2012年05月

2012年05月27日

カバ成長記録 その1

おかげさまで、カバの赤ちゃんも元気いっぱいに育ってくれていますので、ここまでの成長記録を、皆様にお知らせいたします。

0日齢(5月4日) プールから上がらず状況はよくわからず。ただ、親のマイが鼻の上に乗せて息継ぎの手伝いをしたりと、よく世話をしているので、余計なことはせず状況を見守る。

1日齢(5月5日) 夕方に陸地で授乳を確認。まだうまく飲めず、顔じゅうがミルクまみれになる。母乳の出はよく、少し飲むと自然と出てくる程である。ただ、後産、胎盤などの排出に伴い産道がまだ拡張している為か、マイの食欲が上がらず、通常量の3割程度しか採食せず。
1日齢burogu

2〜5日齢 母親と舎内で過ごす。プールでは元気よく泳ぐが、陸地に上がった時に足元がふらつく。良く見ると肢や体に擦り傷などが見られた。舎内のプールでは、大人のカバは平気だが、まだ皮膚の薄い仔カバだと擦れて皮がめくれたりすることが判明。痛そうな素振りを見せるが、免疫を獲得するこの時期に投薬するのも問題があり、また、母親がしっかり授乳して面倒を見ていることより、余計な事をしないこととした。
3日齢burogu

5日齢 初めてお外の放飼場へ出す。お披露目会までの慣らしを始める。13時25分。母親マイさんは、早く外へ出たいという感じで表へ。仔は母親と離れると不安な為か、ピッタリついて歩く。思っている以上に歩様は悪くない。舎内のプールを掃除する。プールの中には、黄土色のミルク便が確認できた。この日の問題となったのは、飼育係との距離がより離れている外の方が安心できたのか、お家に帰ってこず。ボイコット!16時30分頃から収容開始して、18時10分までかかる。お家へ帰るきっかけやポイントがあるはずなんだが、はっきりと分からず。幸いに、マイさんの食欲が戻ってくる。通常量の8割程度は食べるようになった。産道も収縮したようで、そのあたりが影響していたのではと思われる。ちなみに、チビもお母さんの餌をくすねてアムアム。口の中に入れて遊ぶような行動が見られる。こうして、何が食べられるものか覚えて、除々に頻度が増し、本格的に食べ始めれば離乳となります。

長くなりましたが、今後もチビの成長をご報告させて頂きます。あと、6月3日まで赤ちゃんの名前を一般公募しております。ぜひ、この仔の元気な姿をみて、良い名前をつけてあげてください。応募は、カバさんのプールの脇で行っております。すぐ、大きくなってしまいますので、まだチビのうちに一度遊びにいらしてください。

親カバに負けないくらい親バカなカバ担当 シゲでした。



tobutobu1 at 10:30|Permalink

2012年05月23日

【カンガルーステップのカラフル看板】


こんばんは!チカです。
最近、突然の雷雨に見舞われ、急に寒くなったり暑くなったりと気温の変化が激しくなり、体調が崩れがちになりますが、皆様は大丈夫でしょうか?
カンガルー達は毎日元気に跳び回っていますが、暑い日はお休みの日のお父さんの様に、地面にお腹や背中をくっつけて涼んでいます。
そんな姿を見るたびに「おっさんか!」と内心つっこんでしまいます(笑)
夏本番になったら、もっとダラーっとなるんだろうなぁ(+_+)。

カンガルーステップのアイドル・メラミちゃんですが、日に日にスクスクと成長し、更に美カンガルーになってきました。
前々回辺りのブログにて、メラミちゃんが換気用の板の隙間から入ってしまうとご紹介したのを覚えていますか?
大きくなってきて板で背中を強打してしまうことがあり、ケガをしてしまわないようにと、入れない様にしてしまいました。

写真1


写真2


「中に入れない〜!入れてよ〜!お腹空いたよ〜!」
と、言っているかの様に隙間から覗きこんでいます。
メラミちゃんがケガをしないためにも、ご飯は皆が帰って来るまで我慢してね(^_^;)
お家に帰ったらいっぱい食べて大きくなってね♪これからの成長が楽しみです!

さてさて。

カンガルーステップの出入り口が黒一色でなんだか淋しい感じがしていたので、先輩方にご協力いただき、オーストラリアの先住民族・アボリジニのアート風の看板を制作し、ほぼ完成しました!

写真3


私は絵が下手っぴすぎるので先輩に描いて頂きました。

写真4


写真5


こんなに上手に描ける先輩が羨ましいです…私も描ける様になりたい…
もう少しで完成なので、是非看板をご覧にカンガルーステップにお越しくださいね!!

ではでは。チカでした!ありがとうございました!


tobutobu1 at 19:39|Permalink ふれあい動物の森 

2012年05月19日

衣替え

 みなさんこんにちは!あかちゃんです。

今日はみなさんにファービー君の衣替え報告をします。

季節が変わるとみなさんも衣替えをしますよね。
動物も季節によって衣替えを行うんです。毛の生えている動物の衣替えを「換毛」と言い。
羽の生えた動物衣替えを「換羽」と言います。
今回はネパールワシミミズクのファービー君の換羽についてです。

ファービー君は毎年4月頃から羽が抜け始め、ゆっくりと全身の羽が抜け変わります。
ペンギンなんかは換羽中なんだと一目で分かるのですが、フクロウは見た目ではよく分かりません。
じゃあどうやってみなさんに気づいていただくかっていうと、ファービー君が羽ばたくとよく分かります。

それは、展示場のホコリとともに抜けた羽が舞い上がるからです。
1年間で痛んだ羽が抜けて新しい羽が生えてくることで上手に飛ぶ事ができるようになります。
ファービー君がかっこよく飛んでいる姿をみなさんに披露できるよう、ファービー君は今日もせっせと羽の衣替えをしています。

NEC_0298
z

tobutobu1 at 20:23|Permalink

2012年05月17日

カバの赤ちゃんお披露目会 決定!!!

IMGP401
お知らせが遅くなってしまい、申し訳ありません。
チビタン(仮の名前、私が勝手に呼んでいるだけです)のお披露目会を5月19日(土)11時からカバさんの所で行います。
内容は、お母さんのマイちゃんとチビタンがお家からお外へ出てくるのを見ていただいて、その後、ちょっとしたカバさんのお話などを行います。
是非、かわいいチビタンに会いに来て下さい。

あと、この仔には、正式な名前がまだなく、皆さんより名前の公募を行いたいと思っております。
世知辛い時代において、息の詰まるような事もありますが、そんなものにも負けないような良い名前をつけてあげてください。チビタンは、女の子のカバさんです。
方法は、カバさんに会いに来て下さった方に応募して頂きます。あどけない顔をみて、名前を考えてあげて下さい。
応募用紙は、カバさんのプールの横で、お披露目会19日から行います。
日に日に大きくなっていく姿を、皆様にお届けする為、今後もこのブログで、チビタンの成長ブログを載せていきたいと思っています。それでは、皆様、プールの前でお待ちしております。

親バカ飼育係 カバ担当 シゲでした。


tobutobu1 at 22:06|Permalink イベント情報 

2012年05月16日

赤ちゃん誕生

皆さんこんにちはイナバウワーです。

前回のブログからだいぶたってしまいました。その間に実はワオキツネザルに赤ちゃんが誕生しました。
それもなんと・・・4頭も繁殖をしました。

まずは♀カンナちゃんが3月7日に赤ちゃんを生みました。

カンナ つくし


雄のつくし君です。今ではお母さんのカンナちゃんから離れて遊んでいたり、♂のフジ君にちょっかいを出したりして遊んでいます。最近はおっぱいも飲みますが、バナナやリンゴも食べるようになりました。

カンナちゃんは初めての出産なので、上手く子育てが出来るか心配だったのですが、心配をよそにしっかりと子育てをし、可愛がっています。

つくし君を愛するカンナちゃんのこんな姿も↓

つくし君


カンナちゃん、♂モモ君、♂フジ君で同じ部屋で暮らしているのですが、♂モモ君が、つくし君にちょっかいを出そうとすると、カンナちゃんは♂モモ君に駄目でしょと怒ります。しかし、♂フジ君がつくし君のことを触っていると怒りません。
それどころか、♂フジ君につくし君を任せて、カンナちゃんはどこかに行ってしまうくらい♂フジ君のことを信頼しているようです。
♂フジ君も、カンナちゃんがどこかに行ってしまうと、つくし君が不安がらないように、遊んであげています。♂フジ君もカンナちゃんと同じくらいつくし君のこと好きなんですね。


次に♀カリンちゃんです。カリンちゃんは2月17日に赤ちゃんを生みました。

カリン あんず


名前を♀あんずちゃんです。あんずちゃんは、つくし君よりも早く生まれたため、だいぶ活発的に動きまわっています。
外に出しても、走り回ったり、他のワオ達にちょっかいを出して怒られたりしています。

カリンちゃんもカンナちゃん同様、初めての出産です。
カリンちゃんのお母さんのボタンさんの子育てをまじかで見ていたせいか、赤ちゃんの扱いも慣れている様子でした。

最近カリンちゃんから離れていることが多くなったあんずちゃんですが、お家に帰る際にカリンちゃんに置いて行かれてしまい、一人でお家に戻ることが出来ず、外で鳴いてカリンちゃんを呼んでいたことがありました。
カリンちゃんが迎えに来ましたが、あんずちゃんは焦ってしまい、なかなかカリンちゃんの背中に乗ってくれません。カリンちゃんはまた置いてお家に帰ってしまいました。

するとお兄ちゃんの♂ミズキくんが、外に出てきてあんずちゃんに顔を寄せると、あんずちゃんは♂ミズキ君の背に乗り、♂ミズキ君がお家に連れて帰ってくれました。
優しいお兄ちゃんがいてよかったです。

最後は♀ボタンちゃんです。ボタンちゃんは3月22日に生みました。

クルミ、マロン


なんと双子です。♂マロン君と♀クルミちゃんです。初め、ボタンちゃんのお腹に2頭いた時は、他の子の赤ちゃんがお腹についてしまったのかと焦りました。しかしよく見てみると双子だったんですね。

双子なだけあり顔がそっくりです。正直、顔だけで見るとまだ見分けることが出来ません。
最近双子ちゃんは2頭で動き周り、あんずちゃんと3頭でじゃれあっています。

ヒヤヒヤすることが、生まれた時から、人間のそばにいたため、人を恐がらないんです。なので走って人の足元に行ってしまうことも・・。踏まれてしまいそうでヒヤヒヤです。

皆さんワオワオガーデンにお越しの際は、赤ちゃんのちょこまかした動きに気よつきて観察をしてみてくださいね。







tobutobu1 at 06:30|Permalink ふれあい動物の森 

2012年05月15日

ガチョウのヒナが生まれました

先月末にガチョウのヒナが生まれました  8羽の大きめのヒヨコって感じです
生まれたと言っても勝手に生まれたのではなく、私たちが孵卵機にいれて、1か月近く見守っていた子(卵)たちです
DSCN0091写真1

すごくおくびょうで、ささいな音にも転げるように逃げていきます

最近は時々リスザルの楽園前を散歩していますが、いろいろな事に興味を示し、驚いて逃げの繰り返しです

ただみんなで歩いているだけなのに、お客様には大人気、カワイイ〜カワイイ〜と言われます
DSCN0089写真2

そして急にカメラを向けられると、びっくりして逃げていきます

それでもまた、カワイイ〜カワイイ〜と言われます

今はフワフワの黄色ちゃんですが、しばらくすると白い羽が生えてきて、体も大きくなります
そして1年もすると、りっぱな大人(成鳥)になります
DSCN0444写真3


来年の今頃は、パレード隊にデビューしているんでしょうか・・・
早く大きくなって欲しいような、このまま赤ちゃんでいて欲しいような
ちょっと複雑な心境ですね

今はリスザルの楽園の、リスザルさんの部屋の一部をルームシェアして住んでいます
ご来園の際は、ぜひのぞいてみて下さいね

   

ヒナのお母さんになるのは、なかなか大変(汗・喜) と実感のコーヤマでした


tobutobu1 at 18:15|Permalink

2012年05月13日

動物たちの表情特集

皆様、こんにちわ!!はっくるべりぃです。

今日は春以降、動物園中を歩きまわって撮影した動物たちを簡単に紹介していこうと思います。
まずはふれあい動物の森のサフォーク羊
DSC_0275

名前はサト(♀)いつもここに来ると出迎えてくれます。

続いてリスザルの楽園のリスザル
DSC_0337

生い茂る葉っぱの間に見つけました!!何を捕まえたんだろう?!

続いてヒクイドリ
DSC_0310

ちょっと怖いので茂みから

フラミンゴ
DSC_0314

青々とした緑の木々の中に赤い姿がとてもきれい

そして、ちょっと動物園の隣に出来たハートフルファームにコリデール羊のハチミツ(♀)と出かけてみました!!そこには羊の造形がたくさんあり、せっかくなので仲間入りさせてもらいました☆
DSC_0448

今後は時々、ハートフルファームに連れて行こうと思います。

と、動物たちをもっと紹介したいのですが、この続きはまた次回にしましょう。今回最後は、カバの赤ちゃんの動画を皆様にお届けさせていただきます。では、ご覧ください。


tobutobu1 at 00:18|Permalink

2012年05月11日

食べない笹の行方・・・・!?

みなさんこんにちは。ゴールデンウィークが終わり、動物園ではいよいよ春の団体シーズンで連日、子供達が遠足に訪れています!!今回の主役レッサーパンダ達も子供達から大人気で、運動場前では、ほぼ一日中『かわいい〜』の声が飛び交っています!さて、近頃遠足のお友達に質問を受ける中で、一番多い質問が『レッサーパンダは何を食べているの?』という問いが多いです。レッサーパンダさんは雑食性で竹や笹、木の実、果物等、昆虫や動物の死骸等を採食します。当園ではドッグフード、リンゴ、笹をあげております。
DSC_0083

ここで厄介なのが笹です。笹は葉を食べ終えてしまえば茎が残り処分に困ります!そのままにしておけば、どんどん溜まり山になっていく一方です。しかし、東武動物公園ではレッサーパンダが食べ終えた笹を意外な動物のごはんになります。それは・・・・・・・・・・・・
体の大きなアフリカゾウです。実はゾウさんは竹が大好き!当然、レッサーパンダさんが食べない笹の茎もおいしくいただいてしまいます。このようにレッサーパンダもゾウさんもどっちもhappyなのです。この枝はゾウさんのご飯だけではなくペンギンさんの卵を温める巣材、ヘビクイワシさんの巣材等にも使われております。
DSC_0086


tobutobu1 at 10:00|Permalink

2012年05月09日

BIG NEWS! 続報

先日、公表させていただきました、カバさんの続報です。この記事を書いているのは生後4日目なんですが、お母さんのマイさんは子育て上手!ちゃんと面倒を見ています。たまに、お掃除をしようと柵越しにほうきを差し込もうとすると、大きな口で「ちょっとぉ、なにすんのよ!」と威嚇してきたりします。「はい、余計な事してすみませんでした。m(_ _)m 」と平謝り。
そんな、できるおかあさんのマイさん。さすがにいつも心配そうに見つめている担当者に、「仕方がないねぇ、今回だけだよ!」とサービスしてくれましたので、その動画を今回上げさせていただきます。元気一杯におっぱいを飲む姿は、いつ見ても嬉しく、心が和みます。こんなチビカバさんも近々お披露目となります。詳しい日取りが決まりましたら、皆様にお知らせいたします。お楽しみに!
                 
余計な気を使わせてしまう担当者 シゲでした。


tobutobu1 at 10:59|Permalink 成長記録 

2012年05月07日

赤いキ〇ネと緑のタ〇キ?

こんにちは!イケどんです。
今回はキツネとタヌキの最近の環境をお話しします。
新緑がまぶしい今日この頃ですが、
タヌキの展示場の草木はどんどん育っています。
緑の中からタヌキを探すのが難しくなっていますが、
緑の中のタヌキは、ちょっとすてきです。

写真4


それに引き替え、キツネの赤土のままの展示場は
少し、もの足りません。そんな中でも赤土の下から
緑の草が生えだしてきました。

写真5


赤土のキツネと緑の中のタヌキに会いに来てくださいね。

、 イケどんでした。

tobutobu1 at 20:12|Permalink

BIG NEWS!!!

ついに、ついにこの日がやってまいりました。皆さん!

5月4日 19時10分 ♀マイさんが赤ちゃんを産みました。\(^o^)/

事の発端は、日祝に11時30分からおこなっている「カバさんと親しむ」で、いつもいる場所とは違うところで寝ているのを発見。いつも通りガイドをしていると・・・
「うん?お尻に何かビニールの様なものが・・・。まさか!羊膜!」
羊膜は、胎児を包んでいる膜で、これが破れると破水なんですが、お外にいる時に始まっちゃうなんて。お客様に動揺が伝わらない様に、そしてマイさんがパニックを起こさない様に平静を装いながら、緊急で職員、獣医を呼び、なんとかお家へ入れる事ができました。その時カバと親しむに参加頂いた皆様、驚かれた事と思いますが、無事に産まれたことをご報告致します。

しかし、世のお父様方凄い!もちろんお母様の方がもっとすごいんですが、マイさんで12時30分羊膜が出てきて、15時30分〜16時の間に破水(プールの中だからはっきり分からなかったんです)。出産は19時10分。その間、私はもちろん何もできず、ただ「マイさん頑張れ!赤ちゃん頑張れ!」と祈る事しかできず、心臓バクバク、けどマイさんに気付かれない様に・・・。赤ちゃんが元気よくプールを泳ぐ姿を確認したとたんグッタリと疲れている事に気付きました。皆さんもこんな経験をされてるんだなんて感動してしましました。母子ともに元気に乗り越えてくれた事にホントに嬉しく、これからこの赤ちゃんが元気に育ってくれる様に、頑張らなくてはと気持ちを新たにしたところです。

今後、お披露目を含めて皆様にご案内できると思いますので、その際にはマイさんのおかあさんっぷりと赤ちゃんカバさんの元気な姿を見に来て下さいね。

しかし、連休中の忙しい時に生んでくれるなんて、テンションが上がっちゃったのかな(^◇^)
カバ担当 シゲでした。



tobutobu1 at 15:30|Permalink

2012年05月05日

『サル山からの特別』ニュースです。。

こんにちはカミーです。

今回、なんとアカゲザルの家計図看板が完成しました。

NO,1


サル山のアカゲザル42頭が全部入った力作です。

仲間に手伝ってもらって自分で言うのも何ですが、よく出来たなーと思っています。

サル山ができたのは、1982年10月にオープンしてからの家計図となっています。

注目は、セイコちゃんです。

NO,2


セイコは、年齢不詳で、サル山ができたときから生活して、今も元気で食欲旺盛で群れの中でも、まだ、まだ幅をきかせている個体です。

NO,3


個性あふれるアカゲザル達の家計図看板も見に来てくださいね!

そして最新ニュースです。

4月30日にアカゲザルの赤ちゃんが産まれました。

NO,4


子供は、親から離れることなく、しっかりと母親にしがみついていますよ。

親は、飼育係を見つけると子供を見せえないように逃げたり、自分の体を使って子供を隠しています。

まだ、親から離れる事もなく、毎日母乳を飲んでいる様子がご覧になれますよ。

こんなにも、可愛い赤ちゃんが産まれていますので、皆さんご来園の際はチャックして見て下さい!!



tobutobu1 at 20:22|Permalink

みなさま、はじめまして!

こみやんです。

4月より獣医師として動物園に勤務しています。
今年の3月に北海道の大学を卒業したばかりで、社会人としても獣医師としても新人です。
大学時代は牛や馬、キタキツネやエゾリスなどの多くの動物たちに囲まれて生活していました。

動物園ではヒクイドリ、アクシスジカ(♀)の担当をしています。
動物園で働き始めて早くも1ヶ月が経ちましたが、担当動物たちの飼育だけでなく、獣医師としての技術や知識を身につけて園内の動物たちの健康を守るために日々勉強中です。

動物園にはたくさんの動物たちがいますので、是非動物たちに会いに来て下さい。

写真


tobutobu1 at 19:32|Permalink

2012年05月04日

はじめまして

みなさんこんにちは!
4月より動物園に配属されましたナベコウです☆
現在の担当は西園におるバードドーム、水鳥の楽園、猛禽舎という鳥オンリーの飼育作業を行なっています(笑)
そんな鳥たちの中からボクの一押しの鳥をみなさんに紹介します!
第一弾は・・・はいこれどん!

ヘビクイ


とっても長い足のオシャレな鳥さんが出てきましたね〜。この鳥さんはアフリカに棲む、ヘビクイワシという鳥でワシやタカ、そしてフクロウやコンドルと同じ猛禽類というグループに属する鳥で、小動物などを食べる肉食の鳥で、獲物を見つけるとこの長い足を活かしたキックで獲物を弱らせてから捕まえるというユニークなハンティングを行なう鳥です。
ヘビクイという名前がついていますが、ヘビを常食するわけではなく当園では他の猛禽類と同じように馬肉や鶏肉を与えています。

1枚目の写真で紹介したヘビクイワシは当園にいるバンダル君という名前の男の子なんですが、とっても男前なので奥さんがいます!
それがこちら・・・はいこれどん!

ヘビクイ


こちらが奥さんのプロアちゃんです。プロアちゃんは去年千葉市動物公園さんから来て
バンダル君と出会いました。そして今年の4月頃にバンダル君がせっせと作ったマイホームで卵を産み、現在1つの卵を夫婦で交代しながら温めています。あまり刺激しないようにお客様には少し見えにくいようになっていますが、頑張って卵を守ろうとする2羽の姿を静かに見守っていただけると嬉しいです。卵が孵れば5月の中旬から6月までにはカワイイ雛鳥がご覧いただけるかと思います!

ヘビクイワシは関東近辺の動物園では当園を入れて上野動物園さん、千葉市動物公園さんの3園でしか見られない珍しい鳥です。このスタイルの良いオシャレな鳥さんをぜひご覧にいらしてください!


tobutobu1 at 07:00|Permalink

2012年05月03日

ほっこり (^。^)



 今日は、皆様にお伝えしたい事があり、ブログ担当者に無理を言って、差し込んでもらいました。それは、5月1日の事でした・・・・。この日は、GWの中休み(皆さんはお仕事や学校でしょうか?)で小雨が降っておりました。
 私は、いつものようにゾウさんの寝部屋で、晩ご飯の準備をしている時です。遠くの方から男の子の声が聞こえてきました。
「オーライ!オーライ!」
 ん?なんの掛け声なんだろう。声のする方は、駐車場でもないし・・・・?しかも、声のする方からその様子が見る事もできず、結構な距離の所で繰り広げられているようでした。
 なんの事だかわからず、そのまま仕事を続けていると数分後・・・。
「ガンバレェ〜!ガンバレェ〜!ガンバレェェェ〜!」
 んん〜?頑張れ〜?一体どういうことだろうと、気になってしまって、仕事そっちのけで声のする方へ走っていました。一体何が起こっているのか興味津々。向かった先は、当園アフリカサバンナでした。残念な事に、その声の主には出会えなかったものの、やっとその理由が分かりました。
 そこでは、当園にいる「ミナミシロサイ」のガンテツくんとヨシコちゃんが角突きをしていました。なるほど!
 お互いに角で押し合いをしているのを見た男の子が、オーエスというつもりがオーライになったんだろう。そこでのガンバレェ〜なんだ!
 私達飼育係にとって日常に有る風景で、この事がすごい事だなんて気付きもしなかったのに、すれていない男の子には思わず、応援せずにはいられなかったんだろうな。
 昨今、息の詰まるような出来事や事故が日々流れてきますが、こんな子供達の暖かい気持ち、ピュアなハートを感じる事ができて、なんだかその日1日がとっても暖かい気持で仕事ができました。しかも、この日は平日の雨の日。こんな天気の日でも当園に遊びに来て頂き、本当にありがたいなと思いました。どうしても、この気持ちを皆様と共有したい、お伝えしたいと思いこの記事をアップさせて頂きました。
 辛い事や嫌な事。生きていれば色々あるのが常ですが、皆様も子供のころを思い出して、動物園を楽しんで頂ければと願っております。職員と動物さん達一同、楽しみにお待ちしております。m(_ _)m

 週に2日ゾウさんのお世話もさせてもらっているカバ担当 シゲでした。


tobutobu1 at 08:02|Permalink