めちゃめちゃおそれながら、桑田佳祐さんにお出ししたメール。

生意気で申し訳ありません!
でも本当に「葡萄の旅」は素晴らしかった。
桑田さん、ありがとうございます!


????br>桑田さん、お疲れ様でございました。
これまでも完璧なコンサートを見せていただいてましたが、今日の舞台は、今までのライブの中でも最高の感動がありました。
何度も何度も目から涙がこぼれそうになり、最後の曲でどっと涙があふれる。
見に行った人々が全員「救われた」のではないかと感じるライブでした。

とても生意気な事を申し上げるのですが、今回のライブは特にアーティスト桑田佳祐氏が悩み、苦しみ、もがいた末の「作品」だったからではないかと思うのです。
世間の不条理や妬み、不安なんかも背負ってしまう事もある桑田さんの立場。
アロエの歌詞で最後に「空振りだってあるさ」…とあります。でもその空振りをたった一回してしまっただけで、無責任な人間は外野から心無い言葉で野次る。

それに対して本当のファンは桑田さんと同様に傷付いていたと思うのです。

しかしながらその傷が見事、このライブで演者とお客さん、お互い浄化された。

これは僕の勝手な解釈ですが、真ん中あたりの「自分のやりたいコーナー」では思考停止に陥ったしまいがちな「無責任な大衆心理」をチクリと皮肉るアーティストの想いが垣間見えたりして痛快でした。

すいません、本当に的を得て無いメールになってしまったかもしれません。
でも本当の本当にこのライブは幾重にも重なった人々のココロと、桑田さんの崇高な努力と想いとで昇華した稀有な「作品」だった気がいたします!

桑田さん!感動をありがとうございました!
どうかどうか、お身体を大切に。
これからも何卒よろしくお願い申し上げます!!

改めてありがとうございました!
????/span>