og

 新基準機が怖くて打てない、そんなあなたにお勧めします!

images3URPF4LD


 当ブログをご覧の皆様、こんにちは!
 あなたのハートにハイドアンドシーク。姫神です!
 2017年を迎えて元気にパチスロ打っていますか?

 ボクと言えば最近はA-SLOT偽物語しか打っていないのが現状ですね。
 imagesK3IGRZD2


 新基準機は吸いこみはそのままに出玉性能を大幅に劣化。ねらい目も期待値も少ない。
 そんな新基準機を一言で表すなら。

 106165


 かと言って残された旧基準機に力を入れるホールがある訳でもなく。
 たまに神の引きを見せたとしても

 marumaru


 簡単に終わってしまう事多数。
 フリーズを引いてもすぐに終わってしまうこんな業界じゃあ・・・・・・ぽいずん。

 18463

 
 周りがどんどん今のパチスロ、パチンコから離れて行く中、ボクが目を付けたのは
 昔ながらのASLOT。
 その中でも偽物語Aは低設定の機械割が非常に甘く。遊びやすい。
 さらに打ち方で色々楽しむ事ができる。と三拍子そろった神台であると提唱します。

 無題


 ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


 偽物語Aの何がいいのか?其の壱


 ☆だれる時間が少ない。
 
 昨今のAT、ART機を見て見ると通常時にレア役を引いて前兆を経てCZ、それをクリアしてようやくボーナスorART。

 前兆を回している間にメダルが減り、ATに入って抜けた後の枚数を見れば元の枚数よりメダルが減っている事すらある。

 ですが偽物語Aにはそれが一切なく、兎にも角にもボーナス!
 REGですら100枚。BIGなら200、同色BIGならなんと300枚のメダルが一度に払い出し!
 BIGの後は20GのRTが付いて連打すれば箱に手が届くのもすぐ!
 特殊リプを引いた後8G間のRTがあるのでそれを前兆と言うならそうなのでしょうが、RTなのでメダルの減りも遅く目押しによっては即そろえor揃えなくてもボーナス画面に移行させてメダル持ちを抑える事もできる。

 と、まあここらはAタイプなら当たり前、とは言えますがねw
 

 偽物語Aの何がいいのか?其の弐


☆怪異リプレイから始まる様々な展開。

 これを押しますね。
 有効リールに怪異リプレイが止まればその時点で8G間のRT『解呪の儀』へ。
 
 kaijyunoginisemono-500x235


 このされど8G間のRTがなかなかの曲者でしてね。
 まあAタイプなので演出を見るまでもなく出目で結果はまるわかりなのですが。
 ボクが推したいのは、RTに入る瞬間ですね。RTに入る時にセリフが聞こえなければ!

 201608012003253a6

 BIG以上確定となる真・解呪の儀確定となります!
 これはこの機種を打っていて嬉しくなれる瞬間の一つ!

 さらにレア役を引いていて怪異リプレイを引いてRTに入らなかった場合。
 これもそのレア役での重複が確定。設定にも期待の持てる嬉しくなれる瞬間の一つですね!



 偽物語Aの何がいいのか?其の参

 
☆熱いと思った時に実践してほしいアツ打ち!

 やはりスロットは演出と出目の相乗効果で熱くなる物。
 オーソドックス打ち方はバー狙いの順押しですが、他にも代表的な打ち方としては

 左リール忍図柄狙い、中リール中段バービタ、中リール下段大怪異ビタ、右リール枠枠上バー狙い、
 右リール下段赤七狙いなど、非常に多岐に渡る打ち方があります。

 おすすめしたいのは熱い演出時の右リール枠枠上バー狙いですね。

 ここでは演出の一つとして怪異チャレンジを取り上げてみましょう。

 
 160623-shida-nisemonogatari-sugasyo-gazou08


 怪異チャレンジ概要
 レバオンで突如画面がホワイトアウトして始まる演出。月火、火憐orヒロインズの「狙って」に合わせて
画面に図柄を狙っていく。期待度は50%を超える熱い演出である。
 この演出が発生した時点で成立役は怪異リプレイ(強、超怪異含む)もしくは1枚役である。
 その為、怪異リプが止まると期待度はkなり落ちる事になるが、それでも期待度は最低33%。
 この時に狙ってほしいのが先に紹介した『右リール枠枠上バー狙い』である。

 nisemonogatari-a-ri-ru-1



 怪異チャレンジはリーチ目(一枚役の取りこぼし)出現でボーナス確定となる為、1確目、2確目が多数存在する。
 まず一番期待度が低いのが右リール下段にバーの『リプ・弱怪異・バー』である。
 しかしながら、逆押しバー狙いでのその他の出目は一枚役確定となるので、一番熱い瞬間はここだと言えるだろう。

 ここからの成立役のほとんどは怪異リプレイとなる。だが待って欲しい。ここで諦めずに枠上に白7を狙ってみると――――。

 CzFBq24UcAARq1O


 祝福カットインと共に訪れる歓喜の瞬間! これで中段に揃う大怪異・白七・小怪異リプの一枚役ですね!
 
 o0800045012776021174


 また、左リールに強怪異が止まって超怪異の確定出目になったり、意外と気が抜けませんw

 
 他にも中押しや順押しでの一確目。と言うとオーソドックスな所はボナ判別にも良く使われる

 中リール中段バービタ、中リール下段大怪異リプ、左リール中段忍ビタですが。

 20160813041939303

 中リール下段大怪異リプ狙い一確目

 
 C3A_B6xUoAEn0b3

 中リール中段バービタ一確目。


 ですが、ここで敢えてボクが推したい打ち方は中リール中段赤七ビタです。

 これが成功すると・・・。

 


 悶☆絶

 
 o0960054013712663910
 


 来ました! 中段に大怪異図柄がズドン! そのまま怪異リプレイを揃えて
 ボーナス確定! くぅ~~気持ちいい!!


 ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



☆ふとした瞬間に訪れる出目のディスタンス


 同じように熱い演出時に逆押しをした場合です。

 
 DSC_3689


 この時点での成立役はチェリーor赤7・スイカ・バーの一枚役。
 普段ならチェリー成立で熱くもなんともない出目だが、この『忍イメージ映像の時』や『忍ドーナツセール演出』など、忍の絡む運出や、カットイン等の強演出の時は勝手が違う!
 強演出の場合、大抵は怪異リプが成立しているので、このように弱役だと逆に激熱となる。
 
 
 DSC_3503

 
 かわいい。


 他にも、確定にはならないが、怪異リプ成立が即座にわかる右リール下段赤7狙い。

 DSC_3716


 それに演出にも法則があり、ぱないのドーナツ演出時はチェリーは成立しないので

 
 o0960054013712663889

 演出矛盾による確定や。

 
 DSC_3662


 RT(倖時間)中の怪異リプ出現はボーナス確定。
 RT(解呪の儀)中の怪異リプ:弱怪異は50%、大怪異はボーナス確定など。

 
 DSC_3505


 スイカ重複or重複後のスイカ。

 またRT中の「狙え!」時にも法則があり、逆押しで大怪異図柄を狙い揃えば確定。
 の他、中リール内に大怪異図柄を狙い中段に止まれば1確。
 右リール下段に狙って止まっても1確。

 順押しの場合は通常リプレイが揃う為、判別は不能となります。

 さらに、「狙え!」カットイン発生時に逆押しで右リールに大怪異図柄が止まらなかった場合ですが。
 残念と思わないで下さい。
 その今こそが悶絶の時なのです!!

 右リールに大怪異図柄が止まらなかった場合ですが、

 なんとボーナス確定の1確目、さらにBIG以上確定となります!!

 左リールのみに停止で異色含むBIG確定。
 左、中リール大怪異図柄停止で、なんと白同色BIGが確定の歓喜の瞬間となります!!

 ちなみに僕はまだ見たことがありません!!
 いつか見たいと思っています!!

 kaii

 怪異図柄から始まる悶絶の世界、あなたも体感して見たくはありませんか??

 では、これにて閉幕。

 
 20160811121316d1d



 様々な法則があるので、君の目で確かめてみよう!!