2012年07月07日

田んぼアート2012

 

2012年7月7日


6月4日(月) 地元の幡豆小学校5年生(74名)により神社東隣の田で、「田んぼアート」の田植えが行われました。約一ヶ月が過ぎ、植えられた稲は順調に育ち、美しい図柄が浮かび上がってきました。


ふるさとの豊かな自然にふれて、田植えから稲刈りの収穫など「米作り」を総合学習の授業の一環として6年前から実施されています。


黄色・緑色・紫色といった色とりどりの古代米を使って、絵や文字を描くもので、今年は幡豆の民話「けんぐのたたり」の「天狗」と、「お告げのかぼちゃ」の「南瓜」の図柄、 また「絆」・「日本」の文字も描きました。

DSC_0080



toba_shinmeisha at 21:22|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

2010年07月09日

きれいに見えてきました!

田んぼアート




神社東側にある水田に、紫や黄色の古代米などの三色の稲で描かれた「田んぼアート」が見ごろを迎えました。約
3,000?の水田に1015mほどの巨大絵が三点、浮かび上がりました。

二点は幡豆小学校の五年生によるデザインで、地元に伝わる民話「じじ塚・ばば塚」と、

「浜に上がったクジラ」を題材に描きました。もう一点は、町章です。町が来年3月に西尾市などとの合併を目指していることを踏まえ、最後の記念として取り上げました。

巨大なアートは10月上旬まで楽しめます。

008

 

 

 

 

 

 

 

010



toba_shinmeisha at 20:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2010年06月07日

お田植祭'10

<!-- @page { margin: 2cm } P { margin-bottom: 0.21cm } -->

 6月5日(土)、神社東の御斎田で、お田植祭が行われました。神宮権祢宜・松井様や幡豆町長・渡辺様の参列のもと200人の氏子が神社に集まり、お田植奉告祭を斎行。その後、1.5アールの斎田で田植えを行いました。

 

 今年で3年目になるお田植え祭ですが、初めての体験の子も多く、おそるおそる足をいれ土の感触を味わっていました。子供たちは、かすりの着物を身につけ早乙女姿で横一列に斎田に並び、ぎこちない手つきながらも丁寧に苗を植えていきました。

 

 また、どろんこ相撲の奉納や、田植えのあとには地元の有志により、おにぎりや豚汁が振る舞われました。10月上旬には抜穂祭(稲刈り)を行う予定です。

 

 
田植えや稲刈りを通じて「日本の伝統と文化」や「神社と神宮・皇室」を学習してもらい、次代を担う子供たちの育成につながればと思います。P6050026P6050039



toba_shinmeisha at 09:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2010年06月02日

田んぼアート'10

<!-- @page { margin: 2cm } P { margin-bottom: 0.21cm } -->

 6月1日(火)、神社東側に隣接する約20アールの田に、古代米の苗を植える田んぼアートを行いました。緑豊かな自然に触れることを目的に、ふるさと地域協議会の協力のもと、地元の幡豆小学校5年生80名が参加しました。

 今年の図柄は幡豆町に伝わる民話「浜に上がったクジラ」、「じじ塚・ばば塚」、「幡豆町の町章」をデザイン化した3点です。

 7月中旬には、緑・黄・紫色の稲穂が浮かび上がる予定です。楽しみですね。

P6010016

P6010020

 






toba_shinmeisha at 22:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2009年12月18日

酒奉納

 

12月15日(火)神宮に清酒「三河鳥羽の火祭」を神宮に奉納しました。

この清酒は、幡豆町内で栽培された酒米「若水」と地元の天然水で醸造した辛口の純米吟醸酒で、

去る7日に酒蔵「山崎」で神酒発表会があったものです。

 

火祭り保存会長・山崎社長ら10名で外宮と内宮に奉納しました。


securedownload1

securedownload



toba_shinmeisha at 22:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2009年10月19日

抜穂祭


 

1010日(土)、御斎田にて抜穂祭が斎行されました。

氏子や地元の小学生ら約200人が参加し、神事を執り行いました。

「抜穂の儀」では刈女が収穫した稲二束を御神前に供えました。

60キロの米が収穫され、1128日(土)に行われる新嘗祭に奉納されます。

また稲刈りの後、地元有志らにより、おにぎりや豚汁が振る舞われました。DSC_8



toba_shinmeisha at 22:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2009年09月01日

田んぼアートが色づきました


 

去る、6月4日に幡豆小学校5年生の児童が古代米の苗を植えました。

8月中旬に黄色・紫色・緑色に彩られた美しいアートが浮かび上がりました。


デザインは

?「鳥羽の火祭り」の燃えさかる「すずみ」

?
幡豆の民話に登場する「抱き地蔵さん」

?同じく、「キツネのお産」  の三点です。


DSC_0018

DSC_0012

toba_shinmeisha at 21:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2009年06月11日

お田植祭

6月6日(土)、神社東隣の御斎田にて、お田植祭が執り行われました。約1.5アールの斎田に、地元の小学生や火祭り保存会の有志ら150人が「あいちのかおり」を植えました。

 

また、4組の親子による奉納相撲の披露や、古代米で作ったおにぎり・アサリの味噌汁が参加者に振る舞われました。

 

9月下旬には抜穂祭(稲刈り)を執り行い、収穫できたお米はご神前に奉納する予定です。

 

yr;oto;piuy



toba_shinmeisha at 20:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2009年06月08日

田んぼアート

64日(木)、鳥羽神明社東隣の田んぼで、幡豆小学校5年生が古代米を使い、絵や文字を描く「田んぼアート」の田植えを行いました。子どもたちに農業体験を通して、豊かな自然に触れてもらおうと実施しているもので、今年で3年目となります。

 

今年のデザインは、幡豆小5年生が考案したイラスト、 崢傘の火祭り」の燃え盛る「すずみ」幡豆の民話に登場する「抱き地蔵さん」F韻犬、きつねのお産の「きつね」の三点です。

 

7月中旬には、黄色・紫色・緑色のアートが浮かび上がる予定です。楽しみですね。

 

kuloryu



toba_shinmeisha at 00:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2009年04月21日

植樹祭

4月11日(土)、伊勢神宮から拝受した榊の苗木を境内に植える植樹祭を執り行いました。

 

これは、ご鎮座1200年余の記念と、また当社に1200年前から伝わる「鳥羽の火祭り」が、国重要無形民俗文化財指定の5周年を記念して、高さ約2辰虜腓良通擅桔椶鮨正椶ら拝受したものです。

 

植樹祭神事斎行の後、幡豆町長ら約20人が植樹しました。5ie7



toba_shinmeisha at 21:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!
訪問者数

QRコード
QRコード