「えっ!?お、俺は、彼氏とかそんなんじゃなくて……なんつーか……今日は頼まれ事されただけでしてはい」
美琴「そ、そうそう」
店長「ゲーセンで頼み事?」
美琴「別の場所でそれはもう済んでしまって、ゲーセンはそのついでに…………」
店長「なら今はデートでしょう?」
上条「…………………」
美琴「…………………」

976 :寝てた人 ◆msxLT4LFwc:2010/01/12(火) 00:19:44 ID:oySY5oFA

 言い返せないで二人は黙ってしまう。
 確かにこれまでの流れは誰がどう見たってデート以外の何物でもないだろう。

店長「あ、ごめんごめん。そんなつもりじゃなかったの。ちょっと御坂ちゃんに新作機種をやって欲しくて声を掛けたんだけど」
美琴「えーまたぁ?」

 実験的なゲームセンターであるため、必ずしも全てが面白いというわけでもなく、人気にかなりばらつきが出る。
 そうなると不人気機種は必要なデータが取れず、研究としてはかなり問題となるのだ。
 そのため、店長や店員が美琴にテストプレイをお願いすることは過去にも数回あった。

美琴(大抵面白くなかったり、意味不明だったり、危なかったりするから遠慮したいんだけど)
店長「そうなの。皆やるのを躊躇っちゃって。でもゲーセンマスターの御坂ちゃんならきっとできるって思って。
    丁度二人用だしさ、もう御坂ちゃんしか頼れないのよー」

 店長は手を合わせて拝むようにお願いする。
 上条と美琴は二人で顔を見合わせたが、お互い気まずくてすぐに顔を戻した。

上条「そもそも俺、そんなゲーム強くないっすよ?」
店長「あ、そう言う系じゃないのよ。難しくもなんともないわ。何て言うかお願いできるような二人組ってのが中々居ないの。
    もうすぐ閉店だし、今月中に何とかあと数件はデータ取らないと学会まで間に合わないって上司から言われるし………
    あ、タダとは言わないわ。最上階の展望台の入場券二人分あげるからさ!ほんとお願い!!」

 やや涙目になりつつお願いされ、そこまで断る理由も無い二人は仕方なく了承した。
 店長は喜んで二人を案内する。
 その先には飾り気のない白黒模様の小さな部屋があった。入り口は暗幕のようなものが床まで垂れていて中の様子は見えない。
 それをくぐって中に入ると、3人くらいは余裕では入れそうな薄暗い空間に、一つの台、二つの椅子、二つのヘッドセットのような物があった。
 台には幾つかのボタンがついている。
 また、壁には何やら土色をした大きな顔のモニュメントが飾られていて、その両脇にディスプレイが掛けられている。

美琴(ん?何だっけこれ、どっかで見たことある気が………)

 ヘッドセットのようなものは頭の部分で脳波を測定するらしく、店長が二人の頭に載せてくれた。
 上条の頭に載せる際に、屈んだ店長の胸が思い切り見えてしまい、上条は思わずそれに釘付けになる。

上条(で、でかい……)

 数秒固まった後、ハッと我に返り他の方向を向いてやり過ごした。
 その動きを終始見ていた美琴は若干不機嫌になる。

店長「それじゃ、後はお願いね」

 そう言うと壁のコイン投入口に100円玉を一枚入れて簡単に入力を行うと、そのまま出て行こうとした。

美琴「って、これって何のゲームなのよ?」
店長「あれ、言わなかったっけ?まぁすぐに分かるわ」

 そう言って出て行ってしまう。
 次の瞬間、壁の大きな顔から「ハッハッハ」という老人のような声が鳴り出し、目が光った。

美琴「あ、思い出した!」
上条「?」
美琴「これ、真実の口じゃん」
上条「あー、ほんとだ」

 その顔のモニュメントは、ローマにある『真実の口』の形をしていた。

真実「わしは真実の口、最新型嘘発見器じゃ。君たちの嘘は全て見抜くぞ。今からは全て真実のみ話すのじゃ!!」
上条「…………………」
美琴「…………………」

 まずい!と二人は心の中で同時に叫んだ。

977 :寝てた人 ◆msxLT4LFwc:2010/01/12(火) 00:19:56 ID:oySY5oFA

―――嘘発見器勝負

 真実の口が話した内容は次の通りであった。
 このゲームは、最新型の嘘発見器を利用した対戦ゲームであり、各々7個の質問に答えなければならない。
 その答えはヘッドセットのマイク部分から嘘発見器に入力され、真実度を測定される。
 最も真実であることを言った場合プラス100ポイント、最も嘘であることを言った場合マイナス100ポイントが加算
され、その合計得点を争う。
 マイナス40点からプラス40点はグレーと判断され、どちらでもないか、或いは真実も嘘も言っていないだけと判断される。
 質問は相手からするか、真実の口がするかを選択できる。
 質問する場合はボタンを押してから言う。
 持ち時間は質問するまでが60秒、ボタンを押してからが20秒、回答時間が30秒である。
 回答時間が0になったり、0ポイントを2回以上出したりすると、ペナルティーとして脳波から得られた現在の感情、真実を
言おうとしているか嘘を言おうとしているか、相手に隠していること、などなど知られたくないことを洗いざらい真実の口が
喋ってしまうので、なるべく無いようにとのこと(しかもこれは精度が悪いため間違ったことも結構言うらしい)

真実「さて君たち、準備は良いかな?」
上条「良くねえよ!!出ようぜ御坂……御坂?」
美琴「えっ、え、何?」

 美琴はボーッと何かを考えていたようだった。

上条「何だ、また具合でも悪いのか?出ようっつったんだけど」
美琴「うーん。でも頼まれちゃったし、仕方がないんじゃないっかなー」

 やや引きつった笑みを浮かべて返答する。

真実「それでは次は御坂さんの質問だ」

 真ん中にある真実の口に質問させる用のボタンと、美琴の側にあるボタンが点滅しだした。
 しかし上条はそれをチラッと見るだけで無視し、美琴の表情だけよく観察する。

上条「………………………………………」

 ガシッ!と唐突に上条は右手で美琴の左手首を掴んだ。

美琴「ちょっ!何してんのよ。離っ、離せこの馬鹿!!」

 掴まれた左手首をブンブン振り回すが、上条は離さない。

上条「御坂、お前さっき言ってたよな。ずるなんて簡単にできるって」
美琴「うっ………さ、さあ、言ったっけ?」
上条「……………まぁどっちでもいいけど、やるならどうでも良い質問でお茶を濁そうぜ。な?
    ここはお互い協力し合うところですよゲーセンマスター!」
美琴「その呼び方恥ずかしいからやめて。…………んー、ま、まぁそうね。わかったわ。適当に終わらせましょ。
    だから、とりあえず手を離してもらえる?」
上条「それは断る」
美琴「……………」

 幻想殺しで触られていたらチート行為は出来ない。
 それにこの状態で普通に質問をするのはさすがに無謀と思われた。
 もし仮に上条が「俺のこと好きか?」なんて聞いてきたら色んな意味でやばすぎる。

美琴(ちぇー。せっかく色々聞き出そうと思ったのに)

 美琴はボタンを押す。

美琴「うーんと、アンタはカレーライスって食べる方?」

 若干つまらなさそうにどうでも良いことを尋ねる。

上条「お、良い質問ですな。カレーか、普通に好きだぞ」
美琴「ッ!?」
真実「真実~!!!プラス100ポイント」

 かなり適当に質問したため、あまり想定していなかった上条の台詞を聞いて背筋にゾクゾクと電気が走るのを感じた。

美琴(ず、ずっとこのパターンで行こうかしら)
上条「次は俺か……うーん、ま、何でも良いか。お前ってもしかして苺味が好きなのか?」
美琴「ストロベリー?うん。す………………う、うん」
真実「真実~!!!プラス98ポイント」
美琴(やっぱ駄目!こいつの顔まっすぐ見ながら好きとか言えるわけないじゃないのよ!!)

 恐らく美琴が同じような質問ばかりすれば、上条の方も同じような質問をするだろう。
 仕方ないので質問の流れを変えるべくあれこれ考える。

978 :寝てた人 ◆msxLT4LFwc:2010/01/12(火) 00:20:06 ID:oySY5oFA

美琴「あ、そう言えば質問内容のおまかせも出来るのよね。やってみない?」
上条「うーん。何か嫌な予感がしないでもないけど、まぁいいんじゃねーの?」

 美琴は真ん中にあったボタンを押してみる。

真実「ハッハッハ。ではわしから質問しよう」

 壁にあるやや気味が悪い老人の顔が口も動かさずに喋り出す。

真実「君たちは今日、楽しんでるかね?では上条さん答えてくれたまえ」
上条「えっと、色々トラブルばっかではあるけど………まぁ楽しいかな」

 チラッと一瞬だけ美琴の方を見て答える。

真実「真実~!!!プラス92ポイント……では御坂さん答えてくれたまえ」
美琴「私も大体同じ、そこそこは………楽しい、かも」

 美琴はそっぽを向きつつ答える。

真実「真実~!!!プラス75ポイント」

 この質問内容に二人は色んな意味で安堵する。

上条「何だ何だ、こいつにやらせた方がいいんじゃねえか」

 上条は気軽に真ん中のボタンを押した。

真実「ハッハッハ。ではわしから質問しよう。君たちはお互い、異性として好みのタイプかね?では上条さん答えてくれたまえ」
上条「……………………………」
美琴「……………………………」

 恐れていた事が起きてしまった、と二人仲良く固まる。

上条(ちょ、ちょっと待て、気まずい。恋人同士でもない男女のにそういう質問はタブーではないでせうか)

 上条は美琴に『弱っちまったな』といった風の視線を投げかけてみる。
 しかし美琴はそれに気付かないようで、上条の方をチラチラ見たり、興味なさそうにそっぽを向いてみたりと、かなり忙しそうにしていた。

上条(えーと……………どう答えれば良いんだ?)

 ここでYESと答えて、嘘と判定されると美琴は怒るだろう。
 逆にNOと答えて、嘘と判定されるのは正直かっこ悪すぎる。
 結局正直に答えるしかないのだが……

上条(御坂がタイプかどうかなんてわかんねぇよ。っつうかそう言う対象じゃねえだろ、ねえってことでお願いしますよ。
    あーまずい、意識すると変な気分になりそう。まずい)

 仕方ないので考えるのをやめてその胸中を正直に答えてみる。

上条「えっと、分かりませんです」
真実「嘘ー!!!マイナス45ポイント……では御坂さん答えてくれたまえ」
上条「えっ、アレ??」

 上条は混乱して慌てる。機械がバグったんじゃないだろうか。
 これおかしいぞ!と訴えるように美琴の方を見ると、美琴は汚い大人を見るかのような目で上条を見ていた。

上条「あ、やめ、やめて下さい。そんな軽蔑した目で見ないで。心が痛い」
美琴「アンタってそう言う奴なんだ。ふーん。まぁアンタの好みはあの店長みたいなのなんでしょ」
上条「へ?い、いやちげーよ!」
美琴「はいはい私はどうせガキでお子様でゲコ太好きよ。悪かったわね。あ、私も『分からない』わ。
    ていうかアンタがタイプかどうかなんて正直どうでも良いっての」
真実「嘘ー!!!マイナス100ポイント」
美琴「……………………………………」
上条「……………………………………」

 美琴の顔が徐々に赤くなり、顔を思い切り横へ逸らす。
 しかし上条は上条でそれどころではなく、心の中で(え、どっち?どっち??)と苦悩し始めた。
 長い沈黙。

真実「残り20秒」
美琴「えっ!?えーっと」

 美琴はとりあえず自分の側のボタンを押す。おまかせ質問は危なすぎる。

美琴「そ、そーうそう。アンタがくれたあのぬいぐるみ。あれ作るのを手伝ってくれたのは隣の男の人だったわよね。何て人?
    もし出来たらお礼言いたいし」
上条「……………………………」

979 :寝てた人 ◆msxLT4LFwc:2010/01/12(火) 00:20:18 ID:oySY5oFA

 上条はいきなり意識を現実に戻され、休む間もなく窮地に立たされる。顔からタラタラと汗が流れてきた。
 目線をギギギギと美琴から外し、心の防御姿勢をとる。

上条「…………………お前の知り合い。土御門舞夏」
真実「真実~!!!プラス100ポイント」
美琴「…………………ほほう」

 上条が恐る恐る美琴の方をチラッと見ると、あからさまに目が座っていた。かなり怖い。
 右手を離して物理的防御態勢を取りたい衝動に駆られるが、離したら離したで色々やばそうなのでどうにかギリギリ耐える。

美琴「アンタ、男って言ったわよねぇ」
上条「……………」

 『厳密には言ってません~』なんて茶化すような雰囲気ではない。

美琴「ていうかそもそも何で土御門がアンタの隣に住んでるのよ…………まさか!アンタあの子にも手を」
上条「ち、違う違う多分何か盛大に誤解してるぞお前!アイツの兄貴が隣に住んでるだけだ。
    おかずのお裾分けに来た時に、作りかけのぬいぐるみを見てもらって、出来があんまりだったからコツを教えてもらったんだよ!」

 そう言えば上条との会話で土御門という単語は何回か出てきたな、と美琴は思い出す。
 しかし重要なのはそこではない。

美琴「で、何でさっき本当のことを言わかなったわけ?」
上条「それは…………」

 何故だろうか。自分でも首をかしげる。
 別に恋人同士でもないのだから、クリスマスプレゼントの作成を女の子に手伝ってもらうくらいどうってこと無いはずだ。
美琴がそこで怒る理由も無いし、きっと今怒っているのも本当のことを言わなかったからだろう。
 それでも自分は言い訳じみた態度を取ったのだ。

上条「なんて言うか、悪かったな。嘘付いて」

 分からないことだらけだったが、分かる部分については謝っておく。

美琴「はぁ。アンタ、結局何も分かってないわけね」

 しかし美琴はお気に召さないようだった。
 上条は更に混乱して、苛立ちをあらわにする。

上条「だから正直に言わなかったのは謝るって」
美琴「…………………」
上条「んで、何でまだ怒ってるんだよ」
美琴「誰が怒ってるってのよ」
上条「お前」
美琴「怒ってないわよ」

 上条はボタンを押す。

上条「怒ってるだろ」
美琴「うっさい、怒ってないっつってんの!!」
真実「嘘ー!!!マイナス92ポイント」
美琴「ッ!?」
上条「…………………………」
美琴「アンタが馬鹿なことになら怒ってる」
上条「はあ?」

 美琴がボタンを押す。

美琴「アンタさ……………た、例えば、私が……もし、誰か知らない男と………街で遊んでたら、どう思うわけ?」
上条「何だそれ?」

 そういえば美琴が他の男性と居る状況に出くわしたことはほとんど無いな、と上条は回想する。

上条(常盤台のお嬢様なら当たり前か)

 試しに想像してみる。
 美琴の隣に男性が居て、二人は笑いあっている。

上条(美琴の電撃ツッコミを防げる奴なんか居るのか?………って、あんなことするのは俺にだけか)

 二人でショッピングしたり、喫茶店でおしゃべりしたり、ゲームセンターで遊んだり、映画を見たり、カラオケしたり……

上条(………やめた)

 そこら辺で考えるのをブツリと止めてしまう。
 一瞬、胸の底から何やらドス黒いものが顔を覗かせた気がする。それが少し怖かった。
 しかし上条にはそれが一体何なのか分からない。
 とは言っても初めて体験する感情なんてよくあることだからさして気にすることでもない。上条は記憶喪失なのだ。
 そうだ。考えてみれば美琴が訳が分からないのは毎度のことである。
 ならいつも通り、軽口で適当に答えれば良い。

上条「別に何とも思わねえよ。あーでも、そいつの身の安全が心の底から心配ですなー」
真実「真実~!!!プラス42ポイント」
美琴「…………………へぇ。そっか」

980 :寝てた人 ◆msxLT4LFwc:2010/01/12(火) 00:20:29 ID:oySY5oFA

 目線を下に落とし、俯き気味に答える。
 ある程度予測はしていたものの、その返答と結果は美琴の気持ちを重く沈めていった。

美琴(……………そうよね)

 口の中で自嘲気味に笑う。
 いつもは自分から逃げてばかり居る上条だって、今日は楽しいと言ってくれた。
 そりゃぁそうだ。上条が嫌がると思ってビリビリを封印し、上条が素直に楽しめるように不幸を取り払い、
罰ゲームでもないのにこの自分がお願いだって聞くというのだ。
 でも、それでも、多分そこまでなのだった。
 空想上の第三者にすら嫉妬してくれない。せいぜいよく喧嘩する友達か腐れ縁くらいにしか思われてないのだろう。

美琴(……………何だ、馬鹿みたいだ。私)

 お願いを聞くと言えば、ひょっとしたら『付き合ってくれ』なんて言ってくれるんじゃないかという打算もあった。
 昨夜バスタブの中でニヤニヤしながらそんなことを考えていた自分を呪いたくなってくる。

美琴(当たり前か。私、素直じゃないし、ビリビリ攻撃するし………)

 上条は美琴が一人で暗くなっている様子が気になったが、理由を考えたところでどうせ答えは分からないだろうと予想する。
 だからまた軽口でも言って、言い合いにでもなれば元気になるだろうと踏んでボタンを押した。

上条「なんだー?好きな奴でもできたのかい?相談に乗ってあげるから当麻お父さんに言ってみなさい。
    つっても記憶無いうえに俺はそういうの専門外だから全然役に立たねえだろうけどなー。あっはは」
美琴「…………………………別に居ないわよ」
真実「嘘ー!!!マイナス98ポイント」
上条(……………………え?)

 上条は虚を突かれたように呆然とする。

上条(ってことは本当に好きな奴が居るってことで良いのか?)

 美琴としては上条が『好きな人が居る』を『自分かもしれない』のだと薄々気付き、
その事を意識してくれるのではないかと少し期待したが、上条はそんな都合の良い幻想を抱こうとは決してしない。

上条(一体どこのどいつに?どんな奴に?)

 美琴が好きな男………強くて、優しくて、ハンサムで、常盤台のお嬢様に似合うような上流貴族の如き完璧超人を上条は思い浮かべた。
 更につっこんだことを尋ねたみたくなるが、美琴が否定しているならば言いたくないのであろうと思い踏みとどまる。

上条「へ、へぇ…………そっか」

 気付くと、自分の表情が砂を噛んだような苦いものになっている。
 胸周辺が熱くギリギリと痛むのだ。その上気持ちの悪い汗も出てきた気がする。
 しかしやっぱり上条にはそれらが何を意味するのか解からない。
 チッ、と上条は心の中で舌打ちをした。

上条(どうせ体調不良か何かだ。やっぱあのケーキ、ヤバイもの入ってたんじゃねえだろうな………)

 そんなことを思っているうちに、美琴の右手がボタンに伸びた。その手には勢いがない。

美琴「アンタこそ、あのちっこいシスターと一緒に住んでるんじゃないの?」

 鎌かけ。
 今まで色んな女の子が上条と一緒にいるのを見たが、一番多かったのはあの銀髪のシスターだ。その他の色んな言動も加味
して二人が同棲していることは十分予想できたし、それを何度も案じてきた。そんな日は決まって眠れなかった。
 若干自暴自棄になってそれを質問したのだが、時間が経つにつれ徐々に後悔の念でいっぱいになってしまう。
現在進行形で仲良く同棲しているだなんて言われたら自分の心がどう反応するかなんて分かりそうなものなのに。
 思考がボロボロだ。こんなにも近くに居るのに息が苦しい。

上条「いいえ」

 上条はそれに臆さずに答える。

真実「どちらでもないようじゃ。プラス33ポイント」
上条「あれ!?これってどんだけずば抜けた精度してるんだよ。深層心理まで読み取ってるとしか思えねえ」
美琴「……………………………」

 そこまで言ってから上条はしまった!という顔をする。
 美琴は顔を俯けたままで責めるように上条を見つめた。
 その無言の上目遣い攻撃に上条は居心地が悪くなる。

981 :寝てた人 ◆msxLT4LFwc:2010/01/12(火) 00:20:40 ID:oySY5oFA

上条「い、いや。正直に申上げますと、最近までアイツが居候してたわけです。
    でも色々あって今は別のところに住んでいるのですよ。だから多分『どちらでもない』にされたんじゃないかと…………」
美琴「……………………………」
上条「あ、もちろん変なことは一度も無かったぞ。この上条さんの鋼の精神の前ではどうってこと無い!
    夜はわざわざ一人でバスタブに寝てたくらいだしな!!」
美琴「……………………………」
上条(って、だから何で俺は言い訳ばっかしてるんだ??)

 その言い訳を一通り聞いて、美琴は半分安堵、半分怒りを覚えた。
 危うく心が砕けそうになるのを回避したことで思わず笑いが漏れる。

美琴「プッ、ハハ……なんだ、アンタ捨てられたんだ」

 意地悪そうに言うその表情はぎこちないものだったが、慌てる上条は気付かない。

上条「なんつうひでぇ表現だ。俺は平和的にアイツを送り出しただけだ。心情的には母親みたいなもんですな」
美琴「母親ねぇ……………アンタって無意識に結構酷いこと言うわよね」
上条「え?何かおかしいか?」

 美琴は上条が誰に対しても鈍感であることに呆れ溜息を付く。

美琴(同棲までしてそれって、さすがにちょっとあの子に同情するわね。その後どうなったかは知らないけどさ)

 上条は未だよく分からないと言う表情をしている。

美琴「おかしいのはここだド馬鹿!!」

 上条がよく分からないと言う表情で美琴の顔を見つめてきたので、
美琴は心中を気取られないために無理矢理テンションを上げて頭にチョップを食らわす。
 上条はその痛みを気にする余裕もなく、更に混乱する。全くテンションがコロコロ切り替わる中学生だ。

上条(毎度のことながら意味分からねえ。それとも本当に俺の頭が変なのか?)

 記憶喪失だからか、そこら辺の感覚がよく分からない。
 最大の謎は美琴が自分に対してどう思っているかだった。
最初の頃はビリビリ攻撃ばかりしてくるから相当嫌われてるのだと思っていた。
しかしあの夏から色々なことがあって、何度かは自分の代わりに戦ってやるなんて言われた。嫌われてはいないのだろうと思う。
でも好かれている訳でもなく、きっと記憶喪失であることを同情しているんだと勝手に決めつけていた。
 それが今日一日で崩れかかった。

上条(サンタになって俺を幸せにしたい。なんて、普通同情で言うもんじゃねえしな)

 柄にもなく、ひょっとしたら美琴は自分に好意を持っているのではないかというのが頭をちらついた。

上条(でも……)

 先程の質問の回答で膝から崩れ落ちるような感覚を味わった。美琴に誰か好きな人が居るなんて今まで考えもしなかった。
 思い起こしてみれば、夏に頼まれた恋人ごっこなんかもそれが原因だったのかもしれない。
 上条は再びその事を考えてイライラし始める。半ば無意識にボタンを押していた。

上条「テメェにド馬鹿とか言われたくねえっつの。お節介なことかも知れないけどな、
    想い人が居るならクリスマスイブに何で俺なんかとこんなことやってんだよ、そいつと過ごすべきだろばっかやろうが!」

 そんなことを言わなきゃいけない自分が情けない。美琴の目は見ない。
 しかし数秒後にそれを反芻して、普段の自分では言わなさそうなその内容に今度は戸惑い出す。

上条(御坂は今日色々頑張ってるじゃねえか。何で俺はそれを拒絶してるんだよ??)

 美琴のことを想って優しさでそんなことを言った、なんて絶対に違う。ただ胸の中にある黒い物が怖いからと自分勝手に美琴へぶつけただけだ。

上条「わ、悪い」

 何か先に言われるのが怖くて、慌てて謝る。

美琴「………………」

 場が静まりかえる。
 美琴は、上条がどうやら自分自身が好かれているということを一切想定していないらしい、というのに気付いた。
だがもはやその誤解を解く気力も起きないし、それを上手く解く方法も見あたらない。
 結局上条が自分と一緒にいることを優先にするほど、二人の距離は近くないと言うことだろう。
もしかしたら、一緒にいることが苦痛にすら思われていて、仕方がなく付き合ってやってるだけなのかもしれない。
今日までの二人の関係と、上条の性格を考えればそれも自然の道理だろう。

美琴(さっきから考えれば考えるほど悪い方向へ進んでる気がする……)

982 :寝てた人 ◆msxLT4LFwc:2010/01/12(火) 00:21:56 ID:oySY5oFA

 やや沈黙。壁のディスプレイの数字が徐々に少なくなっていく。

美琴「ま、そうかもね。私もそう思うわ」
真実「真実~!!!プラス100ポイント」

 今実際にそうしているんだからそうなるだろう。
 しかし上条は自分で聞いたくせに、その返答に心をざわつかせた。
 上条は美琴と別の想定をしているため、上条にとってそれは今日の全否定に繋がる。
 美琴の手がボタンに伸びる。

美琴「でもさ」
上条「?」

 美琴は完全に俯く。顔を見られたくないし、上条を見るのも怖い。

美琴「アンタは…………………それで良いの?」

 美琴も、上条が勘違いをしていることは分かっている。
 だからこの質問の意味は『今日の出来事を別の誰かと過ごしても良かったの?』だ。

上条「良くねえよ!!!」
真実「真実~!!!プラス100ポイント」

 考えるより先に言葉が出た。
 遅れてそれを理解する。
 美琴が自分以外の男と手を繋いで町を歩くのも、手を繋ぎながらケーキを食べるのも、ヘンテコなプリント機であんな写真を
撮るのも、こんな言い合いするのも、そばに居て幸せにするなんて言うのも嫌なのだ。
 それらは全て自分へ向けられて欲しい。

上条(ああ、そっか…………)

 上条は自分の中の何かをやっと理解した気がした。
 何故かなんて理由は分からない。ただ、その衝撃に手で口を覆う。
 気付くと美琴が顔を上げてポカーンとしていた。
 上条は慌てて先を繋げる。

上条「だから最初にも言ったけどさ、俺は嬉しいんだって。今日は一人の予定だったからな。俺の不幸を案じてくれるってのも
    助かるし…………あ、お前がサンタのコスプレしてきたら完璧だったけどな」
美琴「………あ、アンタは相変わらず私にどんなキャラ期待してんのよ」
上条「いや冗談冗談……………でもさ、俺を幸せにしておいて、お前が不幸になってちゃ意味ないだろ?」
美琴「私は、…………………………」
上条「一つだけ聞いて良いか?」
美琴「何よ」

 上条は最後のボタンを押す。

上条「何だって、今日はこんなの良くしてくれんだよ。変な勘違いされても知らねーぞ、ホント」
美琴「別に………そんな意識無いわよ。ただ、アンタが不幸だ不幸だ言ってるのが気にくわないだけ。
    私を打ち負かしておいて不幸とか、ふざけんなってことよ」
真実「真実~!!!プラス78ポイント」
上条「そっか」
美琴「そうよ」

 二人はそれ以上何も言わず。小部屋を後にする。


 勝負結果:422ポイント対61ポイントで、上条の勝ち。

984 :■■■■:2010/01/12(火) 00:36:06 ID:qb32v.nE
萌え死にそう!

985 :■■■■:2010/01/12(火) 00:37:15 ID:1e70PvFQ
2828が止まらない

63 :寝てた人 ◆msxLT4LFwc:2010/01/13(水) 00:23:54 ID:LbNf1x9I

12/24 PM11:03 曇り


 入る時より数倍暗い顔をして出てきた二人を店長が迎えた。

店長「いやー助かったわぁ。ありがとう二人とも!一時はどうなるかと思ったけどこれで私も帰れる」

 店長は悪びれる様子もなく、二人に感謝して展望台のチケットを渡し、「じゃ、デート続き頑張ってね」などと空気の読めないことを言って去っていく。
 二人はもはやそれを否定する余力も残っていなかったので、ただただその後ろ姿を見送った。

上条(何だったんだあの人は)

 考えてみたらあのプリント機やこの嘘発見器を導入する人間である。正直関わらない方が無難かもしれない。

美琴「ところでさ」
上条「ん?」
美琴「手、いつになったら離してくれるわけ?」

 上条の右手はまだ美琴の左手首を掴んだままだ。その状態は店長以外が見ても恋人同士にしか見えないだろう。

上条「…………これからどうする?」
美琴「無視すんな」
上条「帰るとか言うなら、この手離さないのでよろしくです」
美琴「…………、え?」
上条「いやほら、展望台のチケット今日の夜12時までじゃねえか。俺とじゃ不満かもしれないけど今行くしかねえだろ?
    しかも1枚2000円てもったいなさ過ぎ。あと、お前へのお願いもゆっくり考えたいしな。オーケー?さぁ行くぞ」
美琴「えっ、ちょ、ちょっとー」

 結局手は離さず、上条は美琴をエレベーターまで引っ張っていく。
 悪い気はしなかったが、美琴はその不可解な上条の行動にひたすら混乱する。

64 :寝てた人 ◆msxLT4LFwc:2010/01/13(水) 00:24:06 ID:LbNf1x9I

12/24 PM11:09 曇り


 最上階である42階に展望台はあった。
 ガラスのような透明な板がドーム状に張られていて、上部は今空いている。真冬には寒々しい光景だが、暖房を入れ、空気を
上手く循環させているのかそこそこ暖かい。屋根の部分は10分もあれば閉じることが可能で、突発的な雨でも降らない限り
快適である。今日はクリスマス仕様なのか、イルミネーションに彩られた15メートル程もある銀色の金属製ツリーや、星形の
オブジェなどで彩られて、可愛らしくも幻想的な雰囲気になっていた。

上条(それにしても……………)

 その小さな体育館くらいある空間はパラパラと人が居たのだが、そのほとんどが恋人らしきカップルだった。
 さすがにその空気に耐えきれず、エレベーターのある建物からその空間に入った後、数十秒ほどで上条は美琴の手を離してしまう。
 二人はとりあえず人気の少ない場所を選び、手すりに寄りかかった。
 今のお互いの距離は大体一人と半分ほど。

美琴「星、見えないわね。雪も降らないし」

 そう言われて上条も見上げたが、確かに黒い雲が静かに空を覆っているだけだった。小さな光も、白い粉雪も見えない。

上条「星に関しちゃ、曇って無くてもあんま見えないんじゃないか?」

 下を除くと、学園都市が様々な人口の光に覆われていた。
 時期的なせいか、所々ライトアップされていたりして中々綺麗だ。

美琴「この夜景全部消して、雲を寄せれば星見えるかしら」
上条「………だから、お前が言うと冗談に聞こえないからやめろって」

 夜景はキラキラと綺麗なのに、二人の心の中は暗い。

美琴「で、お願いはどうする?」
上条「んー、そうだなぁ」
美琴「お願いを100個に増やしてくれーとかは無しね」
上条「言わねえよ!どこの小学生だよそれ」
美琴「アンタが幸福になるってことで、私が出来る範囲なら何でも良いわよ。変なこと以外で」
上条「変なことって?」
美琴「………そこにつっこむな馬鹿!」
上条「?」

 美琴は思わず赤くなる。しかしこの暗さじゃ見えないだろう。

上条「幸せ……ねぇ。世界平和とか?」
美琴「真面目に考えなさいよ。さすがにちょっと荷が重いわ」
上条「ちょっとかよ!?………んー、じゃあ例えば今後一切俺にビリビリ攻撃しないってのは?」
美琴「却下。それかなり荷が重い」
上条「………………おい」
美琴「言われなくても今度から出来るだけ減らすわよ………漏電以外は」
上条「漏電はするってのか」

 自分が幸せになる方法。上条はもうそれに気付いている。しかし、それが美琴の幸せに繋がるかは分からない。恐らく望み薄だ。
 今ならあの時の偽海原の気持ちが解かる気がする。
 これがロシアンルーレットだとすると、弾はどの程度の割合入っているのだろうか。いや、そもそもどうすれば当たりを増やせるのだろうか。

上条(………無意味だな)

 いくら考えても所詮確率論でしかない。いつから自分はこんな弱くなったのだろうと上条は内心首をかしげる。

上条(うじうじ考えるのは性に合わねえな。こう言うのは女子の専売特許だ)

 このまま悩み続けることも、諦めることも無理に思われた。

美琴「何今にも死にそうな苦い顔して悩んでるのよ」
上条「え、んな顔してたか?………さっきの話だよ。俺が幸福になるお願いでお前が不幸になったら意味ねえなと思ってなー」

 あまり考えにくいことではあるが、美琴は根っこのところでは優しいから、ひょっとしたら無理をするかもしれない。
 美琴が不幸になってしまったら、上条が幸福になることはまずできないだろう。

美琴「………アンタ、私に何させる気よ」
上条「いや、お前は何もしない。するのは多分俺だ」
美琴「何それ??つか、さっきから何度も言ってるけど、アンタは一人で悩みすぎなのよ。できるだけ何でも話しなさい。
    それともアンタはまだ私を見くびってるわけ?もっとこの御坂美琴を信じなさいっての」

 上条は返答しない。再び二人の間に沈黙が流れる。
 ややあって、上条が一つ息を飲んだ。

65 :寝てた人 ◆msxLT4LFwc:2010/01/13(水) 00:24:16 ID:LbNf1x9I

上条「そうだな。決めた。いっちょお前を信じてみるか」
美琴「……………何?」
上条「でも、その前に、言っておきたいことがある」

 上条は、まったく馬鹿げたことを考えているなと心の中で自嘲する。
 ハズレが1つしか入っていないクジ引きでハズレを引くような自分が、アタリが1つしか入っていないクジ引きに手を出すようなものだ。
 普段なら確実にそんなことはしようとしない。
 でも、美琴が信じろと言ったのだ。今これを信じないなら、これから一切何も信じられなくなるような気がした。
 だから上条は信じる。アタリが出ることを。
 その有り得ないことをしている自分が可笑しくなって、美琴を見つめながら少し笑みを浮かべる。

上条「俺さ、最近身近に、好きな人が居ることに気付いたんだ」
美琴「…………………………………え?」

 美琴はその言葉に頭を思い切り殴られたかのような衝撃を受ける。自分が真っ直ぐ立っているかよく分からない。

美琴(………………………居たんだ。好きな人)

 落ち着こうとしても体が熱くなり、高速で脈打つ自分の鼓動が聞こえる。目も耳もぼやけて、現実が妙に遠くなったかのような感覚に陥る。
 先程とは逆の立場。しかし美琴だって安易にそれが自分だなんて思えない。
 これまでのことを考えると、上条が自分を好きだなんて到底思えない。一体それが自分である可能性はどのくらい残っているというのだろう。
 単純に確率で考えてみようと、過去を振り返り、今まで上条のそばに居た女性を心の中で指折り数える。
 しかしそれが一人、また一人増えるごとに自分の体が削られていくような感覚に襲われ、6、7人数えたところで断念してしまった。
 膝が笑いだす。

美琴(で、でも、さっきこいつはクリスマスイブには好きな奴と過ごせって言ってたじゃない。なら……)

 何でも良いからすがろうと、そんなことを考えてみるが、そもそも上条は最初に『皆忙しいから一人だ』と言っていたはずだ。
 ならば好きな人がその中に含まれているかもしれないし、今ここにいるのも仕方なくなのかもしれないと考えてしまう。
 思考の悪循環が止まらない。
 今すぐそこから逃げ出したくなる。
 美琴はそれでもその動揺を気取られたくなくて、どうにか斜め下を向き表情を隠す。

美琴「…………………………」

 何か言おうとしたが、声が出ない。

上条「それで、そいつが誰か教えるから………その後にもし御坂が嫌じゃなかったら、そいつとの仲が上手くいくように手伝って欲しい。
    もし嫌なら、綺麗さっぱり忘れてくれ。それがお願いだ」

 美琴は体の震えを抑えるため、片手で強く自分の腕を抱く。

上条「……………ダメ、かな」
美琴「……………………………わか、わかんない」

 ようやくそれだけ言ったが、声が震えているのを隠そうとしたため小声しか出ない。
 本当に何も考えられない。出来ることなら耳を塞ぎたい。

上条「あ、さっきも言ったけどな、このことでお前を不幸にさせる気はサラサラねえからな!」

 その言葉に、ようやく美琴は上条の顔を見る。

上条「お前もちったー俺を信じろよ」

 美琴の体はまだ震えていたが、その言葉に心の奥底が少しだけ居心地良くなるのを感じた。
 いつだったか、上条が不可能を可能にて自分を救ってくれた時のことを思い出す。
あの上条が真剣な瞳で信じろと言っているのだ、なら例え世界中の全員が信じるなと言ったとしても、自分だけはそれを信じる自信がある。

美琴「……………分かった。私も………アンタを………信じる」
上条「おっし!…………じゃー言うぞー」

 上条は自分の中の恐怖をぬぐい去るためわざと軽く言う。
 鼻で自然に息を吸い、口から細くゆっくりと全て息を吐き出す。

美琴「ちょっと待って!!」
上条「っ、…………なんだよ?」
美琴「こっち………ココ、ココで言って」

 美琴はさっきよりまばらになった恋人達を更に避けて、人気の少ない中央近くにある金属製のクリスマスツリー下へと上条を誘導する。
 いざというとき自分が暴走したらまずいので、そのための措置―――と自分に言い聞かせる。

上条「………良いか?」
美琴「待って!!」

66 :寝てた人 ◆msxLT4LFwc:2010/01/13(水) 00:24:30 ID:LbNf1x9I

 少し速めの深呼吸を10回以上してから、上条を思い切り睨み付ける。そうでもしないと心が折れて今にも恐怖で泣きそうだった。

美琴「おっしゃこいやー!!」
上条「何でお前の方が緊張してるんだよ」

 そう言って笑おうとした自分の顔がガッチガチになっていることに上条は気付いた。
 腕が震えるのを抑えるために握り拳を作り強く握る。
 どうやらお互い様のようだ。

上条(雪でも降れば雰囲気出て勢いで言えそうなのにな)

 そう思ったのが悪かったのかもしれない。

上条「ん?雪?」

 顔に水滴が付いたような気がして、空を見上げる。
 その次の瞬間、ザーーー!!と通り雨が上条と美琴に向かって降り注いだ。
 わずか10秒ほどで二人はびしょ濡れになり、わずか20秒ほどでキャーキャーと恋人達が建物の中に逃げ込み、
結果屋外には二人だけが取り残された。

美琴「アンタ………天候まで操るってどんだけ不幸なのよ」
上条「お、おれのせいかよ!?」

 言いがかりだ!とは思ったものの、過去に世界の破滅の危機まで招いたことがあるので、天候くらい朝飯前かもしれない。

上条「入るか?」
美琴「いい。このまま言って」

 美琴はずっと表情を変えずに睨んだままだ。この状態を一旦崩されるのがきついのかもしれない。

上条「それじゃ言うぞ」

 美琴が頷く。

上条「俺が好きなのは―――――」

 言いながら、上条は異変を見た。
 美琴が突然何かに気づき、慌てながら上条を突き飛ばす。そして両手を思い切り空へと突き上げる。
 直後―――ズガン!!!!そう聞こえたのかも定かではない。それほどの何かが耳をつんざき、さらに目の前が一瞬光で真っ白に変わる。
上条は条件反射的に右手を前に出していた。しかし二人を襲ったソレに触れた瞬間、幻想殺しが効かない範疇の物であることが解る。

上条(雷!?それも本物の!!)

 直撃は美琴のおかげで回避できたものの、周りの物に反射した側撃雷が上条を襲い、激痛と共に筋肉が思うように動かなくなる。
 結果、美琴に突き飛ばされた慣性のまま地面へ転がる。
 さらに雷の影響で展望台の明かりが全て消え、視界を奪われる。

上条(御坂は!?)

 激痛が走る筋肉を無理矢理動かし、美琴が居た方向を必死に見る。
 ほとんど目が眩んで見えなかったが、美琴が無事であることくらいはなんとか分かる。
 表情が見えないのに、何故か泣きそうな顔で叫んでいるような気がした。
 それらが全てスロー再生のように見える。
 直後、上条はバキッバキッ!!!という、何かが壊れるような嫌な音がするのを聞いた。
 そうだ。雷は恐らく避雷針代わりになった美琴と、その隣の金属製ツリーに落ちたはずだ。
 必至に目を凝らすと、太さ1メートルはあろうかという後ろの銀色のツリーが、ゆっくりと美琴の方へ倒れていくのが分かった。

上条「御坂、避けろ!!」

 耳が狂っていて、きちんと叫べたかは分からない。それは美琴も同じようで全く聞こえていないようだ。
 何かを叫びながらゆっくりとこちらに向かってくるのが分かる。
 このままだと尖った枝を纏う銀色のクリスマスツリーは、恐らく美琴を直撃するだろう。
 上条は自分でも聞こえない何かを咆哮すると、激痛を全て無視して立ち上がる。

上条(はは。そうかよ)

 叫んでいるのか、考えているだけなのかは分からない。

上条(俺を幸せにしようだなんて、無謀で優しいことを言う美琴を、神様《アンタ》は俺から奪おうってのか)

 美琴へ向けて走り出す。

上条(神様《アンタ》がそんな可愛い美琴の幻想をぶち殺そうってなら―――――)

67 :寝てた人 ◆msxLT4LFwc:2010/01/13(水) 00:24:42 ID:LbNf1x9I

 計ったようにツリーが美琴の頭の上めがけて落下し、枝の一本が美琴の頭を突き刺そうとする。
 美琴は上条の方を見るばかりでそれに気付かない。
 一瞬でも速くとそこへ駆ける。脚の筋肉が限界を超す。

上条(―――――俺が全身全霊で守り抜く!!!)

 ツリーが美琴の頭蓋骨を刺す寸前。驚いた顔をする美琴を思い切り抱きしめ、そのまま地面にダイブする。
 直後ガギン!!!と言う金属が擦れる音を微かに聞いた。
 二人は冷たい床に横たわり、徐々に土砂降りの雨の音が聞こえてくるのを感じていた。

美琴「…………………ねぇ」
上条「ん?」
美琴「何してんのよ」
上条「何って……あ、悪い。何か全く体動きそうにない」

 思い切り抱きしめたままの腕は少しでも動かすと激痛が走った。冷たい雨に体力は奪われていくし、さっきの一連の緊張か、
今美琴を抱きしめているための緊張か心臓はバクバク言うし、さてどうしたものかと思案する。

美琴「そうじゃなくて、あの状況で何でアンタが下になってんのよ」

 上条は地面に転がる寸前に体を捻り、美琴の体と頭を守るような体勢を取っていた。
 おかげで上条の制服はドロドロのグチャグチャである。

上条「しょうがないだろ。咄嗟だったんだから」

 美琴は上条の胸に頭を付けているため、上条からは表情が読み取れない。

美琴「でさ」
上条「ん?」
美琴「こんな酷い状況で聞くのもアレなんだけど…………アンタは今…………幸せなの?」

 雷に打たれて、死にそうな目にあって、土砂降りの中で泥だらけになって地面に横たわり――――そして美琴を抱きしめている。
 そんな酷い有様で上条は何の臆面もなく答える。

上条「ああ、すっげえ幸せだぞ」

 言った瞬間、通り雨が嘘のように止んだ。
 さすがにそれには上条も苦笑してしまう。

美琴「ウッ………ウウウッ!………」
上条「えっ、おい。どした?ぐあっ!」

 顔を覗き込もうとした上条は顎に頭突きを食らう。

美琴「アンタ……ヒッ、ちっとも……ヒック、私……」

 美琴は嗚咽を漏らしながら泣きじゃくり出した。涙を上条の胸に擦りつける。

上条「何で泣くんだよ…………って、あー。もしかして聞こえたかアレ」
美琴「泣いてなんか、無いわよ!!聞こえなく……ヒック、たって……だいたい、分かるわよ」

 あの瞬間。美琴が気にしていたのは自分の名前か、そうじゃないかだ。だから、口の動きを見てれば大体分かる。
 とは言っても、あんな極限の状態で口の動きを読むなんてそうそう出来ることではないのだが。

上条「聞こえてはいなかったのか。んじゃもう一回言うぞ」
美琴「……うん」
上条「御坂美琴。俺はお前が好きだ」
美琴「うん………ヒック。わ、わた、私もね。私も………ずっと………アンタがね」
上条「うん」
美琴「好きだったのよー」
上条「……そっか」

 その言葉を上条は噛みしめる。体の中が暖かい物で満たされる。

美琴「なのに、アンタは……ヒック、全然気付かなくて……ヒック」
上条「あー。なんつうか、それについては本当にすいませんでした」

 もう答えは出た。上条は一つだけの幸福を手に出来たのだった。
 思い起こせば全て辻褄が合う、本当は単純なことだったのかもしれない。

美琴「もう、ヒック、良いわよ………鈍感馬鹿!!」
上条「分かった。分かったから泣くのやめて顔上げろ」

68 :寝てた人 ◆msxLT4LFwc:2010/01/13(水) 00:24:54 ID:LbNf1x9I

 美琴は再度上条の服に顔を擦りつけてから、顔を上げて上条を見た。
 まだ抱きしめられたままなので、ほとんど鼻と鼻がぶつかりそうなほど近い。美琴の顔は泣いているせいか完全に真っ赤だった。

美琴「ねぇ………その、ほんとに私で、良いの?私、ガキだし、反抗期だし、ビリビリだし………」
上条「お前じゃなきゃ嫌だっつの。お前が居てくれたら不幸になんかならないって、ずっとそばに居てくれたら幸せだろうな
    って、そう思った」

 自分の幸福を願う人がそばに居る。それ以上の幸福があるだろうか。

美琴「じゃ、じゃぁ。もう逃げたりしない?」
上条「逃げないどころか追いかけるから、覚悟しとけよ」
美琴「…………うん」

 美琴は少しだけ笑った後、上条を数秒睨み付け、そっと目を閉じる。

上条(何でこんな無茶苦茶分かりやすいことに気付かなかったんだろうな俺は………)

 幸福は、すぐ近くにあったのだ。
 上条はもう間違わない。
 目を閉じて、そっと首を伸ばし唇を唇に重ねる。柔らかな美琴の唇は冷え切っていて、少し震えていた。
 お互いを温めるかのように静かに、長く、ケーキより甘く愛おしいキスをする。
 途中でパチッと美琴から火花が散って上条は慌てて右手を頭にそっと置く。

上条(もう………離したくない)


 そして―――――上条の意識が落ちた。

 


___________________

二人のイチャイチャはまだ始まったばかりだ(`・ω・´)

 


と、思う
いつまで続くんだろうこれ


83 :■■■■:2010/01/13(水) 07:12:24 ID:ORR9W7i2
ちっと長いプロローグキターGJ!

69 :■■■■:2010/01/13(水) 00:36:43 ID:PBbaDlgQ
すごく・・・・GJです。

72 :■■■■:2010/01/13(水) 00:53:00 ID:WhkOUzqs
全俺が泣いた

71 :■■■■:2010/01/13(水) 00:50:25 ID:43ti24co
GJ!
もう死にそう・・・