桂 春蝶オフィシャルブログ

関西若手落語家、桂春蝶が日常を語る日記

スターフライヤーの悲劇

fb3cc985.jpg
昼は独演会のため北九州へ。

飛行機内でホットコーヒーを貰うや否やこぼした。
CAさんも横の席の方も激しく動揺。
焦ったのかまずCAさんが僕に…

「おしぼりちゃん?」

と、聞いた。

僕も動揺してるし「はい、おしぼりちゃん」と言ってしまった。

横の席の方があまりに可笑しかったのか、笑ったんだけど緊張のせいか笑い声が…

「プピー」

と、言った。

それを聞いて僕も笑いそうだったんだけど、コーヒーが全部足にかかって熱い。
その感情でしたたかに「足つった」。

こんなに一瞬で色んな事が起こった事は初めてである。

ちなみに、写真はこぼす5秒前に撮影したホットコーヒーです

オバマ大統領の広島訪問について思う

0981981b.jpg
「米国を責めてないし、恨んでもいない。」

日本原水爆被害者団体協議会 代表委員 坪井直さんがオバマ大統領にそう伝えたとの新聞を読み、思わず朝から泣いてしまいました。
罪を憎んで人を憎まず…その格言がうまれた日本らしく、原爆は憎むが米国は憎まない。
その人徳の高さを深く感じ入る一瞬でした。

写真のオバマ大統領が抱きしめられた方は、原爆で亡くなった12名の米軍捕虜の原爆犠牲者登録に尽力し、アメリカの遺族にその情報を伝え、彼らを追悼し続ける活動をなされた方だそうです。
命の価値の平等を、私憤公憤を乗り越えて唱え続けるその崇高さ、思わず手を合わせたくなりました。

僕は、今回のオバマ大統領来日で出た被爆者からの言葉こそ、是非にも「世界遺産」にするべきではないかと思うのです。

戦争を無くすには結局、ひとりひとりの人間が自らの徳を高めてゆくしかないんでしょうね。
それは恐ろしく遠く、哀しいほど険しい道のり。

でもその道に先ずは一歩、踏み出したくなる、踏み出さねばならぬと世界に思わせうる、被爆者の皆様の言葉と想い…であったと思います。

5/27は京都でした・ラック座

a64d99f1.jpg
京都で自分の落語会。
最後、皆さんに写真を撮っていただくコーナーを設けてみました
とってもいいお客様で、幸せな一夜でした
ゲスト出演の旭堂小二三ちゃんが11月に五代目旭堂小南陵を襲名しはります。
全力でサポートしていきますよ!
みなさまも応援したげてくださいね!


Archives
  • ライブドアブログ