雨中の台湾フェスティバル2017(その3)

初めての方はその1から読んでください。

その2はこちら

IMGP0731 この後はいろいろとブラブラしていきました。

 まずは台湾の夜市ではポピュラーな台湾式ダーツである風船ダーツ。

 こちらには出展しておりませんでしたが、夜市での遊びでは他にもスマートボールや射的などもあります。

IMGP0732 そしてワークショップにて。

 これから台湾の原住民であるタイヤル族による餅つき体験が行われます。

 タイヤル族は台湾の原住民の中でも2番目に多く、有名な方としてはビビアン・スーなどです。

IMGP0733 始まる前に更に奥のイラストコーナーへ。


 主に台湾の暮らしについてイラストで紹介しております。

 写真の2枚なんか、7年前に台湾行った時に実際に見ております。

IMGP0734 そして餅つきが始まります。


 米として粟を使用しております。


IMGP0735 そして独特なダンスと歌と共に餅つきが開始。


 臼や杵もタイヤル族で使われているものです。


 臼は砂時計に近い形。一方で杵は棒状に近い形で、日本のものとは違い上から下へ叩きつける形となります。

IMGP0736 丁度粟餅をついている所。


 餅つきのやり方自体は日本のと同じです。





IMGP0737 そして参加者と交代。

 こちらの参加料として50分1000円となります。

 右の男性の方が結構苦労しているように、振りかぶらない分日本の餅つきよりもしんどいようです。

IMGP0738 そして親子連れの方と。


 こちらに参加すると、写真の子供の方のようにタイヤル族の民族衣装を着る事が出来ます。



IMGP0740 そして仕上げ段階。









IMGP0741 そして完成。



 この後はTさん達と合流し、上野のガード下近くの居酒屋で飲んでいきました。


 〜fin〜


tobejitobeji  at 22:15  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! その他  

雨中の台湾フェスティバル2017(その2)

初めての方はその1から読んでください。

IMGP0721 他にも店を周っていき・・・。


 まずは左の台湾ビールと台湾のソーセージを頂きました。

 ビールは普通のビールでしたが、ソーセージが妙に甘い香りがしました。台湾の駅弁でよくある香りみたいな感じです。
 ちなみにソーセージは袋のままボイルされておりました。

IMGP0722 そして前回出た台湾からあげの店で台湾からあげを購入。


 食べてみた感じですが・・・、普通の唐揚げと特に変わりはなく・・・。




IMGP0723 もう1人の連れの方が購入した蟹。


 こういうフェスティバルの中にも北海道とか日本のものも販売しておりました。

 こちらの蟹は恐らく渡り蟹かと思われ・・・。結構食べ辛かったです。

IMGP0724 しばらくビールと唐揚げ、蟹をつまみに頂き・・・。



 写真の紹興酒を購入しに屋台へ行きました。



 あとで調べたところ写真のは台湾のもので、一番ポピュラーらしいです。


 味は普通の紹興酒でしたが・・・、紹興酒自体が数年ぶりなので・・・。




IMGP0725 そして魯肉飯も購入。


 購入した店は忘れましたが・・・、こちらはゆで卵が追加されております。


IMGP0726 前回出たシンガポール料理屋の台湾屋台で焼き小籠包を購入。


 見た目はあまり焼き小籠包という感じはしませんでしたが・・・。中はスープが飛び出る、という訳でもなく・・・。



IMGP0727 Tさんの頼みで麺類が食べたくなったという事で、こちらの台湾麺線へ。

 幟の字体からして新橋の店だと思われます。
 麺線というのは素麺のような細くて短めな麺にとろみのあるスープがかかっており、それをレンゲで一緒に頂くという形です。

 結局Tさんがパクチーがダメであることなのでほとんど私が食べましたが・・・。

IMGP0728 その後しばらくしてかき氷店へ。



 結局のところ購入しませんでしたが・・・。


IMGP0729 その列待ちの間、ステージ上では演奏が行われていたので撮影。





IMGP0730 Tさんに頼まれて今度は日本酒を購入しに行きました。



 こちらは日本最北端の酒蔵である増毛の国稀酒造で作られているくにまれ。


 私は飲んでいないので味は分かりませんが・・・。


tobejitobeji  at 21:43  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! その他  

雨中の台湾フェスティバル2017(その1)

昨日Tさん達と共に上野公園へと行ってきました。

IMGP0710 途中コンビニへ寄り・・・。


 上野公園の噴水広場前にて台湾フェスティバルが開催。

 そこに近づくにつれて雨がまた強くなっていきましたが・・・。

IMGP0711 入り口前にはTBSラジオの車が来ておりました。

 今回は「安住紳一郎の日曜天国」で、丁度昨日放送されたここ台湾フェスティバルの紹介となっております。

 私達が戻る頃にこの車も一緒に戻りました。

IMGP0712 そして入口。


 雨中の上に、次回紹介するように座るスペースにテントといった雨除けはありませんでしたが・・・。それでも結構人が来ておりました。


IMGP0713 入ってすぐ、ひときわ賑やか?に声かけをしている方々が・・・。


 こちらの店について調べてみたところ・・・、場所は大塚にあります。
 しかも本来はシンガポール料理屋ですが、台湾料理が結構おいしいという噂があるそうです。

IMGP0714 Tさんが席を探している間・・・。

 私達はライチ種飛ばし会場で雨宿り。
 丁度種を飛ばしてた後で測定している所を撮影。



IMGP0716 席確保後、改めて私1人で撮影。

 丁度右の方が種を飛ばしている所。

 こちらは参加費が500円で、プラス生のライチが1000円別に購入して食べるとのこと。とはいえ生のライチは今の時期でしか食べられないそうです。

IMGP0717 その種飛ばしの最高記録はこちら。





IMGP0718 近くには台湾フルーツフェアというスペースがありました。

 こちらではパイナップルやライチ、マンゴーやバナナなど台湾で獲れるフルーツが販売されております。

IMGP0719 ここからはいくつか屋台を見ていきます。

 まずは初めて聞く台湾からあげ。

 調べてみると・・・、基本的には日本の唐揚げと一緒のようです。
 台湾内では士林夜市のが大きくて有名らしいです。

IMGP0720 台湾ではポピュラーな魯肉飯(るーろはん)。


 こちらのフェスティバルではいろいろな屋台で販売しておりました。


tobejitobeji  at 22:09  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! その他  

JR30周年記念旅・東日本編:初乗車の秋田新幹線で帰る(最終・最終日その6)

初めての方は1日目その1から読んでください。
その2はこちら 2日目その1はこちら その2はこちら
その3はこちら その4はこちら その5はこちら
その6はこちら その7はこちら その8はこちら
その9はこちら その10はこちら その11はこちら
その12はこちら その13はこちら 3日目その1はこちら
その2はこちら その3はこちら その4はこちら
その5はこちら その6はこちら その7はこちら
その8はこちら その9はこちら その10はこちら
その11はこちら 4日目その1はこちら その2はこちら
その3はこちら その4はこちら その5はこちら
その6はこちら その7はこちら その8はこちら
その9はこちら その10はこちら その11はこちら
その12はこちら その13はこちら その14はこちら
5日目その1はこちら その2はこちら その3はこちら
その4はこちら その5はこちら

IMGP0694 1本見送り・・・。

 13:15過ぎに乗車予定のこまち58号が入線。ちなみに今回が秋田新幹線&E6系初乗車です。

 秋田新幹線と書いておりますが、こちらは山形新幹線と共にミニ新幹線としての通称名で、正式な路線名は今でも奥羽本線及び田沢湖線などとなっております。

 ミニ新幹線そのものも国鉄時代には考えられなかったことで、福島及び盛岡での乗り換え時間が無くなった事や新型車両になった事による最高速度の向上(と言っても在来線区間は130/hですが)による短縮効果が出ておりますが・・・。一方であけぼのが陸羽東線周り→上越・羽越本線周りになるといった路線幅の違いによる影響も出ております。

IMGP0695 座席自体はE5系と同じような感じです。


 色が写真のように黄色になっていますが、座った感じでは特に違和感とかはありませんでした。


 写真では分かり辛いですが、秋田駅出発時点では写真左方向の大曲へ進むため進行方向と反対向きになっております。
 大曲で進行方向が変わるという影響がありますが・・・。

IMGP0696 出入口扉にはあきたこまちにちなんで、稲が描かれております。




 定刻通りに出発。






IMGP0697 途中の羽後境駅。


 こちらで下りのこまち号と行き違いするため停車。


IMGP0699 峰吉川駅から神宮寺駅まで写真のように下り線が三線軌道区間となっております。


 途中大曲から田沢湖線へと入り・・・。


IMGP0700 田沢湖線に入ってから寝たり起きたりの繰り返しで・・・。


 途中の田沢湖駅へ到着したところを撮影。



IMGP0701 その後も寝たり起きたりを繰り返し・・・。

 完全に意識が戻った時は大釜駅で行き違いのため停車していたところでした。

 雲に隠れていますが岩手山が見えるところでしたので撮影。

IMGP0702 15:15頃に盛岡駅へ到着。


 一昨日宿泊したホテルルイズが見える所に丁度停まりました。


 ここで通称・秋田新幹線と呼ばれる区間は終了し、ここからははやぶさと併結して東京へ向かいます。

 〜fin〜


tobejitobeji  at 22:31  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 乗り鉄(列車)  

21年ぶりの秋田竿灯まつり会場を見て帰宅へ(最終日その5)

初めての方は1日目その1から読んでください。
その2はこちら 2日目その1はこちら その2はこちら
その3はこちら その4はこちら その5はこちら
その6はこちら その7はこちら その8はこちら
その9はこちら その10はこちら その11はこちら
その12はこちら その13はこちら 3日目その1はこちら
その2はこちら その3はこちら その4はこちら
その5はこちら その6はこちら その7はこちら
その8はこちら その9はこちら その10はこちら
その11はこちら 4日目その1はこちら その2はこちら
その3はこちら その4はこちら その5はこちら
その6はこちら その7はこちら その8はこちら
その9はこちら その10はこちら その11はこちら
その12はこちら その13はこちら その14はこちら
5日目その1はこちら その2はこちら その3はこちら

前回の記事はこちら
 
IMGP0688 昼食後更に道を進み・・・。


 秋田竿灯まつりの会場となる山王大通りに到着。



IMGP0689 反対側の歩道へ。

 周りの建物は変わっていたりしていますが、雰囲気自体は21年前に見に来た時そのままです。

 21年前は祭りの時間帯的に夜だったというのも考慮してもでした。

IMGP0690 その大通り入口には竿燈まつりで竿燈を掲げている方のパネルがありました。

 私の21年前見た記憶ですと、竿燈を額に乗せるというイメージがしますが・・・。実際は額だけでなく腰や肩、はたまた小学校時代の掃除のときの箒の如く手の平というのもあるそうです。

 その後は行きとは別の道のりで秋田駅へ。その途中少し足を痛め・・・。

IMGP0691 駅へと戻りました。

 みどりの窓口の上には竿燈に吊るされている提灯がいくつもありました。

 ちなみに竿燈用の提灯に描かれているものは絵が多いようです。

IMGP0692 乗車する列車の時間になったので改札口へ。


 何気にこまち乗り場の所にもE6系の色となっている小さな提灯が飾っておりました。


IMGP0693 新幹線側のコンコースには東北で開催される祭りを浮世絵風にまとめたものがありました。


 その下には秋田新幹線と共にリゾートしらかみも運行20周年を祝う幟がありました。


tobejitobeji  at 22:24  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 東北