風の匂い、空の色。

見たもの、聞いた事。 日常 気になることを書いてみます。 tobby's weblog 

ご挨拶。

約一年、ここをメインとして使ってきましたが
本日を持って こちらの更新は終了します。
 
今後は 同じく【風の匂い、空の色。】として
FC2ブログのほうで続けていきますので
恐れ入りますが ブックマーク、ブログリストに
加えてくださってる皆様は、新しいURLへ、ご変更をお願いします。
 
今後とも このBlogを可愛がってやって下さい。
 
よろしくお願いします。
 

契約料は、おいくらだったの?

今日の livedoorニュース 見てびっくりしました。
 
 
この記事の 右上に注目です。
【赤旗】の記事が取り上げられてるんです
これ以外にも 幾つか記事がありました。
 
 
どういう新聞かわかってとりあげてるのでしょうか。
一体 幾ら契約料もらったんでしょうか。
livedoorは共産党の応援ですか。
差別なく取り上げるならば 
聖教新聞の記事も取り上げたらいかがですか
 
 
 
 
 
 
間違いなく ユーザーは離れていきますから。
続きを読む

ブログと年齢

気になった記事(14日付け)だったのですが、やはり 様々なブログで
話題になってたようです。
 
YOMIURI ON−LINEの記事から。
 

子供にブログぅ?!…ブロガーたちが大ブーイング

 小中高生にブログ(日記風の簡易ホームページ)を持たせ、国のIT(情報技術)力向上を目指そうとする総務省に、ブロガー(ブログの執筆者)たちが猛反発している。

 総務省の姿勢を伝えるヨミウリオンラインの「子どもはみなブログを持て!」(今月14日掲載記事)には、都内のネット系雑誌編集者から「多くのブログに引用されている」という情報が寄せられた。

 たとえば、ブログサービス「はてなダイアリー」では、85件の日記がこの記事を引用していた(23日朝現在)。さらに、このサービスの利用者がブックマーク(気になるサイトやページ)をコメント付きで公開し合う「はてなブックマーク」(http://b.hatena.ne.jp/)では、121人が引用していた(同)。

 また、ブログで引用された記事や書籍などの引用回数ランキングを提供している「1470.net」(http://1470.net/)の集計でも59回(同)を数え、記事掲載直後には上位に食い込んでいた。

 ところが、反応の大半は「国がやることじゃない」「ブログ嫌いが増える」など、総務省の政策に批判的なもの。

 そこで、同省担当者に感想を求めると、「市民レベルで広がるブログに国が関与しようとすることに対し、反発があるのは当然だろう」と冷静な意見が聞かれた。ただし、「政策に対する反応がリアルに見られるのは貴重だが、これほど反発の割合が多いと傷つく」と、ショックも受けている。

 もっともこの政策の後ろ盾となる、来週中にも公表される「情報フロンティア研究会」(座長・國領二郎慶応大教授)の報告書の基調に変化はない。学校ごとの安全なネットワークで、小中高校生のだれもがブログを利用できるようにすべきという提言は、予定通り盛り込まれるという。(西島徹)

2005年6月23日  読売新聞)

 
先日 参加してる某SNSの日記に書いたのですが。
 
お役所は今 ネットを過信?しすぎてる傾向がありますね。
例えば 悪徳訪問販売に関する問題でも HP上で情報は公開したけど
周知するのは難しい、とコメントした記事を読みましたが、
日本中全世帯がPCもってるわけで無いし、HPを皆が見るとは限らない
(そもそもURLを知ってるかどうか。)
インターネットを使えば周知できると思ってるのでしょうか?
周知させるのには、アナログ的な方法も必要なのに。
(例えば 自治体でビラを配るなど。)
また、地域でコミュニケーションを取ろうと、自治体でSNSを作ったりもしてる様です。
悪い事ではありませんが ネットでなんでも可能になると、勘違いしてるように見えます。
インターネットは 万能の神ではありません。
 
話はブログにもどります。
記事とは ちょっと離れた感想ではありますが・・・・
 
私は ブログに年齢制限は 必要ない と思ってます。
子供でも お年よりでも 興味が有れば持てばいいと思います。
今は小学生でもHPを持つ時代。
ブログは HPの簡略化されたものとすれば持っても、おかしくはないでしょう。
 
ただし。
 
押さえ付けてさせるのではなく、興味をもたせて自発的に行なうこと。
 
そして。 
 
ネットでのマナー、ブログの基本的な使い方はきちんと教えるべき人間がいてれば、という条件付きです。(常識を教えることができる大人。)
 
 
ブログ人口は増えつつあります。
でも、実際の所 未だにネット未経験な人だって、まだまだ居ます。
お隣の韓国と比べても差があります。(【韓国のIT事情】 参照)
子供すべてに ブログを持ちなさい、というのは乱暴ですが、子供が持つ事に関しては悪い事だとは私は思いません
(ここで言われてる子供とは広範囲ですね。) 

オートレース、人気、認知度上がるかな?

実は 元SMAPの森君が転職するまで オートレースの存在って知りませんでした。
関西にはオートレース場がないってこともあって。
関東に引っ越してしかも、二度目に住んだのはオートレース場の近くでした。
川口オートは 一時、森君人気で知名度も上がった様ですが今は どちらかといえば苦しい経済状態の様子。
公営ギャンブルはどこも苦しいみつたいですね。
(地方競馬も、しかりです。)
 
オートレースに使われるバイクと普通のバイクとは形が違うそうです。
CMと写真で見たら、確かに違います。
そのオートレースの選手やアマチュアライダーがチームを作り、
川口市がスポンサーとなって 鈴鹿の耐久レースに参加するようなんです。
 
YOMIURI ON−LINEの記事より。
 

オートレースの川口市、チーム作り鈴鹿8耐に初参戦

 三重県鈴鹿市の鈴鹿サーキットで7月28〜31日に行われる「鈴鹿8時間耐久ロードレース」(8耐)に、川口オートレースを運営する埼玉県川口市がチームスポンサーとして初参戦する。

Click here to find out more!

 売り上げが落ちているオートレースをPRするのが狙いで、市がチームをつくり、約500万円を支出する。市公営競技事務所によると、自治体が8耐のチームスポンサーになるのは初めてという。

 8耐は、2〜3人が1台のオートバイを乗り継ぎ、8時間の走行距離を競うレース。

 オートレース選手の参加は初めてで、チームは、元ロードレース世界選手権チャンピオンで、川口オートを中心に活動する青木治親(はるちか)選手(29)と、アマチュア選手2人の計3人で編成。人気グループ「SMAP」の元メンバーでオートレース選手に転向した森且行選手(31)が監督を務める。

 川口オートの市開催分売り上げは、1990年度の約587億円をピークに2004年度は約170億円に落ち込んだ。同事務所は「オートレースファンは50〜60歳代が中心。8耐出場で若いファンを少しでも獲得できれば」と期待している。

2005年6月23日16時29分  読売新聞)

 
鈴鹿の8耐っていえば 有名人もチーム作って過去に参加してる大きなレースです。
昔 付き合ってた相手が バイクのレースをしてた事もあって今でも気になって、バイクレースの記事に目がいくのですが・・・
 
これで 久々に森君を見る人も多いでしょうね。
命がけの仕事をして 変貌とげた森君を見るのは楽しみです。
 
しかし・・・・
 
川口市がスポンサーでチームをエントリ‐するのは、ちょっと驚きました。

ゲームだけが悪いのか?

報道って 本当に簡単に結果を決めつけようとしますよね。
 
最近、ゲームのバーチャルの世界と現実が混同されてる事件が多発してます。
今トップ扱いの板槁の両親殺害事件や、奈良の少女殺害事件。
先日の女性監禁事件。etc・・・
確かにどこれも ゲームが絡むものばかりです。
だからといって ゲームだけが悪者なのでしょうか
 
ITmediaニュースで こう言う記事が。
 
 
 
ゲームをするのは人間です。
では その、人間の内部はどうなっていくのか?
これって ゲーム脳とかいわれたりしてますが実際のところ、脳の働きは具垰的な内容は耳にしていません。
 
で、この記事では実験結果を紹介しています。
 

独大学での実験によれば、暴力ゲームの戦闘中、脳は現実世界でと同じような反応を示し、感情部分が閉ざされるという。(ロイター)

 暴力的なテレビゲームをプレイしている人の脳は、その暴力が本物であるかのように反応することが、研究で示された。

 独アーヘン大学のクラウス・マシアック氏は、1日平均2時間テレビゲームをしている18歳から26歳の男性13人の脳のパターンについて調べた。

 被験者はスキャナに接続された状態で、窮地をくぐり抜けて攻撃者を殺し、人質を救出するゲームをプレイした。

 暴力が差し迫ってくると脳の認識部分が活性化し、戦闘中は脳の感情部分が閉ざされることが、マシアック氏の研究で分かった。

 このパターンは、ほかの形で暴力シミュレーション中の脳をスキャンした場合に見られるものと同じだった。

 これは、テレビゲームが「このパターンに反応するよう脳を訓練している」ことを示すものだとマシアック氏。

 この研究はカナダの会合で発表され、New Scientist誌に掲載された。

 ただ、暴力的なビデオが人を攻撃的にするかどうかを証明するのは難しいと同誌は指摘。実際、暴力ゲームをプレイする人の方が攻撃的であることは研究で示されているが、ゲームのせいでそうなったのかどうかという疑問は解けていない。


本物と反応する状態が抜けないなら 事件が起こっても不思議はありません。
今だ、不明な部分は多いわけですが 脳内の状態がわかっておいてゲームをするのなら、なにか手だてはあるのではないかな、と。
考え甘すぎますか
 
 
加えて、同じくITmediaニュースで残念なニュースも見付けました。
 
 
ゲームは様々な種類があって 楽しめるから好きなのであって、人生を狂わせるようなアイテムには なって欲しくありませんね。

なんだか 矛盾してる・・・

板槁の管理人夫婦殺人事件は 長男に逮捕状が出る様子。
今朝 某情報ワイドショーで 司会の ○の○んたさんが
 
「インターネットのHPの規制って出来ないモンですか?」
 
と、ゲストパネラーに言ってますが・・・
 
HPで爆発物の作り方の情報を得るということがひっかるようで。
でもね・・・
 
パソコン持ってて インターネットを利用する人口と
家庭にテレビがあって報道で 情報を得る人口と
どちらが多いと思ってるんでしょう?
 
昨夜も今朝も 部屋を爆破するための仕組みを
結構詳しく説明してるのは テレビの報道です
それをみて 真似をする輩が出てくるって思いませんか?
 
新聞やテレビで流す情報は インターネットで知るより簡単で
年齢や地域だって広範囲にわたりますよね。
 
ネットの情報云々と言うよりも まず 自分たちが流す
情報の内容について、責任もつべきだし
精査すべきではないでしょうか

諭旨免職か、懲戒免職か。

昔は 教師は 聖職 と言われました。
今はその言葉は死語となりつつあります。
 
最近 教師の不祥事が頻繁に どこかで取り上げられています。
今日はその教師に対しての処分についての比較が毎日新聞に出ていました。
 
地方公務員法では幾つかの処分が設けられています。
その中で 諭旨免職 というものと 懲戒免職 と言うものがあります。
どのように違うのでしょうか。
 
記事より抜粋。

懲戒免職は地方公務員法に定められた処分。退職金が支給されず、教員免許も失効する。一方、諭旨免職は依願退職の一種で、退職金をもらうことができるうえ、教員免許が残るため、他教委で採用されれば教員を続けることも可能だ。

 
この記事で取り上げられてる一例は教師のわいせつ行為について。
諭旨免職ならば また教壇に立つ事ができます
いわゆる前科をもった人が 児童・生徒に「先生」として教育をするのです。
これがもし 民間企業なら
仕事を失って再就職、それほど楽な事ではないと想像できます。
 
しかも、地域によって処分に差があるのです。
 
記事より抜粋。

今年2月、東京都内を走る電車内で、女児のスカート内を盗撮した区立小学校教諭(34)が都迷惑防止条例違反の疑いで逮捕された。ビデオカメラのレンズを靴先にしのばせるという巧妙な手口。都教委は教諭を諭旨免職とし、退職金6割を支給した。

 その10カ月前、やはり都内の電車内で埼玉県の市立中学校教諭(25)が逮捕された。座席に座り、前に立った少女のスカート内をカメラ付き携帯電話で盗撮、罰金30万円の略式命令を受けた。県教委の判断は「懲戒免職」だった。


おかしくないですか
 
公務員と名がつくのに どうしてこれほどちがうんですか。
公務員の給料は、基本的にどこから支払われるのですか。
税金でしょう
 
教師の質の問題が取り沙汰されているというのに、管理すべき教育委員会の職業意識のレベルがこれでは、幾ら制度改革や資格のあり方を国がどうこう話し合ったとしても、結局のところ 変わる事はないでしょう。
(元々 教育委員会は現場上がりの方がいるわけですから、甘くなるのは当然?)
 
都が甘い、埼玉県が厳しい、とかそういう問題ではなくて、なぜ、法の解釈が一本化できないのか。
国家資格である限りは そこまで国が徹底してもいいのではないかと思うのです。
 
加えて・・・・・
 
教育職員免許法 という法律があります。
そこに免許の取り上げについても書かれています。
Archives
profile
とびぃ*tobby
プロフィールは ここをクリック!