2018年10月05日

1630 京都新聞

 詰ますときは案外「初手」がカギになる。逆に言うと初手が難解なほど解きにくい作ということだ。詰まない筋を捨てて行って考える、詰みそうな筋を深く読む、いろんな思考法があるが、目に見えない攻め駒と守りの駒の量的質感?みたいなものの感性を磨くのがいいように思う。
 いわば詰むや詰まざるやの世界になるが、そういうジャンルも面白そうだなあと思う。


BANT058







001








解答
 3三飛成、同玉、4二角、2二玉、3一角成、3三玉、4二馬、2二玉、3二角成、1三玉、2四金、同歩、3一馬左まで十三手詰

tobio1952 at 10:49│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔