トップページ » とうとう西端へ(その6)

とうとう西端へ(その6)

初めての方はその1から読んで下さい。

その2はこちら その3はこちら その4はこちら
その5はこちら

画像 038 北裏から鷹03の田無橋場行きに乗車。


 私のイメージの中では最近まで頻繁に見かける行先ですが、実際は30分に1本です。

 ちなみに西東京市へと入ると均一運賃ではなくなりますが、それでも1日乗車券で乗れます。

画像 039 終点の田無橋場。

 田無駅の少し先あたり。


 この通り・・・、何もありません・・・。

 後ろに創価大学らしきものしか・・・。



画像 040 7分後に続行運転していた多摩六都科学館行きに乗車。


 それにしてもこの道の狭さで・・・、よくバスが通れるものだと・・・。

 多摩六都科学館行きは先程のよりさらに少なく、土曜・休日のみ1時間に1本だけです。


画像 041 終点の多摩六都科学館へと到着。


 駐車場の一角にバス停が・・・。






画像 042 これが多摩六都科学館の建物。


 時間がないので中は見学しておらず、外の展示物を軽く見るに留めました。



画像 043 タイムトンネルという代物。


 正方形に近いトンネル断面に時代ごとの動物が刳り貫かれております。





画像 044 この後花小金井駅行きのバスに乗車。


 とうとう西端へ行くこととなります。


 乗客は私と、乗車直前に急に乗り込んだ家族連れも・・・。


画像 045 16時過ぎに花小金井駅へと到着。


 前回の京王とは違い、ここまでバスのみで何とか来れましたが・・・。



tobejitobeji  at 18:32
コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星