新しきグランスタ東京へ

今月3日に全面開業したグランスタ東京。そこで気になる所があったので散策してきました。


IMGP5549 今回全面開業及びリニューアルとなったグランスタ東京。


 その中でも写真の地下北側が、特に大規模な変貌を遂げております。

 元々ここは新幹線の待合所みたいになっておりました。


IMGP5550 各店舗がオープンしていると同時に・・・。


 待合スペースがちょこまかと出来ておりました。

 写真ははせがわ酒店北にある待合スペース。中央の柱にはデジタルサイネージとしてJR東日本管内の観光紹介がありました。


IMGP5551 そこから道を挟んで反対側にある待合所。


 こんなレトロな時計がありました。

 しっかりと時間を出しております。


IMGP5552 その北端には国鉄工場製のナハネフ20の模型と、下にはあさかぜ、富士、さくらのヘッドマーク及び0kmポストが、東京駅の歴史年表と共に展示されておりました。

 あさかぜは日本初のブルートレイン、年号には含まれていませんが富士とさくらは日本初の愛称名付特急列車として置かれていると解釈しておきます。


IMGP5553 東京駅の国鉄時代?の駅名標と恐らくこの模型の車端部にあると思われそうな車両メーカープレート。


 こちらのプレートは当時の大船工場のものと、今は大船工場がないという事で近くの総合車両製作所の2020年現在のもの両方あります。



 大船工場にも模型だけでなく実物の20系客車を保存していた事がありました(今は鉄道博物館で展示)一方、総合車両製作所は前身の東急車輛製造含めても20系とは何ら関係ないようです。




IMGP5554 吹き抜け空間に展示してあった浮き佞武多。


 山車ではなく上から糸で吊るされる形で展示されております。




IMGP5555 今回オープンした店の中で気になる店であるSTATION RESTAURANT THE CENTRALへ。



 こちらのレストランは北斗星やカシオペアの料理長が監修したメニューが揃っており、その分他の店よりも少し高めといった印象を受けます。

 また店内は食堂車を再現したとのこと。

 店の外観は東京駅の丸の内駅舎のようなレトロなもの。


IMGP5556 店の外から店内を撮影すると・・・。


 正面に旧型客車のモックアップみたいなものが鎮座しておりました。




IMGP5557 同じく店の外から旧型客車のモックアップ先頭を撮影。


 旧型客車の展望車が再現されております。尤も食堂車となると中間車なので車端部が寂しい事になりそうですが・・・。

 こちらへは11月及び年末年始のどちらかで利用しそうですので、その時に改めて記載します。


IMGP5558 今回のグランスタ東京開業に合わせて新たに出来たグランスタ北口。


 ここから北側への地下自由通路へ出る事ができます。




IMGP5559 上記の店の前へ戻り・・・。



 所々の柱にレンガ模様がありますが、外側のガラスに東京駅の装飾がありました。


 こういうのは丸の内側が多いというのが私の印象ですが、写真のように八重洲側もしっかりとありました。






IMGP5560 エスカレーターで1階へ。


 吹き抜けにもプロジェクションマッピングがありました。




IMGP5561 1階の同じような所にもレンガ調の柱がありました。


 こちらは丸の内側の装飾。




IMGP5562 この後銀座へ移動し・・・。


 GINZASIXへ。元々は銀座松坂屋。



 おぎのやの東京での専用販売所がこちらにあるという事なので行った次第。








IMGP5563 地下2階にあるおぎのや。


 行った時は弁当や総菜類は大半が売り切れでした。

 あとここでは峠の鶏モモ弁当の鶏モモ部などが惣菜として販売しております。

tobejitobeji  at 15:59  | コメント(0)  |  この記事をクリップ!   

自粛後の田端・尾久散策

自粛が空け・・・、自転車で約40分かけて田端・尾久へと散歩という形で、ついでに撮影もしてきました。


IMGP5534 まずは田端駅近くにある新幹線車両センター前。


 E5系2編成が泊まっておりました。

 いつもの休日よりも泊っている新幹線の編成数が多いような気がします。


IMGP5535 手前にある田端運転所。


 そこで停泊していたEF65を撮影。




IMGP5536 田端運転所と尾久車両センターを結ぶ線路の踏切上から。


 ここからの尾久車両センター側には、やたらE231系が泊まっております。



IMGP5538 前述したE5系ですが・・・。


 2編成とも大宮方向にE6系を繋いでおりました。



IMGP5539 田端運転所の奥の検修庫みたいな所にいたDE10。


 この辺は特段変わった事はなさそうです。




IMGP5540 新幹線車両センターの大宮側。



 奥側にE2系とE4系が泊まっていたので撮影。





IMGP5541 E6系2編成。











IMGP5542 その後尾久駅側へと少し移動。



 前述の通りE231系がやたら泊まっておりました。





IMGP5544 その中に踊り子用のE257系2000番台も2編成いました。





 現状では定期の踊り子系統のみの運転なので、暇してここ尾久にいる編成という事になるでしょうか。


 こちらの車輛は整備中のようです。






IMGP5546 貫通部の先頭から。


 今のところ2500番台の方はいません。




IMGP5548 尾久駅近くの踏切から。

 E231系、E257系は兎も角、以前にも書いた24系客車がまだいました。

 右奥にはE26系カシオペア号の客車も。

tobejitobeji  at 15:34  | コメント(0)  |  この記事をクリップ! 撮り鉄  

常磐線&三陸鉄道全線復旧記念旅:青森海鮮を食べ尽し帰宅(最終・最終日その3)

初めての方は1日目その1から読んでください。
その2はこちら その3はこちら その4はこちら
その5はこちら その6はこちら その7はこちら
その8はこちら 2日目その1はこちら その2はこちら
その3はこちら その4はこちら その5はこちら
その6はこちら その7はこちら その8はこちら
その9はこちら その10はこちら その11はこちら
その12はこちら その13はこちら その14はこちら
その15はこちら その16はこちら その17はこちら
その18はこちら その19はこちら その20はこちら
3日目その1はこちら その2はこちら


IMGP5524 この後も寿司を食べ続けます。


 まずはコハダ。

 これもこの日限定らしいです。


IMGP5526 フグの昆布締め。


 八戸で河豚のイメージはあまり思い浮かばないのですが。



IMGP5527 季節モノの魚の締めもの。


 と言っても忘れましたが・・・。




IMGP5528 ホタテのひも。


 これも県内産ならではのネタです。

 コリコリとした食感を楽しめます。


IMGP5529 大間に近い地という事で・・・。


 本マグロの赤身を頂きました。




IMGP5530 そして最後に三陸らしく?アワビの肝で締めます。


 これらを含めて計15カン頂きました。

 剛さんが食べ終わるまで八食市場内を散策。


IMGP5531 バス側の入口にはせんべい汁関係の置物がありました。


 何かよく分からないご当地キャラも出ているようで・・・。

 この後早めのバスに乗れそうなので、早い新幹線に乗車変更できるかどうか調べました。

IMGP5532 12:10発の100円バスに乗車して八戸駅へ。


 この後早い新幹線へと乗車変更して・・・。




IMGP5533 予定よりも2本早い、臨時のはやぶさ号に乗車。



 やはり乗客は少なかったです。


 〜fin〜

tobejitobeji  at 18:05  | コメント(0)  |  この記事をクリップ! 東北  

10年以上ぶりの回転ずしへ(最終日その2)

初めての方は1日目その1から読んでください。
その2はこちら その3はこちら その4はこちら
その5はこちら その6はこちら その7はこちら
その8はこちら 2日目その1はこちら その2はこちら
その3はこちら その4はこちら その5はこちら
その6はこちら その7はこちら その8はこちら
その9はこちら その10はこちら その11はこちら
その12はこちら その13はこちら その14はこちら
その15はこちら その16はこちら その17はこちら
その18はこちら その19はこちら その20はこちら

前回の記事はこちら

IMGP5514 時間いっぱいまで寝て・・・。


 この後は歩いて八食センターへ。

 その間に雨が降り始めてきました。

IMGP5515 そして奥側にある八食市場寿司という回転ずしで早めの昼食。


 剛さんがよく行く場所です。

 この頃になると二日酔いもだいぶ回復してきました。

IMGP5516 という訳で約13年ぶりの回転ずしとなります。


 まずはこの日半額となっていたいくら。

 いくら1粒ごとの食感がしっかりとしております。

IMGP5517 鯵。


 こちらは八戸産のものです。

 こちらの店はセンター内にあるかどうかは分かりませんが、県内産や地の物が揃っているように思えました。


IMGP5518 その県内産ならではのネタとしてホタテの子を頂きました。


 味としては、プリッとした食感の中に何とも言えぬ濃い味わいがします。


IMGP5519 蒸し牡蠣。


 この季節らしいといえばそうですが・・・。



IMGP5520 カニ味噌。


 とにかくカニの風味が相当濃いです。




IMGP5521 このネタは忘れましたが、この日限定のサーモンで珍しい部分を炙ったものです。

 上記のホタテの子を始めとして、この日限定のネタが揃っておりました。中には10食限定のものも・・・。
 10:45頃に食べ始めたのでその限定ネタもしっかり食べられましたが・・・。


IMGP5523 サーモンといくらの親子軍艦。

tobejitobeji  at 17:58  | コメント(0)  |  この記事をクリップ! 東北  

二日酔いの中八戸の温泉施設へ(最終日その1)

初めての方は1日目その1から読んでください。
その2はこちら その3はこちら その4はこちら
その5はこちら その6はこちら その7はこちら
その8はこちら 2日目その1はこちら その2はこちら
その3はこちら その4はこちら その5はこちら
その6はこちら その7はこちら その8はこちら
その9はこちら その10はこちら その11はこちら
その12はこちら その13はこちら その14はこちら
その15はこちら その16はこちら その17はこちら
その18はこちら その19はこちら

前回の記事はこちら

IMGP5507 3/22/

 二日酔いの中チェックアウトし・・・。6:49発の列車に乗車。


 次の列車が約3時間後の上、八戸到着が昼位になってしまうためこうなった次第。


IMGP5508 車内ではずっと横になっておりました。


 八戸の市街地へと入って少し気分が良くなったので起きて撮影。

 写真は車内にある荷棚を犠牲にして置かれた緊急避難はしご。


IMGP5509 川を渡る直前辺りで八戸臨海鉄道と並行。


 こちらは行く直前にテレビ番組で八戸臨海鉄道の定年退職する職員について放送されており、記憶に新しいかと。



IMGP5510 9時前に八戸駅に到着。


 私はゼリー飲料、剛さんは駅そばで朝食を取りに行きました。

 写真は今年で八戸線全通90周年を迎えた記念ロゴの幟。


IMGP5511 駅舎。







IMGP5512 この後はタクシーで写真の新八温泉へと向かいます。



 剛さんは八戸へ来る際によく新八温泉で入浴しているとのこと。




 風呂は他ではなかなか見ないキノコ状の珍しいものがあります。



 あとこちらで宿泊もできます。



IMGP5513 新八温泉はちのへゆーゆーらんど。


 ここで温泉に浸かった後は、休憩施設で時間になるまで横になっていました。

tobejitobeji  at 17:52  | コメント(0)  |  この記事をクリップ! 東北