御坂美琴

とある両家の元旦物語3

とある両家の元旦物語2続き


522 :ぐちゅ玉:2010/07/21(水) 21:46:13 ID:WCyOcKio

 自分の視界に泡まみれの女の子がいる。
 10数メートル先の斜め後姿なので、色々と肝心な部分はもどかしいほどに見えないが。
 近づいていって、何してんのよコラ! と言われる予定調和もアリだろう。しかし……
 上条当麻は動けなかった。

 今まで、あらゆる女の子のあられもない姿を、ラッキーなイベントで見てきた上条である。
 その後高確率で起こっている袋叩きのせいで、必ずしも本人にとっては幸せな記憶とはなっていないが……
 しかし、今回は。
 惹かれつつある女の子の裸体は、格が違っていた。

 下手な動きは、冗談が冗談でなくなる。
(落ち着け……しっかりしろ俺! 相手は中学生! 一歩外には親もいるんだぞ!)
 湯面に写った自分の顔をにらみつつ、精神統一をはかる上条であった。……が。
 すぐに美琴の一糸まとわぬ後姿が思い浮かび……
(ぬああああ! 精神統一!)
 その繰り返しである。


(……なにやってんのかしら)
 身動きしない上条に、御坂美琴は体を洗いながら拍子抜けな気分になっていた。
 コメディマンガなら主人公があの手この手で裸を見ようと画策するタイミングである。
 またあの男は、自分からアクション起こさないと反応してくれないのか。
 もう恋人未満の微妙な関係でもないのに。

(いっつも勝手に駆けつけたりするクセに、こういう事はほんと何もしないんだから!)
 美琴は泡を洗い流しながら、ま、こんな色気の無い身体じゃね、と自嘲する。
 別に何かを期待しているわけではないが、このままお話して終りでは、さっきのソファーでの会話と何ら変わらない。
 今度は頭を洗いながら、思案する。……興味ないなら、どうしてくれようか。
 湯当たりしたフリをして、しなだれかかったらどうするかしら? 等と過激な事まで考え始めていた。

 頭を完全に洗い終えた美琴は、さすがに上条の動きの無さ、に気が付いた。
(まさか、まさかとは思うけど)
 何もイベントが起こらなかった意味でのため息をつき、美琴は立ち上がる。
 また前だけをタオルで隠しながら、そろそろと湯船に近づき。
(まさか、恋人と初めての混浴中に)
 後ろを向きながら、湯船に入り、タオルは縁に置き。
(寝てる、なんて、)
 水面を見つめている様子の、上条の横手から接近し。

 上条が目を閉じ、船を漕いでいるのを見て、美琴は本年初ブチギレた!
「ありえるかっ!!! こんの馬鹿ッ!!」
 剛腕一閃。

 美琴の怒りのラリアットは、居眠りしていた上条のツンツン頭を完璧に捉え、上条は仰向けにぶっ飛んだ!


「ぶぁふっっっ! どぶあばばばばあああああ!!」
 沈んで一瞬溺れかけたが、我に返った上条が顔を出した。
 ……パニック状態が収まり、睨みつけている可愛らしい女の子を認識し、……サーッと青ざめる。
「……俺、寝てた?」
「そ、そんなに私って女として魅力ないっての!? 寝てしまうほどにどうでもいいの!?」
「ち、違う違う!」
 上条はゾクッとした。……来る、不幸が来る! 長年付き合って来た不幸が、予兆を知らせる!


 美琴が。いわゆる大事な箇所を、右腕と左手でそれぞれ隠した姿で、立ち上がった!

 ◇ ◇ ◇
続きを読む

とある両家の元旦物語2

とある両家の元旦物語1続き


552 :ぐちゅ玉:2010/01/21(木) 10:26:31 ID:1Jyng/Vs

御坂美琴は温かい水で顔を洗っては、冷たいタオルで目を冷やす、を繰り返している。
泣きすぎて目が腫れぼったくなってしまったため、血行を良くする応急処置だ。
当然スッピン状態に戻っている。
「美琴ちゃん、どれだけ泣いたのよこれ…絞ったら水したたりそう」
「うぅ・・・」
詩菜に借りたミニタオルは見事にぐしょぐしょだ。

「まあでもそれだけ泣いて、アタックも成功したし。完全に浄化されたわね♪」
「う、うるさい!」
未だに信じられない。
…いや、あの男は想像以上の肩透かしをしてくる。
油断はできない…けど。
(この部屋でたら、どんな顔したらいいの…アイツの前でどうしたら…!)
とりあえず考えないようにして、バシャバシャ顔を洗い続ける。


他の4人は部屋に戻っている。
案内係が昼食をセットしてくれている。『懐石おせち』というものらしい。

上条がもの珍しげに眺めていると、御坂旅掛が近寄ってきた。
「当麻くん、ちょっといいかな?」
「は、はい」
こ、殺される?
上条がまず思ったのはソレである。
娘があれだけ泣かされてキスまでされて、心安らかなはずがあろうか、いや、ありえない。

自分の両親をちらっと見たが危機感はないようだ。
(とりあえず、大丈夫なの、か…?)
促されて、またベランダから外に出る。

先手必勝。
「す、すみません。娘さんを泣かせてしまいまして。それに…」
「ああ、それはいい。俺は子供の世界には首を突っ込まないよ。正しいと思ったことをやればいいさ」
旅掛は事もなげに言う。
「ただ、君に聞きたいことがあってね。妻たちがいない今しか」
言うやいなや、旅掛は上条の両肩をガシッと掴む。上条は流石にビビる。
(な、なんだーー?)

「こうすれば、君の表情は読み取れるからね」
そう言って旅掛は、ゆっくりと上条に問う。
「私の娘は美琴ただ一人だ。…決して双子じゃないんだが、君はどう思う?」
言葉が浸透するのにコンマ何秒かかかったが、意味を理解すると。
(シスターズ…!)
思い浮かべてしまった。もとより、上条は感情で動く人間だ。表情を作るような器用な事はできない。
「ビンゴ、か。美琴は知っているのかな?」
上条は目をふせる。どう答えればいい?
「ふ、雄弁だな。そうか、あの子も知っているのか…分かった、ありがとう。」

上条が一言も喋れず固まっている。
旅掛は手を離した。
「いつか話してくれる事を願うよ。じゃあ戻ろうか…ああ、あの子には私が勘付いた事は内緒、な」
旅掛は戻りつつ、怒りをある男に向ける。
(許さんぞアレイスター!やはり娘を巻き込んでいたか!)


上条は呆然としていた。
一言も喋ってないのに、全部吸い上げられた。
あんな底知れぬ人が将来、義理の父親になる可能性があるというのか?
続きを読む

とある両家の元旦物語1

323 :ぐちゅ玉:2010/01/17(日) 14:25:13 ID:qgR5BZfU

「どうすんだ?インデックス?」
「う~~~~~~っ」
目の前には、小萌先生から貰ったパンフレット。
『初日の出を見て、豪華おせち料理をたべよう 1泊2日の旅!!』とある。
上条が行くなら勿論問題なかったが、今回は正月に両親が来るとのことで、流石に同行できない。

上条の両親をとるか、おせちをとるか?
「…ごめんとうま。わたしはシスター。初日の出という聖なる光を浴びることで、一年の始まりとするよ」
「さすがシスターさんですね」
平坦な声で答えた上条に対し、シスターの口がわずかに開いた。ギラリと歯が輝く。


そんなこんなで、大晦日は上条は一人で大掃除など、のんびり過ごしていた。
寮内はがらんとしており、土御門も居なかった。
母親の上条詩菜と電話で話した内容から察するに、上条当麻は例年帰って無いらしい。
上条の不幸体質が、親戚からも疎ましがられていたせいだろうと推測できるが、
どの道記憶喪失では、親戚の集まる場には危険すぎて戻れない。
(まあ、1日ぐらいは平和な日があってもいーんじゃないですかね)
上条はひとりごちて、ぬくぬくとコタツとミカンとネコとTVの組み合わせで、一日を過ごした。

久々にベッドに手足を伸ばした体勢で目覚め、元旦を迎える。
両親とはホテルで待ち合わせて、そこで美味しいものでも食べよう、ということになっている。

「う~ん」
9ヶ月前、入学式で使用した以来と思われる、スーツとネクタイを着けてみたが…着慣れてない感アリアリである。
そもそも記憶喪失でネクタイの結び方も調べないと分からない。
詩菜が強く、一年の始まりくらいビシッと!と珍しく主張したので、やむをえずといった所である。
「ま、こんなもんかね…さてと、いきますか」
両親は前日遅くにホテルに入ったはずである。まだちょっと両親に会うのに緊張する自分に苦笑いする上条であった。

ピロリン♪
メール着信音がなり、モノレールでうつらうつらしていた上条は内容を確認する。御坂美琴からだ。
『明けましておめでとう 今年もよろしくー』
やたらシンプルだが、まあ彼女らしいとも言える。ちゃちゃっと返信し、また目を瞑る。


ホテルは結構な人出であった。
今回の上条のように、両親が来る形の家はホテルで過ごすパターンが多いようだ。
あちこちで親子が話している光景を見かける。
(えーと、2階のサロンだったよな…)
階段はどこだ、とキョロキョロしていると。

つんつん。

遠慮がちに背中をつつかれる。
振り返ると、うつむいた振袖姿の女性である。
顔はよく見えないが、、、いや、まさか?
「み、御坂か、ひょっとして?」

「なんでこんなトコにいるの?」
御坂美琴がじっと見つめてきた。
続きを読む

上条「ツンデレっていいよなぁ……」 美琴「え?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月)22:32:53.75 ID:LWKYDgj/

―――とある日 放課後

上条「って、御坂? いつの間に」

美琴「い、いや、アンタを見かけたから声かけようと思ったんだけど……、なにそれ、ゲーム?」

上条「ああ、青ピから借りた携帯ゲーム機だ。あいつ、貸すのめちゃくちゃ嫌がってたけどな」

美琴「……アンタが持ってるとすぐ壊れそうだもんね。この街は娯楽品の類は税金高いし」

上条「……壊れる原因になりそうなのはお前だけどな」

美琴「な、なんですってぇ!!」バチバチィ

上条「だぁぁ! ばっかやろう!!」

バシュウ!

上条「言ってる傍から電撃使ってんじゃねーよ! そんなに上条さんに恨みがあるんですか!?」
続きを読む

当麻と美琴の恋愛サイド ―幸福の美琴サンタ―2

当麻と美琴の恋愛サイド ―幸福の美琴サンタ―1続き


687 :寝てた人 ◆msxLT4LFwc:2010/01/04(月) 01:21:22 ID:ZByKJAmA

12/24 PM8:55 晴れ


上条「お願い事?」

 美琴の隣を歩く上条が聞き返す。

美琴「そうよ。今日のプレゼントはアンタを幸せにする事っつったでしょ。不幸を防いだだけじゃ幸せじゃないから、
    何かアンタ的に幸せになれそうなお願い事を一つだけ聞いてあげるってことよ」
上条「………何だか大盤振る舞いだな」

 既についさっきこの学区のスキルアウトを追い払ってもらったばかりである。

美琴「そんなことないわよ。私が出来ることの範囲内だけだし、私が嫌だったり面倒なら全部拒否するもの」
上条「何だそりゃ?てことは俺が望んで、お前も望む事じゃなきゃ駄目って事か?難問だな」
美琴「そ。だから帰るまでに考えられるように、今言ったわけ。ほんとは最初に言うべきだったかもしれないけど」

 そんな余裕は無かった気がする。

美琴「んで、アンタはどっか行きたいとことかある?無いなら私行きたいところあるんだけど」
上条「うーん。その前にさ」
美琴「ん?」
上条「門限とか良いのか?一応お前お嬢様だろ?」
美琴「一応って何よ……こんな日は寮生が全員で結託するのよ。今日は別の子が何とか誤魔化すし、明日は私が誤魔化すってわけ。
    まぁ12時超えるとさすがにきついけどね。皆寝ちゃうし」

 寮監との全面戦争は正直骨だが、女子中学生にとってクリスマスというイベントはそれほど価値がある物なのだ。

上条「なるほど………ん?てことはクリスマスにこんな風に出歩くのはこれだけか」
美琴「ッ!?………わ、悪かったわねつまんない人間で!明日は昼間に黒子主催のパーティーがあるだけよ」

 パーティーと言っても女の子が集ってわいわいやるだけなのだが。

上条「いやだから何故そこでキレるんだよ」
美琴「あ、アンタだって、よく見るあの小っこいのとか、妙におどおどした紫の子はどうしたのよ」
上条「ん?ああ、あいつらは一応アレでも宗教関係者だからな、クリスマスとか年末年始は猫も手も借りたいほど忙しいんだとさ」

 インデックスや五和が毎年その時期忙しいという訳ではないのだが、恐るべき上条不幸パワーの影響か、
知り合いの宗教関係者は軒並み多忙を極めることになっていた。結果、上条は一人きりとなったのである。

美琴「ふーん。なんか私達一般的な日本人って結構お気楽よね」
上条「んーそーだなー」

 どう考えても一般ではない二人が自覚無しに呟く。

美琴「って、話が逸れたわね。私ゲーセン行きたいんだけど、別にいいわよね?」
上条「ゲーセン~?やめておいた方が良いと思うぞ」

 上条があまり面白く無さそうにそう言った。

美琴「何でよ」
上条「俺と行くと楽しくないからな。切ない気持ちになって終わり。何も当たらないし、お金は飲まれるし、機械は壊れそうになるし……」
美琴「ああ何だ。そんなことか」

 美琴は簡単にその忠告をバッサリと切って捨てた。

上条「そんなことってお前……」
美琴「このゲーセン大好き美琴センセーに任せておけば大丈夫よ。そんな退屈はさせないわ」
上条「いや、俺でなくてお前がつまらなくなるっての。過去の経験からそうなることはもう決まり切ってんだって」
美琴「私は全然これっぽっちも問題ないわよ?」
上条「何ですかーその自信は?何か理由でもあんのか?」
美琴(………アンタと一緒だからに決まってんじゃないのよ。気付け鈍感)

 心の中で叫ぶ。

美琴「要はアンタの変な体質が絡まないもんなら良いんでしょ。当たり外れがない物とか、対戦ゲームとか。最悪私の能力ならチート行為とかできちゃうし」

 美琴は悪そうに笑う。

上条「お前………普段からそんな味気ねぇ遊びしてんのか?」
美琴「してないわよ!………………た、たまにしか」
上条(たまにはやるのかよ………)
美琴「つうか何、アンタもしかしてゲームで私にボロ負けするのが怖いんじゃないの?」
上条「そんな安い挑発に上条さんは乗りませんよー。でもまぁ、お兄さんは心が広いから、お前がきちんとお願いするなら対戦してやらないでもない」
美琴「………まんまと乗ってんじゃないのよ………つかもう着いちゃったんだけど」
上条「え?」

 美琴が指さした方には大きなデパートらしき建物があった。
 クリスマスイブだけあって、それらしいBGMが掛けられ、厚着をした人々がひっきりなしに出入りしている。
続きを読む
◆新約 とある魔術の禁書目録(16)(2016年8月10日発売)
今度は(お嬢様)学校籠城戦?『エレメント』から、『聖域』を守れ!真冬なのに五〇度を超える異常現象が襲い来る、謎の敵『エレメント』。水着姿の上条は、同じく水着の御坂美琴と『心理掌握』の少女と共に、常盤台中学防衛に挑む……!

◆とある科学の超電磁砲
暴走する美琴の前に立ちはだかる上条当麻と削板軍覇。二人の原石がタッグを組む。
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ