IMG_20180311_110455053
おかげさまで今年の確定申告も無事に終了したようで「国税還付金振込通知書」が送付されてきました。

同じ日に銀行からも還付金が無事に入金されたというメールも届きました。
これで今年の確定申告は無事終了ということになります。

今年で私としては3回目の確定申告ですが、毎年やることが増えてきてしまい、それぞれ微妙に手続きが異なっています。

1回目:前の会社を早期退職して無職としての申告。
前の会社での給与所得の申告や年末調整などができていなかったため還付の確定申告をしました。

2回目:還付金目的の申告
再就職できたため基本的には確定申告は不要なのですが、ふるさと納税や医療費控除での還付ができることで確定申告にチャレンジしました。その時に配当控除もできることを学びました。

そして今回が3回目になります。
この3回目については、これまで経験した内容はもちろんさらに新しいこととして「経費」を計上してみました。

昨年(2017年)はソーシャルレンディングや貸株金利などの収入が初めて発生しました。
これらの収入は「雑所得」として申請する必要があります。
私の場合医療費控除などの還付申告を行いますので、収入が少額でも申告しなければなりません。

雑所得についてはこれらで得た収入を申告するのですが、かかった費用を経費として計上することが可能です。
で、私の場合経費としてどのような費用が認められるのか?
税務署に電話して聞いてみたところ「常識的な内容」であればOKとの答えです。

そこで今回、次の費用を経費に記載して雑所得から控除することをもくろみました。

①交通費:約4,000円
ソーシャルレンディングを始めたので勉強を兼ねてクラウドクレジットのセミナーに参加しました。
その時にかかった交通費を経費として計上してみました。

②パソコン購入費:約27,000円
年末にパソコンを買い替えたのですが、この購入費用が経費にできるのではないかと考えました。
ただし、公私両方で使いますので事業でどれくらい使っているのかで費用を案分しなければなりません。
この比率については税務署に聞いても「常識的な範囲」としか言われません。
そこで、自分なりに「公:私=7:3」と勝手に決めて購入費用の7割を経費としてみました。

ただし、パソコンが10万円を超える価格でしたので一括ではなく3年償却となります。
なので「購入費×7割÷3年」分の費用を経費として計上しました。
残りは来年と再来年に経費として申告するつもりです。

③スマートフォン購入費用:28,000円
年末に勢いに乗ってスマートフォンも買い換えました。
これもソーシャルレンディングなどの取引に使用していますので経費で行けると少し欲張りな考えです。

ただ、事業案分はパソコンと同じ7:3は厚かましいと自主規制し、5:5の半額を経費としました。
このスマホの購入価格は10万円以下ですので一括償却が可能。
「購入費×5割」で申告しました。

これらを申告書に入力して、2月上旬に提出しました。
還付申告なので確定申告が始まる2月16日より前でも届け出は可能です。
税務署が混む前に提出できましたので、この点は楽でした。

そしてその足で市役所に行き、住民税では配当所得を申告不要とすることも忘れずに行いました。

そうして待つこと1か月と少し。
特に問題なく申告が通ったようで、税務署から「国税還付金振込通知書」が届きました。
経費の申告ということが初めてでしたので認められるのか心配でしたが、「常識的な範囲」だったようで良かったです。

そうして還付された金額はいくらかというと、
約10万円
今回は雑所得が多かったこともあり結構な額の還付となりました。

面倒な申告もこの還付金をみると報われます。
これで、雑所得の節税として経費を活用できることを勉強することができました。
今回で大体のやり方がわかりましたので、来年からは少し気楽に手続きができそうです。