157107
私は長らく不眠を抱えていまして、夜眠るときは睡眠導入剤のお世話になっています。

元々服用していた薬は「フルニトラゼパム」というベンゾジアゼピン系の睡眠導入剤でした。
この薬はよく効いてくれたのですが、長年使用することによる依存症や将来認知症になるリスクがあることなどから、かかりつけの医師から服用を避けた方が良いとの指導を受けました。

とはいっても不眠が治っているわけではありません。
そこで、新しい薬への切り替えを医師から提案され、今は「ベルソムラ」という薬を服用しています。

このベルソムラ、説明では耐性や依存性が形成されにくく、服薬を中止したときの強い不眠(反跳性不眠)などが生じにくい薬剤だそうです。

睡眠導入剤では珍しく、依存性が無いことから一度に長期間分の処方もしてもらえます。
(一般の睡眠導入剤は1ヶ月ですが、ベルソムラは3ヶ月分処方してもらっています。)

そんな何かにつけて優秀なこの新しい睡眠導入剤ですが服用し始めて約1年、本当に効いているんだろうかと疑問に思う事があります。

なぜ、そんな疑いを持つのかというと薬の効き方の違いによるものです。
元々飲んでいたベンゾジアゼピン系の睡眠導入剤はかなり効きがはっきりしていて服用すると無理やり眠りに落とすという感じです。
イメージで言うと“ストン”と眠りに落ちてしまう感じです。

それがベルソムラの場合、効きがマイルドと言えば良いのでしょうか、無理やり感がありません。
こちらは“ジワー”と気づけば寝入っている感じ。

この“ジワー”という自然な感じが薬の効果ではなく実は不眠が解消しているのでは?ということで、私の中で当初の信頼から疑いに変わってしまいました。

そうであれば、薬の服用を少し中断して効果を確認すれば良いじゃないか?となるのですが、この検証、なかなか難しいところがあります。

実際に何度か薬なしチャレンジをしてみたことがあるのですが、薬の効果以前に服用していないという不安感でいっぱいになってしまいます。

結果、眠れない原因が服用を止めたせいか精神的なものかごちゃ混ぜになって、これだけでは一概に薬の効果があったかどうか分からなくなってしまいます。
そんな訳で効果が判らないまま言わば安全策で今まで服用を続けてきました。薬なしで眠ることが出来るのなら、止めたいという希望を持ちながら...です。

そんな時、思わぬ形で確認が出来ました。
先日、いつものように就寝前にベルソムラを服用し布団に入りました。
ですが、なかなか眠ることが出来ません。

「薬を飲んだのにおかしいな?」と思いながら布団の中で悶々と過ごし、結局朝方まで眠れない状態が続きました。
翌日休日なので眠れないのも我慢できましたが。

で、寝不足のまま置きだしたのですが、少し頭痛がしています。
そこで、頭痛薬を取り出そうと薬箱を見たときに気づきました。

「飲む薬間違えてるやん!」

ベルソムラが減っておらず、隣にあった胃腸薬が減っています。
記憶をたどるとそういえば薬を取り出したときのパッケージが違ったような。。。

どうもうっかりと睡眠導入剤を飲んだつもりで胃腸薬を飲んでしまったようです。
そりゃ睡眠導入効果は無いわ。

この一件で新しい薬「ベルソムラ」の効果が図らずも実証されました。
何しろ服用した気満々で実は服用していないという状況を偶然にも作り出すことが出来ましたので。
その結果は「眠れない」。精神的な依存効果はほぼないと判断してよいでしょう。

そういう訳で今服用している薬について無駄な服用(無駄金の消費)では無いことが判りました。

残念ながら薬なしでの生活は遠いようですが、安定した実生活を送るうえで睡眠は欠かせません。
もうしばらくは薬に頼りつついずれ薬なしですごせるように工夫していきたいと思います。

実際には仕事などのストレスから解放されないと無理かもしれませんね。
もう少し頑張ろう。(何を?)