6月8日(土)、晴天にもめぐまれ
「東日本大震災被災地復興支援おうえんコンサート」
無事終了いたしました。

1717895495405-0


6月は紫陽花の季節、公園内の紫陽花も準備を見守ってくれているようでした。

1718000846399-0


主催の「南通りの景観と文化を育む会」阿部会長からの挨拶がスタートです。

       20240608阿部会長   



本日の参加団体は4組でした。


   1718000968540-0



管打楽器隊まかろん さん

20240608_130024



金管五重奏団 謝SHEY さん

20240608_133411



竹田バンド さん

1717895651400-0



そして オトなバンド戸田倶楽部

1717934425874



「南通りの景観と文化を育む会」さんの物販の利益金と、
来場いただいたお客様が募金箱にいれてくださった金額の合計は43,290円
 こちらはいつものように 認定NPO法人桜ライン311
様に送らせていただきました。
皆さまの御協力に感謝申し上げます。

そして今回は特別にその「認定NPO法人桜ライン311」の代表理事、岡本翔馬様からメッセージをお預かりし代読させていただきました。
メッセージに感銘を受けた方もたくさんいらっしゃいましたので、許可をいただき、下記に掲載させていただきます。

「市役所南通りの景観と文化を育む会」さま、「オトなバンド戸田倶楽部」さま、そして「東日本大震災被災地復興支援おうえんコンサート」にご来場の皆さま、桜ライン311の岡本でございます。

本来であればお伺いしてご挨拶すべきところですが、遠方のため林野さまにメッセージを託させていただくことをご容赦くださいませ。

 

私たち桜ライン311は岩手県陸前高田市で東日本大震災をきっかけに設立された非営利団体です。

私たちが事業をしている岩手県陸前高田市は、県内で最も大きな人的被害を被った街です。押し寄せた大津波により1,800名を超える方が亡くなられました。「奇跡の一本松」が有名なので、ご存じの方もいらっしゃるかもしれません。

震災直後に未曾有・想定外とよく形容されていた東日本大震災ですが、実はそうではありませんでした。震災前に行われていた地質学上の調査では、周期的な津波の痕跡が指摘されていましたが、当時、大々的に注目されることはありませんでした。これは東日本大震災の「後」に広く知られるようになった事実です。2011年8月に私たちはそのことを知りました。「もし、これくらいの津波が来たことがあるという事実を、震災前に陸前高田市に住んでいた人たちが知っていたのなら、こんなに多くの方は亡くならずに済んだではないのか?」それが私たちの率直な思いです。

「私たちは、悔しいんです。」

その思いを共にする市内のメンバー10名で、2011年10月から事業を開始しました。陸前高田市の津波の最大到達地点170kmに渡り、10mの間隔で桜を植樹し、全長17,000本の桜並木を作り、保管し、後世にその意味を語り継いでいく。そして同じような被害の恐れがある地震の時には、その並木より上に避難してもらう。平らな場所に街が形成されることは避けられませんが、人的被害だけは軽減できると考えました。また石碑などではなく多くの方が愛せる「桜」を使うことで、防災・減災の取り組みだけではなく街の景観を含めたまちづくりとしての側面を持たせることができます。桜が当市の地域の皆さまと日本全国の皆さまを繋ぐ交流の装置としても機能していきます。

 

震災直後から13年半。事業として継続させていただき、24年3月末時点で市内約430箇所に2,252本の植樹を行い、育成の管理を行なってきました。植樹としては11月から12月と3月から4月に分けて実施しており、今までに8,600名を超える皆さまにご参加頂いております。そして年間を通して植樹地の確保と育成管理を行なっております。

 

当初、勢いでスタートした私たちの事業ですが、今は地域の方だけではなく、日本全国の個人・企業・団体の皆さまと歩ませていただくようになりました。
こうして育つことができたのは皆さまのおかげです。オトなバンド戸田倶楽部さまから最初に当団体へのご連絡をいただいたのは、2015年と記憶しております。コロナの時期もありながら、こうして継続的にご支援をいただいていること大変心強く思っております。本当にありがとうございます。中長期的な事業を展開したい私たちにとって、長く応援いただけることは何よりの励みですし、財産だと思っています。皆さまからいただいたご寄附とお気持ちは、これからもしっかりと成果に繋げてまいります。是非、皆さまでも植樹会や春の花の季節にお越しいただけたらと思っています。

 

最後になりますが、実は戸田公園は個人的に知ってる場所です。震災前、北区の東十条に住んでいた時に、17号線沿いのアクア&ペットかねだい戸田店さんによく通っていました。春のボートと桜のコントラストがとても懐かしく思います。今度は是非リアルにお話しさせていただける機会がありましたら幸いです。

さて随分と長いご挨拶になってしまいましたが、本日の「東日本大震災被災地復興支援おうえんコンサート」も是非お楽しみいただき、盛会となることをご祈念申し上げてご挨拶とさせていただきます。それでは引き続きよろしくお願い致します。

 

認定NPO法人桜ライン311 代表理事 岡本翔馬