JR30周年記念旅・東日本編:初乗車の秋田新幹線で帰る(最終・最終日その6)

初めての方は1日目その1から読んでください。
その2はこちら 2日目その1はこちら その2はこちら
その3はこちら その4はこちら その5はこちら
その6はこちら その7はこちら その8はこちら
その9はこちら その10はこちら その11はこちら
その12はこちら その13はこちら 3日目その1はこちら
その2はこちら その3はこちら その4はこちら
その5はこちら その6はこちら その7はこちら
その8はこちら その9はこちら その10はこちら
その11はこちら 4日目その1はこちら その2はこちら
その3はこちら その4はこちら その5はこちら
その6はこちら その7はこちら その8はこちら
その9はこちら その10はこちら その11はこちら
その12はこちら その13はこちら その14はこちら
5日目その1はこちら その2はこちら その3はこちら
その4はこちら その5はこちら

IMGP0694 1本見送り・・・。

 13:15過ぎに乗車予定のこまち58号が入線。ちなみに今回が秋田新幹線&E6系初乗車です。

 秋田新幹線と書いておりますが、こちらは山形新幹線と共にミニ新幹線としての通称名で、正式な路線名は今でも奥羽本線及び田沢湖線などとなっております。

 ミニ新幹線そのものも国鉄時代には考えられなかったことで、福島及び盛岡での乗り換え時間が無くなった事や新型車両になった事による最高速度の向上(と言っても在来線区間は130/hですが)による短縮効果が出ておりますが・・・。一方であけぼのが陸羽東線周り→上越・羽越本線周りになるといった路線幅の違いによる影響も出ております。

IMGP0695 座席自体はE5系と同じような感じです。


 色が写真のように黄色になっていますが、座った感じでは特に違和感とかはありませんでした。


 写真では分かり辛いですが、秋田駅出発時点では写真左方向の大曲へ進むため進行方向と反対向きになっております。
 大曲で進行方向が変わるという影響がありますが・・・。

IMGP0696 出入口扉にはあきたこまちにちなんで、稲が描かれております。




 定刻通りに出発。






IMGP0697 途中の羽後境駅。


 こちらで下りのこまち号と行き違いするため停車。


IMGP0699 峰吉川駅から神宮寺駅まで写真のように下り線が三線軌道区間となっております。


 途中大曲から田沢湖線へと入り・・・。


IMGP0700 田沢湖線に入ってから寝たり起きたりの繰り返しで・・・。


 途中の田沢湖駅へ到着したところを撮影。



IMGP0701 その後も寝たり起きたりを繰り返し・・・。

 完全に意識が戻った時は大釜駅で行き違いのため停車していたところでした。

 雲に隠れていますが岩手山が見えるところでしたので撮影。

IMGP0702 15:15頃に盛岡駅へ到着。


 一昨日宿泊したホテルルイズが見える所に丁度停まりました。


 ここで通称・秋田新幹線と呼ばれる区間は終了し、ここからははやぶさと併結して東京へ向かいます。

 〜fin〜


tobejitobeji  at 22:31  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 乗り鉄(列車)  

21年ぶりの秋田竿灯まつり会場を見て帰宅へ(最終日その5)

初めての方は1日目その1から読んでください。
その2はこちら 2日目その1はこちら その2はこちら
その3はこちら その4はこちら その5はこちら
その6はこちら その7はこちら その8はこちら
その9はこちら その10はこちら その11はこちら
その12はこちら その13はこちら 3日目その1はこちら
その2はこちら その3はこちら その4はこちら
その5はこちら その6はこちら その7はこちら
その8はこちら その9はこちら その10はこちら
その11はこちら 4日目その1はこちら その2はこちら
その3はこちら その4はこちら その5はこちら
その6はこちら その7はこちら その8はこちら
その9はこちら その10はこちら その11はこちら
その12はこちら その13はこちら その14はこちら
5日目その1はこちら その2はこちら その3はこちら

前回の記事はこちら
 
IMGP0688 昼食後更に道を進み・・・。


 秋田竿灯まつりの会場となる山王大通りに到着。



IMGP0689 反対側の歩道へ。

 周りの建物は変わっていたりしていますが、雰囲気自体は21年前に見に来た時そのままです。

 21年前は祭りの時間帯的に夜だったというのも考慮してもでした。

IMGP0690 その大通り入口には竿燈まつりで竿燈を掲げている方のパネルがありました。

 私の21年前見た記憶ですと、竿燈を額に乗せるというイメージがしますが・・・。実際は額だけでなく腰や肩、はたまた小学校時代の掃除のときの箒の如く手の平というのもあるそうです。

 その後は行きとは別の道のりで秋田駅へ。その途中少し足を痛め・・・。

IMGP0691 駅へと戻りました。

 みどりの窓口の上には竿燈に吊るされている提灯がいくつもありました。

 ちなみに竿燈用の提灯に描かれているものは絵が多いようです。

IMGP0692 乗車する列車の時間になったので改札口へ。


 何気にこまち乗り場の所にもE6系の色となっている小さな提灯が飾っておりました。


IMGP0693 新幹線側のコンコースには東北で開催される祭りを浮世絵風にまとめたものがありました。


 その下には秋田新幹線と共にリゾートしらかみも運行20周年を祝う幟がありました。


tobejitobeji  at 22:24  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 東北  

二十歳となったミニ新幹線始終着駅付近でうどん(最終日その4)

初めての方は1日目その1から読んでください。
その2はこちら 2日目その1はこちら その2はこちら
その3はこちら その4はこちら その5はこちら
その6はこちら その7はこちら その8はこちら
その9はこちら その10はこちら その11はこちら
その12はこちら その13はこちら 3日目その1はこちら
その2はこちら その3はこちら その4はこちら
その5はこちら その6はこちら その7はこちら
その8はこちら その9はこちら その10はこちら
その11はこちら 4日目その1はこちら その2はこちら
その3はこちら その4はこちら その5はこちら
その6はこちら その7はこちら その8はこちら
その9はこちら その10はこちら その11はこちら
その12はこちら その13はこちら その14はこちら
5日目その1はこちら その2はこちら

前回の記事はこちら

IMGP0680 秋田駅の乗り換えコンコースにて。

 秋田新幹線が開通20周年という事で、丁度20歳となるJR東日本社員とE6系が一緒に記念撮影。

 20年の間に車両もE3系から2代目となるE6系に変わりました。

IMGP0681 隣のポスターには20年経った秋田新幹線へ向けてのメッセージが貼られておりました。


 これらは全て在来線側のコンコースにあります。



IMGP0682 改札を出てすぐには秋田に関係した車両のプラレールがありました。

 国鉄からJRになった頃は右の485系を使用したたざわに始まり、E3系、E6系など。
 中にはEast-iもありました。そちらも国鉄時代からのドクターイエローから置き換わった車輛です。

IMGP0683 自由通路へ。


 秋田竿燈まつりで使われる竿燈が展示されておりました。



 そういえば秋田駅は乗り換えで何回か使っておりますが・・・、改札を出て下車したのは実に21年ぶりだったりします。
 その時は写真の秋田竿燈まつりを、家族で見に行きました。

 またこの時点で初日から使用した片道切符も用済みとなります。



IMGP0684 駅舎。


 ペデストリアンデッキの影響でこんな距離から半分だけとなりましたが・・・。

 この後観光案内所で聞いた店へ。

IMGP0685 5分ほど歩いた先にあるエリアなかいちへ。


 後述する食事処を始め、美術館や交流館などが併設されております。



IMGP0686 結局そちらにある稲庭うどんの寛文五年堂。


 店名にあるように、江戸時代の寛文五年(1665年)から350年以上続いております。
 尤も会社は同じ県内の湯沢ですが・・・。

IMGP0687 ここでランチ限定の稲庭うどんと親子丼のセットを注文。

 ここでの稲庭うどんは乾麺と生麺が選べます。

 味は・・・、うどんがツルツルしこしこしてすいすい頂けました。


tobejitobeji  at 22:12  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 東北  

秋田犬の犬駅長を見てから秋田へ(最終日その3)

初めての方は1日目その1から読んでください。
4日目その1はこちら その2はこちら その3はこちら
その4はこちら その5はこちら その6はこちら
その7はこちら その8はこちら その9はこちら
その10はこちら その11はこちら その12はこちら
その13はこちら その14はこちら 5日目その1はこちら

前回の記事はこちら

IMGP0667 撮影後に大館駅へ向かうと・・・。


 秋田犬の駅長であるあこが来ていましたので撮影。


 他にも飛鳥という同じく秋田犬の駅長犬がおり、丁度この日から秋ごろまでの土休日に今の時間帯でお客様の出迎えをしてくれるとのこと。

 丁度この時「さく、さく、あきた」という観光キャンペーンをやっていたので、それに合わせて就任したと考えられます。

IMGP0668 駅舎内には忠犬ハチ公の像がありました。



 皆さんご存知かと思われますが、渋谷駅で有名となっているハチ公は元々秋田犬で、ここ大館で生まれたとのこと。


 丁度下の文字から今から8年前、映画「HACHI」公開に併せて出来たと考えられます。


 この後秋田までの自由席特急券を買おうとしましたが・・・、前の方の切符購入がかなり時間かかりそうだと分かり・・・。

IMGP0670 先に駅周辺を散策しました。

 まずはJR貨物の方の大館駅。

 小坂鉄道関係からか、そちらに近い方にありました。


IMGP0671 そして小坂鉄道の大館駅跡らしき箇所。

 貨物メインで旅客営業廃止後も貨物のみで10年以上営業していた関係かどうかは知りませんが、広い敷地となっております。

 ただそれら敷地内の引上げ線らしき線路は剥がされております。

IMGP0672 しかし本線に当たる線路はまだ残っておりました。


 しかも路盤の整備状況も良さそうです。

 丁度奥には貨物の大館駅へ向かうEH500形の姿もあります。

 雨が酷くなってきたので駅へ戻りました。

IMGP0673 自由席特急券を購入してホーム上へ。

 丁度ホーム上には秋田新幹線開業20周年を祝う幟がありました。

 何かの偶然か?丁度今年はJR東日本管内の新幹線開通が区切りの良い年になっております。

IMGP0674 ホーム上にはハチ公神社もありました。



 何かにご利益があるかどうかは分かりませんが・・・。


 何気に下の賽銭箱が大館の工芸品である大館曲げわっぱ風に仕上がっております。

IMGP0675 10:15発のつがる2号に乗車。


 かつてスーパーはつかり等で活躍?したE751系となっております。

 今回は自由席ですが・・・、難なく座れました。

IMGP0676 座席。

 元となるE653系やE257系などと同じような座席となっております。

 確か座席間隔が910个任靴燭・・・、座った感じとしてはそこまで狭いという印象はなかったです。

 定刻通りに出発。

IMGP0677 先程のイベントで配られていた菓子。

 ハチの足あとというチーズ饅頭。味はそこまでチーズの感じはせず・・・。

 こちらの菓子の製造元は大館で110年以上続いている菓子屋で、羽二重餅や明けがら寿が有名のようです。

IMGP0678 途中の東能代駅にて。

 リゾートしらかみのくまげら編成の塗装となっているKIOSKがありましたので撮影。

 JRになってから、水戸駅のE653系や藤沢駅の湘南電車(80系)などホーム上での駅売店の外観もご当地に併せて変化しております。
 
IMGP0679 途中寝たり起きたりを繰り返し・・・。

 11:43に秋田駅に到着。

 丁度男鹿線ホームには3月のダイヤ改正で登場したばかりのEV-E801系が停まっておりましたので撮影。

 簡単に言えば今烏山線で運用されているEV-E301系の交流版です。


tobejitobeji  at 11:39  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 東北  

バスで小坂鉄道の廃線跡を辿る(最終日その2)

初めての方は1日目その1から読んでください。
4日目その1はこちら その2はこちら その3はこちら
その4はこちら その5はこちら その6はこちら
その7はこちら その8はこちら その9はこちら
その10はこちら その11はこちら その12はこちら
その13はこちら その14はこちら

前回の記事はこちら

IMGP0653 8:44発の大館方面行きバスに乗車。

 こちらも秋北バスで運行されております。

 この路線は小坂鉄道廃止の代替バスも兼ねているそうです。


IMGP0654 途中営業所を通り・・・。


 出発から10分後、右に小坂鉄道の廃線跡が並行しております。

 前にも書いた通り、線路は残っております。

IMGP0655 更にその先。


 路盤の状態も、下手な休止線よりもかなり良さそうです。



IMGP0656 反対側は長木川が流れております。


 こちらは下流域で米代川と合流します。



IMGP0657 出発から20分。


 踏切を渡ります。


 とは言っても遮断機とか完全に撤去されておりますが・・・。


IMGP0658 しばらく行くと大館・小坂鉄道レールバイクという施設の案内がありました。

 こちらはGW期間前位から11月頭まで予約制で、清風荘と呼ばれる宿付近からかつてあった雪沢温泉駅辺りまで往復乗車という形です。


IMGP0659 早速レールバイクが来ました。


 レールバイク自体は2人乗りからですが、こちらは一人で利用されていたので恐らく10号車と思われます。


IMGP0660 次に家族連れの方が来ました。



 こちらは3号車の4人乗りです。



IMGP0661 途中駅の小雪沢。

 ホームらしき跡があるので実際に駅があった箇所のようです。

 調べてみると軽便鉄道規格時代に開設され、改軌と同時に廃駅となっております。

IMGP0662 受付及び出発点がこちら。


 この付近には駅とかはなかったようで、簡易的な建物および跨線橋があるのみです。


IMGP0663 更にその先へ行くと・・・。


 レールバイクの車両が次々と待機しておりました。

 この後バスは更に先を進み・・・。

IMGP0664 9:35頃に大館駅へ到着。

 本来は行きもここからTさんの車で小坂まで送ってもらう予定でしたが・・・。

 大館駅へはこれで3,4回目です。

IMGP0665 朝食に食べた鶏めしの販売元である花善さんの建物ですが・・・。


 この時は工事をしておりました。



IMGP0666 撮影地点の左隣に駅弁の臨時販売所があるのでそこへ立ち寄り。

 販売員の話を聞くと、耐震基準を満たしていないとのことで解体をしているとのこと。

 更に帰った後調べてみると、4月から工事が始まって駅弁のみこちらで販売、製造所は別に新しく造った社屋で作っているそうです。


tobejitobeji  at 11:48  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! その他